スワップポイントとは|FXで金利差益を狙う方法と注意点

スワップポイントは、FXで利益を得る方法の一つです。

これは、通貨ポジションを持っているだけで毎日発生する利益なので、外貨預金の代わりに利用している人もいます。きっと、関心を持っている方もいると思います。

そこで、この記事では、主に次の3点をお伝えします。

  • スワップポイントとは何か
  • スワップポイントで金利差益を狙うリスク
  • FXで資産を増やすための最大のポイント

ぜひ、参考にして下さい。

執筆者
ぶせな

ぶせな

専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを始めて8年で1億5千万円を突破。 自身のブログ『FX億トレーダーぶせな「スキャルピング」「デイトレード」』では、定期的にトレードの損益を公開中。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』(日本実業出版社)がある。

1.スワップポイントとは

スワップポイント(金利差調整分)とは、文字通り、2つの通貨の金利差のことです。FXは、為替取引(交換)によって為替差益を得ることが第一の目的ですが、実は、このスワップポイントからも金利差益を得ることができます。

例えば、アメリカの金利が年間3%、日本の金利が年間1%、1ドル=100円のレートの時に、ドル/円の1万ドル分の買いポジションを持って、そのまま次の日に持ち越したとします。この場合、1万ドルの買いポジションに対して、金利差2%(=3%-1%)を得ることができます。これが、スワップポイントです。

仮に、1日分のスワップポイントが54.6円で変わらなかったとしたら、1年間に得られるスワップポイントは、次のように計算できます。

54.6円 × 365日分 = 約20,000円

スワップポイント解説図

このように、スワップポイントとは、高金利の通貨を買い、低通貨の通貨を売った時に得られる金利差額のことをいいます。スワップポイントに関してはこの程度の理解で十分なのですが、念のため、他の特徴も3つ挙げておきます。

1.1.スワップポイントは外貨預金と比べて利率が高い場合が多い

日本はゼロ金利政策が続いているので、日本円で銀行預金をしていても、年間でもらえる金利はわずかです。一方、米国ドルを日本のメガバンクで外貨預金をしていた場合の金利は、0.2%~0.35%です。

では、日本円を銀行ではなく、FX会社でドル/円を買った場合のスワップポイントはどうなるでしょうか?スワップポイントは、ドル/円の場合は1万ドルあたり◯◯円という形で表されますが、これを金利で表すと、0.26%以上のところが大半です(参考:「外貨預金とFXの比較|良いのはどっち?」)。

1.2.スワップポイントの受け取りや支払いは毎日発生する

ポジションを保有している限り、スワップポイントの受け取りや支払いは毎日発生します。そのため、1日の中で取引が完了するスキャルピングデイトレードなどの手法では、気にする必要はありません。

しかし、スイングトレードなど、長期間に渡ってポジションを持つようなトレードスタイルの場合は、無視できない金額になります。

1.3.為替差損になる時もある

スワップポイントが毎日入ってきたとしても、為替変動によって投資していた資金が減ってしまったら意味がありません。

例えば、FX会社でドル/円を100万円分買って、レートが100円から110円の円安になれば、10万円の為替利益になります。しかし、レートが100円から90円の円高になってしまったら、逆に10万円の為替差損になってしまいます。

スワップポイントの金利差の大きさだけに目を向けると魅力的ですが、このようなリスクもあることを把握しておきましょう(参考:『FXのスワップ運用で初心者が一番大損する5つの理由」)。

2.スワップポイント目的がおすすめできない2つの理由

スワップポイントが高くて人気がある通貨の一つに、トルコリラ/円があります。私のメイン口座であるヒロセ通商では、2018年10月時点で同通貨を10万通貨買っていれば、1日あたり1,110円のスワップポイントを得ることができ、1年だと405,150円にもなります。

ただし、そう上手くはいかないのが投資の世界です。スワップポイントで大きな金利差益を狙うには、非常に大きなリスクがあります(参考:「FXのスワップ運用で初心者が一番大損する5つの理由」)。

その理由は、金利の変動とレバレッジにあります。

2.1.金利の変動

既述しましたが、スワップポイントは、2つの国の通貨の金利差によって生じます。そのため、どちらかの通貨の金利が変化すれば、当然スワップポイントも変わります。

南アフリカやトルコなどの金利が高い国は、信用格付けも低く、金利の変動も激しいのが特徴です。昔の日本も例外ではなく、バブル期には6~8%の金利の時もありました。

いずれにせよ、スワップポイントでの金利差益を狙ってポジションを長期保有しても、なかなか期待通りの収益にはなりません。

2.2.レバレッジ

金利差益を狙うには、金利変動よりレバレッジの問題のほうが大きいです。例えば、5万円の証拠金で100万円分のドル(1ドル=100円として1万ドル)の買いポジションを持ったとします(参考:「FXの証拠金の仕組みと特に重要な3つの数字の計算方法」)。

そして、FX会社の証拠金の必要最低額が2万円だとします。この時、ドル円の買いポジションの評価損が3万円を越えると、ポジションが強制的に決済されてしまいます。そして、評価損が3万円を超えるのは、為替レートが1ドル=97円以下になった時です(参考:「FXのロスカットの仕組みと必ず知っておくべき算出方法」)。

つまり、ポジションを持った後に強制的に決済されるまでの猶予は、わずか3円しかないということです。これくらいの値幅なら、何か突発的な大きなニュースが出れば、簡単に動いてしまいます。これでは、レバレッジを効かせた取引で大きなスワップポイントを得ることはできません。

それでは、年利5%〜10%でもいいので、レバレッジをかなり低くしてスワップポイントを狙えばいいのではないかと考えた方もいるかもしれません。それぐらいの数字は、南アフリカランドやトルコリラだと、レバレッジ1倍で達成できます。

しかし、やはり現実はそんなに甘くはありません。これらの通貨価値は、簡単に1年で100%以上も上下します。結局、待っているのは強制決済しかありません。

3.FXの魅力はトレード(為替差益)にある

FXの最大の魅力は、少ない元手から始められて、平日は24時間取引できることです。そして、為替取引を繰り返して、何度も為替差益を得ることで利益を大きく積み重ねていくことができます。

また、スワップポイント狙いは、私の経験上、たとえレバレッジを抑えたとしても、年利5%どころか3%ですら達成は難しいです。そのため、スワップポイント目的でFXを始めることは、私はおすすめしません。

もし、スワップポイント狙いでFXを始めるなら、他にもっと資金管理が容易で、大きな効果を見込める投資方法もあります。少なくとも、FXでスワップポイントを狙っても、リスクとリターンを考えると割に合わないということを認識していただければと思います。

利益を最大化するために
ぶせな氏をはじめとした億トレーダーが
使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい4社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の10社から選ぶ場合は、『【2019年上期】FX口座おすすめ10社を徹底比較!億トレーダーのレビュー付き』をご活用ください。

無料動画:FXで8年間で平均利回り163%を達成して、1億5千万円の利益を稼いだトレード手法の全て

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、本格的にFXを始めて8年間で1億5,000万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で勝ってきたのではありません。「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。そのことは、年ベース負けなしで安定した利益を得ていることからも、確かな事実です。


その結果、平均163%の年間利回りを記録し、毎月安定して150万円前後の利益を稼いでいます。


そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・手法のベースとなっているスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・エンベロープや移動平均線のチャートの具体的な設定方法
・現在の利益の約3割を生み出しているデイトレードについて
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などをさらに深く知りたい方は、ぜひご確認ください。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方は、どこよりも役立つ本物のノウハウや経験を得ることができます。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 1分足スキャルピング

著者:ぶせな


カリスマ人気トレーダーが「負けない」売買方法をはじめて公開!


圧倒的な結果を出し続ける著者が、独自に開発した「スキャルピング手法」(エンベロープを表示した1分足チャートを見つつ、ネックラインを引いて確実性を出す投資法)を紹介。 この手法を確立し、8年間負けなし、平均年間利益163%を達成している著者が、「常勝トレーダー」になるための方法を解説していきます。 著者は過去にやみくもにトレードをしていた結果、リーマンショックのときに1か月で1,100万円を失うという事態に直面。 その後、数々の試行錯誤、検証を重ねてたどり着いた手法をブログや雑誌の記事などで紹介したところ、「これなら勝てる! 」とトレーダーから根強い支持を受けています。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商   SBIFX
GMOクリック証券
TOPに戻る