FXの値動きの仕組み|通貨ペアと通貨量による損益計算をわかりやすく解説

FXや株式をはじめとした投資は、「安く買って高く売る」が基本ですが、もう一つ、「高く売って安く買う」という方法でも利益を出すことができます。

この記事では、FXで値動きから利益を出す仕組みについて、初心者にもわかりやすく解説します。

また、「1,000通貨や10,000通貨を投資して、どれくらい動いたらいくらの損益になるの?」という、初心者がつまづきやすい疑問についても説明します。

ぜひ、ご活用下さい。

1.FXで利益を得る二つのパターン

通貨の価格(交換レート)は常に変動し、FXは、このレートが変動する動きを利用して利益(為替差益・キャピタルゲイン)を狙います。

この為替差益を得るには、次の2つの戦略(パターン)があります。

  1. 買い戦略:安く買って高く売る
  2. 売り戦略:高く売って安く買い戻す

例を使って計算してみましょう。使うのは、次のドル円の取引イメージチャートです。

1.1.買い戦略:安く買って高く売る

上のチャートで、1ドル=110円の時にドル円を1,000通貨買ったとします。その後、1ドル=120円に上昇した時に売れば、利益は次のように計算できます。

(売値120円ー買値110円)×1,000通貨=10,000円

このように、安く買って高く売る戦略が、FXをはじめとした、投資の基本です。

では、1ドル=120円の時にさらに上昇すると見込んで、新たに1,000通貨買って、その後1ドル=110円に下落したらどうなるでしょうか?計算してみましょう。

(売値110円ー買値120円)×1,000通貨=▲10,000円

このように、買った時より価格が下落したら、10,000円を損してしまいます。

しかし、正しいテクニカル分析をして、今後下落する確率が高いと判断すれば、先に高く売って、安く買えば、同じように利益を出すことができます。

詳しくは、次で解説します。

1.2.売り戦略:高く売って安く買う

先ほどのチャートで、1ドル=120円の時に下落すると見込んで、ドル/円を1,000通貨先に売って、その後、1ドル=110円に下落した時に買えば、利益は次のように計算できます。

(売値120円ー買値110円)×1,000通貨=10,000円

このように、円高・円安による通貨ペアの上昇・下落に関係なく、買いだけでなく売りからも利益を得るチャンスがある点も、FXの大きな特徴です。

ちなみに、株式投資にも「空売り」といって、「高く売って安く買い戻す」方法があります。しかし、空売りできる銘柄が限られていたり、信用口座を別に開く必要があったり、逆日歩(手数料のようなもの)が発生したりと、株式投資は、FXと比べて、売り戦略の自由度は低いです。

その分、FXは、口座を開設すれば、誰でもすぐに売り戦略ができる上、通貨ペアによる制限もありません。ただし、日をまたいで売りポジションを保有する場合は、スワップポイントを支払う必要が出てくるので、注意しましょう(参考:スワップポイントとは)。

2.通貨単位ごとの損益計算のコツ

FXで、レートがどう動いたら利益になるのかの仕組みがわかったところで、今度は、「どれくらいの通貨量を投入したら、どれくらいの損益になるのか」を見ていきます。

株式投資の場合は、日本円で計算するのでわかりやすいです。しかし、FXは異なる国どうしの通貨を交換する取引なので、円やドル、英ポンドなどの様々な通貨単位が使われて混乱します。

ただし、今からお伝えするポイントを押さえれば、実際にトレードで困ることは無くなります。しっかり把握しましょう。

その前に、よく使うFX特有の次の2つの通貨ペアの用語を覚えておいて下さい。

・クロス円:ドル以外の通貨と日本円の通貨ペアのこと (例)ユーロ/円、ポンド/円

・ドルストレード:ドルが絡んだ通貨ペアのこと (例)ドル/円、ユーロ/ドル
 ※ドル/円に限っては、クロス円ではなく、ドルストレートであることがポイント!

2.1.pipsとは

先ほどのような、様々な通貨ペアが混在するFXのややこしさを取り払ってくれるのが、「pips(ピップス)」です。

ここで、次のAさんとBさんでは、どちらのパフォーマンスのほうが優れていると思いますか?

  • Aさん:400万円の資金をフルに使って1万円の利益
  • Bさん:40万円の資金をフルに使って1万の利益

少し考えてみて下さい。

利回りを計算すると、Aさんは0.25%(=1万円÷400万円×100)で、Bさんは2.5%(=1万円÷40万円×100)ですね。つまり、BさんのほうがAさんより少ない資金で効率良く利益をあげたことになります。

ここで、ドル/円の証拠金が1万通貨=40,000円と仮定し、先ほどの例を、今後はpipsで表してみましょう。

すると、Aさんは100万通貨を使って「1pips」の値幅で1万円の利益を得たことになります。一方、Bさんは10万通貨を使って「10pips」の値幅で同じ1万円の利益を得たことになります。

同じ1万円の利益でも、Bさんのほうが利食いの値幅が大きく、やはり効率良く利益をあげていることが分かりますね。

このように、pipsは、パフォーマンスを比較する「統一単位」として使われます。ちなみに、ドル円の場合は「1pips=0.01円=1銭」で、1pipsは、クロス円やドル/円は少数第2位、ドルストレートは少数第4位が基本になります。

では、「銭」と「pips」をどのように使い分けるのかというと、クロス円やドル/円の単位は「銭」で表し、それ以外の通貨ペアの単位は「pips」で表します

これを踏まえて、次は、実際のFX会社の注文画面を使って、トレードで使う実践的な損益計算の方法を解説します。

2.2.FX会社の注文画面の見方

次の画像は、ドル/円の注文画面です。ドル/円は、少数第2位が1pipsでしたね。

そして、次の画像は、ユーロ/ドルの注文画面です。ユーロ/ドルはドルストレードなので、少数第4位が1pipsでしたね。

このように、通貨ペアの種類によって、少数第2位か4位を見ることがポイントになります。

2.3.通貨量とpipsに応じた損益表

注文画面を見て、どこが1pipsとわかっても、実際に損益計算ができなければ意味がありません。

ここでは、1,000通貨と10,000通貨の場合で、何pipsの値幅でいくらの損益になるかを一覧表で確認してみましょう。

通貨単位 1pips=0.01円=1銭 10pips=0.1円=10銭 100pips=1円=100銭
1,000通貨 10円 100円 1,000円
10,000通貨 100円 1,000円 10,000円

これだけ覚えておけば、エントリーする前に、これくらい通貨量(資金)を投入すれば、これらいの損益の変動がありそうだな、と簡単に計算できるようになります。

しかし、最初はすぐに理解できなくても大丈夫です。

注文画面のところに、約定後に損益がリアルタイムで表示されるFX会社がほとんどなので、それを見れば問題ありません。

ただし、基本を知らないで、適当な通貨量で売買して損益が変動するのを眺めていても、値動きの本質を理解したことにはなりません。どれくらいのリスクを取って、どれだけのリターン(またはロス)が発生するのかを徹底的にリスク管理しないと、FXで勝つことは難しいです。

焦らず、じっくり取り組みましょう。そして、エントリーの時にちょっとでも損益の計算に迷ったら、先ほどの表を何度も見返していただければと思います。

まとめ

この記事では、FXの値動きの仕組みと、初心者が特に混乱しやすい、通貨ペアと通貨量による損益計算の簡単な方法をお伝えしました。

この内容は、FXの基本中の基本なので、利益に直結するものではありません。そのため、もっと実践的な通貨ペアの選び方を学びたい方は、ぜひ、次の記事も併せてお読み下さい。

≫ 通貨ペアとは|FXで勝つための正しい選び方

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX口座13社のランキングを徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

執筆者
山下 耕太郎

山下 耕太郎

一橋大学経済学部卒業。証券会社で営業、アナリスト、ディーラー職の経験を経て、個人投資家に転身。現在は、日経225先物やオプションを中心に、株式、CFD、FXを取引している。ブログ『日経225先物オプション奮闘日誌』を運営。ツイッターアカウントは「@yanta2011」。趣味は、ウィンドサーフィン。

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る