イールドスプレッドとは|利回りの差を把握する方法

金融商品に投資をする際に、重視すべき事項の一つに「利回り」というものがあります。

ただ、1つ1つ金融商品の利回りを確認することで、投資をしていこうとするのは若干面倒な気もします。

そこでこのページでは、利回りの差を一発で見抜くことのできるイールドスプレッドという指標をご紹介します。

言葉自体馴染みの薄いものかもしれませんが、一気に投資効率を向上させる効果がありますので、おさえておきましょう。

1.イールドスプレッドとは

イールドスプレッドとは金融商品間の利回りの差をあらわす分析指標です。

基本は債券の利回りを残存期間や債券の格付け(安全性)を考慮した上で、投資先を決定するためのものですが、株式指数(配当利回りや益回り)と債券を比較することも可能です。

ちなみに配当利回りとは、現在の株価に対してがどれくらいあるのかを示す数値、益回りはPERの逆数で割安度合いを示す値のことです。

たとえば配当が1株50円で株価が1,000円だとしたら、その会社の配当利回りは5%ということになります。またPERが20%の企業があるとしたら、その株式益回りは20%の逆数で5%ということになります。

配当利回りに関して詳しくは「投資をするなら確実におさえておきたい配当利回りの基礎知識

イールドスプレッドは以上のような債券の利回りと株式の利回りを比べる尺度として使用することができます。

一般的には以下の式で求められます。

イールドスプレッド=長期債の利回り-株式益利回り

  • 数値が大きい:株式相場が割高、債券投資が有利
  • 数値が小さい:株式相場が割安、株式投資が有利

ということになります。当然のことながら、株式相場に投資をするのであれば、国債などの長期債よりもリスクが高いためリターンが高いものである必要があります。当然、長期債と比較して、利回りが対して変わらないのに株式相場に投資をするのは賢明ではありません。

2.イールドスプレッドの兄弟分!?イールドレシオとは

イールドスプレッドのほかにも、イールドレシオという分析指標がありますのでご説明しておきます。スプレッドは差を計算するものでしたが、レシオは割った値を計算するものです。

イールドレシオ=長期債利回り÷株式益回り

たとえば、10年物の国債が1.5%の利回り、株式益回りが4%だとしたらイールドレシオは1.5÷4で0.375となります。基本的にはこの数値が1倍に近づくほど株式市場が割高だと言えます。

また、イールドスプレッドが差という絶対的な数値だったのに対して、レシオの方は割合で表しているため相対的な判断ができます。

せっかくなのでイールドスプレッドと一緒におさえておきましょう。

まとめ

株式投資をする際にも債券市場のチェック、そして債券との比較を行うことでより投資戦略の幅も広がっていきます。現在株式市場の優位性が高まっているとはいえ、いずれまた不況がきた場合にスプレッドが小さくなる時がきたら、上記の指標を用いて投資をしていくこともできます。

ぜひ投資に活用してみてください。

利益を最大化するために 凄腕トレーダーたちが 使っている証券口座とは

当サイトで証券コンテンツを執筆している遠藤氏とavexfreak氏のノウハウを実践するなら、口座選びを徹底する必要があります。

投資でプロフェッショナルな実力を持つ遠藤氏は、「口座を選びは、利益の出し方を決めるものであり、自分に合った選び方をするべきだ」と言っています。
そんな遠藤氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『プロが初心者へおすすめ│証券会社ランキング・比較』で詳しく解説しています。

また、21年間の株式投資で2億6000万円以上の利益をあげているavexfreak氏は、『おすすめネット証券はこれだ!総合ランキングで主要5社徹底比較』で、自身の視点で「これだ!」と思える証券会社を解説しています。

30万円を1億円以上に増やした「イベント投資法」を大公開!

元手30万で株式投資を始め1億円以上の利益


株式投資には様々な投資手法がありますが、その中には安定的に利益を積み上げていける方法があります。今回のウェブセミナーでご紹介する「イベント投資法」です。


イベント投資とは株式市場において、イベント(出来事)が発生することによって、売り手と買い手のバランスが崩れて株価の値動きに傾向が現れ、その傾向を利益にしていける投資手法です。「イベント」はあらかじめ予測できますので、イベントを狙っていくだけで機械的に利益を積み上げていけます。


この投資手法で元手の30万円を1億円以上に増やしているのが、専業トレーダーの夕凪(ゆうなぎ)氏です。今回のウェブセミナーでは、夕凪氏が自身の経験を基にしてイベント投資をお伝えします。


イベント投資は銘柄選びの必要もなく、買い時と売り時も決まっています。株式投資で安定した手法を手に入れたい方にとって、このウェブセミナーで公開されることは貴重なノウハウなので、今すぐ下記よりお申込みください。


 


今すぐ特別セミナーに参加する

執筆者
投資の教科書 事務局

投資の教科書 事務局

投資の教科書事務局では、実際に成果をあげている本物のトレーダーの取材に基いて記事を作成しています。この方針を貫き、初心者にも再現可能な手法やノウハウをわかりやすくお伝えします。

インタビュー

楽天証券代表取締役社長
楽天証券
TOPに戻る