蜂屋すばるさんに聞いてみたVol.1「FX専業トレーダーになるまで」

投資の教科書では、新企画「投資家に聞いてみた」シリーズを開始します!

投資家の普段聞けない経験や考えを深堀りする内容です。

栄えある第1回目にご登場いただくのは、今話題でメディアにも多数出演している蜂屋すばるさんです。この「蜂屋すばるさんに聞いてみた」は、全4回にわたって連載されます。

インタビューアーは現役投資家の遠藤タカシさんです。

トレーダー
蜂屋 すばる

蜂屋 すばる

専業金融トレーダー。トレード歴は6年目。100万PV超のブログなどで為替の相場観を日々シェアしている。平行チャネルを用いた手法「すばるライン」を駆使し、月間平均約300pipsをコンスタントに稼ぐプレイヤー。Twitter:@m45fx

・始めたきっかけは友人が投資詐欺に引っかかったこと

遠藤タカシ

それでは、すばるさんがFXを始めたきっかけ、専業になるまでの経緯を教えていただけますか?

蜂屋すばる

僕がFXを始めたきっかけは、仲の良い友人が投資詐欺にひっかかったことですね。

遠藤タカシ

投資詐欺!?!?

蜂屋すばる

大学生のときに、小学校から大学まで一緒だった親友がいました。彼が入っていたサークルで投資詐欺が流行っていたんですよ。

そのサークルの先輩が後輩たちに投資商材を勧誘していたんです。後輩は断れないじゃないですか、先輩から言われているし、関係性のある人たちなので、いい話だなって素直に受け取ってしまうわけです。

遠藤タカシ

すでにやばそうな臭いがします・・・続きを聞かせてください。

蜂屋すばる

はい。勧誘内容は、日経平均先物をレバレッジをかけて取引をするもので、その手法のようなものをDVDのに収録したものです。それを実践すると勝てますという内容でした。

その商材の中身は、今思えば、本やブログなどに掲載されているような超基礎的なものでしたが、それを先輩たちは60万円で後輩に販売していたんです。

遠藤タカシ

ええ!!大学生にとっての60万円って小さくないですよね。

蜂屋すばる

そうなんですよ!普通は持っていないんです。なので後輩たちは勧誘された投資商材を買うために学生ローンを組むことになります。1社あたり上限20万円だったので3社回って60万円を借りていくんですね。

遠藤タカシ

学生ローンというと消費者金融になるんですかね。

蜂屋すばる

はいそうです。この話、投資している人ならわかると思うんですが、60万を借りてきて商材を買ってしまったら証拠金はゼロじゃないですか。じゃあどうやって金融取引するの?って話になると思うんです。

そこで、どこかの口座を開いた時に5,000円分のボーナスがつくから、それを元手に増やせっていう話だったようです。

遠藤タカシ

何ですかその無理ゲーは…。それっていつか限界きますよね。難しくないですか?

蜂屋すばる

そうです、難しいです。どんなに上手くいってもどこかで破綻すると思います。その詐欺の本質的な部分はマルチ商法(ねずみ講)でした。

勧誘する側は「投資で勝て」ではなく、「誰かに自分が買った投資商材を紹介しろ」と言うんですね。そして別の人に紹介することで8万円のバック(収入)があると。

それを8人くらいに紹介すれば取り返せるし、何なら投資の知識も手に入るし簡単だろ?っていう話なんです。それが広がっていきました。もちろんこの手の話は、行政のサイトに悪徳商法として掲載されている内容で、悪いこととして認められています。

遠藤タカシ

典型的なマルチ商法ですね。そうやって負けないために必死に勧誘をすると…。

蜂屋すばる

問題は、僕の一番仲の良い友達が騙されたということなんです!自分だったらまだいいですが、友人だったから許せなかったんです。

ここで前提として、一番悪いのは、「詐欺を行った人」ということです。では2番目に悪いのはというと、「詐欺に騙されてしまった人」だと思います。ちょっと語弊があるかもしれませんが、「無知も罪」だと思うんです。

遠藤タカシ

なるほど。知る努力をしていれば引っかからなかったということですね。

蜂屋すばる

はい。当時の僕も何も知りませんから、「騙されてしまうのは、自分に知識がないからだ」と思考をシフトしないと、今後一生騙され続ける人生になると思いました。

そこから、毎日使うお金のことなのに、しっかり勉強しないともったいないという考えが生まれ、投資のことを勉強してみようとなったのです。

遠藤タカシ

昔、「ドラゴン桜」というドラマがやっていて、弁護士の主人公が偏差値の低い高校生たちにこういったんです「このままではお前ら一生騙され続けるぞ。世の中の制度はすべて頭のいいやつが作っている」と。それを思い出しました。

すばるさんは、ご友人が騙されたことのインパクトが相当大きかったんですね。

蜂屋すばる

めちゃめちゃ強かったですね。そもそもお金って何なのか、くらいのところまでいきました。なんでこんなことで騙されなきゃいけないのかっていう苛立ちを覚えました。

・FXはお金を使ってお金を増やすゲーム

遠藤タカシ

その頃のすばるさんは、FXにどのようなイメージを持っていましたか?

蜂屋すばる

FXは良いものというイメージではなかったです。

FXは「関わると騙される悪いもの」、「胡散臭い」という印象でした。僕はそれに関しては今も同じようにFXに感じることがあります。

なので、自分は騙されない側になってみようと頑張って勉強しました。元々数字増やすゲームみたいなのは面白いなと思っていたのでゲーム感覚で楽しんでいましたね(笑)

遠藤タカシ

ゲーム感覚ですか(笑)実は僕もその感覚を持った投資家です。扱う金額が大きくなってくると、ただひたすら増やしていくゲームに感じるようになりました。

すばるさんの場合、その時のトレードの成績ってどうでしたか?

 

蜂屋すばる

うーん、結構溶かしましたね。トータルで見ると3年間は百万近く溶かしたと思います。

負けていた頃はトレードに対して適当なところも多かったので、正確な金額は覚えてないくらい雑でした。負けから目をそらしてる部分も多かったと思います。

でも、負けつつ色々試しているうちに手法を確立し、勝てるようになり、今の専業トレーダーになりました。

遠藤タカシ

手法を確立するまでは大変だったと思うのですが、どのような気持ちで日々トレードしていたのでしょう?

蜂屋すばる

ただただ、「FXってめっちゃおもろいな」っていう感覚でした(笑)

当時僕はアルバイトをしていたので、お金を稼ぐ大変さを感じていましたし、それだけにお金を使ってお金を増やすゲームが存在するっていうギャンブル的な部分に魅力を感じていました。

遠藤タカシ

最初はお金が増えるスピードに魅力を感じますよね。それに、楽しくないとトレードは続けられないですね。

 

蜂屋すばる

そうですね。きっかけは友達が騙されたことですが、結局はやってみたらめちゃくちゃおもしろいと。みんな最初は、お金を増やしたいからハマっていってるし、てっとり早くお金が増えていくからのめり込んでいくのだと思います。

蜂屋すばる

ただ、そこからどのように負けて、どのように這い上がっていくかが分かれ道だと思います。

僕もそうで、試しにやってみたら勝てたという「めちゃめちゃすごいな、こんな簡単にお金って増えるんだ」という悪い感覚からハマっていったと思います。

遠藤タカシ

負けた時期はあったけども、勝てた時もあったから続けられたということですか?

蜂屋すばる

そうですね。やっぱり初心者のまぐれ勝ちってあるじゃないですか。それに、負けたとしても、その逆をやっていたら増えてたって思うと凄いじゃないですか。

遠藤タカシ

そうですね。負けていてもFXが嫌にならなければ続けられるし、すばるさんは勉強を続けていたから、コンスタントに勝てるようになったと。

これを見てくれている読者さんは、勉強もそうですが、まずどこの口座を使ったらいいのかわからない方が少なくありません。そんな方は、どこの口座を使うべきだと思いますか。

蜂屋すばる

基本的にトレーダーさんは、自分が信頼性を持てるFX会社の口座を活用するといいと思いますね。僕の手法は、デイトレードやスキャルピングなどではないので、スプレッドなどに口座選択を左右されることはありません。

遠藤タカシ

なるほど。その人に合った口座を開設して利用すればいいと。貴重なお話ありがとうございました。

関連記事:人気FX会社の13口座を9つの項目で徹底比較


NEXT:蜂屋すばるさんに聞いてみたVol.2

「専業トレーダーに憧れる人に伝えたいこと」

投資の教科書の公式ツイッターをフォローすると、最新のオフ会情報やトレーダー記事情報をいち早くチェックできます。

投資の教科書公式Twitter:@toushikyokasho

遠藤タカシTwitter:@investerET

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。



ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る