テクニカル

移動平均線を使って株の買いや損切りのタイミングを適切に判断する方法

株式投資をする際に、株価チャートをご覧になる方は多いと思います。

ほとんどの株価チャートには、ローソク足や出来高の他に、ローソク足の近くに線が描かれています。その線が、移動平均線です。

移動平均線にはどのような意味があって、株式投資にどのように活用すればいいのでしょうか。

この記事を読むことで、移動平均線を使って適切なタイミングで買いや損切りができるようになります。是非お読みください。

続きを読む

出来高とは|株価予測の精度を上げる大事なポイント

出来高は、売買代金と並ぶ注目度をはかる重要な指標の一つです。

この記事では、出来高を活用して日々の売買で気づきが得られるよう実例も交えてお伝えしていきます。

そして、あなたは気づきが得られることで、今まで以上に利益を出しやすくなりますので、最後まで読んで自分のものにしてください。

続きを読む

騰落レシオとは?株式市場の過熱感がわかる指標

騰落レシオとは、株式市場の過熱感を見る指標です。これを使うと、相場の方向性や、天井や底の目安を判断できます。

私自身、長年注目しており、とても有効な指標だと実感していますので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

株の窓埋めを利用して未来の株価予測の確度を上げる方法

未来の株価を予測できたら、どれだけ良いだろうと思ったことはありませんか?

当たり前のことですが、未来の株価を読めるようになれば、利益を出しやすくなりますよね。もちろん、完全に読むことはできませんが、その確度を上げる方法はいくつもあります。

ここで解説する、窓開けや窓埋めは、まさにそうした方法のうちの一つです。私は、経験の中で何度も、これらに出くわして、どういう時に株価がどう動くのかという傾向を、高い確度で掴めるようになりました。

この記事では、私が経験してきたことをベースに、窓開け、窓埋めを活用して、

  • 未来の株価の動きを予想する力
  • より低い価格で株を買う技術
  • 損失が出たときに損失を小さく抑える技術

などを解説していきたいと思います。この記事だけでも、窓開け、窓埋めに関するほとんどの状況に対応できる力をつけることができます。

どれも投資家にとって非常に重要なスキルなので、ぜひ、参考にして頂ければと思います。

続きを読む

投資初心者のための移動平均線のまとめ

株の売買タイミングをはかるために必ず知るべき指標として、「移動平均線」という指標があります。

株価の値動きを知るための指標のことを「テクニカル指標」といいますが、その中では移動平均線はおそらく一番使用されている指標です。

多くの人に意識されている指標であるほど指標として機能します。

株取引をするのであれば、その移動平均線の知識と使用法を正しくマスターしておく必要があります。

このページでは、移動平均線とはなにか、移動平均線の種類とその役割、移動平均線の実践における5つの手法をご紹介していきます。

続きを読む

トレードにおける移動平均乖離率の具体的な使用法

移動平均線を利用した取引の中で勝つ確率が最も高い手法。それは移動平均線からどれくらい株価が離れたかを判断することのできる移動平均乖離率を利用した手法です。

ちなみに株価の向かう方向に逆らって株を買ったり売ったりすることを逆張りと言い(後述)、逆張りを使った手法で勝つためには移動平均乖離率を使用することは必須です。

私はおもに順張り取引を利用し、株式の売買を行ってきましたが、この移動平均線乖離率を利用した取引においては逆張り取引を積極的に利用しています。

今回、実例を数多く取り入れ紹介していますので、取引の参考にしてください。

続きを読む

テクニカル指標|投資初心者に必須の7つ

投資を始めると実に様々なことを学ぶ必要があります。投資で利益を積み重ね続けていくことは簡単なことではないので、それはある意味で仕方のないことですがあまりに学ぶことが多くて無駄なことまで吸収してしまう投資家が非常に多いのが事実です。

特に株の売買タイミングを知るためのテクニカル指標には膨大な量の情報があり投資初心者にとってはいったいどの指標のどこが必要なのかがわからない人が多いようです。

そこでこの記事では、投資初心者のためにできるだけ無駄を排除して効率的にテクニカル分析を知るための情報をまとめました。投資を始めてまず必要なものから中級者へなるための指標、そして補助的に使用するべきものまで段階的にまとめています。

  1. 株式相場の波をとらえるダウ理論
  2. 株価の動きを一目で把握するローソク足
  3. すべての投資家必須の指標!移動平均線
  4. 株式人気を一発でとらえる出来高
  5. 投資家の心理が現れるチャートパターン
  6. 株価の天底をタイミングよくあてるRSI
  7. 株価上昇の初動を見つけるMACD

重要なもの順にご紹介していきますので、参考にしてみてください。

続きを読む

ゴールデンクロスを短期投資で使ってはいけない3つの理由

投資の世界ではゴールデンクロスという非常に有名な指標があります。多くの人はゴールデンクロスが出たときに株を買えといいます。しかし私の経験上、短期投資においてはゴールデンクロスの時に株を買おうとすると高い確率で負けます。

その理由を簡単に説明すると以下のとおりです。

  1. ゴールデンクロスが現れる場所で初心者が不用意に買いたがる
  2. そのため投資上級者は売ろう(利益確定)とする ※資金を持っている人は新規売を仕掛ける場合もある
  3. 投資上級者は投資初心者よりも大口なので株価は下がってしまう。

これがゴールデンクロスが勝てない理由です。詳しく解説していきますね。

続きを読む

ポイントアンドフィギュアとは|5つの特徴と3つのパターン

株価が大きく上昇する前には一定のパターンが存在しますが、そのパターンをあらかじめ把握しておくことで実際に株価が動き出した最初の動きを捉えて仕込むことが可能となります。

今回は株価が動きだすパターンのうち「ポイントアンドフィギュア」を使用したものをお伝えします。

ポイントアンドフィギュアは株価の値動きに着目した重要なテクニカル指標です。

このページでは、ポイントアンドフィギュアの基礎知識とポイントアンドフィギュアのパターンと使い方を実例に沿ってお伝えしていきます。

続きを読む

年初来安値とは|注意点と2つの投資手法

「株価が下がって連日の年初来安値を更新!」

投資をしていると上記のようなニュースを頻繁に聞きます。年初来安値を更新しているというのはある銘柄がその年度の中で一番株価が安い状態になっているということを示しています。

しかし、この年初来安値というのは、株価がお買い得になっているという意味ではありません。

とくに投資を始めたばかりの人に多く見られがちなのは、株価が非常に安くなっていると勘違いして年初来安値の銘柄を保有してしまうというパターンです。

このページでは、年初来安値の銘柄をなぜ買ってはいけないのか、そして年初来安値を利益につなげる方法を2つ、具体的にお伝えしていきます。

続きを読む