MT4のバックテストをEAを使って実行する方法

MT4のバックテストとは、メタトレーダー専用の自動売買ソフトを使って、過去の相場でテストをすることです。

自動売買のことをEA(Expert Advisor)といい、ソフトが正常に動くかどうか、また、どれほどの成績が期待できるかを、バックテストでチェックします。

このバックテストは、MT4オリジナルの便利な機能で、知識として知っておく価値はあります。

すぐに使いこなすのは難しいかもしれませんが、バックテストを上手く活用できれれば、将来的に、EAを使って自動的に収益を上げる仕組みを作ることも可能になります。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

友だち追加

1.バックテストとは

バックテストとは、EA(自動売買)がどのような損益を出したかを、過去の相場でチェックすることです。このバックテストで大事なことは、過去の相場で行うことです。

仮に、あなたがEAソフトを手に入れたとしても、いきなりリアル口座で稼働させるのは不安ですよね。EAのスイッチをオンにした瞬間、あなたが見ていない間に、自動でトレードしてくれるので、きちんと稼働するか、エントリーやイグジットは問題なく行うか、気になるはずです。

また、本当に利益が出るのかは、一番気になるところですよね。不具合が生じ、短時間で何十回と売買されて大損されても困ります。

そこで、過去のチャートをさかのぼって稼働させた場合に、どれ位の売買回数になるか、勝率、利幅などを細かくバックテストすることができたら、そのEAを信用していいか判断できますよね。初めてEAを使うなら、このバックテストは絶対にしたほうがいいです。

ただし、バックテストは、自動売買ソフトがなければできません。MT4に標準装備されているソフトを使わないのであれば、まずは自動売買ソフトを入手する必要があります。

この自動売買ソフトは、プログラマーや販売業者から購入することができます。サイト上で販売していることが多く、信頼できるものがあれば購入してもいいでしょう。ほとんどは、数万円で購入できます。中には、数十万で販売している場合がありますが、いきなり高額なソフトを購入するのはおすすめしません。

しかし、そもそもネット上で販売しているものなので、信頼できるか分かりません。儲からないソフトを、あたかも勝てるかのように宣伝して高額で販売するサイトもありますので、注意が必要です。

また、自動売買にしたいトレードアイデアがあれば、プログラマーに依頼してソフトを制作してもらうこともできます。その場合、プログラマーを探してコンタクトを取って発注します。複雑なアイデアでなければ、数万円で発注できます。

EAソフトを手に入れる流れは、以上となります。

2.MT4でバックテストをする準備

この章では、MT4に最初から入っているのバックテストのソフト「Moving Average」というバックテストのソフトを使って、バックテストの準備をする方法を解説します。このソフトを使えば、比較的簡単にバックテストをすることができます。

2.1.EAソフトがある場所の確認

「Moving Average」は、MT4をダウンロードしていれば必ず入っているので、次の手順で確認してみて下さい。

まず、上のメニューのナビゲーターのアイコンをクリックします。そして、インジケータ一覧の下に、「エキスパートアドバイザ」とあります。これが、EAのことです。

※クリックすると拡大します

MT4でEAの場所を確認する

EAを動かす時は、必ずここから行います。また、新しいEAソフトを格納する場合もここに追加されるので、覚えておきましょう。

さて、EAソフトの場所が分かったら、バックテストの準備をしていきましょう。

バックテストは、過去のチャートをさかのぼって実行します。そのため、過去のデータが必要になります。データというと難しく感じますが、チャートをさかのぼって見た時、ある程度の期間まで過去チャートを見ることができますよね。

データとは、この過去チャートだとお考え下さい。過去チャートが不足していないかどうかチェックし、不足していればダウンロードするということです。

2.2.ヒストリーデータの確認方法

チャートの元になっている過去のデータを「ヒストリーデータ」といいますが、どの位あるかを、MT4上からチェックできます。

このヒストリカルデータは、次の手順で確認できます。

①ツールをクリックし、ヒストリーセンターを選択する
②バックテストしたい通貨ペアおよび時間軸を選択する。
③ここに表示されるのが、チャートの元になるデータです。

※クリックすると拡大します

ヒストリカルデータの確認方法

③のヒストリーデータで、一番上が、最新のローソク足です。

ここでは、2019年7月12日23時45分のローソク足が最新(チャートでいうと一番右端のローソク足)ということです。

また、②で15分足を選択しているので、データは15分ごとですね。ここのデータは、下へ行くほど過去になります。

そして、④のスクロールバーを一番下まで移動させると、最も古いデータが見れます。つまり、過去のデータがどれ位あるかが分かります。

ここでは、一番下までヒストリーデータを見てみましょう。

全部のヒストリカルデータ

上の画像を見ると、①2019年5月6日19時45分のローソク足が、一番古いデータになります。

つまり、チャートをさかのぼった時、この時間より前は見ることができないということです。バックテストをする時は、この2019年5月6日19時45分~2019年7月12日23時45分の期間でバックテストをします。

なお、もっと長い期間バックテストをしたい場合、②からデータをダウンロードできます。「ダウンロード」をクリックしてみましょう。

ヒストリーデータのダウンロード方法

すると、上図のような表示が出てくるので、OKをクリックします。

しばらくすると、ダウンロードが完了します。完了したら、データの一番下を見てみましょう。

ヒストリーデータがダウンロードされる

2016年11月29日23時00分までダウンロードできましたね。

これで、15分足でバックテストできる期間が、2016年11月29日23時00分~2019年7月12日23時45分まで増え、テスト期間は2年半以上できるようになりました。

2.3.ヒストリカルデータのダウンロード方法

先ほどの方法でヒストリーデータをダウンロードするだけでもバックテストはできますが、「より正確なローソク足」で、「より長い期間テスト」をしたい方もいるでしょう。

その場合、次の手順でさらに過去のデータ(ヒストリカルデータ)をダウンロードできます。

《注意》
ここで説明する手順を踏んでバックテストをすると、少し時間がかかります。まずはバックテストを試してみたいという方は、ここを飛ばして、「3.MT4でバックテストする方法」に進んで構いません。

①ツールから「オプション」をクリックする。(※先ほどは「ヒストリーデータ」)
②オプション項目が表示されたら、「チャート」を選択する。
③「ヒストリー内の最大バー数」「チャートの最大バー数」の数字を最大にする。

※クリックすると拡大します

ヒストリカルデータのダウンロード方法

ちなみに、③では、9999・・・という任意の数字を入れます。これ以上大きな数字はないので、このあとダウンロードする時に、最大の期間のバックテストができます。

③までできたら、OKをクリックします。そして、再度、「ツール」→「オプション」→「チャート」を開いてみて下さい。

すると、次の画像のように、MT4上の最適な最大値に変更されます。決して、9999・・・ではないので、数値が違っても問題はありません。

MT4の適切な数値になる

次に、現在ダウンロードされているデータを全て削除し、新しいデータに書き換えます。こうすることで、より正確なローソク足になります。

①ファイルをクリックし、「データフォルダを開く」を選択します。
②「history」を選択すると、次の画面に進みます。

※クリックすると拡大します

新しいデータに書き換える方法

すると、自分が使っている口座が出てくるはずなので、そのフォルダをクリックし、中を全て削除して下さい。フォルダごとを削除しないようにして下さい。フォルダの中を削除します。

フォルダの中を削除

そして、MT4をいったん消して再起動します。

その後は、「2.2. ヒストリーデータの確認方法」で説明した通りに、「ツール→ヒストリーセンター」の順に進んでダウンロードして下さい。

3.MT4でバックテストをする方法

バックテストの準備ができたら、実際にバックテストをやってみましょう。

3.1.対象通貨ペアの表示方法

※クリックすると拡大します

ストラテジーテスター

まず、①ストラテジーテスターをクリックします。

そして、②MT4の下部に、テスター表示されたことを確認して下さい。①ストラテジーテスターをもう1回クリックすると、消えます。バックテストしない時は、クリックしてオフにしておきます。ここでは、表示したままで大丈夫です。

なお、バックテストしたい通貨ペアをこのあと選択しますが、「気配値表示」に対象の通貨ペアがないと、そもそも選択ができません。気配値に対象の通貨ペアがあるか、次の方法でチェックしておきましょう。

※クリックすると拡大します

バックテストしたい通貨ペアがあるかを確認する方法

①気配値を表示し、通貨ペアを出します。

②バックテストしたい通貨ペアがない場合、気配値の上で右クリックをし、「すべて表示」を選択します。

そして、MT4をいったん消して再起動します。

そうすると、次の画像のように、MT4に登録されている全ての通貨ペアが表示されます。

全通貨ペアが表示

ここから、バックテストしたい通貨ペアを探しましょう。

3.2.バックテストの手順

次に、バックテストが正常に作動するように設定をします。

※クリックすると拡大します

オプション設定

①ツールからオプションを選択します。
②上図の3つの箇所に、チェックが入っているか確認して下さい。入っていなければ、チェックを入れてOKをクリックします。

これでようやく、ストラテジーテスターを実行することができました。

引き続き、下図の手順で進めていきましょう。

※クリックすると拡大します

エキスパートアドバイザ

①「エキスパートアドバイザ」を選択します。

②バックテストするEAソフトを選択します。ここでは、「Moving Average」でテストします。なお、インストールしたにもかかわらず、ここに表示されない場合は、失敗した可能性があるので、再度試して下さい。

③テストする通貨ペアを選択します。ここでは、AUD/JPYで実行してみます。

④モデルは、テストする価格のタイプで、次の3つがあります(下になるほど、テストの精度が落ちます)。

  • 全ティック
  • コントロールポイント
  • 始値のみ

それぞれのモデルをプルダウンすると、説明が出てきます。特にこだわりがなければ、「全ティック」を選択すると良いでしょう。時間がかかると書いてありますが、精度の低いバックテストをしても意味がありません。

⑤検証する期間を選択します。

指定をしないと、ヒストリカルデータの全てのローソク足で検証します。検証期間が長すぎると、EAソフトによっては、何時間もかかる場合があります。その場合は、一度テストを止めて、期間を短く指定して下さい。徐々に期間を長くしていき、時間を調整していくと良いでしょう。

⑥ビジュアルモードをオンにすると、バックテストの状況がチャート上に表示されます。

テストの開始日からローソク足が形成され、エントリーからイグジットまでトレードしている状況が分かります。チェックしてもしなくても、どちらでも大丈夫です。

⑦通貨ペアの時間軸を決めます。ここでは、1時間足を選択しました。つまり、AUD/JPYの1時間足でバックテストするということです。

スプレッドを選択します。現在値とは、今のスプレッドです。相場が動いている時なら、現在値が良いでしょう。

ただし、週末にバックテストをする場合は注意が必要です。なぜなら、マーケットがクローズする土曜日の明け方は市場参加者が少ないため、スプレッドが開いている可能性が高いからです。開いたままのスプレッドで検証しても意味ないので、普段のスプレッドで行なうべきです。

なお、プルダウンの数字は、「10=1pips」です。50を選択すると、5pipsということです。

⑨エキスパート設定は、テスト資金やロット数の設定の他、EAソフトの細かいパラメータを入力するところで、バックテストで一番重要な部分と言っていいでしょう。

当然ですが、パラメータは、EAソフトごとに異なります。同じEAだとしても、パラメータの数字を変えるだけで、バックテストの結果は大きく異なります。

勝てなかったEAが、数字を変えるだけで勝てるようになったり、その逆もあります。EAを使う上で、パラメータの設定一つで、いかようにでもなるとお考え下さい。それだけ大事な部分です。

EAを使い倒すトレーダーは、このパラメータを何度も変え、同じEAでも何十回とテストをして、勝てるEAを作り込んでいきます。

⑩最後に、OKをクリックすると、バックテストがスタートします。テストが終わるまで待ちましょう。

3.3.バックテストの結果の見方

バックテストが完了したら、結果をしっかりチェックする必要があります。

テストが完了すると、次のように、テスターの下部に結果が表示されます。

※クリックすると拡大します

バックテストの結果

ご覧のように、エントリー時間、約定価格、損益結果といった全トレードの詳細が、1トレードごとに出てきます。リアルトレードをした時の、トレード履歴と同じようなものです。

次に、グラフを見てみましょう。

※クリックすると拡大します

バックテストのグラフ

折れ線グラフが証拠金の推移で、縦軸が証拠金額、横軸がトレード回数です。

上記の結果では、終了時点で、開始時点より資金が減っていることが一目で分かります。

次に、レポートを見てみましょう。

※クリックすると拡大します

バックテストのレポート

ご覧のように、テスト結果を数字で分析して表示してくれます。

勝ちトレード数や最大ドローダウンなど、検証すべき項目を解析してくれていますね。このような検証は、スキャルピングやデイトレードにしても、本来は自分でやるものです。しかし、時間がかかる上、都合よく解釈してしまったりと、適切な分析をするのは意外と難しいです。

MT4のバックテストなら、手間がかからない上、客観的な分析をしてくれるので、重宝します。

また、右クリックして、「レポートの保存」を選択すると、バックテストの結果を保存することもできます。一度実行したバックテストは記録に残しておかないと、パラメータを変更した時に比較ができません。

なお、レポートを保存すると、次のようなページに移ります。

レポート保存画面

分析結果に難しい項目はないはずなので、一つずつチェックしていきましょう。時間をかけて、丁寧に見ていくといいでしょう。

最初は、勝率の良し悪しや、勝ち負けくらいしか頭に入らないかもしれません。しかし、何度もパラメータを変えてテストしたり、違うEAを使ったりすると、そのEAの特徴が分かるようになります。

例えば、「勝率も連勝も多いけど1回の負けが致命的である」「ドローダウンが少なく右肩上がりの利益になる」など、EAのクセを発見することができます。そうなると、自動売買のメリットとデメリットも分かるようになって、利益をあげるEAを作りたいと思い始めるでしょう。

3.4.検証方法を変えてみる

たった一度のバックテストでは、そのEAが得意とする相場は分かりません。

1回テストして、マイナスだったから使わない、というのはもったいないです。検証が足りないでしょう。これでは、新しいEAをどれだけ使ったとしても、使いこなせないです。

逆に、1回のテストでプラスだったからといって、いきなりリアル口座で稼働させるのは、極めて危険です。今回の結果は、あくまでも過去であり、未来も利益が出るという保証はありません。

上述したように、パラメータやスプレッド、期間を少し変えるだけで、結果は大幅に異なります。それは忘れないで下さい。

では、さきほど行なったバックテストを、スプレッドを変更して再度テストしてみます。
上図では、スプレッドが7.8pipsでしたが、今回は0.2pipsです。下図を見て下さい。

スプレッドを変えると、結果は大違いです。今回は、大幅に利益が出ました。

スプレッド7.8pipsと0.2pipsというのはちょっと極端ですが、条件によって、全く結果は異なるものだと分かって頂けると思います。1回のトレードでは、わずかな差かもしれませんが、それが重なると結果は大違いです。

スプレッドが7.8pipsのときにトレードなんてしない、と考えるかもしれません。

しかし、それは裁量トレードのときですよね。自動売買は、経済指標でスプレッドが大幅に開こうが、売買シグナルが出ればエントリーします。通貨ペアによっては、スプレッド数十pips開いている場合もありますので、頭に入れておいて下さい。

また、ひとたび自動売買のスイッチをオンにすると、100回や1000回と勝手にトレードします。むしろ、たくさんトレードして欲しいと思いますよね。スイッチをオンにしているのに、週に数回しかトレードしないなら、自分でやった方がましだと思ってしまうのではないでしょうか。もちろん売買シグナルを出すルールにもよります。

しかし、トレードをこなすことで、利益は積みあがるのですから、トレードしないEAはストレスを感じるでしょう。心理的に、回数をこなすEAの方が、自動売買をやっている気になるものです。これからバックテストするときは、このような点も注意して下さいね。

まとめ

MT4は、自動売買が使えることが、最大の特徴です。

まずはバックテストの方法を覚えることからスタートして下さい。この記事で紹介したように、MT4には無料のEAが備わっているので、自分でテストしてみると良いでしょう。

そして、検証期間や通貨ペア、時間軸、パラメータを変え、たくさんバックテストして下さい。どのようなEAが良さそうか、分かってくるでしょう。

バックテストができるようになると、自動で利益を上げてくれる不労所得のような仕組みに、きっと虜になるのではないでしょうか。FXの利益の出し方の一つとして、ぜひ取り入れてみて下さい。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の15社から選ぶ場合は、『FXおすすめ口座・会社比較!初心者向け15社を10項目でランキング』をご活用ください。

初心者向け:FXで安定的に利益を出し続けるための10日間集中講座【全て無料】

FXのLステップ「FXに興味はあるけど、何から始めればいいの?」
「FXと株式はどう違うの?」
「FXでどうやったら稼げるようになるの?」


と思っている人はいませんか?


次のLINE公式アカウントにご登録いただくと、FXの初心者から安定的に利益を出し続けられる状態まで一気にレベルアップできます。


FXのLステップCTAバナー


具体的には、次のような内容が全て無料で学べます。


・FXで利益を出すために必要な基礎知識
・デモトレードで利益を出す体験
・おすすめのMT4業者とインストール方法
・利益を出すために必要なチャート分析の基礎


10日間で7本の動画が届きますが、初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説をしているので、「自分もFXで稼げそう!」と鮮明にイメージすることができるはずです。


ひご登録いただき、FXで成功をつかむ第一歩にしてください。


無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

ぶせな


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。



ぶせな氏の実践方法を見る

SNS
投資の教科書公式Twitter
順番に読むとFXで稼ぐ力が身に付きます
インタビュー
SBIFX
ヒロセ通商
JFX
YJFX
トレイダーズ証券
GMOクリック証券
FXプライムbyGMO
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る