FXで失敗して1000万円以上の大損をした事例と重要な教訓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
why-fale-fx

「FXだけで生計を立てて豊かに暮らしたい…。」FXを始めようと考えている多くの方が、このように思われていると思います。私も、「サラリーマンはイヤだ。」という思いが、FXを始めたきっかけでした。

  • 満員電車での通勤
  • 会社の人間関係や無駄な会議
  • 安定しているとはいえ経済的に夢のない未来

こうしたことに強いストレスを感じていました。そんな状況を打破すべく始めたFXでしたが、現実は厳しいものでした。どれだけ時間をかけても成果が出ず、挙句の果てにはリーマンショックで1000万円以上の大損です。

今でこそ、立ち直って、サラリーマンの時は考えられなかった額を稼げるようになりました。しかし、当時は目の前が真っ暗になり絶望で一杯でした。これからFXを始める人には、あのような絶望的な思いはして欲しくありません。自分の夢を諦めそうになって、人生に絶望して欲しくありません。

だから、ここでは、私がFXで失敗した時の話と、どうすれば失敗して大損することを防げるのかを、私の経験からお伝えさせて頂きます。

1. 私がFXで1000万円の大損をした時の事例

最初に、私がFX初心者の頃に、たった一回のトレードで1000万円もの大損をしてしまった事例をご紹介します。私にとって、この失敗は、心に深く刻まれた何事にも代えがたい経験となっています。今でも、毎日、この頃の教訓を絶対に忘れないように意識してトレードをしています。

私が、この大損をしたのは、FXを始めて数年が経った時のことでした。当時は、勝ちと負けを繰り返し、大きく勝つこともなく、大きく負けることもなく、損益はトントンといった程度でした。その程度のレベルでしかないのも関わらず、「もう自分は稼げる!」と過信してしまい、一回のトレードのレバレッジを大きくしていました。

1000万円の大損をしたのは、そんな時期でした。リーマンショックが起きたのです。下図をご覧ください。

%e2%91%a0%e3%83%89%e3%83%ab%e5%86%86%e6%97%a5%e8%b6%b3

2008年9月15日、リーマン・ブラザーズが破綻しました。その後、三ヶ月でドル円は約17円もの暴落を記録しました。17円もの暴落は、レバレッジを高めた取引ができるFXにおいては途方もない水準です。(ピンと来ない方は『レバレッジとは|FXの基礎知識』をご覧ください。)

この時、買いポジションを持っていたわたしは、「いつまでも下がり続けることなんてない。いずれ戻るはずだ。」と根拠のない願望にすがって、損切りをせずに、ポジションを持ち続けていました。それどころか欲をかいて、「損失を軽くしよう」「あわよくば大儲けしよう」と、この大暴落相場の中でナンピン(=価格が下がったところで買い増しをして、ポジションの平均取得価格を下げること)をしていたのです。

損切りをすると、大きな損失が確定してしまうため、その辛い現実を直視できなかった私は、代わりにトレードの世界では絶対にやってはいけないナンピンで現実逃避したのです。

気付いた時には、ポジションの大きさは膨れ上がり、私は恐怖のどん底にいました。「頼むから上がってください」と神頼みをするほどの深刻さで、下落が終わるのを待ちました。当然上がるはずもなく、結局、含み損が、抱えきれないレベルにまで膨らみ、強制ロスカット寸前で損切りをしました。

このたった一回のトレードで1000万円以上の損失が確定してしまいました。後から知ったのですが、このような負け方は、FXで全資産を失い借金を抱えるほどの大損をしてしまう人の典型的なパターンだったのです。

2. 初心者がFXで大損する典型的なパターン(プロスペクト理論)

多くのFX初心者が大損を経験してしまう理由は、たった一つだけです。

FX初心者は損切りができない

「たったこれだけの理由でみんなが大損するなんて信じられない」と思われる方もいると思います。ただし、「本当にこれだけです。」としか言いようがありません。大損した後は誰もが気付くのですが、多くの人にとっては、「今頃気付いても後の祭りだった」となってしまいます。そうならないためにも損切りできないことが大損の原因であると肝に命じてください。

それでは、なぜFX初心者は損切りできずに大損してしまうのでしょうか。それは、人間の潜在意識は、もともと損切りできない構造になっているからです。このことを理解しておかないと、いつまでたっても大損の可能性をなくすことはできません。

詳しく説明させて頂きます。

行動心理学の用語で「プロスペクト理論」というものがあります。これがFXで大損してしまう元凶です。なぜなら、人間の投資心理は、注意していなければ、すぐにプロスペクト理論に縛られてしまうからです。それでは、プロスペクト理論とは何なのでしょうか。その話の前に、一つ質問させてください。

あなは、以下のどちらに魅力を感じますか?

  • A:100%の確率で10万円手に入る。
  • B:50%の確率で20万円が手に入るが、50%の確率で何も手に入らない。

決まりましたね?それでは次に、以下の二つだとどちらでしょうか?

  • C:100%の確率で10万円損する
  • D:50%の確率で20万円損するが、50%の確率で損しない。

選びましたか?

きっとあなたは、最初の質問ではAを、次の質問ではDを選んだと思います。大半の人間がそうだからです。これはどういうことかというと、人は、「利益は確実に得たい」と思い、「損失は、ゼロにできる可能性があるならリスクを冒してでも回避したい」と思うということです。

FXでは、これは大損する行動です。私が、リーマンショックで1000万円の大損を経験した元凶は、まさにここにあります。買いポジションを持った後に、相場が暴落し、含み損がどんどん増えていきました。そこで、損失を確定していれば傷口は浅くて済んだのですが、私は、「50%の確率で損しない」に賭けたのです。そして、ナンピンを行い、損失を確定させるタイミングを、どんどん後ろにずらしていきました。それが無間地獄の始まりでした。実際に大損する局面に直面すると、人は、皆このように、損失を拡大させる行動をとってしまいます。このことを、いつでも絶対に肝に命じていてください。

FXで成功するために必要な考え方はBとCです。つまり、利益は大きくできる可能性を追い、損失はすぐに確定させるという「損小利大」の考え方です。

3. FXで失敗しないために徹底するべき三つのこと

ここまでで、FXで大損することは非常に怖いということ、人間のもともと持っている心理はFXで大損するようにできているということをお伝えしました。

逆に言えば、この二点を認識して、対抗策を持っていれば、FXで成功できるということです。そのために、あなたが徹底すべきことは三つあります。それぞれ解説させていただきます。

3.1. 本格的にトレードを始める前に損切りルールを決める

本格的に、FXでトレードを始める時は、その前に損切りルールだけは絶対的に必要です。FXに慣れる段階では、数百円単位の損益にしかならないぐらいの小さなポジションで練習してください。

その時に、損切りルールを作り、そのルールを徹底する癖をつけておきましょう。損切りルールについては、『損切りとは?資産を守るために最優先のトレードルール』で解説していますので、ぜひ参考にしてください。

3.2. 期待値の高いトレードルールを作る

次に、「長く続ければ大きな利益が出ることが分かっている期待値の高いトレードルール」を作りましょう。これも、最初は数百円単位の損益にしかならない小さなポジションで、最低百回以上はトレードをして、真剣に作り上げていきましょう。

あなたのトレードルールが期待値の高いものになっているかどうかは、毎回、以下の三つの数字を記録することで判断することができます。

  • 勝率:勝トレード数 ÷ 総トレード数
  • 損益率:平均利益(pips) ÷ 平均損失(pips)
  • プロフィットファクター:総利益 ÷ 総損失

詳しくは、『バルサラの破産確率』のページで解説していますので、必ずご確認ください。「バルサラの破産確率」を使って、毎日自分のトレードを分析していれば、トレードルールはどんどん向上していき、想像もできなかったような利益を得られるようになっていきます。

そうなると、一年後、二年後、五年後の姿を明確にイメージできるようになり、モチベーションが上がることでしょう。なぜなら、そうなった時にイメージできる未来の姿は、FXを始めた頃よりも、さらに大きなものになっているだろうからです。そして、その未来を自分の手で勝ち取れることが分かるようになっているからです。

なお、期待値の高いトレードルールを作り上げるために、楽そうな手法を探して、何回かトレードして勝てないと「この手法はダメだ!」と決めつけて、また別の楽な手法を探して…という負の連鎖に陥る人がいます。謙虚になって学ぶ姿勢がなければ、例え勝てる手法が目の前にあったとしても、それをモノにすることはできません。

3.3. FXの正しい知識を手に入れる

次に、FXの正しい知識を手に入れることです。損切りルールや期待値の高いトレードルールを作る上でも、正しい知識は必要不可欠です。

FXの仕組みといった基本的な枠組みから、チャートパターンの種類と取るべき戦略といったテクニカル分析の知識や、政府発表や要人発言、世界的事件などのファンダメンタルズが為替レートにどのように影響するかまで、すべての知識を持っておく必要があります。

決してFXを軽く見ないでください。何の努力もなく成功できる世界など、この世には存在しません。FXに必要な知識は、当サイトにすべてあります。FXに関するすべてのページを理解できるようになるまで何度でも読み返してください。他のどのサイトや書籍よりも遥かに実践的で遥かに役立つノウハウだと自信を持って書かせていただいています。

賢者は他人の経験に学び、愚者は自分の経験を盲信する

これからFXを行う方は以下の言葉を刻み込んでください。

愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ、最初から自分の誤りを避けるため、他人の経験から学ぶのを好む。

ドイツの名宰相オットー・ビスマルクの言葉です。俗に、「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ。」で知られていますが、本当は、「賢者は他人の経験から学ぶ」ということを伝えたかったようです。

私は、FXで失敗して大損したところから、スイッチが入って、真剣に取り組むようになりました。そのおかげで、真剣に取り組まなければ勝てるようにはならないということが分かったのです。

ただし、失敗しないに越したことはありません。失敗しないは言い過ぎだとしても、もっと程度の軽い失敗であれば、もっとよかったと思います。

今になって思うのは、FXは結局、どれだけ真剣になれるかで決まるということです。中途半端な気持ちで取り組んでいれば、例え、最初ビギナーズラックで勝てたとしても、すぐに、私のような大損をしてしまいます。

しかし、モチベーションを持って、相応の努力を払えば、トレード成績はどんどん良くなっていきます。それを繰り返せば、一年後、二年後の到達地点は、どんどん高いところになっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画:FXで年間平均利回り163%を達成し、毎月150万円の利益を得ている具体的な手法

busenaこの無料動画では、当サイト、投資の教科書でFXの記事を執筆しているぶせな氏自身が、FXのトレード手法を、動画で直接解説しています。

 

ぶせな氏は、FXを本格的にスタートしてから、8年間負けなし(年ベース)で平均163%の年間利回りを記録しており、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいる超一流のFXトレーダーです。

 

この無料動画を見ていただくと、以下のようなことが分かります。

 

  • ・ぶせな氏が8年負けなしで年間平均利回り163%を記録している具体的なトレード手法 
  • ・ローソク足と移動平均線を使ったシンプルなチャートの見方
  • ・トレンドライン、サポートラインなどで勝率と利益率を上げる具体的な方法
  • ・為替相場の波やチャートパターンで大きな利益を上げる具体的な方法

文字だけではなかなか伝わらない、細かいニュアンスや考え方、実際のトレードなどに触れていただくために無料の動画セミナー形式でご用意させていただきました。この一流トレーダーの本物のトレードノウハウが、あなたのお役に立つことをお約束します。


無料オンライン動画講座を見る

The following two tabs change content below.

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 2009年に本格的にFXをスタート。累計利益は、3年目で5000万円、5年目で1億円、2017年2月現在は1億5千万円を超える。 一時的な利益でなく、継続的に利益を上げ続けるために、リスクを抑えることに重点をおき、短期売買を繰り返すスキャルピングと長めに保有するデイトレードを得意とする。

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。