FXの勉強法|初心者がつまづかないための3つの方法

FXを勉強しようとしても、方法が分からない方は多いのではないでしょうか?

FXに限らず、投資の世界には、これをやれば勝てるという正解がありません。そのため、ルール無しでいきなりトレードを始めると、損をする確率が高いです。

また、なかなか勝てないとモチベーションが下がり、そのままFXを諦めてしまうことにもなりかねません。

そうならないために、FXを始める前に勉強方法を知っておくといいでしょう。勉強方法といっても、難しく考えないで下さい。FXの勉強には、コツがあります。

この記事では、FXで10年間で1億6千万以上稼いでいる私が、皆さまがFXでスタートダッシュが切れるような最適な勉強方法を、3つのポイントに絞ってお伝えします。

いいスタートが切れれば、トレードが楽しくなって良い波に乗ることができます。FXの勉強は、最初が重要です。ぜひ、最後までお読み下さい。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

1.アウトプットの方法はトレードすることに尽きる

勉強にはインプットとアウトプットがありますが、最初にアウトプットの方法をお伝えします。

アウトプットの方法はたった1つで、「トレードすること」に尽きます。

私がこの記事で勉強方法についてどんなに解説をしても、皆さまがトレードを実践しなければ上手くなりません。

トレードを体得できる場所は、現場、つまりマーケットしかありません。逆に、これから毎日トレードして得た知識をアウトプットできれば、勝てるようになります。毎日実際にトレードをして体で覚える、これが最大のアウトプット法です。

ただし、インプットした知識があってこそ、初めてアウトプットが可能になります。インプットした知識があれば、リアルタイムで動いているチャートを見て、ここでエントリーしていれば勝てていた、反落したのはこのテクニカルによるものだろうか、などと検証ができます。

このように、インプットした知識があると気付きが増え、色々考えられるようになります。

もし知識がなければ、価格がなぜこういう値動きをしたのか意味が分からず、理解に苦しみます。これでは、何回トレードしても気付きを得られません。なぜなら、ただチャートを見ているだけになり、そこに思考がないからです。

勉強をして知識を身に付けたら、最初は実トレードでなくても構わないでので、過去のチャートを使って、後付けで相場の説明ができるようになることを目指して下さい。これができるようになると、

  • これは上昇するパターンだ
  • 今度は一度反落するパターンだ

などと、値動きを予測できるようになります。むしろ、実トレードで最初から勝てると期待しない方がいいです。最初は負けると思ったほうが気楽で良いでしょう。なお、FXをやったことがないなら、本番とほぼ同じ環境でトレードできるデモトレードをおすすめします。

デモトレードは意味がない、と思う方もいるかもしれません。しかし、次の6つの項目について、自信を持って経験済みと言えなければ、リアルトレードをやっても勝てる見込みは低いです。

  1. 全ての注文方法を試すこと
  2. 通貨ペアごとのクセを知ること
  3. 為替の値動きの時間感覚を身に付けること
  4. 実際に利益や損失を得る感覚や精神への影響を体験すること
  5. 大勝ちと大負けを経験して適切な資金管理方法を見つけること
  6. スキャルピング・デイトレード・スイングトレードの3つの手法を試す

いかがですか?この6つの最終目的は、勝てるルールを作ることです。

まだ自分なりのルールが無いなら、まずはデモトレードから始めましょう。もしくは、実トレードで1,000通貨などの最小のロットで試しても良いでしょう。

どんなに負けても痛くない資金だからこそ、大胆なトレードを試すことができます。デモトレードで、今しかできないことを、最初にしっかり経験しておきましょう。

それでも、実トレードかデモトレードかで迷っているなら、今すぐデモトレードか最小ロット数でリアルトレードをスタートして下さい。その際は、利益を出すことではなく、上の6つの感覚をつかむことに集中して下さいね。 

ポイント!

トレードすることが最大のアウトプットになります。トレードする時間を作りましょう。

2.インプットを可能にする環境の作り方

FXの知識をインプットするためには、受け入れる側の態勢が整っているかどうかが重要です。あなたが学ぼうとする態勢が整っていれば、早いスピードで知識を吸収できます。この章では、いかに効率良くインプットするかをお伝えします。

2.1.勉強したいと思える環境を最初に作る

これからFXの勉強をしていく上で、学びにくい環境にいても効果は上がりません。トレードに直結するような知識を早く知りたいと思うかもしれませんが、勉強したいと思える環境を先に作ることのほうが大切です。

これは、仕事でも同じことが言えます。例えば、壊れそうな雑居ビルで机も椅子も汚い環境で仕事をするよりも、デザイン性があるオシャレなタワーオフィスで仕事をしたほうが効率が上がることは想像できますよね。

FXの勉強のモチベーションが上がる環境作りのコツを、3つお伝えします。

2.1.1.初期投資をケチらない

FXトレードに必要な道具は、まずパソコンです。よく「モニターは何枚必要ですか?」と聞かれることがありますが、トレード手法や売買する通貨ペアによって必要な数も異なってくるため、一概に何枚あれば良いとは言えません。

ただ、1つ言えることは、チャートや取引画面などを立ち上げて、画面内が窮屈になっていたら問題です。もし画面内がゴチャゴチャしていたら、作業する度に画面を切り替えることが面倒になって、チャート分析がおろそかになる恐れがあります。

私は、初心者の頃でも6枚のモニターを使っていましたが、正直、実力に見合うとは思っていませんでした。しかし、「これで負けるわけにはいかない!」とモチベーションを上げるきっかけにもなりました。

勝てるようになってからモニターを増やすという考え方もありますが、道具は最初からいいものを使うことをおすすめします。いずれ買うなら、今すぐ買ってしまいましょう。

どの道のプロでも、最高の道具で最高のパフォーマンスを上げています。これと同じように、これからFXで稼ぐことを目指すのであれば、きちんと初期投資をしましょう。

2.1.2.インプットの勉強期間を長めに見積もる

どれくらい勉強したらいくら稼げるようになるのか、誰もが知りたいと思います。その際、ほとんどの方は、例えば、3か月勉強すれば月10万くらいは勝てるだろうと短く見積もります。そして、これには、早く勝ちたいという願望が入っていることが多いです。

目標を高く持つことはいいのですが、残念ながら、この願望が実現することはほとんどなく、3か月経過して成果が出ないと、自分で反省せずに環境や相場のせいにする傾向があります。

このような余裕がない心理状態になると謙虚さがなくなり、何をやっても勝てません。なぜなら、そもそもインプットする態勢が崩れてしまっているからです。あなたが勉強期間を決める際は、願望よりもう少し長めに設定することをおすすめします。

1日でも早くトレードで勝てる手応えをつかみたい気持ちは分かりますが、空回りしないことのほうが大事です。

同じ期間勉強しているのに、まだ勝てないと思うのか、それとも、もっと勉強したいと思うのか、どちらが長続きするかはお分かりですね。

一生FXをやっていくつもりで、腹を決めて取り組みましょう。そうすれば、最初の数か月は、これからの長いFX人生にとって、短い勉強期間に過ぎないと思うようになるでしょう。

今勝っているトレーダーでさえ、最初の数年は勉強期間です。この期間に、インプットとアウトプットを繰り返して、勝てるFXのやり方を身に付けて下さい。

もし、数か月で1,000万円勝ちたいとか、1年以内にすぐに会社を辞めて専業になりたいという方には、FX自体をおすすめしません。なぜなら、あなたの人生を狂わすことになるからです。

数か月で勝てるコツをつかむことはできたとしても、損益の浮き沈みを乗り越えて、継続して利益を上げ続ける実績を作るためには、年単位の時間が必要です。

これからFXを30年続けるとしたら、最初の1年や2年は長く感じるかもしれませんが、30年でみると、決して長くは感じないはずです。

私は、トレードを始めた最初の4、5年は全く勝てませんでした。しかし、一生FXを続けるつもりで真剣に取り組んでいたので、挫折せずに今でも継続できているのだと思っています。

2.1.3.真剣に学ぼうとする心構えを持つ

FXは少額資金から始められる敷居が低い取引のためか、気軽な気持ちで、勉強しないで売買を始めてしまう方も多いです。そもそも、勉強しようという気持ちがなければ長続きしませんし、インプットもできません。

スタート時点は同じでも、しっかり勉強しようとする心構えがあるかないかで、雲泥の差がついてしまいます。言い換えると、スタート時点であなたに真剣に学ぼうという心構えがあれば、早いペースで上達していくでしょう。

ここで、あなたの意識を高めるために、「心構え」に関して私が執筆した3つの記事とその要点をお伝えします。文量は多いかもしれませんが、FXを勉強する前にこれをお読みいただければ、インプットする態勢を整えることができます。

FXのやり方|初心者が最初に身につけるべき9のコト

  1. FXの実態を理解し強烈な目的意識を持つ
  2. 継続可能なトレードスタイルを確立する
  3. 相場が変動する要因を知る
  4. 基本的な技術を身につける
  5. FX口座の選び方を知る
  6. 勝てる通貨ペアの選び方を知る
  7. 資金はいくら用意すればいい?トレード資金の考え方
  8. 適切な順番で学ぶ
  9. 最もやってはいけないことを知る

FXの適切な勝ち方を身につけるための七か条

  1. 取引の仕組みを完全に理解すること
  2. 勝っている人のやり方を模倣するのが一番
  3. 勝ち方ばかり知りたがるなら負ける
  4. テクニカル的な知識は丁寧に覚える
  5. 「ながらトレード」であっという間にスキルアップ
  6. 勝率よりも重要なものは損益率 
  7. 不安や疑問は焦らずに一つずつ解消していくこと

FXで勝てない人に億トレーダーが贈る5つのアドバイス

  1. 一回一回のトレードに根拠を持とう
  2. インプットとアウトプットのサイクルを回そう
  3. 正しい知識を身につけて自信を作っていこう
  4. 短期的に勝とうとしない
  5. 改めてFXで何を実現したいのか見つめ直そう

2.2.エントリーから決済の手順を常にイメージして勉強する

あなたが勉強する目的は、勝てるトレードルールを作ることです。

投資で利益を得るためには、エントリーをしてポジションを持ち、イグジットして利益を確定する手順が必要です。トレードルールを作るためには、この手順をイメージしながら勉強してきましょう。具体的には、売買する通貨ペアを決めたら、次の順番にオーダーを実行します。

  1. エントリーポイントを決める
  2. 利食い幅を設定する
  3. 損切り幅を設定する

この3つが決まって、初めてエントリーができます。書籍やウェブサイトなどで知識をインプットしている時は、学んでいる内容が上の3つのどれに活かせそうかを常に考えて下さい。その際は、メモを取ることをおすすめします。そうすれば、効率良く勉強できます。

この3つのオーダーの順番は、どのトレードスタイルにも共通で、トレードの基本です。さらに、先ほどの3つを細分化すると、次の9つのオーダー順番になります。

  1. 過去チャートを分析する
  2. 未来のチャートを予測する
  3. 戦略を立てる
  4. エントリーポイントを決める
  5. 注文方法を決める
  6. 利食い幅を決める
  7. 損切り幅を決める
  8. ポジション量を決める
  9. リスクとリターンの割合を計算する

FXに関わる内容であれば、最終的にはこの9つのオーダー順番を決めるという意識があると、考えながら学ぶことできます。例えば、

  • 「このやり方だと仕事から帰ってきた後でも再現できそう」
  • 「移動平均線を使うと戦略が立てやすそう」
  • 「自分の場合ならここで損切りするのが現実的なやり方」

という具合に、知識をインプットすると同時に、目的に応じて情報を瞬時に振り分けることができれば、あなたに合ったトレードルールが早く構築できます。

何も考えずにただインプットしても、無駄に詰め込むだけです。つまり、考えてインプットができれば、最短でトレードのスキルアップ、つまりアウトプットができます。

ちなみに、トレードルールを作るためには、テクニカル分析や状況に応じた判断が必要です。前提となるテクニカルの知識で必要なことは、『FX初心者が本気で稼ぐために絶対知るべき45の知識と手法』の記事に全て書いていますので、参考にして下さい。

ポイント!

トレードしたくなる環境を作り、心構えをしっかり持ち、オーダーの手順をイメージしながら学んでいきましょう。

3.情報を取捨選択してアウトプットする

一番の勉強法は、インプットとアウトプットをバランスよく繰り返すことです。ツイッターなどのSNSが発達している現在は、情報が多過ぎます。そのため、アウトプットしていく中で、情報を取捨選択する必要があります。

SNSには、このテクニカルがおすすめ、このツールだけで稼げるという感じの真偽が分からない情報が溢れています。また、「ドル円を買った」「ユーロドルを売っている」などと、自分が保有しているポジションをわざわざ公表するトレーダーも多数います。

このような情報にいちいち惑わされていたら、自分で考える習慣が付きません。あなたが自分に本当に必要な情報かどうかをよく考えた上で、情報の取捨選択をするようにして下さい。

最終的には、インプットした情報や知識を捨てる勇気も必要です。

稼いでいるトレーダーの数だけ勝ち方は存在するので、全てを試すのは不可能だと割り切りましょう。あなたが自信をもって毎日実践できるルールの土台は、せいぜい数個です。取捨選択して最後に残った情報こそが、あなたに本当に必要なものです。

ポイント!

投資は自己責任です。情報を取捨選択し、自分で判断するようにしましょう。決して、周りに惑わされないようにして下さい。

まとめ

FXは、勉強のやり方を間違えずに、バランス良くインプットとアウトプットを繰り返せば、数か月後には成果が出てきます。そして、FXを一生続けるつもりで本気で取り組めば、徐々に手応えを感じて、数年後にはFXを勉強してよかったと思えるでしょう。

その時が来れば、私のような専業トレーダーになることも可能です。皆さまもぜひ、FXで稼いで楽しい人生を実現して下さい。そのために、まずはFXについて勉強して下さい。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る