イールドスプレッドとは|利回りの差を把握する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金融商品に投資をする際に、重視すべき事項の一つに利回りというものがあります。

ただ、1つ1つ金融商品の利回りを確認することで、投資をしていこうとするのは若干面倒な気もします。

そこでこのページでは、利回りの差を一発で見抜くことのできるイールドスプレッドという指標をご紹介します。

言葉自体馴染みの薄いものかもしれませんが、一気に投資効率を向上させる効果がありますので、おさえておきましょう。

イールドスプレッドとは

イールドスプレッドとは金融商品間の利回りの差をあらわす分析指標です。

基本は債権の利回りを残存期間や債権の格付け(安全性)を考慮した上で、投資先を決定するためのものですが、株式指数(配当利回りや益回り)と債権を比較することも可能です。

ちなみに配当利回りとは、現在の株価に対してがどれくらいあるのかを示す数値、益回りはPERの逆数で割安度合いを示す値のことです。

たとえば配当が1株50円で株価が1000円だとしたら、その会社の配当利回りは5%ということになります。またPERが20%の企業があるとしたら、その株式益回りは20%の逆数で5%ということになります。

配当利回りに関して詳しくは「投資をするなら確実におさえておきたい配当利回りの基礎知識

イールドスプレッドは以上のような債権の利回りと株式の利回りを比べる尺度として使用することができます。

一般的には以下の式で求められます。

イールドスプレッド=長期債の利回り-株式益利回り

  • 数値が大きい:株式相場が割高、債券投資が有利
  • 数値が小さい:株式相場が割安、株式投資が有利

ということになります。当然のことながら、株式相場に投資をするのであれば、国債などの長期債よりもリスクが高いためリターンが高いものである必要があります。当然、長期債と比較して、利回りが対して変わらないのに株式相場に投資をするのは賢明ではありません。

イールドスプレッドの兄弟分!?イールドレシオとは

イールドスプレッドのほかにも、イールドレシオという分析指標がありますのでご説明しておきます。スプレッドは差を計算するものでしたが、レシオは割った値を計算するものです。

イールドレシオ=長期債利回り÷株式益回り

たとえば10年物の国債が1.5%の利回り、株式益回りが4%だとしたらイールドレシオは1.5÷4で0.375となります。基本的にはこの数値が1倍に近づくほど株式市場が割高だと言えます。

また、イールドスプレッドが差という絶対的な数値だったのに対して、レシオの方は割合で表しているため相対的な判断ができます。

せっかくなのでイールドスプレッドと一緒におさえておきましょう。

まとめ

株式投資をする際にも債券市場のチェック、そして債権との比較を行うことでより投資戦略の幅も広がっていきます。現在株式市場の優位性が高まっているとはいえ、いずれまた不況がきた場合にスプレッドが小さくなる時がきたら、上記の指標を用いて投資をしていくこともできます。

ぜひ投資に活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
投資の教科書 事務局

投資の教科書 事務局

投資の教科書事務局では、実際に成果をあげている本物のトレーダーの取材に基いて記事を作成しています。この方針を貫き、初心者にも再現可能な手法やノウハウをわかりやすくお伝えします。

無料動画セミナー:株価が数倍になる株を見つけて利益を上げる手法

専業投資家、ふりーパパ氏は「成長株投資」を実践し、これまで4億円もの利益を株式投資で得ています。ふりーパパ氏の手法の魅力はきわめてシンプルな銘柄選別法にあります。それは業績の上方修正をして新高値をとってきた銘柄を出来高とボックス抜けの指標でチェックして投資をするというものです。


ふりーパパ氏独自の3つのポイントで銘柄に絞り込みをかけることで
より上昇する銘柄がはっきりと見えてきます。この手法は銘柄探しに長時間かける必要も、ややこしい分析も必要ありません。
誰にでもできるシンプルな方法です。


また、これまで多くの成功者を輩出しています。
(ふりーパパ氏の手法を実践して、1億円以上稼ぐ投資家もいらっしゃいます。)


このWEBセミナーでは、ふりーパパ氏が成長株投資について
具体的にわかりやすく説明致します。



無料WEBセミナーに参加する

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。