MT4のストップロス注文の使い方

MT4を使いこなすためには、損切りのストップロス注文は欠かせません。特に、これからMT4を使ってトレードを始めようと思っている方は、知っておいたほうがいいでしょう。

この記事では、MT4のストップロスの基本と実際の発注方法を分かりやすく説明しています。

MT4特有の設定方法もあるので、ぜひ参考にして下さい。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

1.ストップロスとは

ストップロスとは、損切りのことです。ちなみに、損切りとは、今発生している損失をこれ以上膨らませないために、保有しているポジションを決済することです。つまり、ポジションを決済し、損失を確定することで「損切り=ストップロス」ができます。

このように言うと、ストップロスは良くないこと、気分がいいものではないものと感じるかもしれません。しかし、ストップロス(Stop Loss)は、損失(Loss)を食い止める(Stop)役目があります。

損切りをためらい、含み損がどんどん拡大しているにも関わらず、冷静さを失って損切りができなくなった経験はありませんか?

もし、思い当たる節が1回でもあるなら、この先、どんなに気を付けても、大損する可能性は少なからずあります。そこで、ストップロスを設定するのです。そうすれば、MT4が自動的に損切りしてくれるため、大損する可能性は極めて少なくなります。

つまり、一瞬で下落するフラッシュクラッシュのような値がつかない急落でも起きない限り、損失は限定されるということです。

あなたの資産を守る大事な手段なので、次の章で発注方法をしっかりマスターしましょう。

2.MT4でストップロス注文を出す方法

それでは、MT4でストップロスを入れる方法を見ていきましょう。設定方法は2つあります。

2.1.エントリーと同時に入れる方法

まずは、新規注文と同時にストップロスを入れる方法です。エントリーする時に、すでに損切りポイントを決めているなら、新規注文と同時にストップロスも入れておきましょう。そうすれば、設定のし忘れを防ぐことができますね。

2.1.1.成行注文でストップロス注文を出す場合

最初に、成行注文でストップロス注文を出す場合を説明します。

成行注文でストップロス注文を出す場合

①新規注文
上のメニューの「新規注文」をクリックし、オーダーの発注画面を出します。なお、実際のトレードでは、画面上部にある「通貨ペア」と「数量」を選択してから、②以降に進んで下さい。

②決済逆指値
「決済逆指値」がストップロスのことです。損切りする価格を入力します。

③注文種別
成行注文にします。

④発注
最後に、ここをクリックして注文が完了です。

そうすると、下図のように、チャート上にエントリー価格とストップロスの価格がライン表示されます。

チャート上にエントリー価格とストップロスの価格がライン表示される

そして、チャート下部には、ポジションが表示されます。決済逆指値の箇所に、先ほど入力したストップロスの価格が出ていることをご確認下さい。

2.1.2.指値注文でストップロス注文を出す場合

今度は、指値注文でストップロス注文を出す場合です。つまり、「指値+逆指値を1回で発注する方法です。

指値注文でストップロス注文を出す場合

①注文種別
指値注文にします(成行注文の場合と順番が異なります)。ここを指値注文に変更しないと、②の画面が出てきません。必ず①→②→③に順番で進みましょう。

②注文種別
「Buy Limit」を選択します。買い指値、という意味です。指値の価格も入力して下さい。

③決済逆指値
ストップロスの価格を入力します。

ここまで終わったら、最後に「発注」ボタンをクリックして完了です。そうすると、チャート上にラインが表示され、下部に注文の予約が入ります。指値およびストップロスの価格が表示されることをご確認下さい。

さて、今の説明は、買いポジションの「指値+逆指値」の組み合わせでしたが、この組み合わせには色々なパターンがあります。

例えば、売りポジションの「逆指値+逆指値」だと、次のように発注します。

売りポジションの「逆指値+逆指値」

①注文種別
指値注文にします。

②注文種別
「Sell Stop」を選択します。売りの逆指値、という意味です。

③決済逆指値
ストップロスの価格を入力します(②の売り指値よりも高い価格になります)。

最後に「発注」ボタンをクリックすると、次のようになります。チャート上のラインと、ポジション一覧の価格を確認しましょう。

新規売り逆指値とストップロス

2.2.エントリー後に入れる方法

次は、エントリーしてポジションを持った後にストップロスを入れる方法です。とりあえずエントリーし、後でしっかりと損切りポイントを決める場合に使います。

下の画像は、すでにポジションを持っている状態です。

エントリー後にストップロス注文を出す場合

チャート上のポジションラインをダブルクリックするか、ポジション一覧をダブルクリックします。そうすると、オーダーの発注画面が出てきます。

エントリー後にストップロス注文を出す場合のオーダーの発注

この状態から、ストップロス注文を出してみましょう。

①注文種別
「注文の変更または取消」を選択します。

②決済逆指値
ストップロスのことで、損切りする価格を入力します。そして、すぐ下の青色のボタンをクリックすると完了です。

2.3.一度入れたストップロス注文を変更する方法

次に、一度入れたストップロス注文を変更する方法をご紹介します。便利な方法があるので、ぜひ覚えて下さいね。

一度ストップロスの設定をすると、下図にように、チャート上にラインが表示されます。

ドラッグして動かせる

これを変更する時は、ライン上でドラッグして上下に動かすと、ラインも移動します。そして、変更する価格まで移動してマウスを離せば、簡単にストップロスを変更できます。もし、テクニカル分析をしながら損切りの価格を変更するなら、この方法が早くて便利です。

ポジションをドラッグする

ちなみに、カーソルでラインをつかんで移動すると、チャート下部にあるポジション一覧の決済逆指値の価格も変更されます。

ちなみに、今回は逆指値の変更方法を説明しましたが、指値の場合も同じです。

ドラッグしたまま下へ移動するとストップロス設定できる

3.通貨ペア毎に損切り幅が異なることに注意!

ストップロスを設定する時、ストップレベル(損切り幅)が決まっていることにご注意下さい。損切り幅が一定のpips以内だと、設定ができません。

分かりやすく説明しますね。

下のオーダー発注画面を見て下さい。これは、EUR/JPY(ユーロ円)の例です。

ユーロ円のオーダーの発注画面

赤い四角の箇所に、「現在価格から54ポイント圏内は発注できません。」とありますね。

54ポイントとは、5.4pipsのことです。中途半端な数字に感じますが、この業者が決めているEUR/JPYのストップレベル(損切り幅)なので、あまり気にしなくて大丈夫です。そして、ストップロスを設定するなら、5.5pips以上あけて下さいね、ということを意味します。

それでは、なぜストップレベルを設けているのでしょうか?

その理由は、あまりにも狭いストップ幅、例えば1pipsなどと設定した直後に相場が急変動すると、約定してしまう恐れがあるからです。発注ボタンをクリックしたのに、ポジションが表示されずに損切りになっていた、なんてことも想定できます。これでは、トレードになりませんね。

特に、スキャルピングをやる方は、ストップレベルを狭く設定したいはずです。ただし、1pipsや2pipsでストップロス設定はできませんので、ご注意下さい。

ちなみに、通貨ペアごとにストップレベルは異なります。確認方法を見てみましょう。

通貨ペアごとのストップロスレベルを確認する方法

①気配値を表示し、通貨ペアの上で右クリックします。
②「仕様」をクリックします。
③取引条件という項目が出てくるので、この中の「ストップレベル」で確認できます。

以上で、MT4からストップロス注文を出す手順の解説は終わりです。上手に活用して、しっかり資金管理ができるようになりましょう。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『FXでおすすめの人気13口座を9項目で徹底比較!』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

順番に読むとFXで稼ぐ力が身に付きます

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る