マージンコールとは|FXトレーダーを守る仕組みと厳守すべきルール

マージンコールは、FXの市場参加者を守るための仕組みです。

FXは、少ない元手でも、レバレッジを効かせることで、大きく稼げる可能性がある投資です。ただし、他方では、大きな損失を出す可能性もあるということです。

FXは、コツコツ堅実に利益を積み重ねていくのが理想です。しかし、まだスキルも知識も経験も足りないのに、少し上手くいっただけで勘違いし、欲に任せてどんどん資金を注ぎ込んでしまうと、すぐに資金を失ってしまいます。

そうならないように、この記事でしっかりマージンコールについて学びましょう。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

1.マージンコールとは

マージンコールは、FXで元手(=証拠金)を大きく超える損失を出さないように、投資家を守るための仕組みの一つです。

FXは、25倍という高いレバレッジをかけることができます。他の投資商品では、考えられないほど高いレバレッジです。例えば、10万円程度の元手でも、わずか1~2時間で数万円以上の利益を得ることもできます。逆に、失敗すると簡単に元手資金を失ってしまう可能性があることも意味します。

投資家がそのような事態に陥る前に、マージンコールは、一定の損失が出そうになったら、「損失が膨らんでいますよ」「口座を確認して下さい」と警告を出してくれるのです。

中には、資金が減っているので、証拠金を追加で入金したり、ポジションを減らすように促すFX会社もあります。ちなみに、私がメインで使用しているヒロセ通商JFXの取引画面では、マージンコールの水準になった時は、画面が黄色くなります。

それでは、マージンコールは、どのような時に出るのでしょうか?
次から見ていきましょう。

2.証拠金維持率が下がるとマージンコールが出る

マージンコールが出るか出ないかは、証拠金維持率を基準に決められます(参考:「FXの証拠金の仕組みと特に重要な3つの数字の計算方法」)。

例えば、証拠金10万円で25倍のレバレッジをかけているとします。1ドル=100円の時に、ドル円の買いポジションを1万ドル(1万通貨)持ちました。この時、証拠金維持率は、次のように計算します。

10万円(有効証拠金)÷ 4万円(必要証拠金)× 100 = 250%

この状態で、為替レートが1ドル97円になったとします。1万ドルのポジションの価値は、日本円で100万円から97万円に下がります。つまり、3万円の含み損が出ているということです。

この時の有効証拠金は、元金10万円 – 含み損3万円 = 7万円になります。そして、この時の必要証拠金は、ドル円97円 × 1万通貨 ÷レバレッジ25倍 = 3.88万円です。

この2つの数字を使って、証拠金維持率は、次のように計算できます。

有効証拠金7万円 ÷ 必要証拠金3.88万円 = 180%

このように、口座資金が減っていくと、証拠金維持率も低下していきます。
そして、一定の証拠金維持率まで下がると、マージンコールが出ます。

マージンコール

なお、マージンコールの有無や証拠金維持率の基準は、FX会社によって違います。ヒロセ通商は、証拠金維持率が200%を下回るとマージンコールが発動し、アラートメールが送信されます。そして、100%を下回った瞬間に強制ロスカットされます(詳しくは、こちらをご覧下さい)。

上述した例だと、含み損3万円で、証拠金維持率が180%でしたね。
つまり、含み損が3万円になる前に、マージンコールが発動されるということです。「証拠金に対して含み損がおおきくなってきたので、注意してください」、というアラートメールが届きます。

使っているFX口座のマージンコールの基準は、必ず確認しておきましょう。

3.マージンコールにならない水準でトレードする

マージンコールは、FX投資家を守るための措置だとお伝えしました。しかし、あなたが今後、FXで成功を目指すのであれば、マージンコールになるような水準の取引をすることはおすすめしません。

たしかに、高いリスクを取るトレーダーはいますが、長続きしないことが多いです。

また、マージンコールの水準から更に証拠金維持率が下がると、強制ロスカットと言って、強制的に損失を確定させる仕組みもあるのですが、強制ロスカットになるようなトレードをしているなら、危険度は更に高くなります(参考:「FXのロスカットの仕組みと必ず知っておくべき算出方法」)。ヒロセ通商やJFXだと、100%を切ると強制ロスカットになります。

そこまでリスクを取るトレードをしなくても、FXは、真剣に取り組みさえすれば、大きな利益を積み重ねられる、夢のある世界です。ただし、欲に負けて無茶なトレードをすると、破滅につながります。

もちろん、最初からマージンコールがないようにすることは難しいです。私自身も、初心者の頃はマージンコールどころか、強制ロスカットさえ何度か経験しました(参考:「FXで失敗して1000万円以上の大損をした事例と重要な教訓」)。

FXで成功する秘訣は、たった一つ、「繰り返せば資産が増える確率が高いトレードルールに沿って、淡々とトレードをすること」です。

これを徹底して真剣に取り組む方こそ、成功にグッと近付きます。皆さんも、ぜひ目指して下さい。

まとめ

マージンコールは、基礎的な項目ですが、FXの基本ルールです。よく知らなかった方は、まず、仕組みを理解するようにしてください。個人投資家を守る仕組みですが、マージンコールにかからないよう、資金管理やトレードルールを考えると良いでしょう。

次の4つの記事もお読みいただくと、理解が深まります。
ぜひ、参考にしてください。

FXのロスカットの仕組みと必ず知っておくべき算出方法
FXの証拠金の仕組みと特に重要な3つの数字の計算法
FXのレバレッジなしから考える|トレードする目的と稼ぎ方
FXの複利で失敗しないためには?仕組みを理解して最短で稼ぐ3つのステップ

 

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。



ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る