ナンピンとは?初心者が手を出してはダメな理由

ナンピンとは、シンプルに言うと、ある銘柄の株を買った後に予想に反して値下がりしてしまった場合に、追加で買うことを言います。

「下手なナンピンすかんぴん」と言うぐらい、これが原因で大きな損失を負ってしまう初心者投資家が多いです。そのため、結論から言うと、安定して稼ぎ続けたいなら、ナンピンに手を出してはいけません。

その理由は、当記事で詳しく解説していますので、しっかりと理解しておきましょう。

1.ナンピンとは

ナンピンとは、株を買った後に株価が下落した場合、同じ株を買い増して、1株あたりの平均取得可価格を下げることです。

例えば、ある銘柄を100円で100株買ったとします。その後、株価が80円に下がりました。そこで100株購入します。これによって、1株当たりの平均取得単価が100円だったものが、90円に下がります。

次の表でご確認下さい。

  株数 購入時の株価 購入額 平均単価/1株
初めの買い 100株 100円 10,000円 100円
ナンピン買い 100株 80円 8,000円 80円
合計 200株 18,000円 90円

この後、思惑通り株価が回復して120円まで上がったとします。この時、ナンピンをしていない場合の利益は、2,000円({120円-100円}× 100株)です。しかし、ナンピンをしていた場合の利益は、6,000円({120円-90円}× 200株)になります。

このように、ナンピンをすると平均取得単価は下がるので、その後、上手く上昇すれば、買い増した分だけ利益を多く得られます。

ただし、株価がさらに下がった場合は、逆に損失が大きくなります。

上記の例で、株価が70円に下がったとします。この時、ナンピンをしていない場合の損失は、▲3,000円({70円-100円}× 100株)です。しかし、ナンピンをしていた場合の損失は、▲4,000円({70円-90円}× 200株)です。買い増している分、本来であれば100株分の損失で済んでいたところが、200株分の損失になってしまうのです。

このように、ナンピンは、良い方向にいった場合は利益を大きくしてくれる一方で、悪い方向にいった場合は損失を大きくしてしまいます。

だからこそ、ナンピンは計画的に行う必要があります。

2.無計画なナンピンと計画的なナンピン

それでは、計画的なナンピンとはどのようなものを指すのでしょうか?まず、無計画なナンピンからお伝えすることによって、両者の違いを比べてみましょう。

2.1.悪いナンピン

悪いナンピンとは、1回のナンピンの失敗で大きな損失を出してしまうような「無計画なナンピン」のことです。特に、投資初心者によく見られます。初心者の頃は、特に根拠なく「上がりそうだから」と買ってしまう方が多いです。そして、その後下落してしまった時に、損失を確定させることができません。

それだけならまだいいのですが、「これ以上下がることはあり得ない。この後上がるはずだ。」と思い込み、ナンピンをして、上昇した時の利益を増やそうとします。

しかし、思惑に反して下落し、気付いた時には大きな損失額になって後悔することになります。このような根拠のない感情的なナンピンは、絶対にやってはいけないものです。

相場には「下手なナンピンすかんぴん」という格言があります。それぐらい、無計画なナンピンで大損失を被る初心者投資家が昔から多いということですね。

FXの例ですが、当サイトでFXノウハウを執筆している億トレーダーのぶせな氏は、初心者の頃、無謀なナンピンで1,000万円以上の損失を出したことがあるそうです(参考:「FXで失敗して1000万円以上の大損失をした経験から得た教訓」)。これを読めば、無計画なナンピンがどれほど危険かがよく分かります。

2.2.良いナンピン

それでは、良いナンピンとはどのようなものでしょうか?それは、一言で表すと、根拠のある計画的なナンピンのことです。

例えば、株式投資の手法で、分割売買というものがあります。

これは、予め、詳細な(テクニカル)分析によって下げ止まる可能性が高い価格帯を割り出します。ただし、最安値の価格ぴったりで株を取得することは不可能です。そのため、その価格帯に入ってきたところで、一気に予定株数を買うのではなく、小分けにして買います。これにより、購入価格を当初の分析に近いところで”慣らす”ことができます。

これが、分割売買です。

このような根拠のある分割売買は、勘に頼った売買とは違って合理的です。当サイトでIPO(新規上場株)を中心とした株式投資のノウハウを執筆している柳橋氏の記事をお読みいただくと、経験と分析によって非常に精度の高い根拠のある投資をしていることが分かります(参考:「会社員の私がIPO株投資で年2,000万円の利益を得た方法の全て」)。

また、積立型の投資信託などはドルコスト平均法という売買手法を採用しているところが多いです。これは毎月同じ日に、一定の決まった金額分だけ継続して買っていく手法です。株価が高い時には少ない株数しか買わず、株価が安い時には多くの株数を買うことになるので、最終的な平均取得単価を下げることができます(参考:「分散投資にETFがおすすめな理由」)。

3.初心者は決してナンピンをしないこと!

根拠のないナンピンで上手くいった経験がある方は、それは運が良かっただけだと肝に命じておきましょう。ナンピンは、ハイリスク・ハイリターンの諸刃の矢です。

投資で長く安定して成功するためには、リスクをコントロールして、適切なリターンを得るという姿勢が必要です。そのため、ハイリスク・ハイリターンのナンピンは、よほどの投資上級者でない限り、やらないほうが賢明です。

そもそも、ある銘柄を買うと決めた場合、その後に順調に上昇していくことを期待している方がほとんどでしょう。もし、その後に思惑が外れて下落した場合、買った時の判断が間違っていたわけで、速やかに損切りしなければいけません。例えば、業績がいいと思って買った銘柄が下方修正を発表した場合や、下値サポートラインを割ってきた場合などです。

買った時の根拠が崩れたら、すぐに損切りをして、次のトレードチャンスを待つのが投資の鉄則です。

利益を最大化するために 凄腕トレーダーたちが 使っている証券口座とは

当サイトで証券コンテンツを執筆している遠藤氏とavexfreak氏のノウハウを実践するなら、口座選びを徹底する必要があります。

投資でプロフェッショナルな実力を持つ遠藤氏は、「口座を選びは、利益の出し方を決めるものであり、自分に合った選び方をするべきだ」と言っています。
そんな遠藤氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『プロが初心者へおすすめ│証券会社ランキング・比較』で詳しく解説しています。

また、21年間の株式投資で2億6000万円以上の利益をあげているavexfreak氏は、『おすすめネット証券はこれだ!総合ランキングで主要5社徹底比較』で、自身の視点で「これだ!」と思える証券会社を解説しています。

30万円を1億円以上に増やした「イベント投資法」を大公開!

元手30万で株式投資を始め1億円以上の利益


株式投資には様々な投資手法がありますが、その中には安定的に利益を積み上げていける方法があります。今回のウェブセミナーでご紹介する「イベント投資法」です。


イベント投資とは株式市場において、イベント(出来事)が発生することによって、売り手と買い手のバランスが崩れて株価の値動きに傾向が現れ、その傾向を利益にしていける投資手法です。「イベント」はあらかじめ予測できますので、イベントを狙っていくだけで機械的に利益を積み上げていけます。


この投資手法で元手の30万円を1億円以上に増やしているのが、専業トレーダーの夕凪(ゆうなぎ)氏です。今回のウェブセミナーでは、夕凪氏が自身の経験を基にしてイベント投資をお伝えします。


イベント投資は銘柄選びの必要もなく、買い時と売り時も決まっています。株式投資で安定した手法を手に入れたい方にとって、このウェブセミナーで公開されることは貴重なノウハウなので、今すぐ下記よりお申込みください。


 


今すぐ特別セミナーに参加する

執筆者
近藤 章仁

近藤 章仁

証券会社で株式ディーラーを7年間経験。現在は、「投資の教科書」の運営を担当し、FXと株の中長期投資を行う兼業トレーダー。「モノクロ ザ マネーvol.3」にも登場。現場で得た経験から、皆様に役に立つノウハウをお伝えします。ファイナンシャルプランナーと証券外務員資格一種保有。

インタビュー

楽天証券代表取締役社長
楽天証券
TOPに戻る