【ヒロセ通商の評判/レビュー⑤】スワップでトルコリラ円の長期運用を検討

大手調査機関によるアンケートを実施し、そのFX口座を実際に使っている人の声をヒアリングしました。これを参考にして、みなさんのFX口座選びにお役立てください。

【調査概要】
調査目的:FX利用者への意識調査
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:現在FXで取引をしている方
調査地域:日本国内
調査主体:エンジュク
調査担当者:柳橋
調査機関:大手調査機関G社

39歳 会社員(男性) FX取引歴3年

(質問1)ヒロセ通商を選んだ理由を教えて下さい

(回答)取扱い通貨が多い上、メジャーで安心して取引できる

元々、ポイント稼ぎとキャッシュバックを取得するためにヒロセ通商で口座を開設した。なぜヒロセ通商を選んだかと言うと、その前は松井証券のFX口座で運用していたが、松井証券のスプレッドはFX専門業者よりもかなり広く、長期間で考えるとかなり損をする可能性が高くなってしまう。

また、松井証券の場合、一回の取引ロットが最低10,000通貨単位となるが、ヒロセ通商の場合は最低1,000通貨単位と1/10で運用ができるためヒロセ通商を選択した。

数多くあるFX専門業者の中でヒロセ通商を選択した理由は、トルコリラ円の長期運用を検討したのだが、一日あたりのスワップ金利額が高く、またスプレッドも他社に比べて狭めに設定されていると思ったのでヒロセ通商を選択したが、実際は他社の方が良かったことを後から知った。

但し、ヒロセ通商に関して言えば、FX専門業者の中でも取引対象とする通貨が多く、またメジャーな業者であることから、安心して取引できるという点においては選択して正解だった。

(質問2)ヒロセ通商の使い勝手を教えて下さい

(回答)証券会社のFXサービスよりスプレッドが狭くて有利

まずアプリに関して言えば、大前提として私が使用したことのあるFX口座は松井証券とヒロセ通商の2社だけなのでこの2社での比較となりますが、個人的には特にチャート類については松井証券の方がスッキリした見やすい仕様なので、初心者に向けで良いかとは思います。

スプレッドに関しては大きく異なり、ドル円の比較で、松井証券が1~2銭なのに対して、ヒロセ通商は0.3銭です。また、私はトルコリラ円の運用を考えていたので、そこを比較すると、松井証券が8銭なのに対して、ヒロセ通商は1.9銭で、遥かにヒロセ通商が有利です。

スリッページに関しては、そもそも松井証券の価格レートは下2桁に対してヒロセ通商は下3桁まであるので、どうしてもヒロセ通商の方がスリッページを起こしやすい感じです。

約定力についてはどちらも同等のレベルだと思います。使い勝手は松井証券の方がいいかと思いますが、FXというのは資産を増やす目的で行うものですので、スプレッドが狭い方が遥かに有利ですので、2社選択の場合はヒロセ通商をお勧めします。

(質問3)ヒロセ通商の改善点を教えてください

(回答)テクニカル指標を増やし過ぎると見づらい

まず、チャートについて一目均衡表や移動平均線などテクニカルを増やしセットすると、とにかくゴチャゴチャし過ぎていて見づらい印象です。もう少し見やすい工夫をお願いしたいです。

2つ目に、レート一覧からスワップポイントが見えるようになると大変助かります。

最後に、私が一番重要視しているのがニュース情報で、情報欄には確かにニュースのタップがありますが、すぐに開けるよう元々ある一覧の下にボタンを入れて欲しいです。レート一覧画面を見ながら左上のボタンをタップし、そこから下へスクロールするまでの時間がもったいないし、私にとっては手間です。

自分自身がページをカスタマイズ出来るような仕組みへ改善してもらえると、嬉しい人も多いと思うので、ぜひご検討をお願い致します。

 
執筆者
投資の教科書事務局

投資の教科書事務局

投資の教科書事務局では、実際に成果をあげている全国のトレーダーに取材をし、裏付けが取れた情報を基に記事を作成しています。この方針を貫き、個人投資家に本当に役に立つ知識やノウハウをお届けします。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。



ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る