MT4とMT5の違いを具体的に解説!メタトレーダーの選び方

FXに興味を持つと、まずはトレードについてネットで調べ始める方が多いでしょう。そうすると、「MT4」と「MT5」というキーワードにたどり着くかもしれません。

MT4およびMT5は、「メタトレーダー」という取引システムのことで、口座開設をすれば、入金して取引まで行うことができます。使い勝手が良いことから、世界中のトレーダーに利用されているソフトです。

MT4は古いバージョンで、MT5の方が新しいものになります。ただ、実際にはMT4を使っているトレーダーの方が多く、どっちを使えばいいのか分からないかと思います。

そこで、この記事では、MT4とMT5の違いを余すことなくお伝えします。初心者がトレードスキルをアップするためには、きちんとした情報を知ることが重要です。是非、メタトレーダーを使う上で、参考にしてください。

1.初心者はMT4にすべし

まず結論から言うと、MT4とMT5で迷ったら、MT4を使った方が良いです

ただし、これまでFXをやったことが無く、初心者であるならば、という前提があります。いろいろなFX業者で、すでにトレードを経験していて、一通りチャートソフトを理解しているなら、MT5でも良い場合があります。

ただし、もしそうであっても「MT5にすべし!」ということではありません。メタトレーダーを使う目的によっては、どっちでも構わない、というレベルです。

MT4とMT5では、そこまで大きな違いはありません。それについて、これからご説明します。どちらにしても、MT4を使っておけば間違いないでしょう。

1.1.MT5でトレードできる国内業者はない!

初心者がMT4にすべき一番の理由は、MT5を扱っている国内業者がないからです。つまり、もしMT5を使いたいなら、海外業者を使わなければなりません。

「なにそれ?」と思いますよね。

なぜ国内業者がMT5のシステムを使わないかというと、MT5の需要がないからです。そういう点からMT4しか使いようがない、と言って良いでしょう。

1.2.MT4が使えるのは8つの業者

そもそも、MT4とMT5はどのようなものか、ご説明します。まずは以下のMT4の説明をご覧ください。

たとえば、A業者とB業者がメタクオーツ社とライセンス契約をしているとします。

どちらの業者で口座開設しても、個人投資家はメタトレーダーが使えるようになります。FXの取引システムは、一般的にはその業者独自のプラットフォームになります。GMOクリック証券で口座開設すると、GMOクリック証券独自の「はっちゅう君」という取引システムを使うことになります。

しかし、メタトレーダーの場合、メタクオーツ社が開発したMT4やMT5を、FX業者を通して個人投資家が使うことになります。そのため、A業者、B業者のどちらで口座開設しようが、MT4というプラットフォーム同じになります。つまり、MT4を使いたいなら、MT4を採用している業者であればどこで口座開設してもいいということです。

ちなみに、日本国内でMT4を採用している業者は、次の8社です。

  1. トレードフィナンシャル
  2. オアンダ
  3. 外為ファイネスト
  4. EZインベスト
  5. 楽天証券(楽天FX)
  6. フォレックスエクスチェンジ
  7. アヴァトレード
  8. フォレックスドットコム

日本国内のFX業者は、50社以上あります。その中で、メタトレーダーを採用し、個人投資家に提供しているのは8業者ということです。ちなみに、この8業者のうち、MT5を採用している業者はありません。上述した通り、8業者全てMT4だけです。

2.MT4とMT5の違い

さて、次にMT4とMT5のプラットフォームをそれぞれ見てみましょう。

まずは、ソフトをダウンロードし、次のような取引画面でトレードすることになります。

上がMT4、下がMT5です。見た目の違いがほとんど無いことに注目してください。

取引する上で違いが無いと言っていいくらい似ていますね。ただし、内部のプログラムに関しては大幅な違いがあるはずです。

そうはいっても、個人投資家はチャート分析や注文をするだけですよね。それだけなら、ほとんど違いは無いといえるでしょう。

2.1.MT5のメリットとデメリット

では、MT5にすることでどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?これは、実際に使ってみないと分からないです。

MT5のメリット

  • 操作ウィンドウが見やすくなった
  • チャートの時間軸が大幅増加
  • 開発元のアップデートが多くなった

MT5のデメリット

  • 動作が重くなった
  • MT4のカスタムインジケータが使えなくなった
  • MT4のEA(自動売買)が使えなくなった
  • 対応業者が激減(国内では無し)

※ちなみに、以前のMT5はバックテストができない、両建てができない仕様でしたが、現在はできるようになりました。

これだけではよく分からないので、MT5になったことで大きく変わった点をご説明します。

2.2.時間軸が大幅に増えた

まず、MT5はMT4よりもチャートの時間軸が大幅に増えました。MT4は9種類でしたが、MT5は21種類になりました。

下図がMT4の時間軸です。

次に下図のMT5も見てみましょう。

どうでしょうか。いろいろな時間軸でチャート分析をするトレーダーにとっては、嬉しい改善ですね。

ただ、トレードで利益を上げるためだけなら、ここまで必要ないかもしれませんね。私もトレード中は1分足や5分足など時間軸を沢山変えるほうですが、MT4の9種類で充分です。

分足を見るにしても、2分足や3分足でなければ勝てない、ということはないでしょう。他のトレーダーが見ていないような時間軸を使うことで、有利になることはありません。

2.3.MT4で使えたものがMT5で使えない問題

MT5の大きな問題は、MT4で使えていた「カスタムインジケータ」と「EA」が使えなくなったことです。

MT4は、2005年の発売以来、短期間で世界中の投資家に広まりました。その一番大きな理由として、カスタムインジケータとEAが簡単にできたことです。

カスタムインジケータとは、オリジナルのインジケータのことです。MQL4というMT4独自の言語をプログラムし、チャートに追加したい機能を自分で作成することができるのです

たとえば、好きなポイントで音を鳴らしたり、自分で決めた条件を満たしたらチャート上に矢印を出すなどです。こうすることで、トレード手法を開発したり、チャート分析がしやすくなります。

EAとは、Expert Advisorのことで、「自動売買」と言います。カスタムインジケータと同じように、プログラム化して独自のインジケータを作ります。EAは、自動で売買するまでプログラムします。そして、一定の条件を満たしたら、新規注文から決済注文まで全てプログラミングすることができるのです。

もし、勝てるEAを作ってしまえば、自動でお金を稼いでくれますよね。まさに夢のような仕組みが作れます。また、MQL4言語は難しいものではなく、簡単にプログラミングできるのです

これが、MT4が世界中に普及した要因の一つと言えます。しかし、MT5は、MQL5という言語に変わってしまい、MT4で使えていたカスタムインジケータとEAが使えなくなったのです。そのため、MT5の魅力があまり感じられず、MT4からMT5へ移行する投資家が少なかったのです。

3.MT4は開発終了と考えていい

逆に、メタトレーダーの開発元であるメタクオーツ社は、MT4よりもMT5の普及を目指しています。これは、アップデート状況をみると一目瞭然です。以下の表をご覧ください。

  MT4 MT5
2017年アップデート回数 4回 12回
2018年アップデート回数 0回 8回

MT4は、2018年は一度もアップデートされませんでした。対してMT5は、アップデート回数が多いことがわかりますね。つまり、MT4のサービスを終了させ、MT5に注力していきたいという裏付けになっています。

ところが、MT5が使いやすいかといったら、そうではありません。上述したように、MT4のカスタムインジケータとEAが使えませんので、すぐに移行できないでしょう。投資家とメタクオーツ社の意向がズレていますね。 

4.MT4をダウンロードするとMT5になる

MT4がダウンロードできない、という声をよく聞きます。

ダウンロードURLを知らないだけで、そのページにたどり着けば誰でもダウンロードできるのでしょうか。そうではありません。実際に、メタクオーツ社のHPでは、MT4がダウンロードできなくなっています。

下図は、メタクオーツ社のMT4のページです。

「MT4をダウンロードする」と書いてありますが、実際にはMT5になっています。大きな文字で、MT4をダウンロード、小さな文字でMT5と書いてあり、4が5にすり替わっています。

ほとんどの方は気付かないのではないでしょうか。そのため、MT4をダウンロードしたつもりが、自動的にMT5になるということです。勝手にMT5になるのは、少し困りますね。

さすがに、ダウンロードを実行するときに、MQL4になっているかどうか確認する方はいないでしょう。初心者なら、まず気付かないですよね。メタクオーツ社が、なんとしてでもMT4を使わせない、MT5を使ってほしいということが伺えます。

5.MT4インジケータをMT5に変換する

MT4のカスタムインジケータやEAが、MT5で使えるになれば、MT5の普及は急激に進むものと思われます。そこで、MT4のインジケータをMT5に使えるように変換するソフトがあるようです

MT5しか使えない状況なら、変換ソフトを使わざるを得ないかもしれません。しかし、現状は開発元がアップデートしていないのは確かですが、取引システムとしては普通に使える状況です。

変換ソフトを使う理由も無いでしょう。MT4を採用しているFX業者は多数あります。変換しなくても、今のままMT4が使うことができます。仮に変換ソフトが普及しても、MT5の普及を阻害する根本的な解決にはならないので、MT4を安心して使えます。

まとめ

この記事では、MT4とMT5の比較をしてきました。上記をまとめると、次のようになります。

  • MT4がアップデートされることはなさそう
  • メタクオーツ社はMT5を普及させたい
  • 業者も投資家もMT5を使いたがらない
  • MT5だとカスタムインジケータやEA制作の難易度が高い
  • MT5の登場はMT4の良さを裏付ける結果になった

初心者なら、まずMT4を使うのがおススメです。MT5を扱っている国内業者がありませんからね。いずれ強制的にMT5しか使えなくなるなどしたら、MT5へ移行すればいいでしょう。それがいつか分かりませんが、操作方法は同じなので、仮にそうなったとしても問題はないでしょう。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX口座13社のランキングを徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

執筆者
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを始めて10年で1億6,500万円の利益を突破。 自身のブログ『FX億トレーダーぶせなブログ』では、定期的にトレードの損益を公開中。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』。

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る