FXで勝てない人に億トレーダーが贈る5つのアドバイス

FXで勝てなくて辛い思いをしている方、モヤモヤしている方、先が見えずマイナス思考になっている方は、たくさんいらっしゃると思います。

私は、今では勝てるようになりましたが、最初の4~5年の間勝てない時期が続きました。

勝てない時期のしんどさやモヤモヤ感は、今でも昨日のことのように思い出すことができます。

「このままFXをやっていて本当に稼げるようになるのか」「自分にはFXは向いていないのではないだろうか」など様々な不安が沸き起こってきますよね。

そんな方にまずお伝えしたいのは、「あなたは今、FXで稼ぐという新しいチャレンジをしているのですから、自ら一歩を踏み出していることに誇りを持って欲しい」ということです。

そこで、この記事では、勝てない時期の私自身の経験を基に、より詳しく5つのアドバイスとしてお伝えします。ぜひ、一つ一つじっくりとご覧下さい。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

はじめに:停滞期は必ずある

なぜなら、どうやったら勝てるようになるのだろうかという悩みは、常に続くからです。稼げるようになった後もFXには停滞期があります。私も、今でも思うように勝てなくなる時期があります。

そんな時に、自暴自棄にならずに、今までの知識を洗い直したり、より細かい実験と検証を繰り返したりします。そして停滞期を抜けたあとは、一気に成績が飛躍します。

結論からいうと、稼ぎ続けるということは常に停滞と飛躍の繰り返しです。

つまり、FXで勝てない時に本当に必要になってくるのは、手法やテクニックではなく、次の2つの姿勢が重要です。

  • 考え方:壁は誰にでもあり、成功している人も壁を超えてきたという理解。
  • 向き合い方:思うように結果が出ない時期は、逃げずに向き合う。

これは上級者だけに通用するものではなく、むしろ初心者の方に一番知ってほしいことです。

1.一回一回のトレードに根拠を持とう

FXで、長期的に大きく成功するのに運は必要ありません。知識と実践と検証を、一つ一つ真剣に行なって本物の実力をつけることが、唯一の道です。

人間は、どうしても本能的に楽を求めてしまったり、欲で判断を曇らせたりしてしまいます(このことを、行動心理学の用語で、「プロスペクト理論」といいます)。

ただし、このような本能に任せて、運任せの根拠のないトレードをしていると、最終的には間違いなく大損して退場することになります。FXを始めたばかりの頃の私が大損失を出してしまった原因もそうでした。

エントリーからイグジットまで、どのように判断して、投資行動を取るべきなのかの全てにおいて、明確な根拠が必要です。「ツイッターで勝っている人が上がると言ったから」「自分の感覚では今の相場は下がり過ぎだから」というような根拠では、トレード根拠の質が低過ぎます。

根拠が揃っていないときに焦って判断するのもいけません。

初心者でも、中上級者でも、常に根拠のあるトレードを心がけて下さい。「根拠」は、『FXチャートの見方|トレードで勝つための正しい知識』でお伝えしているように、チャートの情報を正確に判断することから得られます。

一回一回のトレードで、誰にでも説明できて納得してもらえるぐらいの根拠を持てるように訓練して下さい。そうすれば、一貫性のあるトレードを続けることができ、結果、資産が増えていきます。

ポイント!

トレード根拠をしっかり持つことが、一貫性のあるトレードを可能にします。

2.インプットとアウトプットのサイクルを回そう

FXは、知識をインプットすれば、それだけで勝てるようになるというものではありません。このことを知らないと、学んだ知識を実践してみて思うように勝てないときに、手法のせいにしたり情報のせいにしてしまいます。

もしあなたが、このようなことの繰り返しに陥っているとしたら、それは非常にもったいないことです。

下図をご覧下さい。

成長曲線

これは、人のスキルの伸び方を表したもので、「学習曲線」といいます。

FXをスタートして知識をインプットしている時期をAとします。その知識をもとに何度かトレードを行うと、トレードの楽しさが分かってきたり、感覚が掴めたりすることでしょう。中には、この時点である程度の利益を出せる方もいます。

ただし、その後のBでは、誰もが伸び悩みます。

知識をインプットして、トレードでアウトプットしているのに、思うように結果が出ない時期です。ほとんどの初心者は、この停滞期でトレードを止めてしまいます。実際、結果が出ない時期は誰にとっても辛いものです。スランプとは言わないまでも、何をやっても結果が出ないのですから。

しかし、このような停滞期にどのような行動をするかで、トレーダーの力量が決まります。

仮に今、学習曲線の停滞期にあることが分からず結果が出ないと、「自分は向いていない」と自暴自棄になって諦めてしまいます。

しかし、スキルアップには停滞期がつきものだということを知っていると、「今は停滞期かもしれないからもう少し頑張ろう。」と考えられるようになります。

力のあるトレーダーほど、停滞期は結果が出ないことを認識していて、このような時期にひたすらトレードを繰り返して検証と実践を行なおうとします。そして、ほんのちょっとしたきっかけで急に壁を超えて、Cの地点で飛躍的に結果が出ます。

差が出るのも、あなたに耐えて頂きたい時期もBの停滞期です。飛躍の時期は必ず訪れますので、この間にとにかく多くのトレード経験を積みましょう。

また、例え年間100万円とか年間1000万円とか勝てるようになったとしても、このサイクルは常に続きます。最初の頃にBの時期の過ごし方、耐え方をしっかりと身につけておけば、かりに専業トレーダーになっても、停滞期を乗り越えて大きな資産を築くことができるでしょう。

ポイント!

成長期 → 停滞期 → 壁突破

初心者も専業トレーダーも、この繰り返しです。

3.正しい知識を身につけて自信を積み上げよう

これは上の図のB(停滞期)の時期で起きることなのですが、トレードで勝てない時期が続くと、自信を失い、「自分には成功は無理かな」とネガティブに考え始め、自暴自棄になったり、気づかないうちに精神に大きなストレスがかかってしまいます。

未来が見えず、私生活でも些細なことでマイナス思考になったりします。

このような時は、トレードをしたい気持ちでいっぱいにも関わらず、何をすべきか分からず、行動できなくなってしまうという方は少なくないと思います。私自身がそうでした。

そのような時に、何か行動を起こしたいのであれば、自信をつけることを最優先にして下さい。具体的には、ほんの少しでも良いので一つずつ正しい知識を吸収していきましょう。不思議なもので、知識がつくとそれだけで少しずつ自信が回復していきます。

以前と同じことを勉強したとしても、今まで見えてなかったものが見えるようになり、試したいことのアイデアがどんどん湧いて来るようになります。

自暴自棄になっていたり、焦っていたり、大きな精神的ストレスがかかっていたりする時に、トレードで勝てと言われても非常に難しいです。しかし、知識のインプットは、誰にでもできます。

書籍を読んだり、インターネットで情報収集したり、トレードよりも遥かに気軽に行えますね。

当サイトでは、次の3つのページからご覧頂くのが良いと思います。

もちろん、すでに何年も勉強してきて沢山の知識があるという方もいることでしょう。そのような時は現実に対して謙虚になりましょう。「今勝てていないのは、何かしらの知識が抜けているからだ」と考えて、新しい知識を身につけるチャンスにしましょう。

「自分はたくさん勉強してきて何でも知っている」と知識に対して傲慢になると、いずれ負けてしまいます。「もっと知らないことや理解できていないことがいくらでもある」と知識に対して謙虚な人が勝ち続けます。

初心に戻って、一つ一つじっくりと、なに一つ飛ばさずに、丁寧に身につけて下さい。ちなみに私は、このような時は本屋へ行って、メンタル系のFX書籍を買うことが多いです。

ポイント!

自信がなくなってきたら、初心に戻って知識をインプットしよう。

4.短期的に勝とうとしない

FXを始めた頃の私は、「一日でも早く稼ぎたい」と、とにかく焦っていました。

頭の中が焦りでいっぱいなので、勉強しても頭に入って来ませんし、気持ちが空回りしてしまいます。トレードを実践して、結果と原因を検証するとしても、精神がふわふわしていて良い検証ができていませんでした。

安全な水準でのリスク管理(「バルサラの破産確率表」で破産確率0%を目指す水準)で、年間利回り100%以上も可能とはいえ、トレード人生は長期戦です。明日、来月、1年後に人生を変えようとするのではなく、3年、5年、10年という長い単位で目標設定して、ゆったり構えて下さい。

誰もが経験したことがあると思いますが、過度に緊張していたり、焦っている状態だと、普段はありえないようなミスをしたり、仕事やスポーツでもパフォーマンスが大きく下がってしまいますよね。そうなると、周りも見えなくなります。

そして、勝てないと焦りがさらに大きくなっていきますね。一番大切なことは、そこから解放されることです。焦らないための秘訣は、たったの数ヶ月や数年といった短期的スパンで儲けようと思わず長期的に考えることです。

これからずっとFXをやっていくのですから、10年後にトレードで大きく勝っていると想像すれば、焦らずに、一日一日少しずつ上達すれば良いと思えるようになります。

ほんの数ヶ月や1年などの短期で勝とうとするから、FXの基礎をおろそかにして、小手先のテクニックに頼って、結局大損をしてしまいます。

「FXは短期で儲かるもの」と考えているなら、どうか考え直して下さい。

私は、FXを始めて15年以上になります。勝てるようになってから11年です。一つの目標としていた「利益1億円」は勝てるようになって5年で突破しましたが、これは自分が思っていたよりも早かったです。

一方で、FXを始めたばかりの最初の4年ほどは気持ちばかり焦っていました。すぐに何千万円という利益を得ることを求めていました。結果、全財産を失いました。

逆説的ですが、FXは長期的にじっくり勝とうとすればするほど、うまくいくようになります。そして、思っていたよりも遥かに早く目標額に到達します。短期的に勝とうと思えば思うほど負けますし、成功も遅くなります。

それだけ、メンタルが大きく結果を左右するということですね。

ポイント!

短期で大儲けしようとすると、焦るだけです。トレードは長期戦なので、ゆったり構えて地に足の着いた気持ちで取り組んで下さい。

5.改めてFXで何を実現したいのか見つめ直そう

FXに長期的に臨むには、FXをやる理由を明確にする必要があります。

あなたがFXを始めようと思った理由は何ですか?

目的、目標、夢を今一度問いかけてみましょう。「お金持ちになりたい」というのは誰もが同じだと思います。私も、お金が一番でした。

そこからもう一歩踏み込んでイメージしてみて下さい。

FXで成功したら、どのような生活をしていますか?一日の理想的な過ごし方を何パターンもイメージしてみて下さい。ここで、自然と心がワクワクするようなイメージが出てきたら、それがあなたの夢であり目標になります。

その目標は決して手が届かないものではありません。

FXは本当に凄い世界です。真剣に向き合って、ひとたび勝てるようになると、あとはロット数次第で収益は無限大です。一人の人間・一つのチームしかナンバーワンに慣れないスポーツの世界や、ポストが限られているビジネスの世界では、成功するためには運も必要でしょう。

しかし、FXはそうではありません。

徹底的に努力して本物のスキルを身につければ、誰もが成功できる世界です。

本物のスキルを身につけるには継続した努力が必要です。心からワクワクする未来の夢や目標があれば努力を継続することができます。そして、FXは、その夢を実現できる手段です。

「今日はさぼってもいいかな」と気を緩めそうになった時は、あなたの夢を思い出して下さい。その夢が心からワクワクするような本当の夢であれば、それに近づくための努力は苦ではなくなるはずです。

ポイント!

FXを通じて実現したいことを、改めて考えなおして下さい。きっとワクワクするでしょう。

まとめ

FXで勝てないときは、手法を探すのではなく、まず適切な考え方、向き合い方ができているかを確認しましょう。

トレードは、メンタルの影響が大きいものだと認識し、モチベーションがアップするまで一度立ち止まって下さい。冷静になるまで見つめ直し、夢を確認し、それに向かってコツコツと進んで下さい。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る