FXで損失が出た時に確定申告をするメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FXで確定申告が必要なのは、利益が出た時だけではありません。 「繰越控除」という仕組みを使って損失が出た場合も確定申告をすることで、翌年以降の税金を節約できます。

この記事では、FXの損失を翌年以降の利益と相殺して税金の額を減らす方法をお伝えしますので、最後までぜひお読みください。

1.FXの税金

FXの税金は、給与所得などの他の所得から分離されて課税されます。この形式を、申告分離課税といいます。具体的には、「先物取引に係る雑所得等」という区分に分類されて、先物やオプション、CFDなどの金融商品の損益と合算した金額に税率をかけて課税されます。

FXの税率は、所得税、住民税、復興特別所得税を合わせて20.315%です。大体20%と覚えておけば大丈夫です。

例えば、ある年にFXで100万円の利益が出た場合の税金は、次のように計算できます。

 1,000,000円 × 20.315% = 203,150円

2.損失の繰越控除の仕組み

損失の繰越控除を使うと、ある年に出た損失を3年間にわたって繰り越すことができます。これを使うと、翌年以降に出た利益と損失を相殺することができ、利益に対してかかる税額を減らすことができます。

例えば、FXである年に300万円の損失が発生したとします。その後の3年間で毎年100万円ずつの利益が出たとしても、繰越ししておいた損失300万円と相殺ができ、税金がかかりません。

ここで、もし損失の繰越控除をしていなかった場合の税金を計算してみます。

 1,000,000円 × 20.315% × 3年分 = 609,450円

となり、約60万円も余分に税金を払わなければなりません。これはもったいないですよね。繰越控除は合法的な節税方法なので、損失があった年に確定申告をすることで余分な税金を払わなくて済みます。

ぜひ、次から説明する手続きの方法をマスターして2~3月の確定申告シーズンに備えてくださいね。

3.損失の繰越控除の手続

繰り返しになりますが、損失の繰越控除を使うためには、損失が発生した年に確定申告をしなければなりません。

FXの確定申告に必要な書類は次の3つです。

1.確定申告書B(第一表、第二表)
2.申告書第三表(分離課税用)
3.先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書

確定申告については、「FXの確定申告書の書き方」で詳しく解説しているので参考にしてください。

そして、FXの損失の繰越控除で必要なのが次の書類です。この用紙は税務署で配布してる他、国税庁のこちらのページからもダウンロードできます。

4.所得税の確定申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)

6

この用紙を入手したら、まず一番上の欄に住所と氏名を記入します。

7

続いて、先物取引に係る雑所得の金額と、繰越したい損失の金額を記入します。 次の見本は、今年25万円の損失があり、前年からの損失の繰越がない場合の記載例です。

〈記入のポイント〉

  • ①本年のFX(先物やオプション、CFDも含む)の損失額を記入します。
  • ①と同じ金額を、④、⑧、⑫にも記入します。
  • ㉒、㉖には、⑫の金額の△(マイナス)を消した金額を記入します。
  • ㉖には、⑦、⑪、㉒の合計金額を記入します。
    ※ここでは、⑦、⑪は空欄なので㉒の金額をそのまま記入します。

8

9

 

このように作成した書類を、冒頭でお伝えした必ず提出する3種類の書類(確定申告書B、申告書第三表、先物取引に係る雑所得等の金額の計算明細書)と一緒に税務署に提出します。

なお、記入した書類は翌年以降に利益が出て控除を行う場合に参照するので、必ず控えを保管しておくようにしてください。

まとめ

FXで損失が出た場合の確定申告の手続についてお伝えしました。面倒だからといって、損失控除の手続きをしておかないと、翌年以降に大きな利益が出た場合に後悔することになります。損失の繰越控除の制度はノーリスクで合法的に節税できる方法なので、ぜひ活用できるようになってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
木原 克明

木原 克明

システム会社経営、外資系コンサルティング会社勤務を経て、現在はエンジュク株式会社のシステム担当として勤務。IPO投資やイベント投資などの日本株投資を実践するほか、米国株オプション投資を実践している。日本の個人投資家に米国株オプションの魅力を伝えるエバンジェリスト(自称)。好きな言葉は「感謝」。

無料動画:FXで8年間で平均利回り163%を達成して、1億5,000万円の利益を稼いだトレード手法の全て

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、本格的にFXを始めて8年間で1億5,000万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。そのことは、年ベース負けなしで安定した利益を得ていることからも、確かな事実です。


その結果、平均163%の年間利回りを記録し、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。


そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・エンベロープや移動平均線のチャートの具体的な設定方法
・現在の利益の約3割を生み出しているデイトレードについて
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。


ぶせな氏の実践方法を見る

利益を最大化するために
ぶせな氏をはじめとした凄腕トレーダーが
使っている4つのFX口座

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。まずは、『FX口座の選び方|完全版』を読んで、その理由をしっかりと理解して頂ければと思います。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい4社の徹底比較』で詳しく解説させていただいております。

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*