収益機会が倍増!超小型IPOのセカンダリー投資で宝の山を掘り当てる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IPO投資の収益機会は限られているといわれていますが、セカンダリー投資というIPOが上場してから行う投資方法で収益機会が倍増します。なかでも私が好んでいるのが超小型のIPOに注目して投資する方法です。

今回は、その超小型IPOの投資についてお伝えします。

1.    超小型IPOとは

企業が株式市場に新規上場する際に資金調達することをお話しましたが、この資金調達の金額は企業によって違います。東証1部の大型株であれば数百億円~数千億円の規模になりますが東証マザーズの企業であれば数億円~数十億円の規模なので全然違います。

以下は、東証1部のIPOと東証マザーズのIPOについて資金調達額と時価総額をそれぞれ表したものです。

choukogata1

東証1部の銘柄は100億円以上の資金調達に成功していますが、東証マザーズを見ると10億円~30億円程度の企業が目立ちます。これには東証1部と東証マザーズでは上場の審査基準が異なるため、資金調達額と時価総額に大きな違いが生じます。この上場の審査基準ですが時価総額と株主だけを取り上げると次のとおりです。

  • 東証1部:時価総額250億円以上、株主2,200人以上
  • 東証2部:時価総額20億円以上、株主800人以上
  • 東証マザーズ:時価総額10億円以上、株主200人以上

choukogata2
※日本取引所のウェブサイトより

東証1部と東証マザーズでは時価総額の基準が大きく違いますのでIPO時の資金調達額も規模の違いから金額は小さくなります。でも、今回のテーマである超小型IPOはもっと小さな資金調達額になります。なんと1億円~3億円という規模です。

. 超小型IPOにはどんな銘柄があるの?

超小型IPOは資金調達額が1億円~3億円程度の銘柄であることをお伝えしましたが、この手の企業は東証マザーズではなく、札幌証券取引所の新興市場アンビシャスや名古屋証券取引所の新興市場セントレックス、福岡証券取引所の新興市場Qボードなどに上場するケースがほとんどです。

なぜなら、上記の3市場の上場審査基準は東証マザーズよりも緩和されているからです。

  • 札証アンビシャス:時価総額 基準なし、株主100人以上
  • 東証2部:時価総額3億円以上、株主200人以上
  • 福証Qボード:時価総額3億円以上、株主200人以上

そのため、上記の市場に新規上場するIPOは極めて資金調達額が小さな案件ばかりです。
choukogata3

エコノスや日本PCサービスの資金調達額は1億円台ですがグランディーズに至っては、1億円にも満たしません。実はこのような企業がIPOのセカンダリーには1つの収益機会になるのです。

なぜなら、1億円~3億円程度の小型株なわけですから値動きはとても軽いので、短期売買に向いている魅力があるからです。これからいくつか事例をご紹介しますので、是非参考にして頂ければ幸いです。

3. 超小型IPOセカンダリーで76万円稼いだ2つの実例

◎日本PCサービスの事例

同社はパソコン、タブレット端末、デジタル家電等のネットワーク対応機器に関する設定やトラブルに対して訪問または電話で対応し解決するサービスの提供を主に行っている企業です。

東海東京証券が主幹事の案件でした。公募の株数は250,000株で公開価格は480円なので公開価格時点での資金調達額は1.38億円です。そこで同社が上場時にセカンダリーの売買を考えました。以下がその時の結果です。

※日本PCサービス 上場直後のチャート
choukogata4

初値805円で3000株買い付け → その後、925円で売却

この時の売買で36万円の利益をあげることができました。

この日は結局ストップ高の955円で取引を終えましたが、その後、翌日もストップ高となり一時1,305円まで値上がりしました。ただ、その後は急落しています。

もう1つの事例をご紹介します。

◎グランディーズの事例

同社は建売住宅及び投資用・分譲用マンションの販売並びに建築請負を主体とする不動産販売事業を主に営んでいますがエイチエス証券が主幹事の案件でした。

公開株数は250,000株で公開価格は360円なので公開価格での資金調達額は0.9億円です。

そして、同社の初値は368円だったので初値を形成した時点での時価総額は3.7億円ととても小さいものでした。

以下は当時の事例です。

※グランディーズ 上場直後のチャート
choukogata5

初値368円で2500株買い付け → その後、530円で売却

この時の売買で40万円の利益をあげることができました。

グランディーズは新規上場しても時価総額が3.7億円で、資金調達額が1億円に届きませんでした。普通に考えて何のための株式公開なのだろうと思ってしまいますが、同社についてはその後東証マザーズへの市場変更が承認されています。

Qボードから東証マザーズへと上の市場に変更する過程で株価も2,000円台まで値上がりしています。

4. 超小型IPO売買の注意点

超小型IPOは地方の証券取引所の審査基準が緩いために上場する傾向があることをお伝えいたしましたが、この地方の証券取引所に上昇する銘柄を売買する場合、2点注意して頂く点がございます。

 1点は証券会社によっては取引できない会社があるという点です。例えばネット証券でもSBI証券なら取引が行えますが楽天証券では取引ができません。(他にカブドットコム証券、マネックス証券も取引できます)

ほとんどの上場企業は東証1部か東証2部、新興市場でもマザーズやJASDAQに上場していますので証券会社が地方までカバーしていないことが原因です。(証券会社が会員に入っていないという事情です)

また、2点目は出来高です。地方市場ということもあり出来高が上場したての頃から減少していきます。以下は札証アンビシャスに上場したエコノスの上場後2ヶ月間の出来高をグラフにしたものですが大きく減少しているのが見て取れます。
choukogata6

そのため、超低位株IPOを売買する場合は保有する株数を考えて取引をする必要があります。

5 まとめ

今回はIPOのセカンダリーの戦略の中から「超小型IPO」の投資法をお伝えしました。

新規上場した株式は値動きが軽いことも会って短期売買をする方が多いですが、超小型IPOの場合は更に軽量になります。

この軽さを収益機会にするわけですが、地方市場に上昇する銘柄でもありますので、市場参加者が極めて少ないマーケットであることを自覚して取引をする必要があります。

また、超小型株でも取引に向いている企業と向いていない企業があります。

例えば、超小型でも上場後に大株主がすぐに売却ができてしまう銘柄では、上場した後に大株主がすぐに売却してしまうおそれがあります。(ストック・オプションも同様のリスクを想定しなければなりません。)

※ストックオプション

あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で自社株を購入できる権利のことをいい、会社の役員や従業員に対する報酬形態の1つです。ストック・オプションは株価が上昇した時に売却すれば、株価と権利行使価格の差額が利益となります。

そのため、超小型IPOの売買にあたっては事前に株主構成や企業のオプション制度などを注目しておくと実際の売買する時に有利になりますので、情報ベンダーなどが提供している情報を参考にすると良いでしょう。

次にご紹介するウェブサイトはIPOの情報を得るためにとても参考になります。

◎トレーダーズウェブ
choukogata7

IPOの情報は各銘柄ごとに上場日、ブックビルディングの期間、仮条件、公開株数や大株主の構成、類似企業の情報などが細かく紹介されていますので、逐一チェックすることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
柳橋義昭

柳橋義昭

株式投資を中心に投資をする兼業トレーダー。 主な投資手法はIPO投資とイベント投資、IPO投資については証券会社にてIPOの業務に携わっていた経験や証券ディーラーだった経験を活かして、独自の手法を構築する。IPO獲得の収益よりもセカンダリーの収益の方が大きい。 趣味はドライブと旅行。

IPOの裏側を知るトレーダーが、 IPOの獲得数を増やして利益を得ている全て


IPOは「新規公開株」のことをいいます。


IPOをした企業には、上場前から大きく注目される銘柄があります。


このような銘柄には様々な投資家が資金を出資し、一時的に株価が大きく値上がりする傾向があります。


このような銘柄に投資することをIPO投資といいますが、IPO投資はリスクが少なく利益が出やすいといわれています。


しかし、IPOは個人投資家に人気がありますので、なかなか獲得できない方が多いです。


このメール講座では私がIPO獲得に必要なノウハウをお伝えします。


私は証券会社でIPO業務に従事した経験があり、投資家としても毎年、様々なIPOを獲得しています。


私がIPO獲得に欠かせない証券会社から、証券会社の攻略方法に至るまで、メール講座で包み隠さず、お教えします。


無料メール講座を受講する

いつでも、何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資

著者:柳橋


いつでも、何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資


長年、IPO投資で成果をあげている著者が、独自に構築した「セカンダリー投資」について、各手法を紹介しています。IPOといえば、低リスクの抽選配分での投資が主流ですが、上場後の値動きの傾向をパターン化したセカンダリーの戦略は、今後のIPO投資に大いに役立つでしょう。


詳細はこちら

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。