FXのトレンド相場3つのパターンと2つのルール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トレンドとは

トレンドとは、単純にいうと相場の流れのことで、“トレンド・イズ・フレンド”という格言があるぐらい、トレードの世界では重要なものです。

トレンドの流れに逆らわずに乗ることができれば利益を得られるということですね。もちろん、私もトレードを行うときは、必ずトレンドを把握するところから始めます。

そして、現在のトレンドの流れに間違いがないことを確信した段階で、トレードを行います。極端に言えば、このトレンドの把握を徹底して行なっているからこそ、高い勝率と利益率を高く保つことができているのです。

しかし、驚くほど多くの人たちが、トレンドへの理解が足りないままトレードを行なっています。現在のトレンドを誤認していたり、そもそもトレンドに対して注意さえ払っていなかったり…。 当然、そのままでは、いつまでたっても勝てるようにはなりません。

そこで、このページでは、FXで成功するために、絶対に押さえておくべきトレンドの知識を徹底的に解説します。非常に重要なパートなので、ぜひじっくりとご覧いただければと思います。

1. トレンドのパターンは三つしかない

相場の流れには、三つのパターンしかありません。

  • 上昇トレンド
  • 下降トレンド
  • 横ばい相場(レンジ)

相場は常に、この三つが入れ替わり立ち替わりしています。トレンドの後は、必ず横ばいになり、横ばいの後は必ずトレンドが発生します。なお厳密には、横ばい相場(レンジ)はトレンドではありません。しかし、上昇/下降トレンドと対比するとわかりやすいので、ここに含めることにしました。

それでは、さっそく見ていきましょう。

チャートを見るにはローソク足の正しい知識が不可欠!
トレンドを正しく理解するには、その前にローソク足の正しい知識を持っていることが不可欠です。初心者の型で、『ローソク足の見方(始値・終値・高値・安値)と時間軸』がまだ分からない方は、先にローソク足の勉強から始めましょう。

1.1. 上昇トレンド

上昇トレンドは、チャートの流れが上昇しているパターンです。下図をご覧ください。

上昇トレンド

このように、ローソク足の始値と終値が切り上がっていき、チャートが右肩上がりのかたちになるのが上昇トレンドです。上昇トレンドでは、価格は上がっていくので、安く買って高く売ることで利益を重ねることができます。

1.2. 下降トレンド

下降トレンドは、チャートの流れが右肩下がりになるパターンです。下図をご覧ください。

下降トレンド

下降トレンドでは、価格は徐々に下落していきます。気付いた時には「こんなに安くなったのか!」と驚くときがあるぐらいです。下降トレンドのときは、価格は下がっていくので、先に高く売って、安く買い戻すことで利益を重ねることができます。

1.3. 横ばい(レンジ)相場

横ばい相場は三つのトレンドのなかで最も多いパターンです。価格は狭い範囲で上下動を繰り返しているものの、上昇もせず下落もしないという相場です。そのため横ばいのときは、基本的にトレードは行いません。

横ばい相場

横ばい相場は、上昇トレンド/下降トレンドが発生する前に市場が小休止をとっている段階です。

上昇トレンドや下降トレンドを継続させるには、かなりの力が必要です。相場も人と同じで、ずっと力を出しつづけることはできません。休息が必要になります。そして、力が回復したら、また上下どちらかに動けるようになります。

逆にいうと、横ばい相場の次は、必ず、上昇トレンドか下降トレンドのどちらかが発生するということです。この間に、トレード戦略を立てたり、心の準備をしたりすることができます。そのように準備しておくと、勘でトレードをする回数を減らせますので、それだけでもトレードの勝率を上げられるでしょう。

ポイント!
相場には三種類しかない。上昇トレンド/下降トレンドでトレードを行い、横ばい(レンジ)のときは準備をすることが基本。

2. トレンド相場の二つのルール

さて、冒頭でお伝えした通り、“トレンド・イズ・フレンド”です。

もしあなたが三つの流れのうち、今どんな状況なのか把握できないと、トレードで勝つことはできません。仮に、上昇トレンドなのに、下降トレンドだという誤った認識でトレードを続けると、結果は散々たるものでしょう。

もしかしたら、「トレンドを見誤ることなんてありえないだろう」と思われた方もいるかもしれません。決してそんなことはありません。腕の良いトレーダーほど、自分も見誤る可能性があることを認識しています。

そして、トレンドを見誤ることがないように、以下の二点を肝に命じているのです。 

  • 相場は節目をつけながらNの字を描く
  • トレンドは、それを否定する材料が出るまで継続する

この二点を意識していなければ、誰でも簡単にトレンドを読み誤ってしまいます。詳しく説明しますね。

2.1. 相場は節目をつけながらNの字を描く

トレンドを読み誤ってしまう最大の原因は、トレンドはきれいに一方向には進んでいかないからです。トレンド相場は具体的には以下のように、上昇または下降していきます。

  • 上昇トレンドは“押し目”をつけながら上がっていく
  • 下降トレンドは“戻り目”をつけながら下がっていく
  • N字を描くには必ず節目をつける

これらを徹底的に頭に落とし込むだけでもトレードは上達します。それほど大事なものなので、しっかりと解説させていただきますね。

2.1.1. 上昇トレンドは“押し目”をつけながら上がっていく

上昇トレンドといっても、相場は一方向へ上がり続けることはありません。必ず、一時的な反落があります。この一時的な反落のことをを“押し目”といいます。

以下の図をご覧ください。

相場はN字で進む

白い矢印線が上昇トレンドです。トレンドの間、相場は上がり続けるのではなく、押し目をつけながら上昇していることをご確認ください。例えば、陽線が五本続いたら、次は陰線が二本続き、また陽線が連続して三本続き・・・というように、細かい上昇と下降を繰り返しながら、徐々に値が切り上がっていきます。

図の中に、二本のレジスタンスラインがありますね。相場は、まずレジスタンスラインAをブレイクした後、レジスタンスラインBに当たって反落し、押し目をつけています。しかし、次には、同ラインをブレイクして、さらに上昇しました。

このように、上昇トレンドは、必ず押し目をつけて、Nの字を描きながら上がっていくのです。

サポートライン/レジスタンスラインについて
現時点では、サポートラインやレジスタンスラインについてよく分からなくても構いません。当サイトを順番に読んでいただければ必ずわかるようになります。それでも、早く知りたいという方は、『サポートラインとレジスタンスラインとは|引き方と使い方』をご覧ください。

2.1.2. 下降トレンドは“戻り目”をつけながら下がっていく

下降トレンドも、同じように、一方向に下がり続けるのではなく、“戻し目”という反発をつけながら下がっていきます。

相場はN字で進む②

陰線が続いて下降トレンドだと思ったら、次のローソク足では陽線が出て上昇し、また陰線が出て…というように、徐々にローソク足の安値を切り下げていきます。

つまり上昇トレンドも下降トレンドも、トレンドが継続する限り、その軌跡はN字を繰り返し描くということです。このことを知らないと、せっかくトレンドに乗れたのに、ほんのちょっと反落/反発しただけで、勘違いしてポジションを解消してしまいかねません。

詳しくは後述しますが、トレンドは、それを否定する材料が出るまで継続します。

黄色線はトレンドライン!
図中に描かれている右肩下がりの黄色い線はトレンドラインと呼ばれるものです。トレンドラインは現在の相場の状態を見極めるために必要不可欠なスキルです。『トレンドラインとは?引き方と役割と具体的な使い方』で詳しく解説しているので、当ページを読み終えた後に、必ず確認しておきましょう。

2.1.3. N字を描くには必ず“節目”をつくる

相場がN字を描く過程では、必ず“押し目”や“戻し目”があります。それらを、まとめて“節目”といいます。節目では、チャート分析のテクニックを駆使している多くのトレーダーが、「ここが相場のポイントになる」と思っています。

そして節目には小さい節目と大きい節目があります。大きい節目は、小さい節目よりも根拠の強いポイントです。たとえば、以下の図をご覧ください。

トレンドと節目

この図は、上昇トレンドが終わって、次に下降トレンドが始まっていることを表します。そして、青い矢印で示されているように、相場は、水平ラインの部分で、何度も反発(=支持)したり反落(=抵抗)しています。このように、何度も支持帯・抵抗帯になっているラインは、大きな節目となります。

ポイント!
押し目は上昇トレンドに現れる反落ポイントのこと。戻り目は下降トレンドに現れる反発ポイントのこと。このような多くのトレーダーに意識され、相場を見極めるポイントとなる価格帯のことを節目という。

2.2.トレンドは否定する材料が出るまで継続する

トレンドは、それを否定する材料が出るまで継続します。具体的には、トレンドが転換するまで継続します。同時に、あるトレンドが永遠に継続することはありません。トレンドは、いつか必ず転換します。

下図をご覧ください。

 矢印のポイントで、白い線(=トレンドライン)を下に突き抜けています。

この上昇トレンドラインで反発せずに下抜けしたという事実は、トレンドを否定する材料です。実際、そこから、相場は下降トレンドになっていますね。もし、この前に、上昇トレンドであることを前提として買いポジションを持っていたとしたら、前提である上昇トレンドが否定されたので、すぐに損切りすることが必要です。

ここまでお伝えしたように、相場はN字で動きます。上昇トレンドの中でも、陰線が続くときがあります。そんな時でも、上昇トレンドのさなかにあるのであれば、焦ることなくポジションを持っていて良いでしょう。しかし、上図のように、上昇トレンドラインを下抜けたというように、明確にトレンドが転換したことを示す材料がでたときは、意味合いが全く異なります。

上昇トレンド中の一時的な反発が、N字の波なのか、トレンドを否定する材料なのかによって、とるべき行動は正反対になりますので注意しましょう。

まとめ|トレンドラインを使いこなそう

ここでお伝えした知識は、トレンドを理解するための絶対に忘れてはならない基本です。全てのトレーダーが押さえておくべき原理原則と言っても過言ではありません。

この原理原則を忘れると、今まで勝てていたトレーダーでもスランプになってしまいます。言い換えると、スランプになったときは、必ず原理原則がすっぽり抜けてしまっているときです。それぐらい重要なものですので、常に意識できるように訓練しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画:FXで8年間で平均利回り163%を達成して、1億5000万円の資産を築いているトレード手法の全て

busena当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、過去8年で1億5,000万円以上の利益を得ています。


もちろん運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求されてきた結果です。そのことは、過去96ヶ月のうち93ヶ月で黒字を記録していることからも確かな事実です。


その結果、8年間負けなし(年ベース)で平均163%の年間利回りを記録しており、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。


そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的で実践的な手法
・現在の利益の30%以上を生み出しているデイトレードの新たな手法
・チャートでの移動平均線やエンベロープの具体的な設定方法
・その他FXでの利益を大きく高めるためのテクニカル分析の全て


などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。


特に、株式投資やオプションで成果を上げるために十分な資金がなく、FXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。



ぶせな氏の実践方法を今すぐ見る

ぶせな氏のメディア掲載歴

利益を最大化するために
ぶせな氏が使っている4つのFX口座

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。まずは、『FX口座の選び方|完全版』を読んで、その理由をしっかりと理解して頂ければと思います。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|億トレーダーぶせな氏が使っている4つ』で詳しく解説させて頂いております。

 

The following two tabs change content below.
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 2009年に本格的にFXをスタート。累計利益は、3年目で5000万円、5年目で1億円、2017年2月現在は1億5千万円を超える。 一時的な利益でなく、継続的に利益を上げ続けるために、リスクを抑えることに重点をおき、短期売買を繰り返すスキャルピングと長めに保有するデイトレードを得意とする。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。