平均足の正しい見方と活用方法を初心者にもわかりやすく解説

平均足とは、相場のトレンドの継続性を判断しやすいように、価格の平均値を重視し、通常のローソク足に修正を加えて作られたツール(テクニカル指標)です。

この平均足の利点は、なんといっても一目でトレンドが分かることで、他のテクニカル指標とは一線を画しています。

そのため、トレンドの判断が単純明快で、シンプルに売買判断ができます。しかも、価格の平均値を採用しているのでダマシが少なく、トレンドフォローの順張りにおいて特に有効です。

もし、あなたが、この平均足の上手な見方をマスターすれば、トレンドが発生するたびに利益を得られることも不可能ではありません。このページでは、勝つために必要な平均足の見方と使い方、トレードの実例を余すことなく解説します。

平均足を初めて聞いた人もいるかもしれませんが、テクニカル分析の幅を広げるきっかけにしていただければと思います。なお、解説はFXのチャートを使っていますが、株式にも使えるので、どちらのトレーダーも参考にして下さい。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

友だち追加

1.平均足の基本

まずは、平均足はどんなチャートなのかを知るところから始めましょう。

1.1.平均足とローソク足の違い

平均足は、ローソク足と比べて、視覚的にトレンドを判断しやすい特徴があります。

次のチャートをご覧下さい。どちらも同じ相場で、上がローソク足、下が平均足です。

ローソク足チャート

平均足チャート

ローソク足と平均足の違いは、陽線と陰線の連続性にあります。

ローソク足の場合は、トレンドが発生している時でも陽線(黄緑色)と陰線(赤色)に連続性がありません。

一方、平均足の場合は、上昇トレンドなら陽線が連続しており、下降トレンドなら陰線が連続しています。また、トレンドが続いている間は、ローソク足の実体やヒゲの長さも比較的揃っています。つまり、平均足は、ローソク足よりもトレンドの継続性を判断しやすいツールなのです。

1.2.平均足の作り方(計算方法)

平均足を正確に理解してトレードに活かすために、計算方法を知っておきましょう。

まず、ローソク足は、「始値」「高値」「安値」「終値」の4つの価格で構成されていることを思い出して下さい。平均足も、この4つの価格が基本です。

ローソク足と平均足の違いは、始値と終値です(高音と安値は同じ)。整理してみます。

《平均足の4本値の計算方法》

  • 始値:1本前の足の(始値+終値)÷2
  • 高値:当日の高値
  • 安値:当日の安値
  • 終値:現在の足の(始値+高値+安値+終値)÷4

計算式だけではわかりにくいと思うので、実際のチャートで解説していきます。

まずは、始値です。平均足では、始値は1本前の実体の真ん中からスタートします。

平均足の見方の説明

ご覧のように、始値が、直前の足の真ん中からスタートしていることがわかりますね。

そして、平均足の終値は、現在の足の始値・高値・安値・終値の平均値です。

一見すると、平均足とローソク足の区別がつきませんが、決定的な違いは、平均足には窓開けがないことです。「」とは、前の足の終値と次の足の始値に価格差があることをいうのですが、平均足は、前の足の4本値の平均値を採用するので、窓の開きようがありません。

1.3.平均足を使うメリット

平均足のメリットは次の4つです。

《平均足のメリット》

  • トレンドをシンプルに把握できる(トレンドの方向性がヒゲに強く現れる)
  • 細かいダマシを防げる
  • トレンドの終了および転換がわかりやすい
  • 損小利大のトレードを行いやすい

例えば、先ほどと同じ次の2つのチャートをご覧下さい。

ローソク足チャート

平均足チャート

白丸のポイントを天井として、そこから下降トレンドが始まっていますね。ここで、あなたは売りポジションを持ったとイメージして下さい。

上のローソク足では、白丸の点から始まる下降トレンドの間に、長い陽線(黄緑色)が出ていて、途中で決済したくなってしまいます。

しかし、平均足では、下降トレンドの間、ずっと陰線(赤色)が出ていますので、自信を持って売りポジションを保有し続けることができます。このことは、私が考える次のトレードの鉄則にマッチしています。

  • トレンドの波に乗る
  • 損は小さく利は大きくの損小利大を徹底する

実際にトレードをしている時、本当は考えることを優先しないといけないにも関わらず、チャートの視覚情報が先に入ってきてしまい、誤った判断をしてしまいがちです。しかし、平均足を使うことで、視覚情報で読み誤る可能性を減らすメリットもあります。

1.4.平均足を使う際の注意点

平均足には、上記のようなメリットもありますが、次のようなデメリットもあります。

《平均足のデメリット》

  • 現在値と実際の始値・終値がわからない
  • 相場変動時に状況を把握しにくい
  • 秒数単位の超短期売買には向かない
  • トレンドラインやサポートラインなどのラインを正確に引けない
  • 節目(エントリーポイント)となる価格帯がピンポイントでは分からない

ローソク足だと、常に4本値が正確に反映されるので、細かい値動きを察知することができます。一方、平均足の始値と終値は平均値を採用しているので、そのような細かい値動きは反映されません。

そのため、平均足を使う時は、ローソク足と併用することをおすすめします。

例えば、通常時や相場急変時はローソク足チャートで現状を把握し、いざトレンドが発生した時やトレンドが継続している時は、判断のサポート的な意味合いで平均足を使うと良いでしょう。

平均足はあくまでも、移動平均線やトレンドラインと同じようなテクニカルツールの1つです。全てのテクニカルツールは、まずローソク足という土台の上に使うものです。平均足というツール1つでトレードするのは危険なので、注意しましょう。

それでは、平均足は使えないのかと言うと、全くそんなことはありません。私は平均足をよく使いますし、それによって大きな利益を得られた局面も多々あります。

次の章からは、私が実際のトレードで習得した平均足の活用方法をお伝えします。

2.平均足で確実にトレンド把握する方法

平均足の正しい見方ができると、トレンドを確実に把握できるようになります。ローソク足に慣れていて戸惑う部分もあるかもしれませんが、しっかり付いてきて下さいね。

2.1.平均足の基本的な8つのパターン

平均足の見方は、シンプルに次のように覚えましょう。なお、ローソク足と平均足では意味が異なるので、混同しないようにご注意下さい。

パターン 意味
①陽線の連続 上昇トレンド
②陰線の連続 下降トレンド
③上ヒゲ陽線の連続 強い上昇トレンド
④下ヒゲ陰線の連続 強い下降トレンド
⑤陽線の下ヒゲ 上昇トレンドに陰り
⑥陰線の上ヒゲ 下降トレンドに陰り
⑦実体が前の足よりも短くなる 気迷い状態
⑧上下にヒゲが出る 気迷い状態
パターン 意味
①陽線の連続 上昇トレンド
②陰線の連続 下降トレンド
③上ヒゲ陽線の連続 強い上昇トレンド
④下ヒゲ陰線の連続 強い下降トレンド
⑤陽線の下ヒゲ 上昇トレンドに陰り
⑥陰線の上ヒゲ 下降トレンドに陰り
⑦実体が前の足よりも短くなる 気迷い状態
⑧上下にヒゲが出る 気迷い状態

これから一つ一つ、実例を交えて解説します。なお、①陽線の連続と②陰線の連続は、わかりやすいので割愛させていただきます。

③④上ヒゲ陽線は強い上昇トレンド/下ヒゲ陰線は強い下降トレンド

まずは、上ヒゲ陽線の連続と、下ヒゲ陰線の連続です。

上ヒゲ陽線の連続と下ヒゲ陰線の連続

四角で囲った部分のように、下ヒゲ陰線ばかり出ていると、強い下降トレンドであることを表します。また、上ヒゲ陽線ばかり出ていると、強い上昇トレンドであることを表します。

それぞれの下降と上昇の角度にもご注目下さい。

非常に急になっていますね。このように、トレンドが強いと、足の角度は急になります。

⑤⑥陽線の下ヒゲは上昇に陰り/陰線の上ヒゲは下落に陰り

次は、陽線の下ヒゲと陰線の上ヒゲです。

上ヒゲ陽線と下ヒゲ陰線

四角で囲った部分にご注目下さい。陰線に上ヒゲが出ていて下降トレンドに陰りが出ています。

また、陽線には下ヒゲが出ていて上昇トレンドに陰りが出ています。

トレンドの力に陰りが出ていることは、四角で囲った部分で足の角度が水平に近くなっていることからも見て取れます。

⑦⑧前の足より実体が短くなると気迷い/上下にヒゲが出ると気迷い

最後に、前の足より実体が短い場合と、上下にヒゲが出た場合です。

前の足より実体が短くなると気迷い/上下にヒゲが出ると気迷い

右側の矢印のように、前の足より実体が短い陽線が出ている部分にご注目下さい。

それまで上ヒゲ陽線が連続して強い上昇トレンドだったところに、いきなり実体の短い陽線が出ました。そこから短い間ですが、陰線も出たりして、相場がどちらに動こうか迷っていることが分かります。

次に、四角で囲った部分にご注目下さい。

陽線と陰線が交互に出ていて、どちらも上下にヒゲが出ています。この期間、相場は気迷い状態で、上下どちらにも方向性を示していません。

最後に、左側の矢印にもご注目下さい。

ここでは、直前の陰線と比べて、極端に長い下ヒゲ大陰線が現れました。このように、前の足より実体が長い足が出ると、トレンドが発生する兆しとなります。この時は、ここから短期間ですが、強い下降トレンドになっています。

2.2.ヒゲに注目してトレンドの強さを判断

平均足の基本的な見方とパターンの次は、ヒゲに注目して、さらに正確にトレンドを判断する方法をお伝えします。平均足では、正しいヒゲの見方ができることが生命線といっても過言ではありません。

パターン 意味
①上昇トレンドの陽線で長い上ヒゲ 強い上昇力
②下降トレンドの陰線で長い下ヒゲ 強い下落力
③上昇トレンドで陽線に下ヒゲがない 強い上昇力
④下降トレンドで陰線に上ヒゲがない 強い上昇力
パターン 意味
①上昇トレンドの陽線で長い上ヒゲ 強い上昇力
②下降トレンドの陰線で長い下ヒゲ 強い下落力
③上昇トレンドで陽線に下ヒゲがない 強い上昇力
④下降トレンドで陰線に上ヒゲがない 強い上昇力

繰り返しになりますが、ローソク足と平均足ではヒゲの見方も異なるので、混同しないようにご注意下さい。

①②上ヒゲは強い上昇力、下ヒゲは強い下落力を表す

上の表を見て、ローソク足の知識がある人は戸惑いがあったかもしれませんが、ローソク足と平均足とではヒゲの見方も異なります。整理してみましょう。

《ローソク足のヒゲの見方》

  • 長い上ヒゲ上昇する勢いに衰え
  • 長い下ヒゲ下落する勢いに衰え

《平均足のヒゲの見方》

  • 平均足では長い上ヒゲは強い上昇力を示す
  • 平均足では長い下ヒゲは強い下落力を示す

実際の平均足チャートで確認してみます。

平均足でのヒゲの説明1

陽線が連続している上昇トレンド(四角の箇所)では、全て上ヒゲになっています。同じような上ヒゲ陽線の平均足が連続している間は、トレンドが継続していきます。下落も同じで、下降トレンドが継続している間は、下ヒゲ陰線が続きます。

このように、平均足では、トレンド方向へヒゲが出ると覚えましょう。

③④陽線で下ヒゲがない/陰線で上ヒゲがないことはより強いトレンドを表す

もう一度、先ほどの平均足チャートをご覧下さい。

平均足でのヒゲの説明2

四角の箇所では、陽線に下ヒゲがありませんね。

これは、一度も始値の価格を下回らずに足が確定したことを意味します。平均足では、前の足の終値と次の足の始値に、必ず価格差があります。それにも関わらず、下ヒゲが出ていないということは、それだけ上昇力が強いことを意味するのです。

下降トレンドはこれと逆で、陰線に上ヒゲがないと、それだけ下落力が強いことを意味します。

もし混乱したら、上のチャートの陽線を見ながら、「1.1. 平均足の作られ方」で解説したことを照らし合わせて下さい。安値が始値を下回らなければ、下ヒゲはできません。また、高値が始値を上回らなければ、上ヒゲはできません。

(補足)トレンドが最も強い平均足のパターン

ここまでの話をまとめると、トレンドが最も強くなる平均足のパターンは、以下の状態です。

パターン 意味
上昇トレンドの陽線で上ヒゲが長く下ヒゲがない 一番強い上昇力を示す
下降トレンドの陰線で下ヒゲが長く上ヒゲがない 一番強い下落力を示す

このトレンドが最も強い状態を基本にすることが、トレンドを把握するポイントです。

例えば、陽線で長い上ヒゲが連続している時に、急に上下に長いヒゲのある陽線が出たとします。上下のヒゲは気迷い状態を示します。そのため、陽線が続いていたとしても、下ヒゲが出た時点で、上昇の勢いに陰りが出始めたのではないかと判断するというイメージです。

繰り返しになりますが、平均足を活用するための生命線は、ここでお伝えしたヒゲの見方をいかに正確にできるかどうかが非常に重要になります。決して忘れないで下さい。

2.3.長い時間軸で使う

結論からいうと、1分足などの短い時間軸よりも、平均足は、日足などの長い時間軸のほうがトレンドの方向性や強さを判断する確度が高まり、ダマシを防げます。

詳しく解説していきます。

2.3.1.短い時間軸の平均足はダマシが多い

次の平均足をご覧下さい。これは、1分足です。みなさんは、陽線の時は買いポジションを、陰線の時は売りポジションを持ったとイメージして読み進めて下さい。

1分足

上述のポジションを持ったとしても、白丸の箇所で平均足の色が変わるので、そこで決済することになります。

例えば、Aでは、下降トレンドなのに、その途中で陽線(黄緑色)が何回も出現しています。もし、ここで売りポジションを持っていたら損切りが連続することになり、トータルでは結局負けてしまいます。

また、Bでは、結果的に長めの上昇トレンドになっています。しかし、途中で何回か陰線(赤色)が連続している箇所(=ダマシ)があります。そのため、ここで買いポジションを持ち続けて利益を伸ばすことは難しいでしょう。

このように、1分足のように時間軸が短い場合、平均足のメリットである陽線と陰線の連続性が途絶える回数が多くなります。

2.3.2.長い時間軸の平均足は連続性が継続する

今度は、1分足ではなく、日足で見てみましょう。

日足

先ほどの1分足と比べて、いかがでしょうか?

1分足と比べて、ダマシの出現頻度が少なく、それぞれの足の連続性が保たれていることがわかります。この日足のように、長い時間軸の平均足は、足の連続性が継続する傾向が高く、順張りで利益を伸ばせるトレードがやりやすくなります。

特に、Aのポイントは、1ヶ月以上陽線が続いており、トレンドフォロー(=順張り)のトレードで利益を上げることができます。もし、白丸の箇所でダマシにあったとしても、トータルで見ると連続性が継続しているので、より勝ちやすくなります。

平均足の反対の色が出たら損切りをし、同じ色が続いている間はポジションを保有しているだけでも、損小利大のトレードができます。もし、1分足で同じトレードすると、売買回数が莫大になり、売買手数料を考慮すると、期待値はかなり低くなるでしょう。

このように、日足のように時間軸が長い場合、平均足の連続性が継続し、トレンド把握の確度が上がります。

しかし、短い時間軸では平均足が全く使えないというわけではありません。どの時間軸でも、使い方次第です。

上述の例は、全ての足でトレンドに乗るトレードをした場合を比較した場合の極端な例です。いずれにせよ、平均足だけを見て、時間軸やエントリーポイントなど考えずに安易にトレードしても勝てません。

ただし、平均足は、長い時間軸で使うほうが細かいダマシが防げる上、損小利大のトレードが可能になることは間違いありません。

3.平均足を使ったチャート分析の実践

この章では、平均足を使った私のトレード事例を紹介します。

ちなみに、平均足は、トレンドの動きに沿った順張りで活用することが基本で、逆張りで活用するべきではありません。そのため、ここでの事例も、トレンドフォローのものとなっています。

今の自分のトレード手法に平均足を取り入れるとしたら、どのように活用できそうかをイメージしながらお読みいただければと思います。

3.1.二つ以上の時間軸を組み合わせる例

結論からいうと、平均足は、2つ以上の時間軸を組み合わせることで、より正確にトレンドを見極められるようになります。

また、長い時間軸を見ることがポイントです。例えば、15分足でトレードするなら、1時間足や日足などをよく見ましょう。

そして、比較する2つ以上の時間軸が同じ方向のトレンドになる場面こそ、平均足が最大限の威力を発揮する時です。

下次の平均足(日足)をご覧下さい。

平均足(日足)

押し目をつけて、レジスタンスラインを上にブレイクしていますよね。

その後、日足で上昇トレンドが発生した可能性を認識できます(黄色い丸の中)。そのため、陽線が続いている間、買いポジションから入ることで利益を積み重ねることができそうです。

それでは、日足のAの白丸のポイントを、今度は1時間足で詳しく分析してみましょう。

平均足(1時間足)

日足で上昇トレンドであることを確認できましたよね。あとは、1時間足でどこでエントリーするかを判断します。ただし、日足が上昇トレンドだからといって、1時間足の好きなところでエントリーすれば良いというわけではありません。

このケースでは、1時間足でもブレイクし、明確な上昇トレンドが発生するまで待つことで、高勝率高利益率のトレードになります。

上の日足では、ABCDの4つのポイントで上にブレイクしています。このブレイクポイントこそ、絶好のエントリーポイントです。

なお、実際のトレードでこれを認識をするためには、訓練が必要です。よく頭に叩き込み、複数の時間軸のチャートをしっかり確認するようにクセをつけておくと良いです。

3.2.三角持ち合いを組み合わせる例

平均足と三角持ち合いを組み合わせるトレード手法は、次のような流れです。

  1. ローソク足チャートにラインを引いて三角持ち合いを見極める。
  2. 三角持ち合いをブレイクしたことを確認しポジションを持つ。
  3. ブレイク後は細かいダマシに引っかからず利益を伸ばすために平均足を活用する。

詳しく解説していきます。

3.2.1.ローソク足チャートで三角持ち合いを探す

下のローソク足チャートは、ドル円の1時間足です。ラインを引いたり、相場環境を把握する細かい分析は、平均足ではなく、ローソク足チャートで行います。

ローソク足の1時間足

このチャートでは、水平に引いたレジスタンスラインと、右肩上がりの上昇トレンドラインによって、相場が三角持ち合いであることがわかります。

そして、Aのポイントで三角持ち合いを上にブレイクして、上昇トレンドが発生しています。

3.2.2.三角持ち合いのブレイクを確認して買う

三角持ち合いをブレイクしたAで、買いポジションを持ったとします。ローソク足では、ブレイク後の四角の箇所で、途中で陰線が発生しています。

結果的に、この陰線はダマシで、そこからさら上昇しています。このダマシに引っかかって、陰線で利益確定していたら、「もっと利益を伸ばせたはずなのに」と後悔することになります。

3.2.3.平均足で利益を伸ばす

それでは、今度は、同じ場面を平均足で見てみましょう。

ローソク足の1時間足

三角持ち合いをブレイク後の四角の箇所で、ローソク足では陰線になっていたポイントも、平均足では陽線のままです。

もし、ローソク足に加えて平均足をチェックしていたら、ダマシに引っかからずに、さらに利幅を稼ぐことができたことになります。このように、ローソク足と平均足の両方を見ることで、小さなダマシには惑わされなくなります。

(補足)期待値が高いトレードをするコツ

先ほどのローソク足と平均足を組み合わせる方法では、ローソク足で確認できた陰線が、ダマシではなく本当に反転のサインである場合もあります。こういう場合は、平均足を見ていたために決済が遅くなり、利幅が減る場合もあります。

ただし、そのような場合でも、その1回のトレードではそうなっただけであって、長く続けた場合の期待値は、トータルでは平均足の方が高くなります。

なぜなら、ローソク足の陰線が発生するたびに利益確定をしていると、大きな利幅を取ることはほぼできないからです。トレードの鉄則、損は小さく利益は大きくの「損小利大」です。

平均足で判断したら、大きな利幅を取れることが何度もあります。千回、万回とトレードを重ねるほど、利幅を伸ばせる時に大きく取った時のほうが、トータルの利益額がはるかに大きくなることが実感できるようになります。

繰り返しになりますが、トレンドの最中は、細かいダマシは頻繁に発生します。ダマシが本当の反転であって利幅を減らす場合も、ダマシは単なるダマシで、そのままトレンドが継続して、大きな利幅を得られる場合も両方あります。

つまり、ダマシに惑わされずに利益を伸ばすほうが、期待値が高いトレードができます。

このことは、短期で莫大な利益を出せるトレーダーになるために必要な考え方です。一回一回のトレードではなく、長く続けた場合により期待値が高いかどうかで判断するようにしましょう。

また、今からお伝えすることは、手法の解説ではありませんが、注意点としてお伝えします。

それは、「平均足は順張りでこそ活き、逆張りでは期待値が低い」ということです。

平均足は、トレンド方向を視覚的に見やすくしたものです。そのため、トレンドに逆らう逆張りでは、基本的には活用しません。なぜなら、平均足は、相場反転のサインが出るタイミングが、ローソク足と比べて遅いからです。

例えば、トレンドが継続すれば、上昇トレンドなら陽線が続きます。そして、相場が反転する時に陰線が出ることが多いです。しかし、平均足では、ローソク足に比べて陰線が出るタイミングが遅くなります。

先ほどと同じ平均足で確認してみましょう。

%e9%80%86%e5%bc%b5%e3%82%8a

例えば、Aのポイントで逆張りの売りポジション(上昇トレンド中に売りポジションから入るので逆張り)を持つとします。しかし、平均足は、陰線が出るまでタイムラグがあるので、売りポジションを持った直後に価格が上昇していくという事態が多くなります。

たとえ上手くいったとしても、利幅はどうしても小さくなるので、利益も望めません。

平均足は、トレンドフォローの順張りで活用して、利幅を伸ばすことに意義があります。上昇トレンドの天井を見極めて、逆張りをするようなトレードでは、絶対と言っていいほど勝つことはできません。覚えておきましょう。

まとめ

ローソク足チャートしか見たことがない人も、平均足を上手に活用できるようになると、損小利大のトレードを可能にするきっかけになります。この記事でお伝えしたことを今一度よく落とし込み、トレードに活用してみて下さい。

その際、何から始めたらいいかわからない方は、まずはローソク足と平均足を併用し、様々な場面でどのような違いがあるのか、認識することが始めてみて下さい。

平均足をすぐに使わないと、相場から置き去りになるわけではありませんので、焦らなくても大丈夫です。時間をかけて、じっくりローソク足と平均足を監視してみて下さい。そして、迷ったらこのページを何度も読み返して復習していただければと思います。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の15社から選ぶ場合は、『FXおすすめ口座・会社比較!初心者向け15社を10項目でランキング』をご活用ください。

初心者向け:FXで安定的に利益を出し続けるための10日間集中講座【全て無料】

FXのLステップ「FXに興味はあるけど、何から始めればいいの?」
「FXと株式はどう違うの?」
「FXでどうやったら稼げるようになるの?」


と思っている人はいませんか?


次のLINE公式アカウントにご登録いただくと、FXの初心者から安定的に利益を出し続けられる状態まで一気にレベルアップできます。


FXのLステップCTAバナー


具体的には、次のような内容が全て無料で学べます。


・FXで利益を出すために必要な基礎知識
・デモトレードで利益を出す体験
・おすすめのMT4業者とインストール方法
・利益を出すために必要なチャート分析の基礎


10日間で7本の動画が届きますが、初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説をしているので、「自分もFXで稼げそう!」と鮮明にイメージすることができるはずです。


ひご登録いただき、FXで成功をつかむ第一歩にしてください。


無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

ぶせな


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。



ぶせな氏の実践方法を見る

SNS
投資の教科書公式Twitter
順番に読むとFXで稼ぐ力が身に付きます
インタビュー
SBIFX
ヒロセ通商
JFX
YJFX
トレイダーズ証券
GMOクリック証券
FXプライムbyGMO
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る