MT4のトレーリングストップ方法

MT4では、便利な注文方法があります。その一つに、トレーリングストップがあります。トレーリングとは、追いかける(trail)という意味です。

FXに置き換えると、利益を追求しつつ、ある程度利益が減ってきたら決済する注文のことです。少し長めにポジションを保有するトレードに興味があるなら、非常に便利な注文です。参考にしてください。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』。

1.トレーリングストップとは?

トレーリングストップは、トレール注文とも言います。

利益が出てきたら、含み益が無くならないうちに、逆指値注文を入れて利益を確保する注文とお考えください。

トレーリングストップは、新規注文と決済注文で使うことができますが、ほとんどの場合は決済注文で使われます。また、MT4では、決済のトレーリングストップ注文は装備されていますが、新規のトレーリングストップができません。ただ、使う場面は決済のときで充分なので、問題ありません。ここでは、MT4の決済時の使い方を説明します。

※ヒロセ通商より

通常の逆指値と違うのは、トレーリングストップは、含み益で逆指値を入れておくことです。通常の逆指値は、損切り価格の設定ですよね。これが一番違う点です。つまり、トレーリングストップは、含み益の状態であることが前提です。

2.MT4の設定方法

MT4で設定する手順を見ていきましょう。

トレーリングストップは、エントリーしてポジションを持っている状態でないと、発注することができません。上述のように、含み益であることが前提だからです。

下図を見てください。

まず、ポジションを持ったら、MT4の下部にポジション一覧を表示させます。

参考:MT4のポジションと損益の表示方法

次に、上図のようにポジションの上にマウスを持っていき、右クリックをしてください。

「トレイリング・ストップ」にマウスを移動すると、右に項目が出てきます。最初は、「無し」にチェックが入っています。ここでトレール幅(逆指値)を設定します。トレール幅とは、今から何pips逆行したら決済をする、というpips幅です。

MT4では、40ポイント、45ポイントのようにポイント表示になっています。40ポイントとは、4pipsのことです。ポイントとpipsは異なりますので注意してください。75ポイント(7.5pips)まで表示されていますので、それを超えるトレール幅にする場合、「カスタム設定」からできます。

カスタム設定をクリックすると、次の画面が出てきますので、任意の数字を入れてください。

10pipsなら100を、100pipsなら1000を入力します。

「最低設定は40ポイントです」と書いてありますね。4pips未満のトレール幅は設定できないということです。4pips以上で設定します。

設定が完了すると、下図のようにポジションの注文番号に「T」というマークがつきます。

小さくて少し見にくいですが、一番左に「T」マークがありますね。トレーリングの「T」のことです。

また、決済逆指値という項目に、設定したトレール幅の価格が表示されます。

トレール幅を変更するときは、最初の設定と同じようにポジションを右クリックして設定画面に進みます。

新たに設定したい数字をクリックするだけで完了できます。

注文は上書きされますので、最初の注文を取り消す必要はありません。トレーリングストップ自体をやめる場合は、一番上の「すべて削除」をクリックします。

なお、トレーリングストップ注文を出すと、プライスが進むと逆指値の価格も変動します。10pips含み益が増えると、逆指値の価格も10pips進みます。

そのため、決済逆指値に表示されている価格も、プライスに応じて変動します。トレール幅を50pipsと設定したら、50pipsをキープしながら、実際のレートに合わせて逆指値価格が変動していきます。

なお、不利な方向へレートが動いても、決済逆指値は動きません。有利な方向へレート変動したときだけ、逆指値も有利な方向へ進みます。有利な方向とは、含み益が増えることです。

トレーリングストップが便利な注文ということがわかってきましたか?

3.注意点

このトレーリングストップは、注文を入れるだけなら非常に簡単で、覚えればすぐにできます。ただし、間違った注文を入れたり、勘違いしていると、トレール注文が執行されないこともあります。MT4でトレール注文を使う上で、注意すべき点を2つ見ていきましょう。

3.1.MT4を立ち上げていないと機能しない

トレーリングストップは、MT4を立ち上げていないと執行されません。ネットに接続された状態であることが必要です。たとえば、就寝前にMT4を落としてネット接続を遮断すると、トレール注文が通常の逆指値注文にかわります。MT4を消したときに設定されていた価格で逆指値注文が入ります。そして、再度MT4を立ち上げてネットを接続すると、トレール注文が再開されます。

もし、MT4を消している間に逆指値の価格に達して注文が執行されていると、ポジションは無くなっているはずです。トレール注文は、MT4を立ち上げているときだけ機能するので、間違えないようにしましょう。レート変動に伴い、トレール幅で逆指値価格も変動するので、当然といえば当然ですね。

3.2.トレール幅よりも大きな損失になる

トレール注文を出してからプライスが逆行すると、いずれ逆指値にひっかかりますね。そのとき、必ず逆指値の価格で約定するとは限りません。決済逆指値は、そのプライスまでレートがきたら、「決済注文を自動で発注する」というだけです。

たとえば、トレーリングストップの決済逆指値が110.00円だとしたら、必ず110.00円で約定されるわけではありません。110.00円になったら、自動で成行注文を出してポジションを解消してくれるということです。つまり、あなたが110.00円で成行決済をするのと同じことです。成行決済のボタンをクリックしたとき、レート変動が激しいと、110.01円や109.98円で約定することはよくあります。

仮に、経済指標時や要人発言で、急騰や急落があると、50pipsなど一瞬でプライス飛びます。こういうときに成行注文を出しても、すごく不利な価格で約定したり、数十pips離れた価格で約定することもあります。

トレーリングストップも同じで、値が飛んだときに決済逆指値に引っかかると、成行決済が出されますが、約定価格は大幅にずれることになります。実際のトレール幅よりも、かなり不利な価格で決済されるため、利益を確保したつもりが損切りになっている可能性もあります。

この点を理解してトレーリングストップを使いましょう。

MT4における設定方法は以上です。トレール注文は、スキャルピングのような短期売買では不向きなので、デイトレード~スイングトレードで活用してくださいね。数時間~数日単位でポジションを保有するなら、効率的なトレードが可能になるでしょう。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る