バイナリーオプションとは?|初心者がこれだけは知っておきたい基礎知識

バイナリーオプションは、FXの一種なのですが、あまりいい話を聞かず、ギャンブルのようで怖いというイメージをお持ちの方も多いと思います。

しかし、結論からいうと、仕組みとリスクを正しく理解すれば、バイナリーオプションは立派な投資です。

ルールは単純で、〇〇分後にいくらより上か下かを予測するだけです。

しかし、シンプルだからと言って、稼ぎやすいということではありません。

この記事は、バイナリーオプションの基本と正しい知識をお伝えすることで、あなたの資産運用の選択肢に加えていただく目的で書いています。

ぜひ、参考にして下さい。

1.バイナリーオプションって何?

「バイナリー」という言葉には、「2進法」という意味があります。簡単にいうと、0か1ということです。

つまり、バイナリーオプションは、その0か1、もっと簡単にいうと、為替相場において、今よりも価格が「上がる」か「下がる」かを選び、当たれば、資金が増えるという、非常にシンプルな投資法です。

では、バイナリーオプションの仕組みについて説明する前に、バイナリーオプション特有の用語を解説していきましょう。

2.バイナリーオプション特有の用語

バイナリーオプションでこれだけは押さえておきたい用語は、次の2つです。

用語 意味
ペイアウト率 予想が的中した場合の払い戻し倍率のこと。
(例)投資金額1,000円×ペイアウト率1.9倍=1,900円がもらえる。
転売
(途中売却)
判定時刻前でも、損益を確定させることができる機能のこと。
ハイローオーストラリアなど、一部の業者で利用できる。

いきなり書かれても何のことかわからないと思いますが、この後の解説を読めば分かるので、ここでは、ざっくりと頭に入れておけば大丈夫です。

 参考記事
FXの専門用語については、次の記事を参考にして下さい。
≫ FXの用語で初心者が最初に覚えるべき超重要な14コ

3.バイナリーオプションの仕組み

それではいよいよ、バイナリーオプションの詳しい仕組みについて解説していきます。

バイナリーオプションは、為替レートが、現在のレートから一定時間後(取引業者によって異なる)までに、価格が「上がる」か「下がる」かを予測する取引です。

例えば、15時に1ドル105円だった場合、15時15分の時点で105円よりも上(円安)になるのか、下(円高)になるのかを予測して、この取引に参加するチケット(権利)を購入します。

もう少し分かりやすくするため、当サイトでバイナリーオプションの口座としておすすめする海外の専門業者「ハイロ―オーストラリア」の取引画面を使って解説します。(なぜ国内の業者ではなくて、海外の業者なの?と思われるかもしれませんが、その理由は、後述します。)

まずは、下の画面をご覧下さい。

※クリックすると拡大します

ハイローオーストラリアの取引画面

バイナリーオプションは、判定時刻までに現在の価格より「上がる」か「下がる」かを予想し、チケットを購入します。そして、〇〇分後の判定時間までにその通りになれば、

購入金額(ここでは1,000円)×ペイアウト率(ここでは2.0倍)=2,000円

の利益になりますが、逆に、予想が外れると、購入金額の1,000円を全額失います

投資した資金が全額無くなるのは悔しいですが、逆の見方をすれば、購入金額以上は損することがないので、この取引をしたらいくらの損益になるかが事前にわかっています。そのため、資金管理がしやすく、投資初心者の方でも始めやすのもバイナリーオプションの特徴の一つです。

4.ハイローオーストラリアと国内業者の違い

ここで、国内のFX会社のバイナリーオプションのサービスではなく、海外業者の「ハイロ―オーストラリア」をすすめる理由を解説します。

簡潔に言うと、ハイローオーストラリアが取引条件的に有利で、国内でバイナリーオプションをやっている人のほとんどが同社を使っているからです。

そこで、次の表をご覧下さい。これは、ハイローオーストラリアと、国内のGMOクリック証券のバイナリーオプションのサービスの取引条件を比較したものです。

  ハイロ―オーストラリア GMOクリック証券
購入金額(1口) 1,000~200,000円 約50~999円
ペイアウト率 約1.85~2倍 約1~20倍
判定時間 最短30秒 最短2分
1日の取引可能回数 無制限 10回
転売の有無
取引通貨ペア 17種類
+α(金や株価指数など)
5種類

一見すると、GMOクリック証券のペイアウト率は20倍で、ハイローオーストラリアより高くて有利に見えます。しかし、購入できる金額は、GMOクリック証券の場合は999円までとなっています。さらに、1日の取引可能回数は10回と上限があり、取引通貨ペアも5種類と少ないです。

また、取引スタイルにも大きな違いがあります。それは、

・ハイローオーストラリア:「上」か「下」かを予測するだけ

・ほとんどの国内業者:「上」か「下」かの予測に加えて、「目標レート」を予測する(=ラダー取引」

である点です。

ほとんどの国内業者は、ラダー取引を採用しており、例えば、「105円が何時何分までに105.2円まで上がる」ことも予測しなければなりません。要は、判定時間までに高いか安いかの大雑把な予想だけでなく、正確な価格を予想する、という2つの条件をクリアする必要があります。

さらに、ハイローオーストラリアの場合、ぺイアウト率は「上」か「下」が当たれば、一定のペイアウト率が支払われますが、国内業者の場合、目標価格によってペイアウト率が変動します。

そのため、国内業者で20倍などの高いペイアウト率を狙う場合、判定時間までに相場が急変し、大きな値幅が出るなどの条件をクリアしなければなりません。要は、大きなペイアウトを狙うなら大きな値幅、小さなペイアウト率でよいならば小さな値幅を当てることになります。

正直、高いペイアウト率で1回は偶然大きく動いて当たったとして、都合良く毎回大きく動くことはありません。これを繰り返していくと、勝っては負けてを繰り返し、みるみる資金は減っていきます。

一方、ハイローオーストラリアは、ペイアウト率こそ最大2倍ですが、購入金額は最大20万円まで可能で、また、判定時間までは最短30秒と予測しやすく、その上、1日の取引回数に制限がありません。

そのため、ハイローオーストラリアは、例えば、あと5分などの短期間の予測が自信がある局面では1万円をかけ、あと1時間の予測で自信がある局面では5,000円にしておくなど、細かくリスクを調整できるメリットがあります。

以上のような理由から、国内でバイナリーオプションをやっている人の多くが、ルールがわかりやすく、かつ、高いペイアウト率が狙えるハイロ―オーストラリアで取引をしています。

5.バイナリーオプションとFXの違い

バイナリーリーオプションは、FXの口座を持っていれば、全てではありませんが、サービスの1つとして利用できます。

ではここで、バイナリーオプションのサービスを提供している国内のFX会社を整理してみます。

バイナリーオプションができる主な国内FX会社
GMOクリック証券(外為オプション)ヒロセ通商(LION BO)トレイダーズ証券(みんなのバイナリー)YJFX!(オプトレ!)FXプライムby GMO(選べる外為オプション)FXトレード・フィナンシャル(バイトレ)IG証券(バイナリーオプション)

ここまでお読みいただき、バイナリーオプションはFXの一種なのですが、取引方法が全然違うことがお分かりいただけたと思います(参考:「FXとは?をわかりやすく解説|初心者がFXを始める前に知っておくべき全知識」)。

両者の違いをまとめたものが、次の表です。

  バイナリーオプション
(ハイロ―オーストラリアの場合)
FX
必要最低金額 1,000円
(最低入金額は5,000円)
4,000円
(1ドル=100円の場合)
利益の上限 約1.85~2倍のペイアウト率による なし
1取引にかかる時間 最短30秒 取引手法による
(数秒、1日以内、数週間)
レバレッジ なし 最大25倍
利益の上限 約1.85~2倍のペイアウト率による なし
最大損失 投資金額分に限定 投資金額以上損する可能性あり
ロスカット あり
(転売で途中売買可能)
あり

このように、バイナリーオプションとFXには、大きな違いがあります。それでは、FXに興味を持った初心者は、どちらを選択したらいいのでしょうか?

正直、この質問には正解がなく、その人の性格や資金量、いつまでのいくら稼ぎたいかによって異なります。強いて言うとすれば、「どちらのほうが興味を持てるか」です。

人間だったら誰でも、興味があることがだったら、時間を忘れるほど勉強に没頭しますよね。それと同じで、ただ儲かりそうだからという単純な理由で選択するのではなく、なんだか楽しそうで、苦にならずに続けられそうと思えるものにチャレンジすることをおすすめします

6.バイナリーオプションのメリット

それではここで、バイナリーオプションを選択するメリットを整理してみましょう。

《バイナリーオプションのメリット》
・少ない資金から始められる(1,000円~)

・短期間で大きな利益が得られる(最短30秒)

・投資した金額以上の損失は出ない

・判定時刻が決まっているため、自分で決済のタイミングを考える必要がない
・転売すれば、判定時刻前でも決済できる(ただし、1分前まで)

バイナリーオプションは、最低1,000円から始められ、ペイアウト率2倍で2,000円になり、1,000円の利益が得られ、資金効率が良いのが特徴です。

一方、FXで同じ1,000円の利益を得ようとすれば、ヒロセ通商などの最低通貨単位が1,000通貨のFX会社で、約4,000円の証拠金を入れてドル円を1,000通貨買い、100pips(=1円)値上がりするまで待つ必要があります(参考:「FXの単位pips(ピップス)とは|読み取り方のコツ」)。

また、バイナリーオプションの最大損失は購入金額に限定されますが、FXの場合、ポジションを持っていて大暴落や大暴騰した場合、証拠金以上の損失を出してしまう可能性もあります。

さらに、バイナリーオプションは取引終了時刻が30秒後や10分後、15分後と決まっている(=判定時刻)ため、FXのように、様々な判断材料を考慮してどのタイミングで決済しようか迷うことはほぼありません。

おまけに、ハイローオーストラリアの「転売」機能を使えば、終了1分前までに限り、判定時間前でも決済できます。

転売を上手く使えば、例えば、最大1,000円の利益を得られそうでも、雲行きが怪しくなったら800円の利益のところで決済することもできます。また、思惑と外れたことに気付けば、判定時間まで待ったら最大1,000円の損失のところを、半分の500円の損失で済ませることも可能です。

7.バイナリーオプションのデメリット

バイナリーオプションのメリットがわかったところで、デメリットも確認しておきましょう。いい事ばかりに注目してはいけません。

《バイナリーオプションのデメリット》
・短期間で取引できるため、負けが続くと資金が無くなるまでのスピードが早い

・利益の上限が決まっているため、稼ぐには勝率が重視される

バイナリーオプションは短時間勝負なので、何回も取引ができる反面、負けが続くと感情的になってどんどん取引回数を増やしたり、損失を一気に取り返そうと購入金額を上げてしまいがちです。

また、ハイローオーストラリアの場合、最大利益は購入金額の2倍なので、勝率を重視して高くしないと、利益を残すことは難しいです

ここで、バリーオプションで1万円のチケットを10回購入した時に、最終的に利益を残すために必要な勝率(損益分岐点)を算出した表がありますので、ご覧下さい。

ペイアウト率 求められる勝率
(損益分岐点)
10回中求められる
勝ちの数
1.6倍 62.5% 7回
1.7倍 58.8% 6回
1.8倍 55.6% 6回
1.9倍 52.6% 6回

出典:バイナリーオプションの「損益分岐点」はペイアウト率と勝率の関係だぞ!

この表は、バイナリーオプションの場合、大体60%前後の勝率のトレードルールを構築しないと、勝ち続けることはできないことを意味しています。

一方、FXの場合は、たとえ4勝6敗でも、損は小さく利益は大きくの「損小利大」のトレードを実践できれば、最終的に利益が残る可能性は高くなります(参考:「バルサラの破産確率でトレード技術を飛躍的にアップさせる方法」)。

以上のバイナリーオプションのメリットとデメリットを総合的に比べて判断し、FXとバイナリーオプションのどちらをやるのか、またはやらないのかを決めていただければと思います。

8.バイナリーオプションのリスク

最後に、バイナリーオプションのリスクについても触れておきます。

バイナリーオプションでよく聞くのが、海外業者で取引した人の次のような詐欺に近い話です。

「大きく儲けて、いざ出金しようとしたら出金拒否されて出金できなかった。」
「突然、口座が凍結された。」

真偽は定かではありませんが、ネットでこういう噂が流れていることは事実ですので、ペイアウト率が高いという謳い文句に釣られて、知名度が低い業者であえて取引をするのは避けたほうが賢明です。

記事の中で何度も紹介したハイローオーストラリアであれば、そのような心配はないでしょう。

まとめ

この記事では、バイナリーオプションの基本的な解説だけでなく、FXと比べながら、デメリットやリスクについても包み隠さず書きました。

当サイトの見解では、バイナリーオプションは、FXと取引の仕組みは異なりますが、全く異なる商品ではなく、FXで稼ぐノウハウはバイナリーオプションにも有効です。例えば、

  • 判定時間までのテクニカル分析
  • 期待値が高いトレードルールの構築
  • いくら投資するかなどの資金管理やリスク管理

などの知識は、バイナリーオプションで利益を残すための大事なノウハウです。また、「転売」を活用すれば、FXと同じように、損益をコントロールすることができます。

FXに関する次の記事も参考にして、バイナリーオプションに興味が持てたら、少ない金額からチャレンジしてみてはいかがですか。

FXのテクニカル分析のまとめ
≫ ランダムウォーク理論|トレードで勝てる人の確率と期待値の考え方
≫ FXの資金管理で利益を上げるために必要なノウハウの全て

そして、あなたの資産運用の選択肢の1つに加えていただけたら幸いです。

利益を最大化するために
ぶせな氏をはじめとした億トレーダーが
使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の10社から選ぶ場合は、『【2019年上期】FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き』をご活用ください。

無料動画:FXで8年間で平均利回り163%を達成して、1億5千万円の利益を稼いだトレード手法の全て

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、本格的にFXを始めて8年間で1億5,000万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。そのことは、年ベース負けなしで安定した利益を得ていることからも、確かな事実です。


その結果、平均163%の年間利回りを記録し、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。


そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・エンベロープや移動平均線のチャートの具体的な設定方法
・現在の利益の約3割を生み出しているデイトレードについて
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。


ぶせな氏の実践方法を見る

TOPに戻る