MT4中級編①|ポジション・取引履歴・日本時間などの表示方法

FX専用のMT4チャートをダウンロードすると、色々な機能があって、戸惑う方もいるかもしれません。

しかし、MT4は操作性が優れているので、慣れると、初心者にも使いこなせるようになります。

そこで、この記事では、MT4の基本的な次の操作方法について、わかりやすく解説します。

  1. ポジションと損益の表示方法
  2. 取引履歴の表示方法
  3. レバレッジの確認方法
  4. 日本時間の表示方法

MT4を使いこなして、FXで利益を上げるための準備を整えましょう。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

友だち追加

1.MT4でポジションと損益を表示する方法

MT4でトレードする時、ポジション管理をしっかり行うことが、利益獲得につながります。ポジションや損益表示が見にくいと、それだけでストレスになりますよね。

MT4のポジション管理は、一度覚えればとても簡単です。この章で、MT4のポジションや損益の表示方法をしっかりマスターしましょう。

1.1.ポジションの見方

ポジションとは、発注して約定した後、保有することになった資産のことです。

例えば、ドル円を買ったら「買いポジション」、ユーロドルを売ったら「売りポジション」になります。ちなみに、買いは「Buy」や「ロングポジション」売りは「Sell」や「ショートポジション」とも言います(MT4だと、BuyとSellで表示されます)。

1.1.1.ポジション一覧の表示方法

エントリーすると、取引システムの下部にポジションが出るようになっています。実際のMT4の画面で確認してみましょう。

※クリックすると拡大します

ポジション一覧の表示

補足説明です。

①まず、上のメニューの「ターミナル」をクリックします。

②すると、下に取引状況のタブが出てくるので、一番左の「取引」を選択して下さい。今回は、4つのポジションを保有しています。

それぞれの項目を確認しておきましょう。左から説明します。

・注文番号:取引ごとに振り分けられた取引番号。使うことはありません。

・時間:新規約定した時間。MT4上の時間です。

・取引種別:買い・売りのどちらかです。

・数量:取引量で、ロットのこと。画像の0.01は、1,000通貨です。

・通貨ペア:保有している通貨ペア。

・価格:新規約定した価格。

・決済逆指値(S/L):損切りの価格。設定していると価格が出ます。

・決済指値(T/P):利益確定の価格。設定していると価格が出ます。

・価格:現在値のこと。レートが変動するたびに変わります。

・手数料:トレードの度に手数料がかかる口座もあります。その場合、ここに手数料が表示されます。手数料がなければ0のままです。

・スワップ:日をまたいで保有していると、スワップが発生します。

・損益:ポジションの損益のこと。レートが変動するたびに変動します。

1.1.2.チャート上のポジション表示

ポジションを持つと、上記のようにターミナル(画面下)にポジションが表示されると同時に、チャート上にもエントリー価格がラインで表示されます。下のチャートをご覧下さい。

※クリックすると拡大します

チャート上でポジション表示する

ポジション数が少ない場合は便利かもしれませんが、トレード手法によっては、ポジションの数が多くなり見にくくなります。その状態でテクニカル分析をすると、水平ラインなのかポジションなのか分からなくなってしまいます。

このように、チャート上のポジション表示は、便利な反面、邪魔になることもあります。その場合は、チャート上からポジションを消すと良いでしょう。やり方は、下図を参考にして下さい。

《チャート上のポジション表示を消す方法》

※クリックすると拡大します

チャートからポジションを消す方法

補足説明です。

①まず、ツールをクリックします。

②次に、オプションを選択します。

③すると、項目が表示されるので、「チャート上にポジションとオーダーを表示」のチェックを外します(デフォルトでは、チェックが付いています)。

※この時、チャートのポジションラインを残す場合でも、誤操作を防ぐために、Altキーを押しながらでないと、ポジションラインを変更できないようにできます。その場合、「ドラッグによる取引変更にAltキーを使う」にチェックを入れます(デフォルトでは、チェックされていません)。

④最後に、OKをクリックします。

1.2.損益表示の見方

ポジション損益は、ターミナルのポジション一覧の右にあります。

ポジション損益の場所

エントリーしたら、損益変動がどうなっているか、気になりますよね。特に、スキャルピングのような短期売買の場合は、エントリーしたら損益を凝視するかもしれません。

ただし、損益を見てても儲かるわけではありません。エントリーからイメージ通りの値動きになっているかが大事なので、損益よりもチャートを見るようにしましょう。

1.2.1.ポジション表示形式の変更方法

ポジション一覧では、ポジションの表示方法を変更することができます。あまりピンとこないかもしれませんが、使わなくても問題ないので、参考に留めておくだけでもいいでしょう。

※クリックすると拡大します

ポジションの表示形式の変更方法

補足説明です。

①ポジションの上か、ポジションがない白い部分で右クリックをします。

②損益表示形式を選択します。

③このMT4業者の場合、「ポイントで表示」「各通貨で表示」「証拠金の通貨で表示」の3つの形式があります。好きな項目をクリックして下さい。

ただし、業者によっては、この損益表示形式は無効になっている場合もあります。つまり、口座タイプにより、使える場合と使えない場合があります。クリックしても何も変化がない時は、使えないものとお考え下さい。

ただし、仮に、表示変更ができなくても、トレードには何ら影響はないので問題ありません。

1.2.2.不要な情報の削除方法

普段使わない項目があれば、それを削除することができます。手数料がない口座タイプなら、常時ゼロなので、項目から「手数料」を削除してもいいでしょう。

※クリックすると拡大します

不要な情報を削除する方法

補足説明です。

①ポジション一覧の箇所で、右クリックをします。

②不要な項目のチェックを外します。任意で設定して下さい。

これで、ポジションと損益表示に関する操作は問題なくできるようになります。知ってしまえば、意外と簡単ですよね。

ぜひ、お使いのMT4チャートでお試し下さい。

2.MT4で取引履歴を表示する方法

次に、MT4で取引履歴を表示する方法をマスターしましょう。

2.1.取引履歴の見方

MT4の取引履歴の表示は、次の3つの手順で簡単にできます。

2.1.1.ターミナルを開く

上部メニューの「ターミナル」をクリックすると、下部に取引状況が表示されます。

ターミナルを開く

補足説明です。

①ターミナルをクリック
口座情報や保有中のポジションなど、トレードに関わる項目は、全てターミナルにあります。そのため、まずターミナルを見るクセをつけましょう。

②取引状況が表示される
ターミナルを開くと、取引状況が最初に表示されます。現在保有しているポジションや未約定の注文が、ここに表示されます。

2.1.2.口座履歴をクリック

取引履歴を見るには、ターミナルの「取引」タブの2つ隣の「口座履歴」タブをクリックします。

口座履歴をクリック

そうすると、取引履歴が一覧表示されます。今まで行なってきたトレード結果を見ることができます。

2.1.3.期間を選択する

取引履歴は、スクロールすると、過去に遡って見ることができます。

もし、何回もトレードしたにも関わらず、取引履歴が1つも表示されない時は、期間設定が対象外になっているかもしれません。その場合は、次のように期間設定をしてみて下さい。

※クリックすると拡大します

取引履歴の期間設定の方法

補足説明です。

①口座履歴の枠の中で右クリックする
この時、トレードの履歴が1つもない時は、真っ白の画面上で右クリックしても同じ画面が出てきます。

期間設定を行いますが、全履歴はこれまでトレードした全てが表示されます。最初はトレード数が少ないので、「全履歴」「3ヶ月」「1ヶ月」のどれを選択してもいいでしょう。「期間のカスタム設定」をクリックすると、③が出てきます。好きな期間を設定して下さい。

②取引履歴を保存
取引履歴を保存するなら、ここをクリックして下さい。ちなみに、この取引履歴は、保存すればプリントアウトできますので、確定申告に使えて便利です。

また、トレード分析をする時は、詳細レポートの保存が便利です。このレポートでは、トレード数や最大ドローダウンプロフィットファクターなどの結果を即座に表示してくれます。これは、他の取引システムにはない、MT4だけのサービスなので、一度は使ってみて下さい。

もし自分で同じデータを出そうとすると、全トレードをエクセルに入力し、計算式を作成しなければできません。しかし、MT4のこの機能を使うと、そのような分析を瞬時で行ってくれます。さらに、客観的に自己分析ができるので、おすすめの機能です。

③期間のカスタム設定
①で説明したものです。開始と終了の日付を指定し、OKを押して下さい。確定申告で使うなら、上の画像のように、1月1日から12月31日を指定しましょう。

以上で、MT4の取引履歴の見方の解説は終わりです。ぜひ、ご自身のMT4でご確認下さい。

3.MT4でレバレッジを確認する方法

MT4上から発注する場合でも、レバレッジをかけたトレードができます。ただし、レバレッジをかけると、リターンが大きくなる半面、リスクも同じだけ増加するので注意してください。

そのため、レバレッジをどれくらいかけてトレードしているか、普段あまり気にかけていない人は、この機会にぜひ意識してみて下さい。

この章では、MT4でトレードしてレバレッジを確認する方法を解説します。意外と知られていないので、ぜひ習得して、資金管理ができるようになりましょう。

3.1.レバレッジの見方

国内のFX会社のレバレッジは、個人口座で上限が25倍です。勘違いしがちですが、25倍で固定というわけではなく、1倍の場合もありますし、10倍や20倍の設定ができる業者など様々です。また、中には、25倍までの変動性にしている業者もあります。

そのため、口座開設をする時はレバレッジを確認しても、トレードするたびに今のポジションがレバレッジが何倍かをチェックしている人は、意外と少ないかもしれません。

しかし、MT4でトレードすると、現在のレバレッジを、次の図のように簡単に確認できます。

※クリックすると拡大します

MT4でのレバレッジの確認方法

補足説明します。

①まず、左の「ナビゲーター」を開きます。

②次に、口座番号と口座名義の上にマウスを移動します。マウスを乗せると項目が浮かんできます。上の図の赤丸の箇所を見ると、「1:25」とありますね。これは、レバレッジが25倍ということです。

この方法で、あなたがお使いのMT4はレバレッジが何倍かを確認してみて下さいね。

3.2.証拠金維持率の見方

レバレッジに関連して、証拠金維持率も大切なので、MT4での確認方法をお伝えします。

レバレッジは、あくまでも取引口座の設定上の問題です。レバレッジが高いから有利、低いから不利になるようなことでありません。レバレッジが高ければ、少ない元手で大きな取引が可能になるだけです。実際にレバレッジをかけるかどうかは、あなた次第です。

リターンが望める場面でレバレッジを25倍にすれば、最大限の利益が出せます。逆に、負けた時の損失もレバレッジがかかるので、リターンだけに魅了されないようにしましょう。

トレードする上で気にかけておきたいことは、元手資金に対して、持っているポジションがどれくらいの割合を占めているかを把握することです。これを確認するために、証拠金維持率を参考にするのです。

少ない資金で、いつもレバレッジを25倍にしてポジションを多数持っていると、ちょっとした逆行で強制ロスカットになります。これを繰り返すと、資金はほぼ空っぽになります。

そうならないよう、MT4では、証拠金維持率はポジション一覧の下にあるバーに表示されているので、意識を向けるようにしましょう。

※クリックすると拡大します

MT4での証拠金維持率の確認方法

毎日トレードしていると、ついレバレッジ25倍で、たくさんのポジションを持ちたくなります。常にリスクが高い状態だと、どこかで大損する可能性があります。レバレッジを上げるなら、取引ロットやポジション数を減らすなどし、リスクとリターンのバランスを取りましょう。

4.MT4を日本時間で表示する方法

MT4を使い始めると、業者によっては日本時間とズレていて、「この時間は何?」となることが出てくると思います。例えば、海外口座のMT4の場合は、その国の時刻に合わせているため、日本時間ではありません。しかし、チャート分析をする時は、日本時間でないと不便ですよね。

そこで、この章では、MT4の横軸を日本時間で表示する方法と、MT4のタイムゾーンに関する知識について解説します。

4.1.日本時間でないと困る理由

MT4には、タイムゾーン(MT4の時刻のこと)が設定されています。世界の国家間には時差があるため、日本では朝9時でも、ニューヨークでは前夜の20時になります。

そのため、使っているMT4業者がニューヨークタイムに時刻を初期設定していたら、チャートの横軸は日本時間ではなくなります(このタイムゾーンは、業者によって異なります)。

あなたが使っているMT4のタイムゾーンを確認する方法と、日本時間でない場合は、日本時間で表示する方法を見ていきましょう。

4.1.1.MT4のタイムゾーンを確認

MT4のタイムゾーンを確認するためには、気配値(売りと買いのプライス)を表示させる必要があります。

この気配値は、次の図のように、左上の矢印の箇所をクリックすると、表示されます。

※クリックすると拡大します

MT4のタイムゾーンの確認方法

補足説明です。

①タイムゾーン
矢印のすぐ下に、「気配値表示:04:06:09」とありますね。これが、MT4のタイムゾーンで、MT4上の現在時刻になります。上記の場合、04時06分09秒ということです。

②日本時間
パソコンの時計で、実際の日本時間です(10時6分9秒)。

この場合、MT4の時刻と日本時間は、6時間ずれていることになります。MT4を使う際、この時刻の差が大きな問題となるのです。

その理由をお伝えします。

4.1.2.正確なチャート分析ができない

MT4と日本の時刻に差があると、正確なチャート分析ができなくなります。

例えば、日本時間の午前10時からトレードするとして、チャートを開きます。

しかし、チャート上では、午前4時と表示されます。日本で生活している限り、時刻の認識は日本時間が基準となっているはずですよね。そうすると、チャートを見るたびに、時刻を足し算や引き算をして、修正しなければなりません。これは面倒ですよね。

具体的に解説するために、次の実際のチャートで見てみましょう。

※クリックすると拡大します

正確なチャート分析ができない

白い丸印をつけたところが、高値をつけたポイントです。高値(もしくは安値)を見つけたら、チャートの横軸で時間をチェックする方も多いと思います。アジアタイムにつけた高値なのか、欧州タイムでつけた高値なのかによって、その後の戦略が変わってきますよね。

しかし、MT4上の時間がずれていると、今の日本時間に換算する必要があります。上のチャートの場合、6時間ずれているので、高値を付けたMT4上の時刻である「2時46分」からプラス6時間すると、日本時間で「8時46分」に高値をつけたと認識できます。

しかし、頭の中で毎回このような計算をしていると、面倒でトレードが嫌になってしまうでしょう。これが、問題というわけです。使う業者により、タイムゾーンが違うのですから、混乱してしまいます(解決方法は後述)。

4.2.サマータイムでの注意点

次に、世界で基準となる時刻(GMT)について解説します。

「時差がある」という理解だけでは、これからMT4を使いこなす上での認識が浅いと言えます。そこで、なぜMT4のタイムゾーンは業者によって違うのかについて、もう少し深堀りして解説します。知っておくべきことは、次の2つです。

  1. GMT
  2. 夏時間と冬時間

なお、MT4で日本時間を表示させる方法を早く知りたい方は、読み飛ばして、次の「4.3.日本時間の表示方法」に進んでいただいても構いません。

4.2.1.GMTとは

MT4の時刻を理解する上で、GMTを知っておく必要があります。

GMTは、グリニッジ標準時刻のことで、「Greenwich Mean Time」の頭文字をとったものです。地球上には時差があるので、世界の標準時刻を定めておいたほうが、商取引においても便利ですね。それが、GMTということです。

ちなみに、グリニッジとは、ロンドンにあるグリニッジ天文台のことです。経度が0度であるため、世界の標準時刻になっています。そして、日本時間はグリニッジ標準時刻よりも、9時間進んでいて、GMT+9と表します。時差が9時間ということです。

一般的に、時差は次のように表します(〇には、数字が入ります)。

  • GMT+〇:グリニッジ標準時刻より、〇時間早い
  • GMT-〇:グリニッジ標準時刻より、〇時間遅い

ちなみに、MT4を採用している世界中のFX業者の多くが、GMT+2を採用しています。

その理由は、ニューヨーククローズの時刻に合わせているからです。この時刻にチャートを合わせないと、終値の時刻がずれてしまい、日足の数が変になります。1週間は5日なので、その週の日足は5本ですよね。それが6本になると、おかしなチャートになってしまいます。

補足すると、先ほどのチャートは、サマータイムのため、GMT+3です(サマータイムについては次の項で解説)。

※クリックすると拡大します

正確なチャート分析ができない

日本がGMT+9なので、チャートでは、日本時間よりも6時間遅れているということです。ちょっとややこしくなってきたので、ここで、「夏時間」と「冬時間」について解説しておきます。

4.2.2.夏時間(サマータイム)と冬時間

夏時間とは、サマータイムのことです。時計を1時間進め、太陽が出ている時間を長くします。

サマータイムは、欧米を中心に導入されていますが、日本では導入されていません。そのため、日本人はピンとこないかもしれません。

それでは、実際のサマータイムの時期を、表で整理してみましょう。

  サマータイム開始日 サマータイム終了日
オセアニア市場 10月最終日曜日 3月最終日曜日
ロンドン市場 3月最終日曜日 10月最終日曜日
アメリカ市場 3月第2日曜日 11月第1日曜日
  サマータイム
開始日
サマータイム
終了日
オセアニア市場 10月最終日曜日 3月最終日曜日
ロンドン市場 3月最終日曜日 10月最終日曜日
アメリカ市場 3月第2日曜日 11月第1日曜日

為替市場では、オセアニア・アジア・ロンドン・ニューヨークの4つがメジャーな市場ですが、日本はサマータイムが導入されていないので、アジア市場の時差は考えなくてもよく、上の3つの市場で充分です。

ただし、上の表のサマータイムの開始日と終了日を覚える必要はありません。3つの市場での切り替え時期を、なんとなく意識しておくだけで大丈夫です。切り替え時期になると、FX会社の取引ツールのニュースのヘッドラインやホームページのお知らせで、目にするようになります。

ちなみに、私は、オセアニア市場はトレードしないので、オセアニアのサマータイム自体を、ほとんど気にしていません。経済指標の時間が早くなりますが、指標発表の時間が変わったら、サマータイムの切り替えがあったな、という程度の認識です。

トレードをするにあたって、どこの市場がサマータイムを導入しているかどうかは、あまり関係ありません。MT4を使う際に気を付けることは、夏時間と冬時間でタイムゾーンが1時間変わることです。

つまり、GMT+2だったのが、夏時間だと1時間早まり、GMT+3になります。しかし、タイムゾーンが変わったからといって、MT4で特に設定を変更する必要はありません。

タイムゾーンが変わると、MT4の取引時間が変わるという認識だけです。

具体的には、日本時間の土曜日の朝7時にクローズしていたチャートが、サマータイムになると朝6時にクローズになります。

4.3.日本時間表示をする3つの方法

前置きが長くなりましたが、いよいよ、MT4で日本時間を表示する方法を解説していきます。

最初にお伝えすると、MT4では、タイムゾーンの変更はできません。しかし、次の3つの方法で、日本時間を表示することができます。

  1. タイムゾーンが日本時間のMT4業者を使う
  2. 日本時間インジケータをダウンロードする
  3. インジケータをダウンロードする(海外業者OK)

一つ一つ詳しく解説していきます。

4.3.1.タイムゾーンが日本時間のMT4業者を使う

国内のMT4業者で、タイムゾーンを日本時間に設定している業者を使う方法です。

現在、日本時間のMT4を提供している国内業者は、フォレックスドットコムYJFX!の2社です。

次の表は、国内でMT4を提供しているFX会社の一覧で、背景が黄色の2社のみが、日本時間を採用しています(背景が水色の業者は、インジケータをダウンロードすることによって日本時間が表示可能。詳細は後述)。

国内のMT4業者 デモ
口座
デモ
期限
タイム
ゾーン
日本時間
インジケータ
FXトレードフィナンシャル 30日 海外
オアンダ  〇 無期限 海外
外為ファイネスト  〇 90日 海外
EZインベスト証券  〇 90日 海外 ×
楽天FX  〇 30日 海外 ×
FOREX EXCHANGE  〇 無期限 海外
AVATRADE  〇 21日 海外 ×
フォレックスドットコム  〇 60日 国内
YJFX!(チャート分析のみ)  〇 無期限 国内
JFX(チャート分析のみ)  〇 無期限 海外
国内の
MT4業者
デモ
口座
デモ
期限
タイム
ゾーン
日本時間
インジ
ケータ
FXトレード
フィナンシャル
30日 海外
オアンダ  〇 無期限 海外
外為ファイネスト  〇 90日 海外
EZインベスト証券  〇 90日 海外 ×
楽天FX  〇 30日 海外 ×
FOREX
EXCHANGE
 〇 無期限 海外
AVATRADE  〇 21日 海外 ×
フォレックス
ドットコム
 〇 60日 国内
YJFX!
(チャート分析のみ)
 〇 無期限 国内
JFX
(チャート分析のみ)
 〇 無期限 海外

ただし、タイムゾーンが日本時間だからといって、MT4はフォレックスドットコムとYJFX!の2社が絶対におすすめというわけではありません。使う目的によって、例えば、

  • MT4でリアルトレードをする
  • MT4はデモ口座だけ使う
  • トレード手法はスキャルピングかデイトレード
  • 使いたいインジケータ(テクニカル指標)

など、色々な条件を比較して、最終的にどこのMT4を使うかどうかを決める必要があります。

なお、YJFX!のMT4を使う場合は、リアル口座を開設してIDとパスワードを入力する必要があります。そのため、今すぐMT4でチャート分析を日本時間で行いたい場合は、フォレックスドットコムの一択ということになります。

4.3.2.日本時間インジケータをダウンロードする

国内のMT4業者でも、先ほどの表のように、タイムゾーンは海外を採用しているところのほうが多いです。しかし、日本時間を表示する「カスタムインジケータ」を使うことによって、日本時間表示をすることができます。

先ほどの表の一番右の列に、「日本時間インジケータ」とありますね。この背景が水色の5社のみが、カスタムインジケータを使うことで、日本時間表示ができます。整理すると、次の5社です。

  • FXトレードフィナンシャル
  • オアンダ
  • 外為ファイネスト
  • FOREX EXCHANGE
  • JFX(チャート分析のみ)

では、日本時間を表示するインジケータとはどんなものか、見てみましょう。

次の画像は、FXトレードフィナンシャルのホームページです。

※クリックすると拡大します

FXTFのよくある質問

本文中に、「日本時間を併記するオリジナルインジケータFXTF-Japan Timeをご用意しております」とありますね。

FXトレードフィナンシャルに限らず、日本時間インジケータが使える他の4社のホームページにも、同じような記載があるはずです。

そして、このインジケータを使うと、MT4では、次のように日本時間が表示されます。

FXTF-JapanTimeの見方

チャートの一番の下の時刻は、元々備わっているタイムゾーン(海外時間)で、その上に、日本時間が表示されます。

これで、頭の中でいちいち日本時間に換算してチャート分析をする必要がなくなりました。

4.3.3.インジケータをダウンロードする(海外業者OK)

上で解説した2つの方法は、いずれも国内のMT4業者を使って日本時間を表示する方法でした。

ただし、中には、海外業者のMT4を使っている方もいると思うので、海外のMT4業者で日本時間を表示する方法もお伝えしておきます。

先ほどのFXトレードフィナンシャルの「日本時間インジケータ」は、本来どのMT4業者でも使えるのですが、自社でしか使えないように、制限がかけられています。つまり、自社で口座開設してくれる人にだけに使えるようにしているのです。

同様のインジケータは、知識があれば、個人でも作ることができます。そして、制限をかけずにどの業者でも使えるようにしてあれば、海外口座のMT4でも使うことができます。

実際、ネットで調べてみると、日本時間を表示するインジケータは、世の中にいくつか出回っているようです。その中でも有名なのが、「JPN_Time_SubZero」というインジケータです。

「JPN_Time_SubZero」をダウンロードしてMT4に設定すれば、海外のMT4業者も含めて、どのMT4業者でも日本時間表示ができます。

ただし、「JPN_Time_SubZero」は、無料で出回っている上、個人が作ったものなので、動作の保証はありません。そのため、海外のMT4業者を使っていて、どうしても日本時間を表示したい場合のみ、作動しなくなるリスクを容認した上で、使ってみるといいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ぜひ、繰り返しお読みいただき、ご自身のMT4で色々と試してみて下さい。

余談になりますが、私も、最後に紹介した「JPN_Time_SubZero」のような独自のカスタムインジケータを制作しています。インジケータを作る場合は、プログラマーに外注すると、数万円で作成可能です。

何かアイディアを思いついたら、独自のインジケータを作ってみてはいかがでしょうか。そうすると、トレードがより面白くなるでしょう。モチベーションもアップし、結果、大きな利益につながります。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の15社から選ぶ場合は、『FXおすすめ口座・会社比較!初心者向け15社を10項目でランキング』をご活用ください。

初心者向け:FXで安定的に利益を出し続けるための10日間集中講座【全て無料】

FXのLステップ「FXに興味はあるけど、何から始めればいいの?」
「FXと株式はどう違うの?」
「FXでどうやったら稼げるようになるの?」


と思っている人はいませんか?


次のLINE公式アカウントにご登録いただくと、FXの初心者から安定的に利益を出し続けられる状態まで一気にレベルアップできます。


FXのLステップCTAバナー


具体的には、次のような内容が全て無料で学べます。


・FXで利益を出すために必要な基礎知識
・デモトレードで利益を出す体験
・おすすめのMT4業者とインストール方法
・利益を出すために必要なチャート分析の基礎


10日間で7本の動画が届きますが、初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説をしているので、「自分もFXで稼げそう!」と鮮明にイメージすることができるはずです。


ひご登録いただき、FXで成功をつかむ第一歩にしてください。


無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

ぶせな


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。



ぶせな氏の実践方法を見る

SNS
投資の教科書公式Twitter
順番に読むとFXで稼ぐ力が身に付きます
インタビュー
SBIFX
ヒロセ通商
JFX
YJFX
トレイダーズ証券
GMOクリック証券
FXプライムbyGMO
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る