日本モーゲージサービス(7192)業績の進捗率に注目した戦略を行いたい

 日本モーゲージサービス(7192)は住宅関連企業を対象に、住宅金融、住宅瑕疵保険、システム開発・クラウドプラットフォーム、事業生産性コンサルティング等の住宅事業総合ソリューションサービスの提供 をしています。フラット35などの住宅ローンを専業で展開していますが、フラット35については近年では2012年77,315件、2013年62,355件、2014年53,610件、2015年75,462件(住宅金融支援機構の調査結果より抜粋)と安定した利用舎数となっており、マイナス金利で住宅ローンの借り換えが注目されている現状では今後も注目される可能性があります。業績面では今期の売上高が58億円、経常利益5億7000万円、当期純利益4億1000万円に対して第二四半期時点で売上高が29億円、経常利益4億4000万円、当期純利益が3億円と進捗していることから第三四半期の進捗状況が注目されます。需給面ではVCが60万株保有しているので上場時の大きなリスクになりますが、足元では業績が堅調なことから、上場後の急落場面はIPOセカンダリーで狙いたい案件です。

銘柄情報
銘柄コード  7192 銘柄名 日本モーゲージサービス 市場 JASDAQスタンダード
事業内容 住宅関連企業を対象に、住宅金融、住宅瑕疵保険、
システム開発・クラウドプラットフォーム、事業生産性コンサルティングなどの
住宅事業総合ソリューションサービスの提供

 

初値の期待度 セカンダリー妙味 総合評価
B A B
予想初値
 2700円

公募申込戦略 

 同社は公募売出数が369,600株ありますが、主幹事のみずほ証券の割り当てが299,700株あります。ネットには約3万株割り当てがありますので、店頭申込かネット申込みのいずれかでも当選する可能性があります。その他、SMBCフレンド証券、いちよし証券の割り当てが11,000株ありますので両社に注目しても良いかもしれません。

需給面

 同社の公募売出数は369,600株ですが、VCの保有が60万株あり、公募価格の1.5倍でロックアップが解除するため、上場時は公募価格の1.5倍の水準ではVCの売却に注意が必要です。仮にロックアップ解除前に初値が決まったとしたら、1.5倍の水準までは買いで見て良いかもしれませんが、株価がその水準を超える場合は注意が必要です。

成長性

 同社の住宅ローンビジネスについては近年は営業所が増えていることや新商品が出ていることもありますので、業績は今後も伸びていくイメージがあります。上場時はVCの保有が大きいため、初値形成後はVCの売却が落ち着くのを待たなければなりませんが、業績の進捗状況に注目されてくれば再評価されても良いと思います。

【評価の解説】

初値の期待度とは、公募価格よりも高い初値が付く可能性が高いと考えられるものです。この評価が高い銘柄は、『IPO 株の当選確率を上げる3 つのテクニック』を使って、積極的に申し込みをすると良いでしょう。セカンダリー妙味とは、上場後に株を取得しても、尚、値上がり益を見込める可能性が高いものです。この評価が高い銘柄は『IPO セカンダリー投資で会社員が年間数100万円の利益を得た方法』を参考に、利益の増大を目指してみるのも手です。また、初心者の方は、IPO 投資の基礎として、『IPO投資で収益率26.6%の成功例!絶対知っておくべき2つのノウハウ』にも目を通しておきましょう。

基本条件
仮条件 2016年11月28日決定予定
公募価格 2016年12月7日決定予定
ブックビル期間 2016年11月30日~ 2016年12月6日
購入申込み期間 2016年12月9日 ~ 2016年12月14日
上場予定日 2016年12月19日
上場時発行済株数 2,324,000株
公募売出数 公開株数369,600株  
(公募300,000株、売り出し69,600株)
想定発行価格  2,010円
購入に必要な金額 201,000円
引受証券会社
役割 証券会社 割当数(株) 割合(%)
主幹事証券 みずほ    
引受証券 SMBC日興    
引受証券 SMBCフレンド    
引受証券 いちよし    
引受証券 SBI    
既存株主およびロックアップ条件(VCリスク:C)
氏名 株数 割合 ロックアップ
株式会社ビルダーズシステム研究 460,000株 22.73% 90日or 1.5倍 
ティー・ハンズオン1号投資事業有限責任組合 無限責任組合員 ティー・ハンズオンインベストメント株式会社 280,000株 13.83% 90日or 1.5倍
株式会社日本レジデンシャルファンド 160,000株 7.91% 90日or 1.5倍
三井住友海上火災保険株式会社 124,000株 6.13% 90日or 1.5倍
株式会社メープルリーフ 120,000株 5.93% 90日or 1.5倍
株式会社OSCAR 80,000株 3.95% 90日or 1.5倍 
OMソーラー株式会社 80,000株 3.95% 90日or 1.5倍
株式会社アールシーコア 80,000株 3.95% 90日or 1.5倍 
東京海上日動火災保険株式会社

80,000株

3.95% 90日or 1.5倍 
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 80,000株 3.95%  
 既存株主合計 2,024,000株 ロックアップカバー率  95.90% 
ストックオプション付与状況(SOリスク:C)
総会決議日 株数 行使価格 行使期間
未行使残高なし      
直近の業績
業績動向(百万円) 売上高 営業利益 経常利益 純利益
(連結実績)2015.3 3,977 167 169 61
(連結実績)2016.3 5,253 549 553 376
(連結予想)2017.3 5,806 573 575 410
(連結中間実績)2017.3 2,944 444 445 308

 

柳橋義昭の人気記事

IPOの裏側を知るトレーダーが、 IPOの獲得数を増やして利益を得ている全て


IPOは「新規公開株」のことをいいます。


IPOをした企業には、上場前から大きく注目される銘柄があります。


このような銘柄には様々な投資家が資金を出資し、一時的に株価が大きく値上がりする傾向があります。


このような銘柄に投資することをIPO投資といいますが、IPO投資はリスクが少なく利益が出やすいといわれています。


しかし、IPOは個人投資家に人気がありますので、なかなか獲得できない方が多いです。


このメール講座では私がIPO獲得に必要なノウハウをお伝えします。


私は証券会社でIPO業務に従事した経験があり、投資家としても毎年、様々なIPOを獲得しています。


私がIPO獲得に欠かせない証券会社から、証券会社の攻略方法に至るまで、メール講座で包み隠さず、お教えします。


無料メール講座を受講する

いつでも何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資

著者:柳橋


いつでも、何度でも稼げる! IPOセカンダリー株投資


長年、IPO投資で成果をあげている著者が、独自に構築した「セカンダリー投資」について、各手法を紹介しています。IPOといえば、低リスクの抽選配分での投資が主流ですが、上場後の値動きの傾向をパターン化したセカンダリーの戦略は、今後のIPO投資に大いに役立つでしょう。


詳細はこちら

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。