蜂屋すばるさんに聞いてみたVol.3「独自手法『すばるライン』の活用方法」

「投資家に聞いてみた」シリーズでは、投資家の普段聞けない経験や考えを深堀りします。

今回ご登場いただくのは、前回に引き続き、今話題でメディアにも多数出演している蜂屋すばるさんです。この「蜂屋すばるさんに聞いてみた」は、全4回にわたって連載されます。

インタビューアーは現役投資家の遠藤タカシさんです。

過去2回の記事を読みたい方は以下をご覧ください。

蜂屋すばるさんに聞いてみたVol.1「FX専業トレーダーになるまで」

蜂屋すばるさんに聞いてみたVol.2「専業トレーダーに憧れる人に伝えたいこと」

トレーダー
蜂屋 すばる

蜂屋 すばる

専業金融トレーダー。トレード歴は6年目。100万PV超のブログなどで為替の相場観を日々シェアしている。平行チャネルを用いた手法「すばるライン」を駆使し、月間平均約300pipsをコンスタントに稼ぐプレイヤー。Twitter:@m45fx

遠藤タカシ

それでは早速ですが、すばるさんの手法について教えて下さい。

蜂屋すばる

手法については、そこそこ長い時間軸でやっていますね。スイングトレードといわれるものが私のメインの収益の柱になります。一応このスイングトレードだけでも生活できるくらいの成績になっています。

遠藤タカシ

素晴らしいですね。そのスイングトレードについて、成果はどのくらい出ているのでしょうか?

蜂屋すばる

相場観を4月15日から半年間、毎日ブログで公開しています。その結果、月間平均+600pipsくらいになっています。全部先出しでエントリータイミングや利確位置も伝えています。マイナスの月は今のところないので、そのスイング手法を全部公開しています。

遠藤タカシ

安定していて凄いですね。

蜂屋すばる

ありがとうございます。その手法は、「トレンドライン」と「チャネルライン」の並行チャネルを使用しています。

並行なチャネルを目立つ安値や高値に合わせて引き、その並行チャネルの天井に合わせてショート、大底でロングということをして、平行チャネルのど真ん中のセンターラインで利確をするという結構シンプルな手法です。

並行チャネルの中にはだいたい1年~1年半分のローソクが収まる計算になっているので、長期です。

並行チャネル

遠藤タカシ

基本は日足ですか?

蜂屋すばる

メインは日足ですね。エントリーをするときは4時間足を使います。

遠藤タカシ

週足や月足は使わないのですか?

蜂屋すばる

見ますが、正直エントリーには使わないですね(笑)大事故防止に使います。日足では「ここでは買うべき」というところだったとしても週足だったら「買うべきではない」ということも数年に一回はあるんです。

例えば、今(19年11月)だと豪ドル円がちょうどそれに当てはまります。豪ドル円は3段に分かれていて、真ん中の段の大底なんです。

豪ドル円(週足)

豪ドル円(週足)

ただ、トレンド的には、下降トレンドなんです。この92円のラインを破るかどうかは予想ができないのでギャンブルになってしまいます。なので、今は売っちゃうと大事故になるということで様子見しています。

遠藤タカシ

そういう時はポジションを持ちますか?

蜂屋すばる

僕は持ちますが、初心者にはおすすめしません。通貨ペアは沢山あるので、その通貨ペアにこだわる必要はありません。

遠藤タカシ

なるほど。では、トレンドが変わる瞬間はどう見極めていますか?

蜂屋すばる

並行チャネルについては、色々な時間軸で使っている方がいるのですが、基本的にチャネルというのは、存在することがわかった瞬間にブレイクするものなんです。つまり、多くの人に「あーここにチャネルがあるなー」と意識され始めたら大体ブレイクするものなんです。

遠藤タカシ

では、トレンドの転換(ブレイクの見極め)にはどの時間足を使うといいのでしょうか。それも短期足ですか?

蜂屋すばる

はい。短期足です。もし15分以下の足を使っているのであれば、並行チャネルを使ってブレイクを狙いにいく方が僕はいいと思います。

遠藤タカシ

長期チャネルではどうですか?

蜂屋すばる

日足を軸にしており、並行チャネルが利き続けることを前提とします。そのため、トレンドが転換することを考えてエントリーすることは一度もありません。

遠藤タカシ

それはなぜでしょうか。

蜂屋すばる

トレンドが次どうなるか、ブレイクするかどうかというのは、未来予測の話になってきます。チャートは未来予測ができないという結論に至っており、この先トレンドが変わるかどうかに関しては特に気にしません。

右肩下がりのチャートの並行チャネルを上抜けブレイクしたらすぐに損切りをし、またショートをします。

損切りライン

遠藤タカシ

なるほど、並行チャネルに戻ってくるならショートで対応すればいいだけですからね。そのように、すばるさんの方法だとブレイクしたら損切りをするわけですが、そのまま戻らないこともありますね。その点はいかがでしょうか?

蜂屋すばる

それはものによります。ただの騙しの場合もありますし、トレンドが転換する場合もあるので、その場合は様子を見てトレンドが続きそうな通貨ペアでトレードします。トレンドが変わっちゃうペアがあるのであれば、しばらく放置します。

遠藤タカシ

常にチャネルが機能しやすい通貨ペアを探すということですね。

蜂屋すばる

はい。しばらく放置すれば、最終的に綺麗な形ができるので、トレンドが変わった綺麗な形なのか、ただの騙しなのかが見えてきます。

遠藤タカシ

なるほど、そこで気になっているのは、すばるさんがどのくらいの通貨ペアを扱っているのかということですが、いかがでしょうか。

蜂屋すばる

僕が扱っている通貨ペアは約20通貨ペアです。

遠藤タカシ

20通貨!?!?

蜂屋すばる

それを言うと、凄く分析頑張っている印象を与えてしまいますが、エントリーは1通貨ペアあたり2週間から1ヶ月に1回しか来ないんですよ(笑)なので、余裕で出来ちゃいます。

遠藤タカシ

確かに、スイングということもありますし、それなら兼業の方でも無理なくできますね。1日どのくらい分析に時間をかけますか?

蜂屋すばる

そうですね、朝の6時から7時の間で1時間分析して、その後は4時間足が確定するタイミングで5分ずつくらい見ます。動いている時だと、5分だと20通貨ペア分見れないこともあるので、そういう時は、もう少し時間をかけます。確認は朝を入れたら1日5回くらいになりますね。

遠藤タカシ

なるほど、1日10回、20回見るのではなく、確認が少なくても勝てると。

蜂屋すばる

はい。あまりチャートは見ないですね。見ない方が勝てます。チャート見ると、パターンとか見えちゃっていいなってなってエントリーしたくなっちゃうじゃないですか(笑)

遠藤タカシ

わかります。見ないほうが冷静な判断ができますからね。

蜂屋すばる

でも、「自分の手法とは関係ないから無視しよう」と切り替えられるほど僕はメンタルの強い人間ではなかったので、「じゃあいっその事チャートは見ないようにしよう」となりました(笑)

遠藤タカシ

見すぎも危険だということですね。

蜂屋すばる

危険ですね。利益が乗っているポジションがあってトリプルトップだから落ちてっちゃうんだろうなーと考えて利確したくなったりするじゃないですか。でもそういうパターンって自分のルールとは違うものだったりするんです。なのでチャートは見ない方が勝てるようになりました。

遠藤タカシ

実は僕も同じです。見すぎると細かいところが気になって大局を見失うことがあります。

蜂屋すばる

ですよね。兼業の時からこの手法を続けています。しかも兼業の時は、日中一切チャートを見ずに指値だけでトレードしていましたね。

遠藤タカシ

読者の方もトレードで大切なことが色々見えてきたのではないかと思います。貴重なお話をありがとうございました。

蜂屋すばるに聞いてみたVol.4

「トレード実践で欠かせない考え方、教えます」

近日公開予定!!

投資の教科書の公式ツイッターをフォローすると、最新のオフ会情報やトレーダー記事情報をいち早くチェックできます。

投資の教科書公式Twitter:@toushikyokasho

遠藤タカシTwitter:@investerET

蜂屋すばるさんの記事を振り返る

蜂屋すばるさんに聞いてみたVol.1「FX専業トレーダーになるまで」

蜂屋すばるさんに聞いてみたVol.2「専業トレーダーに憧れる人に伝えたいこと」

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。



ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る