MT4の指値と逆指値|正しい決済注文方法

MT4で注文を出すとき、成行注文の次に多用するのが、指値と逆指値注文です。

しかし、操作になれていないとすぐに注文ができず戸惑うと思います。

さらに、新規注文と決済注文では、指値と逆指値の使い方が異なるため、混乱する要因になっています。

そのため、MT4を使うなら、「新規注文」と「決済注文」をしっかり覚えておいた方が良いでしょう。

この記事では、MT4で決済(イグジット)するときの指値と逆指値について説明します。参考にしてください。MT4の新規注文はコチラを参考にしてください。

1.決済時の指値と逆指値の意味

最初に、指値と逆指値の意味を説明します。

上述のように、ここでは決済注文(イグジット)時のやり方です(※新規注文(エントリー)時の指値と逆指値は使い方が違います)。

新規の指値・逆指値」と、「決済の指値・逆指値」は、分けて認識してくださいね。

1.1.指値は利益確定

決済時の指値は、今よりも有利な価格で売買することがポイントとなります。

有利な価格とは、エントリー時の価格よりも有利になること、つまり、利益が出る価格で決済を確定することです。

利益を確定させる決済なので、エントリーし、ポジションを保有、その後に執行される注文になります。

この決済注文を買いと売りでまとめると、次のようになります。

  • 買いの場合:新規約定価格より高い価格で売り抜ける → 利益確定
  • 売りの場合:新規約定価格より安い価格で買い戻す → 利益確定

決済時の指値注文は、買い、売りどちらの場合でも、利益確定する価格を指定して注文を出すことです。

たとえば、ドル円を買った新規約定価格が110.00円だとすると、これより高い価格の110.20円や110.50円で売れば利益が出ますよね。

売りの場合は、その逆になります。110.00円よりも安い、109.80円や109.50円で売りポジションを買い戻せば、利益が出るという仕組みです。

1.2.逆指値は損切り

逆指値は、指値とは逆で、現値より不利な価格で売買することです。

不利な価格とは、損切りすることです。損切りする価格を指定し、あらかじめ注文を出しておくことです。

参考:損切りとは?正しいトレードルールの作り方

  • 買いの場合:新規約定価格より安く売る → 損切り
  • 売りの場合:新規約定価格より高く買い戻す → 損切り

たとえば、ドル円を売った新規約定価格が110.00円だとすると、それよりも安い109.80円や109.50円になったら損切り注文を出す。

これが「逆指値注文」です。

売りの場合、110.00円よりも高い110.20円や110.50円で損切りすることを言います。どちらも、新規約定価格よりも不利な価格ですね。

2.指値と逆指値を入れる2つのタイミング

それでは、MT4で決済するときの指値と逆指値注文の出し方を説明します。方法は2つあります。

なお、新規注文時の指値・逆指値は、MT4の注文を解説|新規注文と決済注文の種類と方法で書いていますので併せてお読みください(記事の終わりにもリンクを載せています)。

2.1.新規注文と同時に入れる

新規注文するときに、あらかじめ決済時の利益確定と損切りの幅を決めている場合は、新規注文(エントリー)と決済注文(エグジット)を同時に行うことができます。

エントリーした後、再度注文を出す手間が省け、また、指値と逆指値の出し忘れが防げます。

それでは、方法を一緒に見ていきましょう。

まず、新規注文の画面を出します。

オーダーの手順は、①から⑥まであります。

①通貨ペア:トレードする通貨ペアを選択してください。

②数量:取引のロット数を選択します。

③決済逆指値/決済指値:ここが重要です。必ず2つとも価格を入力します。

決済逆指値(S/L)は、損切りのことです。買い注文なら、現値よりも安い価格を設定します。

決済指値(T/P)は、利益確定のことです。買い注文なら、現値よりも高い価格を設定します。

④注文種別:成行注文を選択します。

⑤発注:「買い」もしくは「売り」をクリックします。そうすると、成行注文が執行されます。

注文が約定すると、成行エントリー、決済指値、決済逆指値の3つの注文が入ります。指値と逆指値は、未来の予約注文です。

チャート上にABCの3つの点線が表示されます。下図を見てください。

今回は、買いエントリーしました。

Aで買い注文が約定し、ポジションを持ちました。同時に、指値(利益確定)と逆指値(損切り)の注文も入りました。Bが指値、Cが逆指値注文です。

仮に、今から価格が上昇してBまで到達すると、自動的にMT4が決済して利益確定されます。逆に、価格が下がってCまで落ちると、逆指値が執行されて損切りが確定します。

MT4の下部に、ポジションが表示されます。注文が約定したかどうかは、ここでも確認できます。

これで、エントリーと同時に、指値と逆指値注文ができました。

2.2.ポジションを持った後に入れる

次に、ポジションを持っているときに、指値と逆指値を入れる方法です。

エントリーするときは、利益確定と損切りが明確に決まっておらず、とりあえずエントリーすることもありますよね。

やがて利益確定と損切りポイントのイメージできたときなど、現在保有するポジションに追加注文する方法です。

まず、チャート上に保有中のポジションがライン表示されていますので、ダブルクリックします。もしくは、チャート下部のポジション一覧をダブルクリックしてもいいです。

そうすると、次の画面が出てきますので、①から③の手順で進めてください。

①注文種別

「注文の変更または取消」を選択します。ここを誤ると注文できません。間違いがないようにしてください。

②決済逆指値/決済指値

損切り価格を決済逆指値に、利益確定の価格を決済指値にそれぞれ入力してください。

③発注

最後にココをクリックします。

そうすると、下図にようにチャート上にラインが2つ追加されました。また、下部のポジション表示画面で、逆指値と指値の価格が追加されるはずです。注文が入ったかどうか、どちらでも確認できます。

これで、既存のポジションに指値と逆指値が追加できました。

3.注文の変更および取消方法

次は、指値と逆指値の注文を変更、もしくは取り消しを行う方法です。

3.1.チャートから行う方法

まず、下図を見てください。

指値と逆指値を出した状態だと、チャート上に3つのラインがありますね。今回は、買いポジション、指値、逆指値の3つです。

①決済指値ライン(利益確定)
②新規約定価格(買いポジション)ライン
③決済逆指値ライン(損切り)

3つのラインのうち、どれでもいいのでダブルクリックします。

そうすると、下図のオーダーの発注画面が出てきます。

①注文種別:「注文の変更または取消」を選択します。

②決済逆指値/決済指値:変更したい価格を直接入力します。

なお、注文を取り消す場合は、価格を0にします。取消ボタンがあるわけではありません。ここで、0を入力して取り消しを行ないます。

③発注:ここをクリックし、変更および取消注文が完了です。

チャート下部のポジションで、決済逆指値と決済指値の価格が変更されていることを確認してください。

今回は、逆指値を取り消しましたので、価格が0になっています。

0ではない場合、取り消しができていないので、その価格に達したら約定してしまいます。取り消す場合は、必ず0になっていることを確認してください。

3.2.ターミナルから行う方法

ターミナルは、チャート下部にあるポジション表示です。

赤枠の箇所ならどこでもいいので、ダブルクリックします。

オーダーの発注画面がでてきますので、その後は「3.1.チャートから行なう方法」の①から③の手順で行なってください。

これで指値と逆指値の変更、および取り消しは完了です。

是非何度も試して少しずつトレードスキルを上げていきましょう!

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX口座13社のランキングを徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

執筆者
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを始めて10年で1億6,500万円の利益を突破。 自身のブログ『FX億トレーダーぶせなブログ』では、定期的にトレードの損益を公開中。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』。

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る