大和証券 口座がIPOに欠かせない理由

国内の証券会社大手に大和証券があります。

大和証券はIPOの取扱いが多いため、IPOの獲得にはとても欠かせない証券会社です。この記事では大和証券について、証券口座の作り方からIPOのデータをご紹介しますので、是非、参考になさってください。

1.大和証券の概要

会社名   大和証券株式会社

所在地   東京都千代田区丸の内一丁目9番1号 グラントウキョウ ノースタワー

設立      1999年04月

資本金   1,000億円

2.大和証券の特徴

大和証券は国内の大手証券会社です。IPOについて取扱い実績が多く、IPOの申込みは店頭の申込みとインターネット取引の申込みが両方、行えます。主幹事、幹事数とも多いです。

下記は大和証券の主幹事実績と幹事実績です。

年代 主幹事実績 幹事実績
2013年 6 23
2014年 24 52
2015年 16 43
2016年 16 38
2017年 16 44
2018年 9 24

※2018年は1月1日~10月17日まで

大和証券は主幹事実績が多いです。一般的に主幹事の証券会社はIPOの割り当て数が多い傾向なので、主幹事実績が多い大和証券はIPOの獲得には欠かせない証券会社といえます。

また、IPOにおける大和証券のメリットを下記にまとめたのでご覧ください。

  • インターネット抽選は最低単元株数の申込
  • 「抽選」の割合は全体の15%(大和証券販売数量に占める比率)
  • 5%を「ダイワのポイントプログラム」の「交換ポイント残高」に応じて当選確率が変動する「チャンス抽選」がある。

2.1.大和証券の入金と出金について

口座管理料         

・3,240円/年間

ただし、以下の条件を満たせば口座管理料は無料になります

  • 報告書電子交付の一括申込
  • 証券総合サービスへの加入
  • オンライントレードの契約

入金方法            

  • 各種ネット無料入金対応
  • ダイワカード使用も無料(郵貯ATM)

出金方法            

  • 指定口座に無料振込み(eメンバー登録)
  • ダイワカード使用で無料

以下の「口座開設」から申込みが行なえます。 口座開設のところをクリックすると下記の画面に切り替わります。

口座開設の手続きは短時間で進められますが、口座開設が完了するまでには約1週間かかります。

大和証券は口座保有者にダイワ・カードが送られてきますので、銀行のキャッシュカードのように利用することができます。私は大和証券でIPOを獲得できています。皆さまも是非、参考になさってください。

執筆者
柳橋義昭

柳橋義昭

兼業投資家。 証券会社在籍時に営業、ディーラー、ネット株部門の立ち上げを行い、 2008年からエンジュク株式会社に従事。 証券会社でIPOの業務の経験を活かし、2008年に独自の投資手法を確立。 その後は毎年、IPOの獲得とセカンダリー投資にて利益を積み上げる。 また、これまで述べ20,000人の投資家に自身の投資手法を伝授。 著書に、『いつでも、何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資』(すばる舎)がある。 証券外務員資格一種保有。

IPO投資入門セミナー(無料ウェブセミナー)


IPO投資(新規公開株)は、これから投資を始めたい方、特にサラリーマンにおススメしたい投資法です。


なぜなら、IPO投資は、デイトレードやスイングトレードと違って、常にパソコンの画面に張り付く必要がないため、忙しい会社員の方でも取り組みやすい手法だからです。


IPO株を獲得したり、IPOが株式公開してから売買する戦略を実践することで、なサラリーマンの年収を大きく上回る利益をIPO投資から得られるでしょう。


このウェブセミナーでは、IPO投資の初歩的な説明からIPO投資を行う上で大事なこと、そして、IPO投資で長年、利益をあげ続けているIPO投資家の柳橋が実践しているIPO投資の手法を一部ご紹介します。


この映像をご覧頂いた後にはIPO投資の可能性を感じて頂けているでしょう。


なお、ウェブセミナーは無料で参加できます。ぜひ、映像をご視聴して頂き、今後の株式投資にお役立てください。


 

今すぐ無料セミナーを受講する

インタビュー

楽天証券代表取締役社長
楽天証券
TOPに戻る