MT4のインジケータのダウンロード方法

FXで利益を上げるなら、チャート分析が必ず必要になります。

おすすめはMT4です。MT4はインジケータの種類が豊富で、チャート分析に最も適したソフトです。特に、専業トレーダーを目指したり、チャート分析で大きな利益を狙いたいなら、インジケータを使いこなすスキルも必要です。

そのとき、MT4に標準装備されていないインジケータを使えると、よりチャート分析に磨きがかかります。

そこで、この記事ではMT4のインジケータをダウンロードする方法を説明します。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

友だち追加

1.MT4のインジケータの仕組み

MT4には、移動平均線やボリンジャーバンドをはじめ、約50種類ものインジケータが装備されています。

ただし、50種類全てを試そうとすると、それだけでも大変ですよね。それでも大きな利益を出したいなら、妥協してはいけません。50種類全部とは言わないまでも、トレードルールを作るうえで、インジケータを使ってみて、その上であなたに合うものを選定しなければなりません。

まずは、MT4のインジケータについて事前に知っておくべき知識をつけておきましょう。次で解説します。

2.ファイルは「EX4」と「MQL4」の2つ

MT4を立ち上げて、ナビゲーターをクリックすると、全てのインジケータが表示されます(下図参照)。

このインジケータが、あなたのPC上のどこに保存されているのかを、一回確認してみましょう。

MT4の左上にある、「ファイル」を選択し、「データフォルダを開く」をクリックしてください(下図参照)。

フォルダが表示されるので、次に「MQL4」をクリックします(下図参照)。

次に「Indicators」をクリックして開いてください。すると、インジケータのファイルが沢山出てきます(下図参照)。

MT4に装備されているインジケータの元となるファイルは、ここに収まっています。

つまり、ここからファイルを削除すると、MT4からインジケータが無くなり、逆に、ダウンロードしたインジケータのファイルをここに格納すると、新しいインジケータがMT4に加わるということです。

上の画像の赤い部分を見ると、同じインジケータでも「.EX4」「.MQL4」2種類のファイルがあることが確認できるかと思います。もし、上記のファイル末尾の文字(拡張子といいます)が表示されない場合は、以下の手順で表示させてください。

(windowsの場合)

  1. フォルダ上の「表示」タブをクリック
  2. ファイル名拡張子の左にチェックを入れた状態にする

ここでは、「インジケータは、『EX4ファイル』『MQL4ファイル』の2種類がある」と覚えておきましょう。

このファイル名は、MT4独自のものなので、聞いたことがないのは当然です。ただ、ファイル名はあまり気にしなくていいでしょう。インジケータには2つのファイルがあることを覚えてください。

3.MQL4というソースコード

インジケータをプログラムするときに使う言語を、「MQL言語」と言います。MQL4ファイルはソースファイルで、MQL言語が使われます。

まず、MQL4ファイルでインジケータを作ります。次に、インジケータのデータをEX4ファイルに変換することで、はじめてMT4で作動するようになります。

ここで覚えてほしいことは、MQL4とEX4の2つのファイルが揃っていないとインジケータは作動しないということです。

では、MQL4ファイルでインジケータを作るためにMQL4のソースコードを見てみましょう。ソースコードとはデータの内容が書かれたプログラムのことです。よくわからなくても大丈夫です。このまま読み進めてください。

MQL4に書かれたソースコードは、実際に見ることができます。

MT4の上部にある、「メタクオーツ言語エディタ」をクリックしてください(下図参照)。

MT4とは別の画面で、メタエディターというものが立ち上がります(下図参照)。

ここに、インジケータのソースコードが書かれています。

インジケータをチャートに表示するときと同じように、左側のナビゲータからインジケータを選択し、ダブルクリックすると、そのインジケータのソースコードが出てきます。

ソースコードを書けば、新しいインジケータをここから作成できます。しかし、既に作られた状態のソースコードを書き換えてしまうと内容が変わってしまうので、分かる方だけ書き換えるようにしてください。

プログラミングを知らない方は、ソースコードは使うことは無いですが、仕組みだけでも覚えておいてくださいね。

さて、お待たせしました。インジケータを理解する上で必要な事前知識をしっかり得たところで、MT4のインジケータのダウンロードについて一緒にやっていきましょう!

4.インジケータを外部からダウンロードする方法

次に、インジケータをダウンロードしてみましょう。

無料のインジケータは、インターネット上にたくさんあります。「Abysse」というサイトが有名なので、ここからダウンロードしてみます。

https://www.abysse.co.jp/mt4/index.html

「インジケータ ダウンロード」で検索すると、トップにでてきます。

初めてこのサイトを訪れる方は、インジケータの数に驚くかもしれません。

インジケータは、トレードにおける分析方法のアイデアです。つまり、利益を上げる方法は、無数にあるということですね。

いろいろ試し、合うものを使っていきましょう。

探し方は、以下のように2通りあります。

  1. 名前から探す方法(下図①)
  2. 画面を見て決める方法(下図②)

特に指定のインジケータが無ければ、「画面表示から探す(上図②)」を選択してください。そこでは、「使ってみたい!」と思えたインジケータをダウンロードするといいかもしれません。また、どんなインジケータがあるのか、見るだけでも勉強になります。

試しに「画面表示から探す(上図②)」をクリックすると、下図の画面に進みます。

すると2つの選択画面が出てきます。

  1. チャートウィンドウに表示されるもの(①)
  2. サブウィンドウに表示されるもの(②)

ここでは、「チャートウィンドウに表示されるもの(①)」をクリックします。

すると、下図の画面へ進みます。

次にインジケータの種類を選択していきます。

たとえば、「ライン 連続したドット破線」をクリックすると、下図のページに進みます。

ここでようやく、インジケータがでてきました。

上図は「チャネルブレークアウト」というインジケータです。MQL4ファイルです。末尾の「.mq4」は、MQL4ファイルのことです。表示名をクリックすると、ダウンロードが始まります。

ダウンロードは数秒で終わるので、デスクトップに保存するなり、任意のフォルダに保存するなど、どこでも構いません。保存方法はパソコンによって異なります。

MT4がダウンロード済みのPCで「開く」をクリックすると、メタエディターが開く場合があります。どちらにしても、インジケータのファイルをPC上の任意の場所に保存すれば、完了です。

ちなみに、この無料インジケータサイトのトップページの「インジケータを名前から探す方法」をクリックすると、下図の画面に進みます。

インジケータの一覧が出てくるだけなので、どんな種類か、全く分かりません。しかし、「表示」と記載がある部分にマウスを載せる(※クリックではありません)と、インジケータの例が表示されます。マウスを下にスクロールすると、次から次へとインジケータ画像が表示されます。短時間で多くのインジケータのスクリーンショットを見ることができるので、この方法で探しても良いでしょう。

ダウンロード方法は、画面表示から探した時と同じです。

気に入ったインジケータがあれば、表示名をクリックし、数秒でそのインジケータのダウンロードが完了します。

5.FX会社のオリジナルインジケータの使い方

MT4が使えるオリジナルのインジケータを提供するFX会社もあります。

例えば、

JFXの場合は、「MATRIX TRADER MT4チャートマニュアル(分割版PDF)」から、YJFXの場合は、「オリジナルインジケータ」からダウンロードができます。

ただし、そのFX会社の口座開設をして専用のツールを使う必要がありますので、気をつけてくださいね。

各社のMT4のダウンロードについては『FXのMT4|ダウンロード手順を初心者でもわかりやすく解説』をご覧ください。

また、チャートを利用するだけのデモ口座をご希望の方は『MT4のデモ口座を開設してデモトレードをする方法』を参考にしてみてください。

まとめ

インジケータは、インターネット上に無数にあります。自分では思いつかないような便利なインジケータを発見することもあるので、ダウンロードする方法を覚えて、何度でも試してみてください。利益を上げるパターンが増え、安定した成績が出せるようになるかもしれません。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の15社から選ぶ場合は、『FXおすすめ口座・会社比較!初心者向け15社を10項目でランキング』をご活用ください。

初心者向け:FXで安定的に利益を出し続けるための10日間集中講座【全て無料】

FXのLステップ「FXに興味はあるけど、何から始めればいいの?」
「FXと株式はどう違うの?」
「FXでどうやったら稼げるようになるの?」


と思っている人はいませんか?


次のLINE公式アカウントにご登録いただくと、FXの初心者から安定的に利益を出し続けられる状態まで一気にレベルアップできます。


友だち追加


具体的には、次のような内容が全て無料で学べます。


・FXで利益を出すために必要な基礎知識
・デモトレードで利益を出す体験
・おすすめのMT4業者とインストール方法
・利益を出すために必要なチャート分析の基礎


10日間で7本の動画が届きますが、初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説をしているので、「自分もFXで稼げそう!」と鮮明にイメージすることができるはずです。


ひご登録いただき、FXで成功をつかむ第一歩にしてください。


無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

ぶせな


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。



ぶせな氏の実践方法を見る

SNS
投資の教科書公式Twitter
順番に読むとFXで稼ぐ力が身に付きます
インタビュー
SBIFX
ヒロセ通商
JFX
トレイダーズ証券
GMOクリック証券
FXプライムbyGMO
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る