MT4で両建てする具体的な方法

MT4でトレードに慣れてくると、両建てという言葉を聞くようになります。

通常の売買だと、上がると思えば「買い」、下がると予想すれば「売り」というように、どちらか「一つ」のポジションを持つだけです。

しかし、両建ては買いと売りを織り交ぜ、「2つ」以上のポジションを持つやり方で、少しレベルが高い売買方法です。

そのため、MT4で両建て行なう場合、操作方法をしっかり覚えることが先決です。その上で、戦略を立てて実践していくことが必要です。

もし両建てができるようになると、ポジションの取り方が上手になり、トレードが楽しくなるでしょう。

この記事では、MT4の両建てのやり方について説明しましたので、参考にしてください。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

1.両建てとは

FXの両建てとは、次の2つの条件を満たした状態です。

  1. 同じ通貨ペアで
  2. 売りと買いのポジションを同時に持つこと

たとえば、ドル円で「買い10枚」「売り10枚」を持っていると、両建てになります。

ただし、この状態だと、ドル円の価格が上昇しても下降しても、証拠金は変動しませんね。証拠金が損益変動の影響を受けなくなります。この状態だと、スプレッド分だけ損することになりますので注意が必要です。

買いと売りを10枚ずつではなく、たとえば「買い10枚」「売り5枚」というように、異なった枚数でも両建てになります。

この場合、買いと売りを差し引いて、単体で買い5枚を持っているのと同じになります。

両建てで利益を上げるやり方など、実践的な両建ての内容は、『FXの両建てで利益を上げるたった1つの超重要な知識』で詳しく書きましたので参考にしてください。

さて、続いてMT4で両建をするための口座について見ていきましょう。

2.MT4で両建ては可能

FX業者の中には、両建てができない口座もあります。

上述のように、両建てはコストが2倍かかり、無駄なトレードとして考えられるため、海外では一般的ではありません。日本人が好んで使うやり方です。

実際にMT4でトレードするつもりなら、両建てができる口座かどうか、先に調べると良いでしょう。

では、基本操作を見ていきます。

下図を見てください。まず、クイック画面を出します。このとき、クイック画面でなく、新規注文ができてポジションが持てれば、どのオーダー方法でもOKです。

①売り注文を入れます。

これで、売りポジションを持つことになります。

②次に、買い注文を入れます。

チャート下部のポジション一覧に、売りと買いのポジションが出ました。これで両建ては完了です。

とても簡単ですね。売りと買いとクリック注文した分だけ、ポジションを持つことになります。

もし両建てができない口座だと、①の売りポジションを入れた後、②の買い注文を入れると、売買が相殺されて売りポジションが決済されます。

なぜかというと、決済の買い戻しと、新規の買い注文は同じ「買い」だからです。両建てしても損益が変動しないということは、ポジションが無いのと同じことですよね。売りポジションに買い注文をぶつけて相殺することになります。

たとえば、両建てができない口座で、売り10枚のポジションを持ったあと、買い5枚を入れると、売り10枚のうち5枚が相殺されて決済されます。残るのは、売り5枚ということです。

3.両建ての種類

次に、両建ての種類を見ていきます。

両建ては、単に売りと買いを同時に持つだけでなく、条件を変えることで状況が変わってきます。

3.1.同じ口座で両建てする

これは、上述したやり方です。

ドル円で、売りと買いを同時に持った状態でしたね。売り10枚、買い10枚だと、上昇でも下落でも損益がロックされて変動しません。

そして、取引枚数を売りと買いで変えると、状況が異なります。

次のような場面を想定してください。

  • 売り10枚
  • 買い5枚

これも上述したとおり、両建てでしたね。

しかし、損益は変動します。枚数を差し引きすると、売り5枚を単体で持っているのと同じことです。一概に両建てと言っても、枚数を変えると状況が違ってきます。

本命は売りポジションで、一時的な戻りを狙って買いを入れるトレードなどが想定できます。長期的には売り、短期的に買い、という場面が想定できます。このように使うと、トレードが楽しくなりますよ。

たとえば、下降トレンドが出ているとき、売りポジションを10枚持っているとします。利益確定のポイントにきたとき、あえて決済せずに買いポジションを入れて両建てします。

そして、下降トレンド回帰するポイントで、買いポジションを外し、売りポジションだけにします。

そうすると、下げトレンドと、戻りの上昇の両方で稼ぐことができるのです。これは、トレンドが進んでいく仕組みを知っていると、できるようになります。

このようなトレンドの仕組みは、『相場の波を徹底的に理解するためのエリオット波動理論の全て【最新版】』を参考にしてください。

3.2.異業者間の両建てとは

両建ては、同じ口座だけでなく、異なる口座でも可能です。

同じ通貨ペアにおいて、

  • A業者で売り10枚
  • B業者で買い10枚

とします。

こうすると、片方はプラスで、もう片方はマイナスです。しかし、あなたの資産は変動しませんね。

ただし、この両建てはちょっと面倒ですし、両建てをする意味がないですね。そこで、ゼロカット業者を使うことで、メリットが出てきます。

ゼロカット業者とは、証拠金がゼロになったら自動的にポジションが損切りになり、かつマイナスになっても、無かったことにして0円とする口座です。

マイナスになるパターンとしては、経済指標などで相場が急変した時、損切りが間に合わないと、口座資金はマイナスになります。

その時、どんなに損切りが遅れて資金がマイナスになろうが、そのマイナス分は業者が負担してくれます。一時的に口座はマイナス表示されますが、しばらくすると、証拠金は0円になります。

これを前提に、A業者で売り10枚、B業者で買い10枚を持っているとします。

経済指標で急騰し、A業者はゼロになったとしても、B業者で利益が出ますね。A業者で損切りになった価格よりも、さらに上昇してB業者の含み益が増えれば、その分だけ利益になります。

どんなに急騰しようが、A業者の証拠金がマイナスになることがありませんので、急騰や急落すると分かっていれば、どちらに動こうが利益が出せるのです。

ただし、A業者でゼロカット(損切りしてゼロ円になる)になった後、価格が急落すると、B業者でもゼロカットになります。

そうすると、両業者の証拠金がゼロになります。これでは意味が無いどころか、資金が無くなります。必ず勝てるやり方ではありませんので、注意してください。

また、ゼロカットを採用している業者は、他業者間での両建てを禁止していることがほとんどです。異なる口座のことなので、異業者で両建てしていることは、分かるはずありません。

しかし、少ない資金で経済指標直前にポジションを取り、利益がでたら出金するという行為を繰り返していると、すぐに分かるでしょう。なぜなら、経済指標直前にエントリーして利益を出し続けるのは、不可能に近いですからね。

4.証拠金の扱いが業者ごとに異なるので注意

同じ口座で両建てをする場合、必要証拠金の扱いに注意してください。

証拠金は全図住留r^うら\「あ\「3.1.同じ口座で両建てする」の場合です。

両建てをするので、売りと買いの両ポジションの証拠金が必要になることがあります。少額でトレードする方は、その業者がどういう扱いにしているのか確認しておきましょう。

想定できるパターンは、次の5つです。

  • 売りと買い両ポジションの証拠金が必要
  • 最初に建てたポジションに対してだけ証拠金が必要
  • 売りと買いで必要証拠金が多い方だけにかかる
  • 売りと買いの枚数が同じならゼロになる(損益変動しないため)
  • 売りと買いのポジションを差し引きして多い分だけかかる

どの業者も、この5つのうちのどれかを採用しています。

少額にてフルレバレッジでトレードする場合は、念のためチェックしておきましょう。

片方のポジションしかかからないと思って両建てすると、証拠金が足らずポジションの一部が決済されたり、注文が入らないことになります。資金が多い、もしくは少額でも取引枚数を落とす場合は、あまり気にしなくていいでしょう。

まとめ

まず、使う業者で両建てが可能かどうか、調べてみましょう。下図のように、ホームページに必ず記載があるはずです。

出所:FXTSホームページ

両建てを使えるようになると、トレードが楽しくなります。

ただ、高度なスキルが必要になるので、段階を踏んで行ってくださいね。

さて、そんな両建てもMT4のデモ口座を使うことで取引の練習ができます。

詳しくは『MT4のデモ口座を開設してデモトレードをする方法』をご覧ください。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る