FXの本の選び方のコツ|私が15年で投資本を300冊読んでわかったこと

FXの本は、大きな書店に行けば数え切れないほど並んでいます。その中から、自分に最適な本を選ぶことは難しいですよね。

この記事では、FXを学ぶためには、どのような本をどのような順番で読んだらいいかを、4つのジャンルに分けてお伝えします。

大事なことは、本の内容の良し悪しではなく、あなたがその本を糧にして、トレードに活かせるかどうかです。

15年間で300冊以上読み、出版経験もある私が、わかりやすく解説します。

執筆者
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを始めて8年で1億5千万円を突破。 自身のブログ『FX億トレーダーぶせな「スキャルピング」「デイトレード」』では、定期的にトレードの損益を公開中。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』(日本実業出版社)がある。

1.本で学ぶことについての私の考え方

1.1.私の読書歴

私は、専業トレーダーになってから9年間で1.5億円以上の利益をあげていますが、FXに興味を持ってからは15年以上経ちます(参考:「私がFXで成功して資産を築くまでに経験した全て」)。

その過程で、FXに限らず、投資系の本を300冊以上読んできました(私が頻繁に行く新宿の紀伊国屋書店などの超大型書店なら、300冊はあります)。

すごい量に感じるかもしれませんが、最初の1年で100冊読み、それからは月平均1~2冊のペースです。月に1~2冊だと、あなたにも読めそうな感じがしませんか?

もし、あなたが本当に興味がある分野だと内容も頭に入ってきやすいので、月1~2冊は自然に読めるのではないかと思います。そのため、初心者ほど本を活用することをおすすめします。

1.2.私の学び方

私がFXを始めた15年前はインターネットの情報も充実していなかったので、本で学ぶしかありませんでした。

そして、最初の1年で読んだ本100冊が、私のFXの基礎を作り上げました。その時の経験があったからこそ、FXで生計を立てられるくらいまで上達できたと思っています。

それほど、本から学べることは多いです。本を読むたびに「なるほど!」と心の中でうなずき、たくさんの気付きが得られたことを鮮明に覚えています。

FXについて色々知りたいと思いながら読んでいたので、1冊読み終わったらそこで止めず、次から次へと読み漁りました。知らないことが多過ぎたので、まずは、広く浅く読んでいきました。この「広く浅く」多くの本を読んで学ぶ方法は、とてもおすすめです。

100冊とは言いませんが、FXをジャンルごとに分けて、順番に読むといいでしょう(順番については、後述します)。

1.3.本とネット記事の違い

最近はインターネットの情報も充実しており、FXについて一通り学ぶとしたら、本とネットのどちらのほうが良いと思いますか?

正直、内容は同じなので、結局は好みになります。違うとしたら、「学ぶ姿勢」です。

本だと、せっかくお金を払ったのだから、そこから何か得たいと思いますよね。時間を割いて読むので、脳が集中し、電車や喫茶店、自宅など場所を問わず、インプットは早いはずです。

一方、無料のネット記事だと、ネットサーフィンの一環として、何かいいことが書いてあればラッキーくらいの感覚でスクロールしながら読む場合が多く、インプットする姿勢ができているとはいえません。

このように、本の場合は、お金を出して買う時点で、学ぶ姿勢ができています。これが、本から効率よく知識をインプットすることに繋がります。つまり、内容が同じだとしても、学ぶ姿勢を作るのには、断然、本のほうが適しています。

2.FXの本を自分で選ぶべるようになろう

では、FXの本といっても、どんな本を読めばいいのか迷いますよね。

おすすめのFX本を聞かれることがよくあるのですが、正直、返答が難しいのです。なぜなら、

  • その人の現在のFXの知識
  • トレード経験の有無
  • 何を学びたいか
  • トレードスタイル
  • 資金量
  • 性格

は人によって違うからです。その人のバックグラウンドが分からないと、その人に合ったアドバイスができません。

重要なことは、おすすめされた本だけを単に読むのではなく、あなた自身で本を選別して購入できるようなることです。

これはあくまでも私の考えですが、人からすすめられた本だけを読んでも、勝てるようにはなりません。なぜなら、本気度が違うからです。

例えば、トレードと同じで、勝てる売買ルールを教えてもらっても、毎日毎日、本気でそれを遂行できると思いますか?少し負け込んだら諦めてしまい、本気度は下がるはずです。

これが、もし、あなたが試行錯誤して構築したトレードルールなら、淡々と遂行できるはずです。その上、たとえ負け込んだとしても、改善しようと努力します。

このように、何の知識が足りなくて、どういう本を読めばスキルアップできるかを真剣に考え、読む本も自分で選別できるようになることが、一流トレーダーへの第一歩です。

もちろん、人からすすめられて出会う本もあり、そこからヒントを得ることも多いと思います。それは否定しませんが、読む本が自分で選別できるようになると、本気度がよりアップします。

3.FXの4つのジャンルから本を選ぶコツ

それでは、FXの本のジャンルにはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

FXの本のジャンルは、次の4つに大別できます(各本を実際に手に取って目次を見れば、何が書かれているか把握できます)。

  1. 入門書
  2. スキル(テクニカル、ファンダメンタル、資金管理など)
  3. ノウハウ(トレード手法)
  4. メンタル、投資心理

これを意識すれば、目的に合った本を選べるようになります。自分のレベルに合わせて、初心者は入門書から読む、という具合に、基本的には上から順番に読み進めていくのがいいでしょう。

3.1.入門書

初心者にまず読んでほしいのが入門書で、次のような内容が学べます。

このように、入門書には、FXを始める上で最低限知っておきたい基礎知識が書かれています。要は、車の運転の教習本のようなものです。入門書を書店で探す時は、タイトルに、

  • 「入門」
  • 「はじめて」
  • 「素人」
  • 「初心者」

というワードが入っているかチェックするといいでしょう。例えば、次の6冊のタイトルをご覧下さい。どれも、先ほどのワードが入っていますね。

初心者向けの本は、ほとんどの書店で、FXコーナーの一番分かりやすい場所に置いてあります(平積みしている場合が多いです)。また、初心者向けの本は頻繁に刊行されているので、何かしら置いてあると思います。

入門書は客観的な内容が多いので、どの本を選んでも大差はありません。そのため、何冊か読むと、FXのことが一気にわかるようになります。

3.2.スキル

スキル系の本には、利益を上げるための具体的な戦略が書かれています。ローソク足の意味がわかる、基本的な注文方法がわかるなど、FXの基礎的な知識が身に付いていることが前提となっており、次のような、テクニカル分析とファンダメンタル分析の内容に大別できます。

入門書より一歩進んだ内容となっており、より実践的です。実際のトレードをイメージできるように、読み進めることがポイントです。

その際、トレードをしながら読むのもいいでしょう。例えば、トレンドラインを使って戦略を立てる説明があったら、チャートを開いて実際に引いてみるという具合です。

では、スキル系の本にはどんなものがあるかというと、次の4冊のようなタイトルです(上の2冊がテクニカル分析、下の2冊がファンダメンタル分析の内容)。

テクニカル分析とファンダメンタル分析のどちらを選ぶかは、トレードの軸をどちらに置きたいかによって異なります。しかし、入門書を読んだだけでは、決められないかもしれません。その場合、両方を読むことで、トレード戦略を立てるイメージが湧いてきます。

テクニカル分析でもファンダメンタル分析でも、利益を出すという目的は同じですが、両者は戦略が全く異なるので、学ぶ価値はあります。

3.3.ノウハウ系

ノウハウ系の本は、成功したトレーダーが自分の手法を公開しているものがほとんどです。エントリーからイグジットまでの具体的な売買ルールが書いてあり、「こういうやり方で勝っているのか!」と発見があります。

ただし、FXの基本的なことは詳しく書かれていないことが多いので、入門書やスキル系の本の内容を理解してから読むことが前提です。

ノウハウ系の本は、トレードをしたことがある方なら、いきなり読んでも理解できるかもしれませんが、初心者が本を読んだ翌日からいきなり勝てるほど、投資の世界は甘くありません。

なぜなら、トレード手法が大事なのではなく、エントリーに至るまでの「プロセス」が大事だからです。最初は難しいかもしれませんが、なぜ、そのルールだと勝てるのか、その理由をよく理解するように心掛けることポイントです。

エントリーポイントだけを意識してしまうと、本当に期待値が高いのか分からず、その手法を使いこなせません(期待値の参考記事:「ランダムウォーク理論|トレードで勝てる人の確率と期待値の考え方」)。

ちなみに、私が2017年10月に出版した『最強のFX 1分足スキャルピング』は、このノウハウ系の本にあたります。メインは、チャート設定とトレードルールで、ルールを遂行するためのテクニカル分析、そして、負けないメンタルや資金管理についても書いています。

ぜひ、一読していただければと思います。

3.4.メンタルや投資心理

FXに限らず、投資で成功するためには、「投資心理」を知ることが大切です。メンタルや投資心理系の本を読んで、どんな考え方で相場に向き合うべきか、適切な思考回路を学びましょう。

トレードを始めると、損したくない、もっと稼ぎたい、というような様々な欲が出てきます。大切な資産が目の前で大きく変動する様子を見ると、最初はかなりのストレスになるはずです。

そんな時に、投資心理を知っていると、適切な対応ができるようになります。

ただし、トレード経験がないとイメージしにくいので、入門書から順番に読み、実際にトレードもした上で、最後に読むことをおすすめします。

このメンタルや投資心理系の本には、次のようなものがあります。分厚くて最初は躊躇してしまうかもしれませんが、FXで成功するためには近道はありません。少しずつ読み進めましょう。

4.ネットより本のほうが信頼できる

本は、出版社というフィルターを通って出版されているので、情報が精査されているといっていいでしょう。さらに、書店は、売れる本しか置きたがらず、世の中に出ている本は、信頼度が高いというのが私の考えです。そのため、お金を出して本を買う価値は大きいと思っています。

一方、インターネットは、本と同じような情報を見ることができますが、重要な項目が抜けていたり、情報が偏っていることが多く、バランス良く学べるサイトは多くありません。また、誰かのフィルターを通っているわけではないので、書いた人の主観が入っていることが多いです。

そこで、信頼できるネットの記事の見分け方をお伝えします。それは、記事のボリュームに注目することです。

FXは莫大な項目がありますので、本物の情報とノウハウを伝えようとすると、かなりの量になるはずです。記事数も多く、本と同じくらいのボリュームが書いてあれば、書いている人はFXを熟知していて、丁寧に伝えようとしているといえます。

まとめ

FXで大きな利益を上げたいなら、すぐに書店に足を運んでみてはいかがでしょうか?これからFXで勝つんだ!というワクワクした感情を思い出させてくれます。

その際、この記事の中で大別した4つのジャンルを参考に、実際に色々な本を手に取って目次をご覧下さい。そうすると、今あなたに必要な本が分かってきます。

それを実践すれば、あなたがFXで叶えたい夢にグッと近付くはずです。

利益を最大化するために
ぶせな氏をはじめとした億トレーダーが
使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の10社から選ぶ場合は、『【2019年上期】FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き』をご活用ください。

無料動画:FXで8年間で平均利回り163%を達成して、1億5千万円の利益を稼いだトレード手法の全て

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、本格的にFXを始めて8年間で1億5,000万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。そのことは、年ベース負けなしで安定した利益を得ていることからも、確かな事実です。


その結果、平均163%の年間利回りを記録し、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。


そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・エンベロープや移動平均線のチャートの具体的な設定方法
・現在の利益の約3割を生み出しているデイトレードについて
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商   SBIFX
GMOクリック証券
TOPに戻る