MT4の注文を解説|新規注文と決済注文の種類と方法

MT4は、チャートを見るだけでなく、注文を出すこともできます。

ただし、FXの注文方法はたくさんあり、初心者の方は、どんな注文を出せばいいのか分からないのではないでしょうか?

しかし、まず覚えるべき注文は、次の2つです。

  • 成行新規注文
  • 成行決済注文

エントリーしてポジションを持つのが新規で、利益確定もしくは損切りをするのが決済です。

また、成行注文とは、今市場で売買されているレートですぐに注文を確定させる注文方法のことを言います。この成行注文は、最も基本的な操作で、10秒もかからずに売買が完結します。

とても簡単なので、ぜひ、この記事で覚えてくださいね。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

1.新規で成行注文する3つの方法

まず、MT4で新規のポジションを持つ場合、成行注文は3つの方法があります。

  • メニューから注文する
  • 気配値から注文する
  • チャート上から注文する

どれも大差はないので、好きな方法で行ってください。それぞれ解説していきます。

1.1.メニューから注文する

①新規注文

MT4を立ち上げると、チャートの大きさや色合い、気配値表示の有無などの違いはありますが、下図のような画面になります。

まず、左上のメニューから、新規注文をクリックします(チャートの①)。そうすると、画面の真ん中に「オーダーの発注」が出てきます。

オーダーの発注

②通貨ペア 

トレードする通貨ペアを選択します。対象の通貨ペアがプルダウンにない場合は、チャート左側にある気配値表示に、その通貨ペアを表示させます。

なお、気配値は、手掛ける通貨ペアだけを表示し、使わない通貨ペアを消す(非表示にする)ことができます。そうすると、画面がシンプルになり、誤発注なども防げますね。

上図では、私が手掛けている10通貨ペアのみを表示しています。

なお、表示と非表示の方法は、通貨ペアの上で右クリックをします(どの通貨ペアでも構いません)。新しいメニューが出てきますので、「通貨ペア」をクリックすると、「表示」「非表示」の選択画面が出てきます。

③数量

数量とは、取引枚数(ロット)のことです。上図は0.1ロットになっていますので、任意の枚数を入力してください。なお、業者や口座タイプによってロット数の定義が異なるので、ここは注意してください。0.1ロットでも、1万通貨の業者もあれば、1,000通貨の場合もあります。

ちなみに、MT4がリリースされた頃は、次の数量で固定されていました。

  • 10ロット:100万通貨
  • 1ロット:10万通貨
  • 0.1ロット:1万通貨
  • 0.01ロット:1,000通貨

これが基準になっていましたが、現在は、ロットの定義は業者ごとに違います。MT4に限ったことではありませんが、ロット定義の違いはFXのややこしい点です。注意してください。

④注文種別

注文の種類のことです。ここでは、成行注文を選択します。

⑤売買

価格が下がると予測するなら「成行売り」、上がると予測するなら「成行買い」を選択します。

これで、新規の成行注文が完了し、ポジションを持ったことになります。

1.2.気配値から注文する

2つ目の新規注文の方法は、気配値から行うやり方です。

気配値から注文する方法

①まず、気配値を表示し、トレードしたい通貨ペアの上で右クリックします。

②新たにメニューが出てきますので、一番上の「新規注文」をクリックします。

すると、次のような「オーダーの発注」の画面が出てきます。

オーダーの発注画面

ここから先は、最初の図で説明した②~⑤と同じ手順になります。

なお、「新規注文(N)」のすぐ右に「F9」と書いてあります。パソコンのF9ボタンを押すと「オーダーの発注」画面が出てきますので、これでも可能です。

1.3.チャート上から注文する

3つ目の新規注文方法は、チャート上から行うやり方です。

チャート上から注文する方法

①トレードしたい通貨ペアのチャート上で、右クリックをします。

②メニュー画面が出ますので、「注文発注」にマウスをのせます。すると、右側にメニューが出ますので、「新規注文」をクリックしてください。

この後は、最初の図で説明した②~⑤と同じ手順です。

以上が、新規の成行注文の方法です。やりやすい方法で注文してみてください。

2.決済で成行注文する2つ方法

成行で決済する方法は、次の2つがあります。

  • チャート上で決済する
  • ターミナルから決済する

それでは、順番に解説していきます。

2.1.チャート上で決済する

1つ目の決済方法は、チャート上で行うやり方です。

新規注文を行って約定すると、チャート上にラインが表示されます。このラインは、約定した価格を示しています。一度ポジションを持つと、このラインは決済するまで表示されます。

下図を見てください。チャート上に緑のラインがありますね。

チャート上に約定したラインが表示される

成行決済する時は、次の手順で行ってください。

①ポジションのライン上で右クリックをします。

②選択画面が出てきますので、「閉じる」をクリックしてください。これで決済できます。決済注文が約定すると、このラインがチャート上から消えます。

ちなみに、成行注文は、ほとんどの場合が約定されます。ただし、まれに約定が成立しないことがありますので、ポジションのラインが消えるかどうか、最後までチェックしてください。

10秒ほど経過してもラインが消えない場合、約定に失敗した可能性があります。その場合は、再度①から②を繰り返してください。

2.2.ターミナルから決済する

2つ目の決済方法は、ターミナルから行うやり方です。

ちなみに、ターミナルとは、証拠金やポジション損益などを表示する場所です。

①チャート左上にあるメニューから、ターミナルをクリックしてください。MT4の一番下に、ポジションが表示されます。

②ポジションをダブルクリックします。「オーダーの発注」画面が表示されます。

③成行決済をクリックしてください。

なお、通貨ペアや数量に違いがないかチェックしますが、②のポジションをダブルクリックすれば、そのオーダーの通貨ペアと数量が出てきます。

そのため、異なる通貨ペアと数量が出ることはありません。もし、操作ミスをした場合、決済ボタンはクリックできないようになります。

下図では、決済する数量を1.00にしています。

保有ポジション量が0.01なので、1.00では保有ポジションの100倍の量を決済することなります。これは間違っているので、決済ボタンがグレーのままでクリックできません。

このように、何かが間違っていると、決済できないようになっています。成行決済したいのにグレーのままなら、どこかが間違っているので再度チェックしてください。

ただし、保有ポジションのうち、少ない数量を選択していると、決済できてしまいます。例えば、1ロット保有していて、1ロットを決済したいのに、間違えて0.1ロットを入力していると、0.1ロットだけ決済されます。

そして、残りのポジションは、0.9ロットになります。この場合、全部決済されていると勘違いし、0.9ロットのポジションが残っていることを気付きません。数量には注意してください。

3.全決済・一括決済・分割決済

初心者の頃は、ポジション数が多いと管理できないですね。そのため、保有ポジションは1つがいいでしょう。

そして、トレードにある程度慣れてくると、異なる通貨ペアでトレードし、2個や3個といった多数のポジションを持つようになります。同じ通貨ペアでも、買い増しや売り増しをするとポジション量は増えていきますね。

  • まとめてポジションを決済したい
  • ワンクリックで一括決済したい

このような時がくるかもしれません。

3.1.全決済や一括決済はできない

残念ながら、MT4では、ポジションを1回で決済する機能は付いていません。1つのポジションに対し、成行注文をする必要があります。

下図の場合、3つのポジションを保有しています。

全決済したい時は、1つずつ成行注文をする必要があります。

手順は、チャートから決済する方法、ターミナルから決済する方法で説明した通りです。ポジションの数だけ実行します。少し面倒に感じるかもしれませんが、クリックする回数が少し増えるだけです。慣れれば、ストレスなくできます。

決済が数秒遅れたからといって、FXは勝てないということにはならないでしょう。逆に、焦って全ポジションを成行決済しなければならない状況は、あまり良いトレードとはいえません。トレードルールを改善した方が良いかもしれませんね。

もちろん、やり方によっては何十というポジションを持つ方法もあるでしょう。それが莫大な利益を得るトレードルールなら適切なトレードです。

ただし、ここでは、成行の決済注文は1つずつ行う、と覚えておきましょう。

3.2.分割決済の方法

分割決済する場合、チャート上から行うことはできません。チャート上のポジションのラインをクリックしても分割決済はできないので、必ず「ターミナルからポジションをダブルクリック」し、下図の「オーダーの発注」画面を出してください。

分割決済は、数量を任意に変更します。例えば、保有ポジションが0.05ロットだとします。5回に分けて分割決済したい場合、1回につき0.01ロットを決済すればいいので、数量を0.01にして「成行決済」をクリックします。

そうすると、0.05ロットのうち0.01ロットが決済され、ポジションは0.04と表示されます。0.03ロットと0.02ロットに分けて分割決済するなど、分割の数量は任意で決めることができます。

これで、エントリーからイグジットまで、一連のトレードができるようになりました。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る