株式投資

株式投資

PERを活用して本当に割安な株を見つける3つの方法

皆さまは、株式を買う時、何を基準にしていますか?

PER(株価収益率)を基準にしている投資家も多いと思います。

PERは、もっともポピュラーな指標の1つなので、株式投資をする上で、意味や使い方を理解しておく必要があります。

この記事では、PERで知っておきたい内容から、活用方法まで丁寧に解説しています。是非、最後までお読みください。

続きを読む

騰落レシオとは?株式市場の過熱感がわかる指標

騰落レシオとは、株式市場の過熱感を見る指標です。これを使うと、相場の方向性や、天井や底の目安を判断できます。

私自身、長年注目しており、とても有効な指標だと実感していますので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

【必読】世界の時価総額ランキングから見えてくる傾向

時価総額は、企業の規模を表すもので、国際比較が容易にできる一つの指標です。

※時価総額ってなんだろうと思った方はコチラの記事を参考にしてみてください。

さて、本記事では、そんな時価総額のランキングを世界規模で比較し、その傾向をつかむことで、成長している企業を知り、どのように投資に活かせるかを考えていきたいと思います。

それでは、最後までじっくりとご覧ください。

続きを読む

時価総額とは?仕組みと特徴を解説

時価総額とは、企業の規模を表したもので、その企業の価値を示しています。また、時価総額が高ければ、その企業に期待をしている投資家が多いということになります。

企業を分析したり、投資をするときには、会社の規模を意識することが大切になります。

なぜなら、時価総額の大きな企業と小さな企業とでは投資家としての戦い方が違うからです。戦い方とは、投資をして勝つ方法(=利益を得る方法)です。

続きを読む

株式分割を活用した4つの投資タイミング

【実例で解説】株式分割で急変する値動き3パターン』では、株式分割が株価へ与える影響について、3つのパターン(実例)をご紹介しました。

企業が株式分割を発表して、私たちがその恩恵にあずかるためには、取引のタイミングが重要です。それでは、株式分割を利用して利益を得るには、どのようなタイミングで売買すれば良いのでしょうか。

これまで、株式分割に関する、私独自の投資手法は一度も公開をしてきませんでしたが、この度、私の4つの投資パターン(タイミング)をご紹介します。

株式分割を利用した投資手法を初級から超上級までご用意しました。

  1. [難易度:初級] 分割発表の翌日に買う(ロング)
  2. [難易度:中級] 効力発生日に空売りする(ショート)
  3. [難易度:上級] 効力発生後に戻したところを買う(ロング)
  4. [難易度:超上級] 分割発表を予測して買っておく(ロング)

※ロングとは買いから始めて売りで損益を確定させる取引です。ショート(空売り)は、ロングとは逆に売りから始めて買いで損益を確定させる取引です。

難しく考えなくても大丈夫です。これから丁寧に説明していきますので、ご安心ください。

続きを読む

確実に損切りができるようになるために知っておいてほしいこと

みなさまは、損切りができないまま、株価の回復を祈っていたら、さらに株価が下落して大損をしてしまったという失敗をしたことはありませんか?

この記事を読むと、あなたは、その失敗から卒業して、しっかりと損切りができるトレーダーになることができます。

ぜひ、参考にしてください。

続きを読む

株式分割のメリットとデメリットのまとめ

株式分割とは、文字通り、「企業が現在発行している株式を分割すること」です。

企業が株式を分割をすると、たとえば1株が2株に、1株が4株に増えます(企業によって分割数は異なります)。それに伴い、株価は1株を2株へ分割した場合は1/2の価格に、1株を4株へ分割した場合は1/4の価格に下がります。

当然、こうした株式分割は、企業や投資家にとってメリットが大きいから行われます。

また、メリットがあれば、デメリットもあるのが世の常です。それらを合わせて具体的に見ていきましょう。

続きを読む

ボラティリティとは|基本知識と投資での活かし方

ニュースや、相場解説で「ボラティリティ」という言葉をよく聞きますよね。そこで、この記事では、次のことを解説しています。

  • ボラティリティとは何か
  • ボラティリティはどういう時に高くなるか
  • ボラティリティを投資判断にどのように活用することができるか

早速、見ていきましょう。

続きを読む

ROE|投資収益が格段に安定する分析手法

企業の活動をみるうえで重要な視点の一つとして、「収益力の評価」があります。

企業が持つ収益力は、言い換えれば、「株主に還元可能な利益を生む力」です。企業が保有する資産や資本が、一定期間に「どれだけの利益を生み出したか」を、資本利益率の尺度で推し量ることができます。

その重要な指標の一つとされるのが、自己資本利益率(ROE:return on equity)です。

これは企業分析の中でも特に重要なものです。最後まで読んで、ここに書いているとおりにしっかり身に着けてください。

続きを読む