チェンジ(3962)IPO時は人気化 需給に注目したセカンダリー

 同社はモビリティ、IoTビッグデータ、クラウド、セキュリティなどのテクノロジーを活用したサービス及びIT人材育成のための研修の提供を主に行っています。モバイル、IoT、クラウド、セキュリティ技術など近年の株式市場で注目されているテーマを扱っているのでIPO時は人気化する可能性があります。また、同社は大株主に180日間のロックアップがかかっており、中にはマザーズでも人気のJIG-SAWが名を連ねています。SOが32万株あるので注意が必要です。

銘柄情報
銘柄コード  3962 銘柄名 チェンジ 市場 マザーズ
事業内容 モビリティー、IoT(モノのインターネット)ビッグデータ、クラウド、
セキュリティーなどのテクノロジーを活用したサービス
および情報技術(IT)人材育成のための研修の提供(NEW-ITトランスフォーメーション事業)

評価

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
A A A
予想初値
3,300円

公募申込戦略 

 同社の主幹事はネット証券の大手であるSBI証券です。SBI証券の割り当てが全体の85%である416,500株なので同社の申込みは必須ですが、同社は申込時の株数に応じて有利になりますのでポイントを使用するのであればSBI証券に集中したブックビルが効果的です。

需給面

 同社の公募売出数は490,000株になります。大株主にはロックアップがかかっていますがSOが上場時の権利行使分で320,000株ありますので実質80万株の案件になります。需給面の不安はありますが事業内容は注目できますので同日のシルバーエッグと人気を分け合ったり、SOによる急落がある場合はセカンダリーの妙味があります。

成長性

 同社の事業内容はモバイル、IoT、クラウド、セキュリティ技術など近年の株式市場で注目されているテーマを扱っているので、各分野の市場が拡大するに連れて同社の注目は高まります。

【評価の解説】

初値の期待度とは、公募価格よりも高い初値が付く可能性が高いと考えられるものです。この評価が高い銘柄は、『IPO 株の当選確率を上げる3 つのテクニック』を使って、積極的に申し込みをすると良いでしょう。セカンダリー妙味とは、上場後に株を取得しても、尚、値上がり益を見込める可能性が高いものです。この評価が高い銘柄は『IPO セカンダリー投資で会社員が年間数100万円の利益を得た方法』を参考に、利益の増大を目指してみるのも手です。また、初心者の方は、IPO 投資の基礎として、『IPO投資で収益率26.6%の成功例!絶対知っておくべき2つのノウハウ』にも目を通しておきましょう。

基本条件
仮条件     1,080  ~  1,200  円
公募価格 2016年9月14日 決定予定
ブックビル期間 2016年9月7日 ~ 2016年9月13日
購入申込み期間 2016年9月16日 ~ 2016年9月23日
上場予定日 2016年9月27日
上場時発行済株数 3,160,000株 (別に潜在株式455,700株)
公募売出数 490,000株(公募280,000株、売り出し210,000株)
想定発行価格 1,150円
購入に必要な
想定金額
115,000円
引受証券会社
役割 証券会社 割当数(株) 割合(%)
主幹事証券 SBI 416,500  85.00
引受証券 マネックス  14,700 3.00
引受証券 みずほ  14,700 3.00
引受証券 SMBC日興  9,800  2.00
引受証券 エース  9,800  2.00
引受証券 藍沢  4,900  1.00
引受証券 SMBCフレンド  4,900  1.00
引受証券 極東 4,900 1.00
引受証券 東海東京 4,900 1.00
引受証券 東洋 4,900 1.00
既存株主およびロックアップ条件(VCリスク:C)
氏名 株数 割合 ロックアップ
神保 吉寿 782,100株 23.45% 180日
福留 大士 478,800株 14.35% 180日
伊藤 彰 377,700株 11.32% 180日
石原 徹哉 377,700株 11.32% 180日
金田 憲治 377,700株 11.32% 180日
高橋 範光 268,800株 8.00 % 180日
Jun Emi 150,000株 4.50 %  
山田 裕 118,800 株 3.56% 180日
チェンジ従業員持株会 105,000株 3.15%        180日
JIG-SAW㈱ 45,000株 1.35%  
既存株主合計 3,335,700株  ロックアップカバー率 86.54%
ストックオプション付与状況(SOリスク:C)
総会決議日 株数 行使価格 行使期間
2014年9月23日 323,100株 67円 2016年9月26日~2024年9月20日
2016年7月6日 156,600株 250円 2017年10月16日~2025年10月10日
合計 479,700株 上場時行使可能株数 323,100株
直近の業績
業績動向(百万円) 売上高 営業利益 経常利益 純利益
(単独実績)2014.9 711 74 74 43
(単独実績)2015.9 1,400 134 137 82
(単独予想)2016.9 1,520 173 170 111
(単独3Q累計実績)2016.9 1,037 153 144 93

 

柳橋義昭の人気記事

IPOの裏側を知るトレーダーが、 IPOの獲得数を増やして利益を得ている全て


IPOは「新規公開株」のことをいいます。


IPOをした企業には、上場前から大きく注目される銘柄があります。


このような銘柄には様々な投資家が資金を出資し、一時的に株価が大きく値上がりする傾向があります。


このような銘柄に投資することをIPO投資といいますが、IPO投資はリスクが少なく利益が出やすいといわれています。


しかし、IPOは個人投資家に人気がありますので、なかなか獲得できない方が多いです。


このメール講座では私がIPO獲得に必要なノウハウをお伝えします。


私は証券会社でIPO業務に従事した経験があり、投資家としても毎年、様々なIPOを獲得しています。


私がIPO獲得に欠かせない証券会社から、証券会社の攻略方法に至るまで、メール講座で包み隠さず、お教えします。


無料メール講座を受講する

いつでも何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資

著者:柳橋


いつでも、何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資


長年、IPO投資で成果をあげている著者が、独自に構築した「セカンダリー投資」について、各手法を紹介しています。IPOといえば、低リスクの抽選配分での投資が主流ですが、上場後の値動きの傾向をパターン化したセカンダリーの戦略は、今後のIPO投資に大いに役立つでしょう。


詳細はこちら

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。