移動平均線乖離率とは|逆張り戦略で利益を出すコツ

移動平均線乖離率とは、現在の相場の価格が、移動平均線からどれぐらい離れているかをパーセンテージ(%)で表したものです。

移動平均線乖離率が大きくなると、価格はいずれ修正されるという考えに基づき、買われ過ぎや売られ過ぎを判断する指標としても使われます。

この移動平均線乖離率を利用した逆張り手法は、移動平均線を用いたトレード手法の中でも有名な方法の一つです。

そこで、この記事では、主に次の2点をお伝えします。

  • 移動平均線乖離率とは何か
  • 移動平均線乖離率を活用したトレード戦略
移動平均線を先に押さえておこう
移動平均線の知識がまだ不十分な方は、『移動平均線で初心者が知っておくべき正しい見方と使い方の全て』を先に読んでおくと、移動平均線乖離率への理解が深まります。
執筆者
投資の教科書事務局

投資の教科書事務局

投資の教科書事務局では、実際に成果をあげている全国のトレーダーに取材をし、裏付けが取れた情報を基に記事を作成しています。この方針を貫き、個人投資家に本当に役に立つ知識やノウハウをお届けします。

1.移動平均線乖離率とは

冒頭でもお伝えした通り、移動平均線乖離率は、現在の相場の価格が、移動平均線からどれぐらい離れているかをパーセンテージ(%)で表したものです。そして、移動平均線から離れすぎたローソク足は、ある所で急激に移動平均線の方へ戻ってくる特徴があります。

一般的には、25日移動平均線から〇〇パーセント以上、75日移動平均線から〇〇パーセント以上離れるとその力が働くと言われていますが、パーセンテージを基準にしていると、読み誤ってしまいます。

そのため、ここでは、

「移動平均線から離れすぎたローソク足には、移動平均線の方向に戻る力が働く」

と覚えておくと良いでしょう。それでは、実例を見ていきましょう。

2.移動平均線乖離とローソク足による逆張り戦略

相場は、移動平均線から乖離すると、元に戻ろうとする力が働きます。特に、相場が過熱して、一方向に急騰や急落して行き過ぎることを、“オーバーシュート”と言います。オーバーシュートすると、相場は急激に反転します。

下のチャートをご覧下さい。

%e4%b9%96%e9%9b%a2

白丸のゴールデンクロスから、上昇トレンドがスタートしています。そして、Aのポイントでは、ローソク足から、3本の移動平均線が大きく乖離しています。特に、短期の25EMA(黄色)を引き離すように、垂直に急騰しています。

このような、ローソク足が移動平均線の水準から行き過ぎた状態は長続きせず、いずれ反転します。

したがって、大きな乖離を見た時は、逆張り戦略(この場合は、高いところ売って安くなったら買い戻す戦略)が有効です。しかし、売り注文を出すにしても、どこでエントリーするかが重要です。目安は、抵抗帯や支持帯にぶつかったり、テクニカル的な値幅を達成して反転するタイミングです。

上のチャートだと、レジスタンスラインを見つけるのが有効です。Aのように急騰し、かつレジスタンスラインに当たったりすると、それまでの急騰がウソのように急落することがあります。何度も同じような場面を経験すれば、天井近くで売りエントリーすることができるようになります。

ヒントをお伝えすると、上のチャートのように、どこがレジスタンスラインになるかわからないような時は、より長い時間軸のチャートを見ることで、どこの価格水準が抵抗帯になるのか見つけやすくなります(参考:「サポートラインとレジスタンスラインで相場の反転を見抜く正しい使い方」)。

なお、このような行き過ぎを見るには、75EMAや200EMAよりも、一番短い25EMAで見ると把握しやすいです。短期の移動平均線ですらローソク足と乖離するということは、現在の相場が過熱している、より正確なサインだからです。

単純に、ローソク足が直角に近い位に急騰し、ローソク足と25EMAの空間が短期間で開き始めたら、調整が入るとお考え下さい。

3.移動平均乖離だけをトレードの判断基準にしない

FXは、たった一つの指標を利用しただけで勝てるようになるものではありません。もちろん、移動平均乖離も例に漏れず、これだけを頼りにトレードをしていては負けてしまうでしょう。

ちなみに、このサイトでFXの記事を執筆しているぶせな氏は、移動平均線乖離率の要素を取り入れたエンベロープというテクニカル指標をスキャルピングで活用しています(参考:「エンベロープのFXでの実戦的な使い方」)。

このように、複数の判断要素を組み合わせて、確度が高いと判断した時にトレードを行うことがコツです。そして、予想と逆行して、エントリーの根拠が崩れたら損切りし、予想の通りに動いたら利益は最大限まで伸ばす「損小利大」のトレードを心掛けましょう。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券

メニュー

TOPに戻る