FXの副業を始める前に知っておきたい全てのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本業以外で、少しでも副収入があればいいな、と思ったことはありませんか?

FXの副業も手段の一つで、私も会社員をやりながら夜に副業でFXトレードをしていました。そして、月間のFXの利益が本業の月の収入を超えてから、専業トレーダーになりました。

この記事では、成功と言うにはおこがましいのですが、私がFXの副業で成功するために経験した全てをお伝えします。具体的には、次のような悩みを解消することができます。

  • FXの副業を始めたいが、不安を感じている
  • そもそも自分がFXに向いているのか向いていないのかわからない

ぜひ、FXの副業について真剣に考えるきっかけにしていただければと思います。

1.FXを副業にするメリットとデメリット

FXに限らず、投資にはリスクがあるため、メリットとデメリットをまず把握することが大事です。そして、副業しなければよかったと後悔しないように、実際に始める前に、本当にFXでいいのかを考える必要があります。

なぜなら、FXは、サラリーマンのように毎月安定した給料は保証されないからです。人に雇ってもらうのではなく、FXは、あなただけのスキルでお金を生み出すものです。

ぜひ、このことをよく理解し、本業やあなたの生活スタイルと照らし合わせて考えていきましょう。

1.1. FXを副業にする4つのメリット

まず、FXを副業としてやる主なメリットは、FXそのものの特徴である次の4つが挙げられます。

  • 平日は24時間取引可能で、帰宅後の夜間も取引できる
  • 1万円などの小額から投資可能
  • スマホやノートPCがあれば、どこでも取引ができる
  • コツをつかめば利益に上限がない

一つ一つ見ていきます。

1.1.1. 平日は24時間取引可能で、帰宅後の夜間でも取引できる

FXは、月曜日から金曜日まで24時間マーケットが開いているので、仕事が終わって何時に帰宅しても取引することができます。一方、株式取引は、9時から15時までしか取引できないので、PCの前に張り付いて副業としてデイトレードをするのは現実的ではありません。

FXの場合、たとえば、帰宅後の21時から3時間と時間を決めてトレードするなど、毎日集中してリアルタイムで値動きが見れます。これは、株式投資にはない大きなメリットですので、まず頭に入れておきましょう。

この点に関しては、後ほど、もっと詳しくお伝えさせていただきます。

1.1.2. 一万円などの小額から投資可能

投資をする上で、何百万円というまとまった資金が必要だとしたら、気軽に始められませんよね。

しかし、FXであれば、1万円あれば誰でもスタートすることができます。

さらに、SBI FXトレードであれば、ドル/円が1通貨単位からトレードでき、必要な資金はたったの4円です。4円ではちょっと少な過ぎかもしれませんが、1,000円や1万円あれば、専業トレーダーと同じ環境で投資することができます。

このように、少ない資金で気軽に始められるのがFXのメリットです。しかも、口座開設は無料ですので、まずやってみよう、という気になれますよね(口座開設の仕方については、『FXの口座開設方法と必要書類と審査ポイント』をお読み下さい)。

1.1.3. ノートPCやスマホがあればどこでも取引ができる

FXのやり方は、極論を言うと注文を出すだけです。そのため、インターネットさえつながれば、どこにいても取引できます。たとえば、ノートPCやスマホがあれば、喫茶店でも、通勤途中でも、海外旅行の最中でも売買が可能です。

このように、自宅に限定されず、どこでもトレードできるという環境は、FXを副業とする大きなメリットの一つです。

1.1.4. コツをつかめば利益に上限がない

FXには、利益に上限がありません。コツをつかみ、徐々に取引枚数を増やしていけば、かける時間とやる事は同じでも、利益は右肩上がりで増えます。

副業したいと思ったということは、本業に対して何かしらの不満があるからではないでしょうか。一番大きな理由は、給料の少なさが挙げられるでしょう。給料をもらうだけでは大きな資産を築くのは難しく、老後の不安もありますね。

それ以外にも、人間関係や仕事のやりがいなど、心配事を挙げたらキリがありません(実際に、私もそうでした)。それならば、副業で稼いで、いっそのこと本業を辞めたいとお考えの方もいるでしょう。

かといって、バイトのように、時給計算で3時間分の副収入しか入らないとなると、副業としては、限界がすぐに見えてきます。また、帰宅後に、時給換算の副業をするのは、肉体的にも精神的にも厳しいと思います。

しかし、FXなら、帰宅後の3時間しかトレードできなくても、真剣に取り組めば利益を増やすことは十分可能です。利益に上限がないFXを毎日取り組む方が、夢があると思いませんか?そう考えることで、本業をするにしてもモチベーションの維持につながり、毎日を楽しく過ごせます。

実際に私も、副業でトレードしている時は、「必ずFXで稼ぐぞ!」という気持ちが大きかったです。本業に不満はありましたが、副業で成功する夢をイメージして毎日過ごせたので、本業をおろそかにすることもなく、充実した日々が過ごせました。

1.2. FXを副業にする4つのデメリット

ここまで、FXを副業として行うメリットについてお伝えしてきましたが、デメリットについても知っておく必要があります。楽して儲かることはできませんので、メリットを享受するには、それなりの心構え(覚悟)が必要です。主なデメリットには、次の4つが挙げられます。

  • 資産が減るリスクがある
  • 結果が出るまで時間がかかる
  • メンタルの維持が必要
  • 家族の理解が必要

こちらも、一つ一つ見ていきましょう。

1.2.1. 資産が減るリスクがある

 FXは、元本保証がない投資商品です。また、レバレッジが25倍までかけられ、元手資金の25倍の取引が可能です。そのため、ハイリターンが期待できる反面、ハイリスクになります。ローリスク・ハイリターンという投資はありません。

ここまでレバレッジが効く投資商品は珍しく、レバレッジの使い方を間違えると、元手資金以上の損失を被る可能性もあります(レバレッジについては、『FXでレバレッジの高いトレードができる人の3つの条件』をお読み下さい)。

FX初心者の場合、リターンばかりに目を奪われ、軽い気持ちでハイレバレッジのトレードを行いがちです。しかし、資金を失うリスクがあることは、必ず頭に入れておきましょう。

1.2.2. 結果が出るまで時間がかかる

FXで成功する人は、世間では5%もいない言われています。しかし、この数字にはカラクリがあり、FXは敷居が低い分、真剣に取り組んでいない人の数も入っています。そのため、本気でトレードすればもう少し高くなるはずですが、それでもFXは簡単に稼げるとは考えないほうがいいです。

なぜ成功する確率が低いのかというと、結果が出るまで時間がかかるため、それまで我慢できない人が多いからです。早く稼ぎたいという気持ちが先行し、時間をかけて勉強して結果を出そうとする姿勢が欠けているように感じます。

では、FXは超難関な副業なのでしょうか?

そんなことはありません。真剣に取り組んでいれば、なぜこんなシンプルなことに気付かなかったのだろうと気付く瞬間があるはずです。このように、一度コツをつかめば、勝てるようになります。

ただし、そうなるようには時間が必要です。正しい方法で学んで、1年はかかると思って下さい。そう思っておけば、途中で投げ出したりイライラせず、継続的にFXに取り組むことができます。

実際にトレードして様々な相場を経験し、乗り越えるからこそ勝てるようになります。

1.2.3. メンタルの維持が必要

先ほどもお伝えしたように、FXはレバレッジが25倍まで効くので、元手資金に対する損益の変動が大きくなります。

そのため、FXを副業で始めても、順調に資産が増えていくとは限りません。時には大きな損切りをしたり、反対に、予想以上の利益を得ることもあるでしょう。

今までの人生では、労働の対価として給料をもらい、少しずつ資産を積み上げてきた方がほとんどだと思います。それが、トレードの結果によっては資産が減ってしまうリスクもあるので、メンタルへ悪影響を及ぼすのは仕方ありません。

したがって、FXで副業として稼ぐために、ちょっと資産が減った時にメンタルを崩さないようにすることが大切です。そのメンタルの維持のコツと、副業するための心構えについては、私が執筆した次の3つの記事を併せてお読みいただければと思います。

1.2.4. 家族の理解が必要

ここまでお読みいただき、副業で手堅く運用したい方は、FXは危険だと認識している方もいるでしょう。特に、家庭を持っている方は要注意です。なぜなら、パートナーから、ハイリスク商品を運用すること自体、否定されるかもしれないからです。

そのため、副業でFXを始めるなら、パートナーの理解を得ることをおすすめします。

もし家族に内緒でトレードしても、まともなトレードはできません。そのような後ろめたい気持ちがあると、正常なトレード判断ができず、ちょっと負け込むとメンタルが崩れたり、やっぱりFXは諦めるなど、モチベーションが続かないでしょう。

厳しいことを言うかもしれませんが、副業とはいえ、ひとたびマーケットに参加すれば、プロも素人も同じ土俵で戦うことになります。本気でFXに取り組むためにも、周りの人の協力を得て、適切なトレード環境を整えましょう。

1.3. 副業にFXが向いている人と向いていない人

さて、ここまでFXを副業で行う際のメリットとデメリットを見てきましたが、結局のところ、どんな人がFXに向いているのでしょうか。

一概に向き不向きは決められませんが、副業でリスクを取りたくない方は、FXは辞めた方がいいでしょう。なぜなら、先ほども少し触れましたが、労働の対価として収入を得るのとでは意味合いが違います。給料は、働けば必ず得られる収入です。

それに対して、FXは、何時間トレードしたらいくらの収入が得られるかの保証はありません。もし負ければ、マイナスもあります。そのため、今日から確実に副収入(日銭)を求めるなら、FXは向いていません。

それでは、FXが副業に向いている人は、どういう人でしょうか?それは、リスクを取り、時間をかけてでも驚くほどの大きなリターンを狙いたい方です。言い換えると、先ほどお伝えした4つのデメリットを容認できるか、ということになります。

ぜひ、自分の性格と置かれている状況を整理して、自分がFXに向いているのか向いていないのかを冷静に判断していただければと思います。

2.副業でFXをスタートする4つの手順

この章では、FXを副業にして本気で稼ごうと思ったら、最初に行うべき4つの手順を見ていきます。早く稼ぎたい気持ちが先行するかもしれませんが、グッと我慢して、基本をしっかり押さえましょう。

2.1. 副業がOKかどうか就業規則を確認しよう

副業でFXをやろうと決意しても、会社がノーと言えばできません。まずは、会社の就業規則を確認することから始めましょう。ちなみに、就業規則とは、働く上でのルールや労働条件が書かれた、会社と社員の約束事のようなものです。

会社によっては、副業自体を禁止している場合があります。そのため、あなたがそれを知らず副業していることが会社に見つかった場合は、処分を受ける可能性があります。

ただし、副業は禁止していても、投資はOKとしている会社は多いと思います。FXも株式投資と同様、資産運用の一つの手段ですからね。

ただし、あなたが勤務している会社が金融機関(銀行、証券会社、FX会社など)であれば、インサイダー取引が疑われる可能性があるので、副業としての投資はNGとしているはずです。しっかり会社に確認しておきましょう。

中には、副業を禁止するどころか、薦めている会社もあるようです。現代は、昔と違って副業が受け入れられる世の中になりつつあります。FXのような金融商品はリスクがあるとはいえ、将来に向けて投資をすることは、とても良いことではないでしょうか。

最後に、余談になりますが、就業規則で副業がOKでも、FXを始めたことを社内の人に言うのは止めたほうがいいです。なぜなら、私が働きながら夜に副業でFXをやっていた頃、限られた人にか言っていなかったにも関わらず噂が広がってしまい、嫌味を言われて後悔した経験があるからです。妬まれないように、注意しましょう。

2.2. FXの口座開設をしよう

副業でFXをやることが会社的に問題ないとわかったら、まずはFXの口座開設をしましょう。

口座はどこでもいいというわけではなく、選び方にはポイントがあります。選び方の基準と、私がおすすめする4社は『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい4社の徹底比較』の記事を熟読していただきたいのですが、ここでは、JFXを取り上げます。

JFXは、私がメイン口座の一つとして使っているFX会社で、スキャルピングでもデイトレードでも勝負できる環境が整っています。また、Macやスマートフォンのモバイルアプリも充実しており、さらに、1ヶ月間の取引通貨量に応じてキャッシュバックや食品キャンペーンがあったり、初心者をやる気にさせてくれます。

私がJFXのどのような点を評価して実際のトレードで使っているかは、『JFXの使用レビュー|これからFXを始める投資家に最適な口座』で具体的に紹介していますので、ぜひお読みいただければと思います。

2.3. 少額から始めよう

口座開設ができたら、入金していよいよ取引を始めましょう。

その際、最初は、最悪ゼロになってもいい余剰資金の範囲内で、少額からスタートしましょう。金額は、1万円でも10万円でも、いくらでも構いません。自分のお金で始めてみることが大切です。

しかし、副業としてスタートしてみるなら数万円で充分ですが、あなたが本気で専業トレーダーを目指したいならめ、もう少し多い方が良いかもしれません。焦らず、スキルを身に付けてから、徐々に資金を増やしていきましょう。

どれくらいの資金があれば、どんなトレードができていくら稼げるかのイメージが沸かない方は、私が書いた次の記事をご参考下さい。資金管理の方法や、実際のポジションの建て方なども書いています。

なお、最初からリアルマネーで投資することに抵抗がある方は、架空のお金を使って本番と同じ環境で売買の練習ができるデモトレードをお試し下さい(詳しくは、『FX初心者がデモトレードで必ずやるべき6つのコト』をお読み下さい。)。FXトレードのイメージが一瞬にして鮮明になります。

2.4. 心構えを数字にしよう

FXに限らず、副業をするにあたっては、心構えが必要です。ちょっとしたお小遣い稼ぎができればいい、という安易な気持ちで始めると、成功する確率は下がってしまうでしょう。特に、FXの場合は、真剣に取り組まないと、マーケットでプロから簡単にお金を奪われてしまいます。

では、副業でFXを行う心構えには、どんなものがあればいいでしょうか?コツは、数字で決めることです。

たとえば、

  • 1日3時間はFXの勉強をする
  • 10万円からスタートする
  • FXに絡んだ書籍を週2冊読む
  • トレードノートに覚えたことを1ページ書く
  • 土曜日の夜はチャートの復習を2時間行う
  • 投資の教科書」の記事を毎日2記事読む
  • デモトレードで1日10回トレードしてみる

などです。

内容は何でも構いませんが、モチベーションをキープするためにも、ちょっと頑張れたらできそうで、数字で決められる具体的な内容にするのが良いでしょう。

目標を数字にすると、FXにどう向き合えばよいか真剣に考えるようになります。数字なら、修正することもできますし、漠然としていて何をしたらいいか分からない、という状態は無くなります。

そもそも、副業は、本来やらなくてもいいものです。あなたの生活にすぐに必要かというと、優先順位は低いはずです。そのため、心構えをしっかり持たないと、ちょっと挫折した時にモチベーションが一気に低下してしまいます。

FXは、大きく稼ぐチャンスがある副業です。ぜひ、目標を数字で決めることから始めましょう。

なお、副業でFXを始めても、平日はFXに充てる時間が限られます。そこで、他のトレーダーの一歩先を行くためには、相場が動いていない土日の使い方がカギになります。

土日に何をすべきかについては、『FXの土日の使い方で勝つための習慣を身に付ける4つのポイント』にまとめましたので、ぜひお読み下さい。

3.FXで勝つためにまず最初にやるべき2つのこと

さて、FXの始め方がわかったとしても、利益を出さないと副業をする意味がありません。適当に売買して勝てるほど簡単ではありません。

FXで勝つためのコツは、期待値(そのトレードを複数回行った場合に得られる利益の平均値)が高いトレードルールを構築することです。しかし、いきなり期待値と言われても、難しいですよね。

そこで、この章では、FXで勝つために、まず知ってほしい内容の21記事を厳選しました。この中には、期待値の考え方にも触れているものもあります。覚えることが多くて大変だと思いますが、どんな副業でも、最初が一番肝心です。

FXの副業で成功し、将来のお金の不安を解消するためにも、粘り強く取り組みましょう。

3.1. 裁量トレードを覚えよう

私が選んだ21記事を紹介する前に、FXのトレード手法にはどんなものがあるのか、簡単にご紹介します。

インターネットのバナー広告やマネー雑誌の広告に、様々なツールが紹介されるのを見たことがある人も多いと思います。たとえば、次のような手法です。

  • スワップトレード:金利が高い通貨を買ってずっと保有し、毎日スワップポイントをもらう
  • 自動売買ソフト(システムトレード):FX会社が提供する自動売買ソフトを使う
  • シグナル発生のインジケータ:チャート上で売買のサインを出してくれるソフトを使う

広告の謳い文句を見ると、どれも魅力的なことが書いてありますが、私は一切やっていません。私が一番重要だと思うトレードは、ここには載っていない、裁量トレード(自分の判断で売買する方法)です。

つまり、ドル円が上がると思うなら「買い」注文を出し、下がると思うなら「売り」の注文を出す、ごく一般的なトレードのことです。

どんなやり方でも、相場の基本は、価格が上がるか下がるかの判断です。そのため、裁量トレードができなければ、先ほどの3つやり方に対応できません。なぜなら、価格変動する根拠が分からなければ、自動売買ソフトを使うにしても、ソフトのメリットやデメリットさえも分からないからです。

つまり、FXで利益を上げるための基本は、あなたの裁量トレードのスキルを向上させることです。スキルを身に付ければ、他の裁量トレードも含めた色々なやり方に応用できます。最初から、他人に運用を任せて楽して儲けようと思ってはいけません。

3.2. 着実にスキルアップするための知識をインプットしよう

さて、裁量トレードでスキルアップするには、適切な知識をインプットすることが必要です。しかし、適切な知識といっても幅広いので、何から学べばよいのか迷いますよね。

FXで勝つための基本事項は全て、「投資の教科書」で公開しています。これまで約100記事書いてきましたが、ここでは、特に重要な21記事を厳選して載せています。

初心者の方が学べるように、私がこれまでに経験したことを包み隠さず書いていますので、インプットには最適だと思います。最初はインプットすることに重点を置き、徐々にトレードでアウトプットしていただければと思います。

≪初心者が最初に覚える基本的な用語とルール≫

≪勝つ手順とテクニカル分析を学ぶ≫

≪おすすめの取引ツールとチャートの使い方≫

4.FXの副業で後悔しないための4つのアドバイス

せっかく副収入を得るためにFXを始めたのに、資産を減らしたらショックですよね。そうならないように、最後に、私から4つのアドバイスがあります。

ぜひ、最後までお付き合いしていただければと思います。

4.1. 本業を簡単に辞めない

副業でFXを始めてちょっと勝てたからといっても、簡単に本業を辞めてはいけません。

FXで勝てるようになると、嬉しさと満足感があり、ワクワクした気持ちになります。実際に私もそうだったように、初めて本業の給料と同じくらいの利益が残せた月は、少し舞い上がった記憶があります。副収入で月に数万円どころか、20万円、40万円という利益が出たら、誰しも嬉しいのではないでしょうか。

しかし、勝ち始めた時期こそ、注意が必要です。私は調子に乗ってしまい、1,000万円という大損を出してしまいました(詳しくは、『FXで失敗して1000万円以上の大損をした事例と重要な教訓』をお読み下さい)。

私はこの頃、トレードが少し上手くいくようになり、本業を辞めることも視野に入れていました。しかし、この大損で気を引き締めて、本業を続けながら必死にFXに取り組んだ結果、専業になることができました。一時は、ほぼ全財産を無くしてしまいましたが、1,000万円負けた時に本業があって本当に良かったと今でも思っています。

もし本業が無ければ、生活が完全に行き詰っていたでしょう。本業さえあれば、毎月給料が入ってくる安心感がありますし、またお金が貯めれば、いつでもFXで再起できます。

大切なことは、たとえ1ヶ月で100万円以上の利益を出したとしても、それが将来にわたって続くものではないことを知ることです。収入源がトレードだけになると、負けたら生活できないというプレッシャーが生じ、今までと同じトレードができなってしまうかもしれません。

そうならないように、FXで勝てるようになっても、本当に辞めて専業になっても大丈夫かを、冷静に考えましょう(詳しくは、『FXで専業になる前に現役の億トレーダーが伝えたい6つのこと』をお読み下さい)。

4.2. 副業だからこそリスクを取るべき

私は、本業があるからこそ、FXの副業でリスクを取って大きなリターンを目指してほしいと思っています。

FXで、月数万のお小遣い程度の利益が出れば御の字、という方もいるでしょう。しかし、せっかくリスクを取っているのですから、たとえば毎月5万円を安定的に稼げるようになったら、10万円、20万円と、もっと大きなリターンを狙って下さい。

なぜそのように言うのかというと、FXの場合は、一度勝てるスキルを身に付ければ、枚数を増やすとその分だけリターンが増えるからです。しかも、費やす時間は以前と変わりません。

普通に労働すると、毎月5万円を稼ぐには、帰宅後に時給1,000円のアルバイトを1日3時間、週に4日やる必要があります。この5万円は、減ることはなくノーリスクで得られますが、4倍の時間働いて20万円稼ぐのは、肉体的にも時間的にも厳しいのではないでしょうか。

しかも、本業と同じノーリスクの副業だと、私はあまり意味がないように感じます。なぜなら、考え方は人それぞれですが、シフトで働いてある程度決まった収入を得るより、投資でリスクを取って得たリターンのほうが、喜びは倍増するはずだし、満足度が高いからです。

FXは、本業で安定した給料があるからこそ可能な、リスクが取れる副業です。ぜひ、目の前のチャンスを活かしましょう。

4.3. 手法以外のことも知る

FXで勝つために、どうしても手法に注目しがちです。しかし、正しい取り組み方や資金管理、メンタルの維持の仕方などの土台があってこそ、手法が生きてきます。

たとえば、あなたが誰かから期待値が高いトレードルールを教えてもらったとしても、すぐに利益に変えることはできないでしょう。なぜなら、それを活かすスキルがないからです。

そのため、焦らず、色々な知識をバランスよくインプットして、日々の相場でアウトプットしましょう。必要なことは、先ほどの21記事の中に全て書いていますので、繰り返しお読みいただければと思います。そうすれば、自ずと勝てるようになるはずです。

4.4. 税金と確定申告についてチェックしておく

最後に、まだ早いかもしれませんが、FXで利益が出た場合の税金と、確定申告の仕方も知っておきましょう。先にチェックしておけば、余計な心配が減り、トレードに集中できます。

FXの税金については、次の4つの記事にわかりやすく書かれていますので、事前にどんなものか、目を通していただければと思います。

まとめ

この記事では、FXを副業で始める上でのメリットとデメリット、始め方、スキルアップの方法を中心にお伝えしました。

私は、様々な副業に手を出しましたが、唯一成功したのがFXです。かといって、FXが全ての人に合っているとは思いません。しかし、利益に上限がない魅力的な方法であることは間違いありません。

そのため、せっかくFX興味を持ったのであれば、本気で取り組んでいただきたいと思います。この記事が、あなたがFXの副業で成功するためのヒントになれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画:FXで8年間で平均利回り163%を達成して、1億5,000万円の利益を稼いだトレード手法の全て

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、本格的にFXを始めて8年間で1億5,000万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。そのことは、年ベース負けなしで安定した利益を得ていることからも、確かな事実です。


その結果、平均163%の年間利回りを記録し、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。


そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・エンベロープや移動平均線のチャートの具体的な設定方法
・現在の利益の約3割を生み出しているデイトレードについて
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。


ぶせな氏の実践方法を見る

利益を最大化するために
ぶせな氏をはじめとした億トレーダーが
使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい4社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の10社から選ぶ場合は、『【2018年下期】FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き』をご活用ください。

ぶせなの人気記事

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*