FXの練習方法|安定して稼げるようになるための3つの考え方

FXの練習をするにあたっては、ツボを押さえることが大切です。

FXに限らず、練習で実践していないことは本番でもできません。同様に、普段やらないトレードを本番でやったとしても勝てるはずがありません。

普段から練習してこそ、初めて安定した利益が出せるようになります。練習はしたくないけど、トレードで勝ちたいというのは、無理な話です。

そして、安定した利益を上げるトレーダーになるためには、時間と練習が必要です。

この記事では、FXの利益に結びつける効果的な練習の考え方をお伝えします。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

1.一万時間練習する

「1万時間の法則」とは、どんな道でも、プロのレベルに到達するためには1万時間の練習が必要だという意味です。実は、私もFXを始めた最初の4年から5年くらいは、全く勝てませんでした。

ようやく勝てるようになってきた時は、おおよそ1万時間取り組んでいました。これについては、『私がFXで成功して1.6億円の資産を築くまでに経験した全て』でも解説しています。

これは、偶然に過ぎないかもしれません。2,000時間で十分な人、1万時間では足りない人もいるでしょう。必要な時間には個人差がありますが、人間が何かを習得するための時間として、1万時間というのは核心を突いた法則かもしれません。

1万時間は、1日3時間で9年、1日5時間で5年半、1日8時間で3年半かかります。「勝てるまでこんなに長いの?」と思われる方もいるかもしれませんが、長いと思うか短いと思うかは、考え方次第です。

ただし、この時間は、パソコンの前でトレードする時間だけではありません。そもそも、日中に仕事をしている人は、毎日8時間、3年半もチャートを監視して練習に充てられないですよね。

現在、私は専業トレーダーですが、仕事をしていた時にトレードできたのは、帰宅後の21時から25時の4時間だけです。実際にトレードしている時間以外にも、頭の中でFXのことを考えている時間も含めていいでしょう。

例えば、通勤電車などの移動中にFX関連の書籍を読んだり、外出先でスマートフォンでチャートを見ることもできますね。また、入浴中や1人の時間にFXのことを考える時間も含めます。さらん、仕事が休みの土日には、まとまった時間を取って勉強やチャート分析もできます。

このように考えると、仕事中と寝る時間を除けば、意外とFXのことを考える時間はあるのです。

ちなみに、トップアスリートは、練習以外の日常生活でもそのスポーツについて、四六時中考えています。それだけ本気だということです。ということは、本気で「FXで稼ぎたい!」と夢中になれば、自然と頭の中はFXのことでいっぱいになるはずです。

実際にトレードする以外にも、考えたり分析する時間を含めて1万時間というと、長いどころか、あっという間だと思います。実際に私もそうでした。

1万時間トレードすると、決めれば腹をくくれます。高いモチベーションがキープされると、トレードで負けようが勝とうが、多少のことではメンタルが崩れなくなります。ちょっと言い過ぎかもしれませんが、目先の利益で一喜一憂することがなくなります。腹をくくっていますからね。

初心者の時に「自分は勝てる」「数回負けたからFXは難しい」などと早期に結論を出すのは正直もったいないです。なので、まずは1万時間取り組んでみることをおすすめします。

ポイント!

トレードで安定して勝てるようになるには、時間が必要です。時間をかけて取り組む、という姿勢を持つと、メンタルも余裕が出てきます。

2.トレンドとレンジの大局を常に意識する

2.1.大局をつかむ

さて、FXを1万時間練習するといっても、目的もなくチャートを眺めているだけでは上達しません。トレードに取り組んでいる時は、常に大局を忘れないようにしておくことが重要です。

大局とは、「相場全体の動き」「大きな流れ」のことです。相場には、トレンド相場レンジ相場の2つしかなく、私は、中長期の流れがトレンド相場かレンジ相場かを、必ずチェックします。

トレンド相場

レンジ相場

ちなみに、中長期のローソク足というのは、月足、週足、日足のことです。日足はどのトレードスタイルでも重要ですが、1分足を使うスキャルピングトレーダーであれば、日足で充分です。しかし、その場合でも、長い時間軸もしっかり把握しておくと尚いいでしょう。

どの時間足を絶対に見なければいけない、という決まりはありません。皆さまのトレードスタイルや、ポジション保有時間に合わせて決めて下さい。

2.2.トレンド相場の重要性

先ほど、相場にはトレンドとレンジの2種類あるとお伝えしました。

両方とも重要なのですが、トレンド相場のほうが重要度は高いです。なぜなら、トレンド相場のほうが利益を出すチャンスが格段に多いからです。トレンドが発生すると、集団心理がチャートパターンとして表れて分析しやすくなり、エントリー根拠がたくさん見つかるようになります。

次のチャートをご覧下さい。これは、ユーロ円の日足チャートです。

ユーロ円の日足チャート

AからBまでが上昇トレンドとなっています。ちなみに、トレンド期間は8か月で、ABの値幅は大体1,700pipsです。

もし、この8か月で大局を見ないでトレードしていたらどうでしょうか?

例えば、5分足など短期的な目線で下落トレンドだと判断し、順張りのショート(売り)をしても、日足では上昇トレンドなので、あなたは逆張りのショート(売り)をしたことになります。逆張りのショート(売り)は、一時的な反落を狙うトレードなので、なるべく早く買い戻して利益を確定する必要があります。

順張りのショート

逆張りのショート

それなのに、順張りのショートで値幅を取って利益を伸ばそうとする誤った判断のままだと、すぐに反転して損をしてしまいます。そして、大局を把握していないため、なぜ上がるのか、負けた理由すら分からないことになりかねません。

これでは、いつまで経っても勝てるようになれません。自分には日足のような長い時間軸は関係ないと思うかもしれませんが、相場ではどの時間軸も相関性があることを覚えておいて下さい。

これを詳しく説明すると、大局でトレンドが発生していると、1分足でも15分足でも全ての時間軸に上昇や下降に意味があるということです。

例えば、1分足で短期の上昇トレンドが発生すれば、大局でもさらに高値更新を狙った値動きが現れるかもしれません。逆に、短期で下降トレンドが出ても、それは押し目をつけるための一時的な反落だとも想定できます。

さらに、日足では、絶好の押し目でロング(買い)するチャンスかもしれません。このように、大局である上位足にトレンドがあってこそ、下位足の値動きも意味を持ちます。

さて、次のチャートは、先ほどのユーロ円チャートと同じ期間のドル円の日足チャートです。何か違いにお気付きになりましたか?

ドル円の日足チャート

答えは、同じ期間でも、先ほどはトレンド相場でしたが、こちらはレンジ相場ということです。

先ほどのトレンド相場の時と異なり、大局がレンジ相場の場合は、仮に1分足や15分足で短期トレンドが出ても、そのトレンドに意味を見出すのは難しくなります。短期トレンドが終われば、「結局レンジのままか」と思うだけです。

大局のレジスタンス/サポートラインを大きくブレイクしなければ、短期的に行ったり来たりしているだけで、マーケットはトレンド待ちの態勢に変わりはありません。

これでは、チャートパターンが形成されずに売買チャンスが少なく、稼げても小さい金額なので、トレードで生き残ることはできないでしょう。なぜならば、勝てるトレーダーというのは、順張り逆張り問わずに大きなトレンドが出た時に大半の利益を稼ぐからです。

繰り返しになりますが、大局のメジャートレンドがあってこそ、短期トレンドも意味をなします。そのため、あなたのトレードスタイルに合わせて、大局は必ずチェックして流れを把握するようにしましょう。

ちなみに、私はスキャルピングとデイトレードの両方を実践しており、ポジションの保有時間は長くても2日です。そのため、月足と週足は週に何度かチェックするだけで、普段は日足と4時間足を大局の基準として観察しています。特に、4時間足は1日何度もチェックします。

トレンドフォローが基本のスイングトレードは、大局さえ見誤らなければ利益を上げられます。そのため、兼業トレーダーの方や、ポジションを長く保有して1回のトレードで大きな利益を狙いたい方におすすめの手法です。

ポイント!

どんな手法でも、”大局”を把握することはトレードの基本です。

3.”発見する楽しさ”を知る

トレードの目的は、儲けることが一番であることは間違いありません。しかし、儲けることを最優先すると、目先の利益にとらわれて損失を受け入れられなくなるなど、心理的に悪い問題が出てきます。相場において、メンタルの重要性は想像以上に大きいです。

そこで、私は、心理的重圧を少しでも軽減するために、儲けるよりも“発見することの楽しさ”を見つけるようにしています。ちなみに、私の場合の発見とは、

  • 「こんな時にエントリーすればもっと勝率が上がりそう」
  • 「長い時間軸のここのポイントを基準にすると利幅が取れそう」

など、トレードの引き出しを多くするアイデアを見つけることです。

例えば、あるアイデアが実際に使えるのかどうかを検証して、使えそうならルールに加え、ダメなら視点を変える。このようなプロセスを経てトレードで勝てるようになると、本当に嬉しいですよ。

相場には、試験問題のような正解がありません。相場の中で様々なアイディアを発見し続けることで達人の域に達し、勝ち続けられるトレーダーになるのだと思います。

もちろん、お金が増えていくのが一番の喜びですが、喜びと楽しさは全く違います。楽しさがなくなれば、トレードするモチベーションが続かないでしょう。そうなると、メンタルが崩れて勝てなくなります。

そうならないように、“発見する楽しさ”を感じて達人の域を目指しましょう。繰り返しになりますが、その際は、「利益が出る喜び」「発見する楽しさ」の2つを意識して練習して下さい。

最速でトレードスキルをアップさせる唯一の方法は、他の人よりレベルの高い練習をすることです。練習すれば色々な発見がある上、トレードアイデアの引き出しがどんどん増えていきます。そうなると、利益も伸びてきます。

ぜひ、相場を追求する姿勢を忘れないで下さい。

ポイント!

利益を出すことは当然ですが、”発見する楽しさ”を持つと、高いモチベーションがキープできます。

まとめ

これからFXを始めようと思っている方は、”発見する楽しさ”を感じつつ、大局を見誤らずに1万時間練習して下さい。達成した後は、間違いなく今のあなたよりも格段にトレードスキルは上がっています。

FXには、あなたの人生をより豊かにしてくれる可能性が秘められています。せっかくFXに興味を持ったのであれば、難しいことは考えずに今すぐ始めてみて下さい。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『FXでおすすめの人気13口座を9項目で徹底比較!』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

ぶせな


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS
投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter
順番に読むとFXで稼ぐ力が身に付きます
インタビュー
SBIFX
ヒロセ通商
JFX
トレイダーズ証券
GMOクリック証券
FXプライムbyGMO
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る