ビーブレイクシステムズ(3986)IPO再開+VSリスクがない注目の案件

ビーブレイクシステムズ(3986)は主にクラウドERP(MA-EYES)の開発および販売を行うパッケージ事業と、顧客が構築するシステムの受託開発やIT人材の派遣を行うシステムインテグレーション事業を営んでいます。JavaとExcelの互換性を高めるオープンソースの部品群/帳票ツール「ExCella Reports」や統合型基幹業務パッケージ(ERP) 「MA-EYES 」 が同社の主力商品になります。同社の上場は4月25日のアセンテック以来となりますので、期間が空いた場合のIPOは注目度が高まる傾向があることと、また、同社はVCとSOのリスクがないことから初値は公募価格を大きく上回る結果になることが予想されます。セカンダリーの妙味もあるでしょう。

銘柄情報
銘柄コード  3986 銘柄名 ビーブレイクシステムズ 市場 東証マザーズ
事業内容 主にクラウドERP(MA-EYES)の開発および販売を行うパッケージ事業と、顧客が構築するシステムの受託開発やIT人材の派遣を行うシステムインテグレーション事業

 

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
A B B
予想初値
5,000円

公募申込戦略 

同社は公募売出数が312,000株ありますが、その85%である265,200株は主幹事であるSBI証券の割り当てとなります。それ以外の幹事証券は日興証券の15,600株が目立ちますが抽選の単元数は15と少ないため、主幹事中心の申込方法が求められます。主幹事のSBI証券は一般の抽選とチャレンジポイントによる抽選がありますので、どちらかでチャンスがあります。

需給面

 同社の公募売出数は312,000株、発行済株数が1,352,000株と比較的軽量の部類に入ります。また、需給面のリスクであるVCとSOについては上場時にはリスクとして発生しないので、IPOが再開されることの注目と、需給面のリスクが軽微であることから初値については公募価格を大きく上回る可能性が想定されます。吸収額4.7億円、時価総額18.6億円(想定価格ベース)評価できるでしょう。

成長性

 同社はクラウドERP(MA-EYES)の開発および販売を行うパッケージ事業と、顧客が構築するシステムの受託開発やIT人材の派遣を行うシステムインテグレーション事業を営んでいます。近年の業績は増収増益傾向であり、今後の業績の伸びも期待できます。今期については第3四半期の業績の進捗率が80%程度進んでいることからセカンダリーとしての妙味もあるでしょう。

【評価の解説】

初値の期待度とは、公募価格よりも高い初値が付く可能性が高いと考えられるものです。この評価が高い銘柄は、『IPO 株の当選確率を上げる3 つのテクニック』を使って、積極的に申し込みをすると良いでしょう。セカンダリー妙味とは、上場後に株を取得しても、尚、値上がり益を見込める可能性が高いものです。この評価が高い銘柄は『IPO セカンダリー投資で会社員が年間数100万円の利益を得た方法』を参考に、利益の増大を目指してみるのも手です。また、初心者の方は、IPO 投資の基礎として、『IPO投資で収益率26.6%の成功例!絶対知っておくべき2つのノウハウ』にも目を通しておきましょう。

基本条件
仮条件 1,550~1,670円
公募価格 1,670円
ブックビル期間 2017/5/29 (月) ~  2017/6/02 (金)
購入申込み期間 2017/6/07 (水) ~  2017/6/12 (月)
上場予定日 2017/6/15 (木)
上場時発行済株数 1,352,000株
公募売出数 公開株数312,000株
(公募:250,000株  売出:62,000株)
想定発行価格  1,670円
購入に必要な金額 167,000円
引受証券会社
役割 証券会社 割当数(株) 割合(%)
主幹事証券 SBI 265,200 85%
引受証券 日興 15,600 5%
引受証券 みずほ 9,400 3%
引受証券 岡三 9,400  3%
引受証券 岩井コスモ 6,200 2%
引受証券 極東 6,200 2%

 ●株主構成

氏名 株数(株) 割合(%) ロックアップ
白岩 次郎 622,000 46.33 90日
 
上川 伸彦 158,400 11.8 90日
 
高橋 明 128,400 9.56 90日
 
鹿取 裕樹 118,400 8.82 90日
 
株式会社ビーブレイクシステムズ 86,000 6.41  
横井 朗 40,000 2.98  
塩川 靖幸 33,440 2.49  
熊田 圭一郎 30,680 2.29 90日
吉田 周作 20,000 1.49  
菅谷 順子 15,600 1.16 90日
既存株主総計(28) 1,342,440 100 対象 1,083,480株
カバー率 80.71%

●ストック・オプション

総会決議 対象株数(株) 行使価格(円) 行使期間
2015/11/27 154,440 295 (自)2017-11-29~(至)2025-11-27
SO総計(1) 154,440 上場時算入 0株

 ●直近の業績推移

 

決算期 売上(千) 経常利益(千) 当期利益(千) 純資産(千)
変化率 変化率 変化率 総資産(千)
2014/6/1 879,371 34,953 28,247 315,292
(単・12期) 9.60% 15.70% 9.00% 476,975
2015/6/1 882,053 24,599 17,657 329,919
(単・13期) 0.30% -29.60% -37.50% 523,890
2016/6/1 1,025,008 103,198 80,550 407,714
(単・14期) 16.20% 319.50% 356.20% 633,361

柳橋義昭の人気記事

IPOの裏側を知るトレーダーが、 IPOの獲得数を増やして利益を得ている全て


IPOは「新規公開株」のことをいいます。


IPOをした企業には、上場前から大きく注目される銘柄があります。


このような銘柄には様々な投資家が資金を出資し、一時的に株価が大きく値上がりする傾向があります。


このような銘柄に投資することをIPO投資といいますが、IPO投資はリスクが少なく利益が出やすいといわれています。


しかし、IPOは個人投資家に人気がありますので、なかなか獲得できない方が多いです。


このメール講座では私がIPO獲得に必要なノウハウをお伝えします。


私は証券会社でIPO業務に従事した経験があり、投資家としても毎年、様々なIPOを獲得しています。


私がIPO獲得に欠かせない証券会社から、証券会社の攻略方法に至るまで、メール講座で包み隠さず、お教えします。


無料メール講座を受講する

いつでも何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資

著者:柳橋


いつでも、何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資


長年、IPO投資で成果をあげている著者が、独自に構築した「セカンダリー投資」について、各手法を紹介しています。IPOといえば、低リスクの抽選配分での投資が主流ですが、上場後の値動きの傾向をパターン化したセカンダリーの戦略は、今後のIPO投資に大いに役立つでしょう。


詳細はこちら

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。