陽線の4つのパターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
陽線

陽線とは、始値よりも終値のほうが高いローソク足のことです。つまり、陽線がでたということは、その期間、相場が上昇したということです。

しかし、陽線がでているからといって、今後も、相場が上昇を続けるとは限りません。陽線には様々な種類があります。これから先も相場が上がっていく可能性をしめす陽線があれば、今後、相場が下がっていきそうな可能性をしめす陽線もあります。

もし、後者のローソク足が出ているのに、「相場はまだまだ上昇するはず」と思い込んでトレードを行うのは危険ですよね。そのときは、万が一うまくいったとしても、いずれ必ず大損することは目に見えています。

このページでは、そのようなことを防ぐために知っておくべき、陽線の四つのパターンと、それぞれの正しい見方をお届けします。

※このページを読む前に
これからFXを始めるために学んでいるという初心者の方は、先に『ローソク足の見方(始値・終値・高値・安値と時間軸)』を読んでおくと理解が進みます。

1. 陽線の四つのパターン

ローソク足チャートを見ると、様々なかたちの陽線を目にします。そのため一本一本を正確に読み取ろうとすると、頭が追いつかずにパンクしてしまいます。そんなときは、陽線には四つのパターンしかないということを覚えておくと便利です。

それが下図です。

%e5%9b%9b%e3%81%a4%e3%81%ae%e9%99%bd%e7%b7%9a

図にも書いてありますが、これらは左から、以下のような名前で呼びます。

  • 大陽線
  • 小陽線
  • 下ヒゲ陽線
  • 上ヒゲ陽線

チャートは、これらのローソク足の組み合わせでしかありません。そのため、それぞれのローソク足が現れたときに、それぞれの陽線が、どのような相場状況を表しているのかを、素早く把握できるようになることが大切です。

これから、この四つを説明していきます。

しかし、重要なのは、それぞれの陽線が示す意味を丸暗記することではありません。始値と終値の価格差からできる”実体”と、高値と実体の価格差である“上ヒゲ”、実体と安値の価格差である”下ヒゲ”を、しっかりと見て、自分自身で、それらの意味するところを考えることです。

ぜひ、この意識を強く持って読みすすめてくださいね。それでは、始めましょう。

1.1. 大陽線は上昇の可能性を表す

%e5%a4%a7%e9%99%bd%e7%b7%9a

大陽線は、陽線の中でも、特に実体が長いものをいいます。終値が始値よりも、大きく高い価格になっている(価格が大きく上昇した)ので、買い圧力が大きかったことを示します。そのため、これから先も価格が上昇する可能性(=「先高観」)を感じとることができます。

なお、何銭(”pips”)上がれば、大陽線であるというような基準はありません。

直前までのローソク足と比較することが大切です。例えば、何日も50銭前後の値動きだったローソク足(日足)が、ある日、突然100銭以上の実態がある陽線を形成すれば、それは大陽線といえます。

また、全てのローソク足がそうですが、決して一本の足の情報だけで相場を正しく見ることはできません。前後のローソク足や、そのほかの情報と合わせて見ることが大切です。

ポイント!
大陽線が出たときは、市場はこれから先も上昇する可能性を表す。その可能性が現実になるか、否定されて反転するかを正しく判断するために、情報を集めよう。

1.2. 小陽線は気迷い状態を表す

%e5%b0%8f%e9%99%bd%e7%b7%9a

小陽線は、実体が小さく、値幅(高値と安値の価格差)も少ない陽線です。横ばい相場(=レンジ|『レンジ相場とは』を参考にして下さい。)でよく見られるもので、相場が、上下どちらに動くか迷っていて停滞状態にあることを表します。

しかし、停滞状態にある相場は、いつか必ずブレイク(=上か下かに勢いよく動くこと。転換ともいう。)します。特に、小陽線が何本も続いた後に、相場が転換することは非常に多いです。例えば、小陽線が連続した後に大陽線が出た場合は、横ばい相場をブレイクした可能性を想定することができます。

この場合、これから発生するトレンド(『トレンドとは』を参考にして下さい。)が確実なものなのかを確信する材料を探し、材料がそろった時点でトレードを行うことで、相場の波にうまく乗ることができます。

このように、小陽線が連続して出ているときは、近い将来に訪れるブレイクに備えて、トレード戦略を立てることができます。具体的にどのように備えるべきかは、『三角持ち合いのブレイクを見極めるためにやるべき5つのこと』でご確認ください。

しかし、初心者の方は、まずローソク足の知識をしっかりと吸収することを優先してください。焦らなくても、必ずわかるようになります。

ポイント!
停滞の後は必ずブレイクがある。小陽線が連続していて、相場が停滞しているときは、ブレイクに備えてトレード戦略を立てよう。

1.3. 上ヒゲ陽線は場況によって意味合いが違う

%e4%b8%8a%e3%83%92%e3%82%b1%e3%82%99%e9%99%bd%e7%b7%9a

上ヒゲ陽線は、上に伸びたヒゲが実体よりも長い陽線のことをいいます。上ヒゲが長いということは、高値と終値に大きな開きがあるということです。つまり、期中に終値よりはるかに上の高値をつけた相場が、その後、何らかの理由で、売り勢力が強まり、期が閉じるまでに下落したということです。

そのため、例えば、上ヒゲ陽線が、上昇トレンドの中で陽線が続いているときに出た場合、上昇の勢いが衰えてきたと考えることができます。場合によっては、今後、相場は下がっていくというケースを想定する必要があるでしょう。逆に、下降トレンドで“陰”線が続いているときの底のあたりで出た場合には、そこが底辺となって上昇を始めることが、よく見られます。

このようなときに正しい判断をするには、現在のトレンドを見誤らないように、チャートにしっかりとラインを引いて、現在の相場の流れを正しく理解している必要があります。詳しくは、『トレンドラインとは?引き方と役割と具体的な使い方』で説明しています。

ポイント!
上ヒゲ陽線は、どのようなトレンドで現れるかによって意味合いが正反対になる。そのため、今がどのトレンドにあるのかを正確に把握しておくことが大切。トレンドラインの知識を吸収しておこう。

1.4.下ヒゲ陽線も場況によって意味合いが違う

%e4%b8%8b%e3%83%92%e3%82%b1%e3%82%99%e9%99%bd%e7%b7%9a

下ヒゲ陽線は、下に伸びたヒゲが、実体よりも長いもののことをいいます。これは、安値と終値に大きな開きがあることを意味します。期中に終値よりはるかに下の安値をつけた相場が、その後、何らかの理由で買い勢力が強まり、期が閉じるまでに上昇したということです。

下ヒゲ陽線が、下降トレンドの最後にでた場合、そこが相場の底になる可能性が高くなります。なぜなら、その場合、下降トレンドのさなかで、相場は、一度大きな安値をつけたにも関わらず、そこから買い勢力が大きく盛り返し、始値すら超えて、上昇したことを表すからです。そんな時は、「もしかしたら、このポイントがサポートラインとなるかもしれない」などと考え、今後とるべき戦略を描くと良いでしょう。

逆に、上昇トレンドのさなかに出た場合、安値から回復したと見て、「今は買い勢力が強い」と判断してしまいがちです。そのようなときは、高値をつかまされてしまう可能性があるので要注意です。それまでのローソク足と比較したり、レジスタンスラインを見返したりして、より正しい判断をするための根拠を探しましょう。

いずれにせよ、上ヒゲ陽線も下ヒゲ陽線も、どこで出現したかによって、意味する情報が正反対になります。決して、焦って早計にはんだんしないように注意しましょう。そんなときは、『サポートラインとレジスタンスラインの引き方と使い方』を参考にしてください。

ポイント!
上ヒゲ陽線と同じように、下ヒゲ陽線も、どのようなトレンドで現れるかで意味合いが異なる。一度立ち止まって、じっくりと分析をしよう。分析には、トレンドラインと一緒に、サポートラインやレジスタンスラインも使おう。

2. 陽線の見方 〜実践編〜

それでは、ここまでで説明してきた陽線の知識を使って、実際のチャートを見てみましょう。下図はおなじみの、2011年10月31日に日本銀行が為替介入したときのドル円の日足チャートです。

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%82%af%e8%b6%b3-%e5%ae%9f%e8%b7%b5

一本、大陽線が出ていますね。大陽線が出た時は、まず先高観を想定します。しかし、ちょっと待ってください。よく見ると、この大陽線には、長い上ヒゲも出ています。そのため、「これは単純な大陽線だ」と考えるには無理があります。

もし、本当に、これから相場が上昇に向かうのであれば、ここで出るのは、もっとキレイなかたちの大陽線になるはずです。そのため、この時点では、「大陽線だから、これから相場は上昇する」と思い込まずに、一呼吸置きましょう。

一日待って、次の日は、実体の値幅を大きく上回る上ヒゲをもつ陽線が出てきました。これは、明確に上ヒゲ陽線ですね。前述したように、上昇トレンドの中で陽線が続いているときに出た場合、上昇の勢いが衰えてきた可能性をしめします。

もし、前日の勢いを引き継いで、相場が上に向かうのであれば、ここで出るのは上ヒゲ陽線ではなく、実体部分がもっと大きい陽線だったことでしょう。

これらのことから、買いの勢いは、すでに息切れ状態にあることを強く意識することができます。案の定、その次の日から、相場は下降トレンドに入っていきました。

もし、ここの説明が分かりづらかったという方は、もう一度『ローソク足の見方』を読見ましょう。一本のローソク足には、始値・終値・高値・安値の四つの価格情報が含まれていることを思い出してください。そして、その四つの価格情報をしっかりと把握することによって、相場に起きている動きをただしく見ることができます。

ポイント!
ローソク足の基本パターンは四つだが、上図の大陽線のように、複数のパターンが混ざっている場合もある。早計に判断しないように注意しよう。前後のローソク足と比較して、相場に何が起こっているのかを深く理解する癖をつけよう。

ローソク足(陽線・陰線)は相場のシグナル

ここでご紹介した知識を活用する上で、意識しておいていただきたいのは、「陽線も陰線も、相場に何かが起こっていることを示すシグナルである」ということです。そのため、ローソク足の動きを見て、相場に何らかの動きが起こっているという状況をキャッチできるようになることが大切です。

シグナルのキャッチ力を身につけるには、このページでお伝えした陽線の四つのパターンをしっかりと頭に入れておくことが大切です。一つ一つの知識には意味がありますので、決して、軽く見ずに、やりすぎだと思うぐらい読み返してくださいね。

そして、シグナルをキャッチしたら、文中からリンクしているトレンドラインやサポートライン・レジスタンスラインなどのテクニックを使って、より深く相場を分析するのです。決して、ローソク足だけで、相場の動きを予測することのないように気をつけてくださいね。ローソク足でシグナルをキャッチ、ラインを引いてテクニカル分析というようなイメージです。

テクニカル分析の記事に関しては、一度読んでわからなかったからといって、落ち込む必要はありません。私も最初はチンプンカンプンでした。根気強く、繰り返し読むうちに、必ずわかるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画:ローソク足を使ったFXトレードで年間平均利回り163%を達成し、毎月150万円の利益を得ている具体的な手法

busenaこの無料動画では、当サイト、投資の教科書でFXの記事を執筆しているぶせな氏自身が、FXのトレード手法を、動画で直接解説しています。

 

ぶせな氏は、FXを本格的にスタートしてから、8年間負けなし(年ベース)で平均163%の年間利回りを記録しており、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいる超一流のFXトレーダーです。

 

この無料動画を見ていただくと、以下のようなことが分かります。

 

  • ・ローソク足と移動平均線を使ったシンプルなチャートの見方
  • ・ぶせな氏が8年負けなしで年間平均利回り163%を記録している具体的なトレード手法
  • ・トレンドライン、サポートラインなどで勝率と利益率を上げる具体的な方法
  • ・為替相場の波やチャートパターンで大きな利益を上げる具体的な方法

文字だけではなかなか伝わらない、細かいニュアンスや考え方、実際のトレードなどに触れていただくために無料の動画セミナー形式でご用意させていただきました。この一流トレーダーの本物のトレードノウハウが、あなたのお役に立つことをお約束します。


ローソク足を使った
ぶせな氏の投資手法を学ぶ

ぶせな氏のメディア掲載歴

利益を最大化するために
ぶせな氏が使っている4つのFX口座

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。まずは、『FX初心者が知っておくべき口座の選び方』を読んで、その理由をしっかりと理解して頂ければと思います。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX歴12年の私が実際に使っているおすすめ口座4選』で詳しく解説させて頂いております。

 

The following two tabs change content below.
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 2009年に本格的にFXをスタート。累計利益は、3年目で5000万円、5年目で1億円、2017年2月現在は1億5千万円を超える。 一時的な利益でなく、継続的に利益を上げ続けるために、リスクを抑えることに重点をおき、短期売買を繰り返すスキャルピングと長めに保有するデイトレードを得意とする。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。