FXのボラティリティ|本質を理解してトレードで利益をあげる方法

「ボラティリティ」という言葉は、FXをやっていると聞くようになります。

これからトレードで利益を出したいなら、ボラティリティは非常に重要なキーワードになります。私が専業トレーダーになれたのも、ボラティリティを理解し、それをトレード手法に取り入れているからです。

ただ、ボラティリティは目に見えないので、実際にチャートを開いて相場の値動きをじっくりと見ないと理解しづらいです。また、時期によって性質がコロコロ変わる点も厄介です。

しかし、逆を言うと、ボラティリティを理解すると、次のことがわかるようになります。

  • 通貨ペアの適切な選択
  • 利益確定と損切り幅
  • トレードルールの戦略の立て方

FXは難しいと感じている方は、もしかしたらボラティリティに対する理解が浅いのかもしれません。ただし、この記事をお読みいただくと、ボラティリティを通じて相場に対する理解が格段に深まります。

ぜひ、お役立て下さい。

執筆者
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを始めて8年で1億5千万円を突破。 自身のブログ『FX億トレーダーぶせな「スキャルピング」「デイトレード」』では、定期的にトレードの損益を公開中。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』(日本実業出版社)がある。

1.ボラティリティとは

ボラティリティは、日本語にすると「価格変動率」と言います。これだけでは、パーセントで書くのか、pipsで書くのか、そもそも何の数字なのか、わからないと思います。

直訳すると「落ち着かない性質のもの、不安定なこと」になるのですが、これを相場に当てはめると、「乱高下すること」を意味します。乱高下をイメージしていただくために、次のドル円の5分足チャートを見比べて下さい。

左側はトレンド相場で、価格が上下に大きく変動しているのがわかりますよね。この状態を、ボラティリティが高いといいます。経済指標の発表後などは、急騰や急落を繰り返し、ボラティリティが高くなる傾向があります。

一方、右側はレンジ相場で、価格の変動はあまりありません。この状態を、ボラティリティが低いといいます。日本時間の早朝など、参加者があまりいない時は、ボラティリティが低くなります(詳細は、後述します)。

このように、ボラティリティ(価格変動率)とは、一定期間における、値幅の大きさ(価格変動の割合が「高い」か「低い」か)を表します。

整理すると、次のようになります。

  • ボラティリティが高い:価格変動が大きい時
  • ボラティリティが低い:価格変動が小さい時

ただし、ボラティリティは目に見えないためか、解釈の仕方は様々です。単純にpipsの「値幅」で解釈するのか、「割合」で解釈する見方もあります。

割合とは、例えば、1時間で100pipsの値幅が出たとします。1時間のうちに、何百回や何千回と価格変動は起きているので、その割合こそボラティリティの高さだとする視点です。ちょっと難しいですね。

まずは、ボラティリティには色々な見方があると認識いただければ大丈夫です。乱高下して値幅が出る相場をボラティリティが高い、そうでない相場をボラティリティが低い、と覚えておきましょう。

ボラティリティが高い相場と低い相場の見分け方は後述するので、ご安心下さい。

2.ボラティリティの調べ方

JFXヒロセ通商には、ボラティリティを計算してくれる便利なツールがあります。ボラティリティの計算方法を理解すると、自ずと「ボラティリティとはこういうもの」と分かってきます。

なお、ヒロセ通商とJFXでは、算出方法が少し違うので、それぞれご紹介します。

2.1.JFXのボラティリティ表

JFXのサイトを開き、左サイドバーの「情報コンテンツ」の中にある「ボラティリティ表」をクリックします(直接ご覧になる場合は、こちらをクリックして下さい)。

すると、最初からボラティリティ集計結果(東京市場時間帯の時間足比較・前週)が表示されますが、目的に応じて、右上より、「期間選択」と「集計方法(取引時間帯指定or時間足指定)」を選びます。

そして、「決定」ボタンをクリックすると、瞬時に集計結果が表示されます(赤い数字が、ボラティリティ値)。ボラティリティが大きい通貨ペア順に表示され、ローソク足の高値と安値の値幅が大きいものが1位になります。

なお、JFXの計算方法は次のようになります。(ホームページより抜粋)

・通貨ごとの1分足4本値(始値・終値・高値・安値)を算出します。
・この4本値をもとに5分、10分、60分、1日の時間足ごとの「高値-安値」をpipsに換算します。
・指定された期間の取引時間帯で、先ほどのpipsを平均したものが対象通貨ペアの平均ボラティリティ値となります。

ちなみに、上の画像の集計結果を見ると、上位は、「ポンド(GBP)クロス」と「ユーロ(EUR)クロス」が多いですね。

ポンドクロスとは、ポンドドル以外の、対ポンドです。具体的には、ポンドオージー、ポンドニュージー、ポンド円などのことです。ポンド円は、ポンドクロスであると同時に、クロス円でもあります。

これに対して、ポンドドルは、ドルストレートになります。ユーロクロスも同じで、ユーロドル以外の対ユーロ通貨ペアのことです(参考:『通貨ペアとは|FXトレードで勝つための正しい選び方』)。

ポンドクロスやユーロクロスは、私がデイトレード手法で得意とする通貨ペアですボラティリティが高く、1回のトレードで利幅を稼ぐことができるので、スプレッドが広くても、効率良くトレードできるのが理由です(参考:『デイトレードで初心者が勝てるようになるために必要なこと全て』)。

このようなツールを使って、ボラティリティの高い/低い通貨ペアをトレードにどのように取り入れていくか、これから一緒に考えてきましょう。

2.2.ヒロセ通商のボラティリティ表

次に、ヒロセ通商でボラティリティをチェックする方法をお伝えします。ヒロセ通商のサイトを開き、左サイドバーの「MENU」の中にある「ボラティリティ表」、または、画面右側に固定で置いてある「ボラティリティ表」をクリックします(直接ご覧になる場合は、こちらをクリックして下さい)。

そして、集計方法は、右上から選択します。

ヒロセ通商は、JFXよりも長い期間で算出できるのが特徴です。なお、ヒロセ通商の計算方法は次のようになります。(ホームページより抜粋)

・通貨ごとに、1分足4本値の「高値-安値」を算出します。
・算出した「高値-安値」をpipsに換算します。
・同営業日内の先ほどのpipsを合計したものが、対象通貨・対象営業日のボラティリティ値となります。

さて、JFXとの算出方法の違いは、JFXでは時間足指定がありましたが、ヒロセ通商では営業日ごとの算出方法である点です。ただ、営業日といっても、日足の高値と安値の値幅ではなく、上の囲いの中に書いてあるように、日足を形成する中の値動きです。1分足4本値で算出していることにご注目下さい。

3.リクイディティ(流動性)とセットで考える

ボラティリティを知ると、リクイディティというワードも聞くようになります。

リクイディティとは、「流動性」のことで、売買したい時に、すぐに実行できるかどうかの性質です。ボラティリティとも関連性があるので、しっかり押さえておきましょう。

まず、リクイディティが「高い」か「低い」で、次のように言うことができます。

  • リクイディティが高い:取引参加者が多く、取引量がある状態
  • リクイディティが低い:取引参加者が少なく、取引量がない状態

価格は、買いたい人と売りたい人がいるから決まりますね。そして、自分が売りたい時に買い手がいないと、売ることはできません。わかりやすいように、不動産で考えてみましょう。

例えば、人が誰も住まない、人里離れた土地を売ろうとしても、売り手はなかなか現れないでしょう。売りたい時に売れない状態が、流動性が低いと言います。一度買ったら、なかなか売れない状態ということです。

不動産は極端な例ですが、FXも同じです。為替では、1秒間に何回もレート更新していますね。売買が成立しているから、レート更新しています。つまり、為替市場は、常に市場参加者がいる状態にあります。

そして、一時的に、参加者が少なくなる時があります。このような時は普段と違う値動きをするので、注意が必要です。

参加者が少ないと、売りたいレートのところに買い手がいないことになります。買い手がいないと、どんどん価格は下落していきますね。そうすると、投げ売り(いくらでもいいから売ってしまうこと)が出て急落することがあります。

また、参加者が少ないと、いつもよりも少ない取引量で相場を牽引できるため、機関投資家が意図的にトレンドを形成したり、急騰させることもできます。

このように、リクイディティが低いと、結果としてボラティリティが高い相場になりやすいです逆に、リクイディティ高くても、ボラティリティは低い相場もあります。そのため、リクイディティ(変動率)とボラティリティ(流動性)は、単体ではなく、セットで考えることが重要です。

特に、数pipsを狙って売買するスキャルピングの場合、ボラティリティとリクイディティは、値動きが変わるため、損益に影響を与えます(詳細は、後述します)。

さて、次からは、トレードにつながる実践的な内容になってきますので、がんばっていきましょう。

4.ボラティリティの判断方法

ボラティリティの高低を認識する上で一番重要なことは、リアルタイムの相場で理解することです。つまり、「現在の相場はボラティリティが高いのかどうか」ということです。トレードする前にこれを把握することで、より適切な売買の判断ができるようになります。

経験が浅い方でもすぐにできるおすすめの見分け方は、

  • トレンド相場
  • レンジ相場

の見極めをすることです。往々にして、トレンド相場だとボラティリティは高くレンジ相場だとボラティリティは低いです。トレンドとレンジの性質として、このように覚えておけば問題ないでしょう。

下のチャートは、ポンドドルの30分足チャートです。

レンジで推移していた相場が、Aで下へブレイクしました。ここから下降トレンドがスタートしていますね。

また、ABCDは、それまでの安値を更新してトレンドを強めているポイントです。このような箇所では、ボラティリティが非常に高くなります。チャートで見ても、陰線が連続したり、他の箇所と比べてローソク足が長くなっていることがわかります。

ABCDのようなポイントでは、短い時間足(特に1分足)を見ていると、ボラティリティが非常に高くなることが認識できるようになります。スキャルピングをする場合、ボラティリティが高まるポイントの見極めができるようになることが利益を出すカギになります(詳細は、7章で解説します)。

5.ボラティリティが高くなる3つの時間帯

しかし、ボラティリティが高まるまでずっとチャートを見て待つのは大変ですよね。でも、心配ありません。ボラティリティが高まる時間帯は、おおよそ決まっています。

為替市場は、株式市場と異なり、「東京証券取引所」のような取引所が存在しません。月曜日から金曜日まで24時間取引ができますが、1日のうち、売買が活発になる時間帯は次の3つです。

  • アジア:日本時間9時~12時
  • ロンドン:日本時間15時~18時
  • ニューヨーク:日本時間21~25時

この時間帯は、その地域の機関投資家が出社して取引を開始する時間にあたるので、為替市場はもちろんのこと、株式式市場や債券、商品など金融マーケット全体が活発になります。売買が活発になると、必然的にボラティリティが高くなり、トレンドが発生するようになります

下のチャートは、1日を3つの時間帯に分けたものです。

Aの白い大きな四角が、ある1日の7:00から翌7:00です。左から、アジア、ロンドン、ニューヨークの3つの時間帯です。この日は、ロンドンタイムの午前にあたる時間帯で、上昇トレンドが発生したことが分かります。

FXの特徴は、3つの市場の午前はボラティリティが高くなり、その3つのうち、どこかでトレンドが発生することです。これを知っておくだけでも、戦略が立てやすくなるので、必ず押さえておきましょう(参考:『FXの取引時間別の特徴とトレード戦略の立て方』)。

6.トレードで意識すべき2つのポイント

ボラティリティが高くなる時間帯が分かっても、今日がどうなるのか、その見極めが必要ですね。

毎日、全ての通貨ペアのボラティリティが高まるわけではりません。その時期により、ボラティリティが高まる通貨ペアや動き方は、全く異なります。そのため、準備をしていないと、たとえボラティリティが高くなっても、どのようにトレードしていいのか分からないです。

大事なことは、未来の相場でボラティリティが高くなった時に、どのようにトレードするかです。そのためには、前日までの相場を分析し、次の2つのことまで考えておくことです。

  1. ボラティリティが高い通貨ペアは何か
  2. 充分なリクイディティはあるか

順番に見ていきましょう。

6.1.ボラティリティが高い通貨ペア

先ほど、JFXのボラティリティ表で見たように、ポンドクロスユーロクロスは、元々ボラティリティが高い通貨ペアです。

昔は、ポンド円がハイボラティリティの代表でしたが、2008年のリーマンショックで大暴落し、250円まで到達した価格が半分以下になりました。それ以降は、低い価格のまま推移しているので、以前ほどのボラティリティはありません。それでも、ドル円よりボラティリティが高いことは確かです。

このように、ボラティリティは、月単位、週単位、日単位で変化しています

昨日までドル円が乱高下していても、ファンダメンタルのイベントが終われば、注目度が落ちて翌日からピタッと値動きが膠着することもよくあります。そのため、ボラティリティが高い通貨ペアは、時期によって変化しているとお考え下さい。

例を挙げます。下のチャートは、2016年11月のアメリカ大統領選挙の時のドル円の日足です。

Aの四角がちょうとその時で、マーケットにとって大きなイベントで、強烈な上昇トレンドが発生しました。驚くことに、1か月で1,500pips以上も値上がりしました。ボラティリティが非常に高く、スキャルピングしやすかったことを鮮明に覚えています。

しかし、イベントが終わると、注目は他の通貨ペアに移り、長いレンジ相場に移行しています。Aの頃のようなボラティリティはなく、同じ通貨ペアとは思えないほど、値動きが変化してしまったことがわかります。

このような変化は、他の通貨ペアでも起こります。時期により、注目される通貨ペアと蚊帳の外になる通貨ペアがコロコロと入れ替わり、ボラティリティも大きく変化しています。その変化についていけないと、同じやり方でトレードしても通用しなってしまいます。

そうならないよう、現在注目されている通貨ペアを探し、日々のボラティリティの変化に注目し、さらに3つの市場(アジア・ロンドン・ニューヨーク)に分けて、その日の値動きを注視することがポイントです

6.2.充分なリクイディティはあるか

ボラティリティが高くても、トレードで勝てるとは限りません。上述した、リクイディティ(流動性)も考慮する必要があります。特に、スキャルピングをやる場合、リクイディティの有無で、値動きが大幅に変わります

まず、リクイディティが高い状態は、あまり意識しなくていいでしょう。なぜなら、これが普通の状態だからです。ボラティリティが高い時間帯は売買が活発になるので、売りたい時に売れて、リクイディティは充分です。

気を付けなければいけないのは、リクイディティが低くなる時間帯で、機関投資家が相場から離れる時です。1日の中でいうと、日本時間の早朝5:00~7:00前後です。

この時間は、日本の機関投資家は出勤途中ですね。欧米では夕方から夜間にあたり、世界のどのマーケットでも参加者が少なくなり、リクイディティが低くなり、値動きが不自然になります。

不自然とは、ちょっと大きな注文を入れただけで一方向へ大きく動いてしまうような状態のことです。大きな注文を受け止めるだけの反対売買も少ないため、急騰や急落が起きやすくなります。

また、注文自体が無いので、レート変動が無くなります。そうなると、ローソク足が変な形になります。これは、下のドル円の1分足チャートを見るとよく分かります。四角い箇所にご注目下さい。

ご覧のように、1分間で1pipsも動いていない(ローソク足の形がない)ものがあれば、上ヒゲと下ヒゲが極端に長いローソク足もありますね。前後のローソク足と比べると、不自然なことが分かります。

このような時は、1分単位でトレードするスキャルピングは影響を受けます。期待値が高いトレード戦略を持っていたとしても、リクイディティが低い時に通用しなくなる可能性があります(期待値の参照記事:『ランダムウォーク理論|トレードで勝てる人の確率と期待値の考え方』)。

そのため、あなたのトレードルールが、ボラティリティとリクイディティを考慮したものか、見直してみて下さいね。ボラティリティが高い相場では通用しても、リクイディティが低い相場では通用しないとなると、勝てない時期がいずれ訪れます。

これは1日の中における1分足の例ですが、数か月に渡ってどの通貨ペアもボラティリティもリクイディティも低い時期があったりします。特に、スキャルピングなどの短期売買は常にこの2つを考慮する必要があります。値動きが変わって勝てなくなった、というのでは後の祭りです。

では、この章の最後に、上記2つの観点から、ボラティリティが高い通貨ペアと低い通貨ペアにはどんなものがあるのかを具体的に表で確認してみましょう。

  ボラティリティ リクイディティ 通貨ペア例
メジャー通貨 ドル円、ユーロドル、ポンドドル、豪ドル米ドル、
ユーロ円、ポンド円、豪ドル円など
マイナー通貨 ハンリーフォリント円(HUF/JPY)
ノルウェークローネ円(NOK/JPY)
ポーランドズロチ円(PLN/JPY)
トルコリラ円(TRY/JPY)など

メジャー通貨ペアは、リクイディティが低い時間帯や時期がありますが、ボラティリティもリクイディティも基本的には高いと覚えておいて問題ないでしょう。

一方、マイナー通貨ペアは、聞いたことないような通貨ペアですね。トルコリラ円(TRY/JPY)は、スワップポイントが高い通貨ペアとして馴染み深いかもしれません。

しかし、そもそもリクイディティが低いので、スキャルピングを含む短期売買には不向きです。できないことはないかもしれませんが、自然な値動きをするメジャー通貨ペアを差し置いて、あえてスキャルピングでマイナー通貨ペアを選択する理由はありません。

7.トレードスタイルによるボラティリティの判断方法

この章では、私のトレードスタイルごとの戦略と、どこに着眼しているかをお伝えします。もちろん、これはほんの一例で、利益を上げる方法は無数にあります。参考にしていただければと思います。

まず、FXのトレードスタイルには大きく分けて3つあるので、ポイントをつかみましょう。

スキャルピング
エントリーからイグジットまで、数秒から数十秒で完結させる超短期売買。損益変動のリスクが非常に少なく、数pipsという薄利を何度も取ることでコツコツ利益を上げる。トレード回数が莫大で、毎日集中して数時間トレードできる環境が必要。

デイトレード
数十分から数時間のあいだ、ポジションを保有するスタイル。1回のトレードで利幅が稼げるので、正しいポジションが持つことで効率よく利益を上げることが可能。

スイングトレード
一度ポジションを持ったら、数日から数週間は保有するスタイル。戦略を立ててポジションを取るまでにある程度の時間を要するが、エントリー後は相場に張り付く必要がなく、時間が取れない人でも可能なスタイル。

短期トレード中長期かによって、ボラティリティリクイディティで考慮するポイントは異なります。次から具体的に説明していきますが、まだトレードスタイルが決まっていない方や、勝つための手順が知りたい方は、「FXのやり方|初心者が最初に身につけるべき9のコト」を読んでから読み進めると、理解しやすくなるはずです。

7.1.スキャルピングはエンベロープ

トレードにおいて、相場の流れに逆らってエントリーする逆張りは危険だと言われます。しかし、スキャルピングに関していえば、順張りも逆張りも有効です。保有時間が数秒から数分なので、どちらのやり方でも優位性はあるでしょう。

ポジション保有時間が長くなる、15分足以上の上位足で逆張りすると、リスクリワード比率(損益率)が悪くなるので、長期的に見て期待値は低くなります(リスクリワード比率の参考記事:『バルサラの破産確率でトレード技術を飛躍的にアップさせる方法』)。

ただ、逆張りだから危険というわけではありません。リスクリワードが悪くなるから良くない、というだけです。

スキャルピングは、ボラティリティが高くなると、とても優位性のあるトレードができます。なぜなら、1分足を形成する過程で、上にいったり下にいったりと、乱高下するからです。

では、私がスキャルピングでボラティリティを何で測っているかというと、エンベロープです。エンベロープは、トレードルールにも活用でき、ボラティリティを測るにも最適です。

下のチャートをご覧下さい。

まず、移動平均線を表示させ、その後にエンベロープを6本表示します。そうすると、①②③④⑤の5つの空間ができます。ボラティリティが高くなると、ローソク足が移動平均線から乖離してこの5つの空間のどれかに到達します。

ボラティリティが急激に高まった時は、⑤へ到達します。通常の短期トレンドだと、①で反転する、というイメージです。このように、私は、エンベロープを使って、ボラティリティの高さを5段階で判断しています

エントリーポイントなどの具体的なトレードルールは、『エンベロープのFXでの実践的な使い方』で書いていますので、参考にして下さい。また、スキャルピングのルール作り方は、『FXのスキャルピングのコツ|勝つために初心者が最初にやるべき2つのこと』お読みいただければと思います。ボラティリティについても書いています。

7.2.デイトレードとスイングトレードは移動平均線

私のデイトレード手法は、日足、4時間足、1時間足などの上位足で大局を把握し、15分足でエントリータイミングを測るというものです。

次のチャートは、「4.ボラティリティの判断方法」でも使ったポンドドルの30分足です。3本の移動平均線にご注目下さい。移動平均線は、ローソク足の集合体ともいえるインジケータ(テクニカル指標)で、ボラティリティを図るのに極めて有効です

トレンドには、短期、中期、長期の3種類があるので、移動平均線もこれに合わせて、次のように3本引きます。

  • 黄色:25EMA(短期)
  • 水色:75EMA(中期)
  • 赤色:200EMA(長期)

チャートの左側に注目すると、レンジ相場の時、3本の移動平均線が収束していますね。ローソク足が移動平均線を上下し、方向感がありません。ローソク足と移動平均線の位置関係を見るだけでも、ボラティリティの高低は分かります。特に、200EMAが水平の時は、レンジ相場になります

チャートの右側のトレンド相場では、移動平均線が、上から200EMA75EMA25EMAと規則的に傾いています。トレンドが発生すると、このように、短期・中期・長期の3本の移動平均線のすべての傾きが同じ方向へ一致した「パーフェクトオーダー」という状態になります(参考:『トレンドを把握するためのパーフェクトオーダーの見方と使い方』)

パーフェクトオーダーなら、レンジ相場よりもボラティリティは高くなる傾向にあります。さらに、3市場(アジア・ロンドン・ニューヨーク)の午前にあたる時間帯は、よりボラティリティが高くなります。もし、トレンドが発生していれば、心の準備をしてトレードに臨むことができます。

次のチャートは、ポンド円の15分足で、4日分の期間です。

これも、3本の移動平均線にご注目下さい。1日目で、パーフェクトオーダーになっていますね。これで、ボラティリティの心配はせず、下降トレンドの目線でいられます。戻り売り(下落トレンドの一時的な上昇で売ること)のスタンスを持つことができます。

次に、Aにご注目下さい。戻り高値を上にブレイクすることができず、そのまま下降トレンドに戻ってしまいました。

エントリーするとしたら、天井で売ると考えずに、下げ始めた(天井で反落した)ことを確認したタイミングのほうがいいでしょう。天井でショートできなくても、リスクリワードを意識して、損切り幅より利食い幅のほうが大くできれば、トレードでは勝つことができます。

その際、時間帯も考慮します。売買が活発になる時間帯に上に抜けられないと、上値は重いと判断して、下がる可能性が高いのではないかと判断します

BとCも、同じ環境です。

このように、トレンドフォローでは、トレンド発生を見つけることができれば、同じ戦略で何度も勝つことができます。同じ戦略なので、難しいことは何一つありません。間違っていれば戦略を立て直し、正しければそれを繰り返すだけです。そうすれば、トレンドが続く限り、勝ち続けられます。

8.ボラティリティを測るその他のインジケータ

最後に、ボラティリティを測る、チャートに表示させるインジケータ(テクニカル指標)をご紹介します。使い方によっては、効率良くチャート分析ができ、売買戦略が立てられます。

先ほどもお伝えしたように、私は、ボラティリティを測るために、

  • スキャルピング:エンベロープ
  • デイトレード:移動平均線

を使っています。ボラティリティは、レンジとトレンドを見極めるために必要です。その原点として、ローソク足の集合体といえる移動平均線を重要視しています。エンベロープも、移動平均線が派生したものです。

8.1.ADX、ATR、ボリンジャーバンド

トレードで勝てれば何を使ってもいいのですが、最初は、視覚的に分かりやすいインジケータを使うといいでしょう。エンベロープと移動平均線以外では、例えば、次の3つのようなものです。

ちなみに、FX専用のMT4チャートでは、次の場所に標準装備されているインジケータです(MT4の参考記事:『FXチャートのおすすめ|MT4でテクニカル分析を最大限に活かす方法』)。

ADXとATRは、簡単にいうと、変動率を求めてトレンドの強さをはかるものです。それが、ボラティリティの有無を測ることになります。

下のチャートは、先ほどと同じ局面のポンド円の15分足に、ADXとATRを表示したものです。ローソク足の下部に、ADXとATRがあります。

真ん中の黄色いAとBにご注目下さい。ここは、安値を更新して下降トレンド回帰しているポイントでしたね。チャートの下を見ると、ADXとATRのどちらも上昇しています。

インジケータが上昇している時はボラティリティが高くインジケータが下降している時はボラティリティが低い時です。つまり、ADXとATRの2つが同時に上昇しているということは、ボラティリティが非常に高い時といえます。このようなボラティリティが高い時は、トレンドが発生する可能性も高くなります

ここで注意していただきたいのが、インジケータは価格の上げ下げは反映していないということです。例えば、ADXやATRが上昇しているからといって、上昇トレンドではありません。ADXやATRが上昇している時は、ボラティリティが高いというだけで、上昇トレンドか下降トレンドのどちらでも当てはまります。

なお、チャートの左側は、ADXとATRがバラバラの向きですね。ADXは下降、ATRは上昇です。詳細は割愛しますが、これは、計算方法の違いによるものです。このような現象は、経済指標などの突発的な乱高下で何度も上下動している時によく現れ、これだけでは方向性が分かりません

そのため、1つのインジケータだけで判断するのではなく、ADXとATRを組みわせることをおすすめします。複数のインジケータが同じ方向性を示すと、それは根拠が強いことになりますこのチャートでは、AとBのポイントが、強い根拠ということになります。

次に、ボリンジャーバンドについて解説します。先ほどのポンド円の15分足に、ボリンジャーバンドを表示させたものが次のチャートです。

同じチャートですが、視覚的な印象はだいぶ変わりましたね。AとBは、先ほどのADXとATRと同じポイントです。ちなみに、ADXとATRはチャートの下に表示しましたが、ボリンジャーバンドは、ローソク足と一緒に表示するタイプのインジケータです。

ボラティリティが高く、トレンドが発生している箇所では、バンドが拡大していることがわかると思います。このように、ボリンジャーバンドでは、バンドの拡大と縮小で、ボラティリティの有無を測ります(参考:『億トレーダーが教える!ボリンジャーバンドのFXでの実践的な使い方

8.2.平均足

最後に、平均足を紹介します。平均足は、トレンドフォローという観点で、非常に見やすいインジケータです。

JFXのボラティリティ表で1位の、ポンドクロスのポンドオージー(GBP/AUD)の4時間の平均足チャートをご覧下さい。

このようなボラティリティが高い通貨ペアは、トレンドが出たらぐんぐん進むので、平均足を表示すると非常に分かりやすいのが特徴です。

Aで、三角持ち合いを下抜けていますね。それから下降トレンドが発生しているのがわかります。陰線が連続しており、陽線が出るまでショート戦略を繰り返せば、かなりの利幅が稼げたのではないでしょうか。Bの四角の箇所で、300pipsもありました。

4時間足だと、ちょっとした戻りでは陽線にならないため、戦略も二転三転することなく、難しさを感じないでしょう。Bでは、20本以上の陰線が出ているので、約3日の下降トレンドです。ブレイクした後にボラティリティが高くなり、陰線や陽線が続けば、それは強いトレンドになります。

なお、4時間足より短いローソク足だと、陽線と陰線の切り替わりが早くなるので、ダマシも増えます。これを防ぐ方法として、平均足では大局をつかみやすい4時間足を使うことをおすすめします(参考:『平均足の正しい知識と相場にストレートに乗って大きな利益を得るコツ』『スイングトレードで初心者が勝てるようになるまでの具体的手法』)。

まとめ

ボラティリティは、目で見て判断するものではなく、値動きを体感して初めてわかるものです。まずは、トレードを実践することからスタートして下さい。

相場によってボラティリティが変わることを理解し始めた時、あなたのトレードルールも決まってくるでしょう。それは、勝てることを意味します。

利益を最大化するために
ぶせな氏をはじめとした億トレーダーが
使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい4社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の10社から選ぶ場合は、『【2018年下期】FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き』をご活用ください。

無料動画:FXのスキャルピングで平均利回り163%を達成し、毎月150万の利益を得ている具体的手法

busenaこの無料動画では、当サイト、投資の教科書でFXの記事を執筆しているぶせな氏自身が、FXのトレード手法を、動画で直接解説しています。


ぶせな氏は、FXを本格的にスタートしてから、8年間負けなし(年ベース)で平均163%の年間利回りを記録しており、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいる超一流のFXトレーダーです。


この無料動画を見ていただくと、以下のようなことが分かります。


・ぶせな氏が8年負けなしで年間平均利回り163%を記録しているスキャルピング手法
・ローソク足と移動平均線を使ったシンプルなチャートの見方
・トレンドライン、サポートラインなどで勝率と利益率を上げる具体的な方法
・為替相場の波やチャートパターンで大きな利益を上げる具体的な方法


文字だけではなかなか伝わらない、細かいニュアンスや考え方、実際のトレードなどに触れていただくために無料の動画セミナー形式でご用意させていただきました。この一流トレーダーの本物のトレードノウハウが、あなたのお役に立つことをお約束します。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

インタビュー

TOPに戻る