テクニカル

ローソク足の分析で株価の転換ポイントを測る

投資をする上でローソク足を学ぶ人は多いですが、ただなんとなくの知識を蓄えるだけで終わってしまう人は意外と多いものです。

何事においても基礎が大事なのと同じように、チャート分析においてもまずはローソク足の基礎的な分析能力が備わっているかどうかでトレードの成績もおおきく異なってきます。

このページではローソク足の種類を解説、その後、一歩踏み込んで連続する2本のローソク足から株価の動きを予測する方法とその基礎的な考え方をご紹介します。

トレードにおいても応用できる知識ですのでおさえておくようにしてください。

続きを読む

出来高とは|稼げる投資家の基礎知識

投資を始めると、ほとんどの人がローソク足の使い方やチャートの見方、銘柄選びの方法などをはじめに学びます。

そしてそれらを学ぶと一通りの知識が身についたように感じて投資の学習を終わらせて実戦に入ってしまう人が多いです。

しかし、実は最初の段階で上記以外にも必ず知っておいて欲しい知識が一つあり、それが「出来高」というものです。出来高を知ると、株価の短期的な上下の予測がしやすいだけでなく、より長いスパンでみて株価が大幅上昇する可能性も探ることができます。

このページでは、出来高分析のための第一歩として、出来高の意味を知っていただくことにします。

続きを読む

ボリンジャーバンドとは|見方と使い方

『ずっと横ばいだった株価が上がり始める。』

『上がりきった株価が下げ始める。』

その最初のタイミングがある程度予測できると当然のことながらデイトレードをするにしても有利に立てます。

株価が上昇の流れへと入るはじめの一歩や株価の急激な下げの終わりを測定するための分析ツール。

それがボリンジャーバンドです。

基本的に株価の流れを判断するためのツールはほかにもトレンドラインや移動平均線などがありますが、ボリンジャーバンドも一度使い方をを覚えると有効な指標となりますので、このページで一気に把握してしまいましょう。

続きを読む

ローソク足の本当の使い方

デイトレードで勝つためには的確な銘柄選びの力が必要です。

デイトレーダーは、取引をする当日に日中よく動く銘柄をランキングやチャート、SNSなどからリアルタイムで選んで取引をしている人が大多数です。たしかにその方法が最もポピュラーな銘柄の探し方ではあります。

しかし、前日に、明日陽線(始まりが安く終値が高い)が立つ銘柄をある程度予測できれば、他のトレーダーたちより優位に立てるはずです。そしてそのために、必要なものが日足のローソク足なのです。

ここでは、デイトレードでローソク足を使う時の基本と、トレンドラインや出来高と、ローソク足を組み合わせて、より精度の高い投資判断をするための方法をご紹介します。

続きを読む

株式トレードで稼ぐなら抑えておきたい4つのチャートパターン

投資をしている方なら、きっと誰でもチャートパターンを学んで自分の投資に応用しようとした経験があることでしょう。

確かにスイングトレードなどの中期投資ならチャートパターンは有用です。しかし、デイトレードにおいては、1日の中で時間が限られているという理由からいわゆる教科書的なチャートパターンは役に立ちません。

そこで、この記事では、デイトレードに絞って、デイトレード特有のチャートパターンと実例の解説、さらに、そのチャートをどのように理解するべきなのかまでをご紹介します。

デイトレードを行う方にとっては、とても重要なものなので参考にして下さい。

なお、チャートの基本的な見方に関しては、『投資初心者に贈るチャートの見方とテクニカル指標一覧』で参考に、チャートパターン(スイング用)に関しては『チャートパターンのメカニズムと7つのチャートパターン』を確認してください。

続きを読む

25日移動平均線で株の売買タイミングを計る具体的方法

「デイトレをしているが最近どうも勝てない。」

「選んだ銘柄がことごとくハズレて株価が下がる。」

それはもしかすると、あなたが日中の株価の値動きのみに着目して取引をしているからかもしれません。

デイトレードは超短期で株の売買を繰り返すことで利益を上げる投資です。そのため、市販の本やサイトに出てくる実例などはほとんどが5分足などの日中足チャートで説明をしているものが多いです。

しかしデイトレードにおいては日中足チャートを見るのと同時に、日足チャートを見ることで取引する銘柄を決めたり売買タイミングを決めたりすることも非常に重要なのです。

このページではデイトレおける銘柄探し、売買タイミングのための日足の移動平均線の使用法を3つご紹介します。

この3つを覚えておけばデイトレにおける移動平均線の使用法はほぼカバーできるでしょう。

続きを読む

出来高から人気化する銘柄を見抜く方法

デイトレで上手く利益を上げるためにはどのような銘柄を選ぶべきかご存知ですか? 当たり前過ぎることかもしれませんが、それは今が旬の銘柄です。

今が旬の銘柄というのは、既に人気のある銘柄ではありません。簡単に言うと、これから値上がりする可能性の高い株のことです。

これから値上がりする銘柄を見つけることができたら、デイトレに有利なのは言うまでもないですね。

出来高は、まさにこれから大きく上昇する人気銘柄を見つけるために重要な指標の一つです。出来高と株価の関係性を把握することで明日から上昇する銘柄をデイトレードで取引し大きな利益を獲得することができるようになります。

出来高を深く理解することは銘柄を選ぶのに役立つのです。

それでは、出来高とは何なのか、ご説明していきたいと思います。

続きを読む

板読みとは|売買タイミングを正確に知る3つの技術

デイトレードの初心者の方は、チャートを用いて売買のタイミングを判断している方がほとんどだと思います。しかし、それだけでしばらく続けていると、たくさんの人が停滞期という壁にぶつかります。

実際にチャートだけでデイトレをしていると、なかなか勝ちが増えて行かなくなる時があります。そんな方に、是非覚えて頂きたいのが板の読み方です。

板を読めるようになると、場の雰囲気だったり、株式の動きの強弱感などがわかるようになってきます。

つまり、これから抵抗線を超えてブレイクするか、また空売りをしかけて利益を得ることができるかを、今までより正確に判断できるようになります。

実は、デイトレにおいて板読みはチャート分析よりも重要な場面が少なくありません。

そこで、ここでは板読みの基本と、板の上で行われているテクニックと、それに伴い株価を左右する売りと買いの攻防(強弱感)に関して具体的にご説明します。

最初は、ちょっと難しく感じるかもしれませんが、これもデイトレでより勝率を上げるために必要と言えるものなので、じっくりとご覧になってみて下さい。

続きを読む

歩み値とは|株価の流れの転換点をつかむ方法

稀代の相場師ジェシー・リバモアはテープリーディング(株式注文が集まった情報から株価の先行きを読むこと)が得意だったそうです。

リバモアは市場に入ってくる注文がどのような性質をもっていて、その注文が株価の先行きにどのような影響を及ぼすかを常に考えながら相場をはって億万長者になったのです。

現代の株式市場にもテープリーディングによく似た投資手法があり、主にデイトレなどをする方に好んで使用されています。

歩み値自体は、過去に注文が成立(約定)した値段、株数、売りと買いの別を時系列で並べたものです。そこから得られる情報を利用して短期的な株価の上下をより一層正確に予測しようというのが“テープリーディング“と呼ばれる取引手法なのです。

この記事では、1日の動きのなかで、出来高が爆発的に増え株価の流れの転換点となる場所でいったい何が起きているのかチャートと歩み値(テープ)を通して具体的に見ていきます。

まずは歩み値を知る前に、その前段階である板読みに関して簡単にご紹介いたします。

続きを読む

投資初心者のためのチャート分析と11のチャートパターンまとめ

株式投資とりわけ短期投資という勝負の世界ではチャートパターンを理解しておくことが重要です。

しかし、一つ注意点があります。多くの人は数種類あるチャートのパターンだけを記憶しようとします。そして覚えたチャートパターンが現れた時に、売りや買いの行動を起こそうとします。

残念ながら、そのやり方だけではチャートパターンを暗記しただけで、「理解した」とは言えません。そのままでは、トレードでもほとんど負けてしまうことでしょう。

必要なのは、なぜそのようなチャートパターンが出来上がるのかを深く知ることです。それだけで、単純にチャートパターンを暗記して、その形が現れた時にトレードをしている人よりも遥かに勝率の高いトレードが出来るようになります。

この記事では、チャートパターンが出来上がる理由、そして、実際の売り買いの判断のポイント、デイトレードやスイングトレードでどのようなチャートパターンが実際にできるのかなど幅広くお伝えしていきます。

ここでお伝えすることをしっかりと理解しておけば、一般の取引参加者よりも高い勝率をたたき出せるようになります。

目次

・チャートパターンを理解することで得られる本当のメリット

  1. 大多数の短期投資家の取引パターンを見極めるため
  2. チャートパターンを利用した上級者の仕掛けに引っかかってしまった時の対処法を知るため
  3. 上級者と同じ視点にたち取引をするため

・まずはチャートパターンのきほんのき

・チャートパターン形成時の一般的な(勝てない)投資家の行動パターン

・チャートパターン形成前後の勝てる投資家の行動パターン

  1. チャートパターンが作られることを見越して仕掛けることができる
  2. 資金力のある投資家と同じ行動を取ることができる
  3. チャートパターン通りに取引して失敗した場合に損切りが早い

・デイトレードで勝つために抑えておくべきチャートパターン

  1. デイトレにおけるチャートパターン発生の理由
  2. チャートパターン4種

・スイングトレードで勝つために抑えておくべきチャートパターン

  1. 流れがそれまでと逆方向へと進むことを示唆する4つのパターン
  2. トンネルから抜けて新たな流れを作り出す3つのパターン

・まとめ

続きを読む