IPOの循環物色に注目して利益を得る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資には「循環物色」という言葉があります。

「循環」はひと回りして元にかえるという意味があり、「物色」は多くのものの中から条件に合うものを探すという意味があります。

株式投資における循環物色は、状況によって投資対象となる業者や銘柄を次々と変えながら投資をしていくことです。これはIPOにも応用することができて、非常に効果的なものです。

そこで、今回は、IPOが循環して物色されていく「循環物色」についてお伝えします。この投資手法を知っておくと、上場した後のIPOで利益を得ることができます。

1.IPOにおける循環物色の利点

IPOが上場する時は事前に人気がある企業であれば、買い注文が殺到して、公募価格より高い初値をつける場合があります。また、それほど人気化しない場合は、あっさりと初値が形成されます。

IPOが月に一社や二社しかない場合は注目度が増しますが、月に数社も上場する場合は投資家の関心が分散されますので、セカンダリーの収益機会が増加します。このポイントを狙う方法が、今回お伝えする「循環物色」というセカンダリー投資です。

2.IPO投資の循環物色とは?

循環物色の「循環」とは、ひとまわりして元にかえり、それを繰り返すこと。という意味があります。また、「物色」とは、多くのものの中から適当なものを得ようとして、捜すこと。という意味があります。

株式投資における「循環物色」とは、投資対象として着目される業種や銘柄が次々と変わっていくような状況のことをいいます。IPO投資の場合は上場する銘柄が予め決まっていますので、IPOセカンダリーの循環物色は上場するIPOを次々に注目して売買していく投資手法のことをいいます。

循環物色されるIPOにはいくつかパターンがありますので、お伝えします。

A. 上場時の初値が低評価だったケース

上場前から人気がなかった場合や上場日に複数のIPOが上場したため、初値が公募価格の水準で決まるケースがあります。この場合はIPOの上場が落ち着いたり、後から改めて評価されることで物色されます。

下記はビーグリー(3981)という銘柄の例です。

ビーグリー

同社は公募価格1,880円に対して、初値は1,881円でした。当時、IPOが集中していたこともあったので初値がすぐに決まりましたが、その後、循環物色されて2,500円まで値上がりしました。

もう一つ、事例をご紹介します。ソレイジアファーマ(4597)です。

 ソレイジアファーマ

同社は公募価格184 円に対して、初値は234円でした。同社は業績が赤字企業であったことや大株主がすぐに売却できる環境であったことから前評判は人気化しなかったのですが、上場後から低位株という点で循環物色されて、一ヶ月間で420円まで値上がりしました。

B. IPOが集中したため上場後に見直されるケース

IPOは一日に数社上場、数日間に数社上場と短期間に集中する場合があります。この場合、本来単独での上場であれば人気化するIPOも、同じ日に上場する企業があると資金が分散してしまい、上場時に適正な評価がされないケースがあります。

しかし、上場時は資金が分散されても、市場が落ち着いてくれば再評価されます。

下記はツナグソリューションズ(6551)です。

 ツナグソリューションズ

同社は公募価格2,130円に対して、初値は4,550円でした。当時、同社の他に2社のIPOがありましたので、資金が分散された可能性がありました。その後、循環物色されて一時6,400円まで値上がりしています。

もう一つ、事例をご紹介します。ロードスターキャピタル(3482)です。

 ロードスターキャピタル

同社は公募価格1,820円に対して、初値は2,501円で決まっています。同社はIPOでは人気化しづらい不動産業であることと、翌日に三社のIPOが上場することもあって、同社の初値はすぐに決まりました。翌日は三社のIPOが上場したため低調な値動きでしたが、その後は評価されて株価が値上がりしています。

C. その月のエースとなるケース

IPOには投資家の関心が高い銘柄は上場後も断続的に物色されます。このようなIPOを「エース級のIPO」といいます。エースになるIPOが上場後も中長期にわたって物色されるケースがあるので、上場する市場、上場規模(大きさ)、事業内容などを確認して見極める必要があります。

※エースになるポイント

  • 上場する市場:東証マザーズやジャスダックが望ましい
  • 上場規模:市場吸収額が30億円以下、時価総額は200億円以下
  • 事業内容:独創性や新規性があり、上場企業に同業他社がいなければ良い

事例をご紹介します。パークシャーテクノロジー(3993)です。

バークシャーテクノロジー

同社は公募価格2,400円に対して、初値は5,480円でしたが、事業内容の「機械学習技術等を利用したアルゴリズムの開発及びライセンス提供」が評価されて、上場後も断続的に値上がりし、上場から七日間で株価は10,000円を突破しました。この月は9社のIPOがありましたが、同社が値上がりすることにより、他のIPOも物色されているので、この月は同社がエース級のIPOとなりました。

もう一つ事例をご紹介します。ファイズ(9325)です。

ファイズ

同社は公募価格1,250円に対して、初値は4,010円と上場時から人気がありましたが、同社の事業内容である「EC運営企業の物流センターの管理・梱包等から配送まで一貫して業務を請け負う事業」が評価されて、上場後も株価は値上がりしていきました。

実際に私の投資手法を実践している方が同社で下記のセカンダリーを行って、633,286円の利益をあげています。

循環物色の投資成果

いかがでしょう。

今回ご紹介したA~Cパターンに注目することにより、上場後のIPOでも利益をあげることができるようになります。この循環物色はIPOがある限り有効な投資手法です。

まとめ

今回は私のIPO投資の中から「循環物色」のセカンダリーをお伝えいたしました。セカンダリーはとても優位性の高い投資が実現できますので、実践に役立てて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柳橋義昭の人気記事

無料動画セミナー:株価が数倍になる株を見つけて利益を上げる手法!!

専業投資家、ふりーパパ氏は「成長株投資」を実践し、これまで4億円もの利益を株式投資で得ています。ふりーパパ氏の手法の魅力はきわめてシンプルな銘柄選別法にあります。それは業績の上方修正をして新高値をとってきた銘柄を出来高とボックス抜けの指標でチェックして投資をするというものです。


ふりーパパ氏独自の3つのポイントで銘柄に絞り込みをかけることで
より上昇する銘柄がはっきりと見えてきます。この手法は銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。


また、これまで多くの成功者を輩出しています。
(ふりーパパ氏の手法を実践して、1億円以上稼ぐ投資家もいらっしゃいます。)


このWEBセミナーでは、ふりーパパ氏が成長株投資について
具体的にわかりやすく説明致します。



無料WEBセミナーに参加する

いつでも何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資

著者:柳橋


いつでも、何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資


長年、IPO投資で成果をあげている著者が、独自に構築した「セカンダリー投資」について、各手法を紹介しています。IPOといえば、低リスクの抽選配分での投資が主流ですが、上場後の値動きの傾向をパターン化したセカンダリーの戦略は、今後のIPO投資に大いに役立つでしょう。


詳細はこちら

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*