FX口座の選び方|基本編

FXの口座開設の選び方は、勝つために非常に重要なことなのですが、意外と知られていません。

どのFX会社で口座を開くかは、今後のあなたの成功と失敗を左右するほど重要です。

そして、口座の選び方を間違っているという理由だけで、トレード成績をプラスにできないトレーダーは大勢います。

口座によってトレード環境が大きく変わるFXでは、口座選びが非常に重要です。

そこで、この記事では、あなたがこれからFXで勝つために必要な口座の選び方の知識を、徹底的に解説します。非常に重要な内容なので、ぜひ最後までしっかりお読みいただけると幸いです。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

1.目標とトレードスタイルを明確にする

稼げるFX口座を選ぶためには、まず、自分自身の目標とトレードスタイルを決めておく必要があります。これは、何も精神論で言っているのではありません。現実問題として、これがないと、なぜ口座選びが重要なのかが理解できません。

しかし、多くの初心者の方は、自分がどのトレードスタイルでいくのか、まだ決まっていないと思います。そこで、私がおすすめするのは、あなた自身の目標から逆算したトレードスタイルを選ぶことです。

最初に、代表的なトレードスタイルの特徴についてお伝えするので、「あなた自身の目標を実現するにはどれが最適か」という視点でお読み下さい。

1.1.FXの3つのトレードスタイル

FXには、大きく分けて、次の3つのトレードスタイルがあります。

《スキャルピング》

秒単位の取引を1日数十回、多い時で100回程度行うスタイル。

1回のトレードで、数pipsから多くても10pips前後の利益を積み重ねる。

スキャルピングで5年で1億稼いだ私のトレード手法の全て

《デイトレード》
数時間単位の取引を、1日数回、多い時で10回程度行うスタイル。
1回のトレードで、20pips~100pipsの利益を狙う。
デイトレードで初心者が勝てるようになるために必要なこと全て

《スイングトレード》
数日以上、長い時で数ヶ月以上ポジションを持つスタイル。
1回のトレードで、100pips以上の利益を狙う。
スイングトレードで初心者が勝てるようになるまでの具体的手法

そして、あなたが目指す目標によって、どのトレードスタイルを選ぶべきかが、だいたい決まります。1つずつ見ていきましょう。

1.1.1.売買して楽しみたいならスキャルピング

私の経験から結論をお伝えすると、上記3つのトレードスタイルの中で、トレードしていて最も楽しいのがスキャルピングです。

スキャルピングは、1回の売買が短いため、どの時間帯でもすぐに参加でき、初心者が取り組みやすい手法です。もし、「早くトレードに慣れたい」なら、手始めにスキャルピングを始めると良いでしょう。

実際、私はサラリーマン時代に、帰宅後の21時から26時までの5時間を、スキャルピングの時間に充てていました。

1.1.2.数万円から数十万の稼ぎが欲しいならデイトレード

デイトレードは、スキャルピングよりも売買回数は少なく、1回エントリーすると数時間ポジションを持つスタイルです。スキャルピングのように、PC画面に張り付く必要はなく、スマートフォンがあればトレードできるのも、デイトレードの特徴です。

また、スキャルピングは、ボラティリティ(価格変動の度合い)が高い時でないと、思うように利益を積み重ねられません。しかし、デイトレードは、どんな相場でもトレードチャンスがあります。その点も、私がデイトレードも気に入っている理由の1つです。

1.1.3.細かい値動きを気にしない運用ならスイングトレード

一度ポジションを持ったら、数日~数週間かけて最大限の利益を追求するスタイルが、スイングトレードの特徴です。スキャルピングとは正反対のやり方で、売買回数はかなり少ないです。そのため、細かい値動きは気にせず、1回の中長期トレンドで大きな利益を上げたい方向けです。

ポジションを持つ時間が長いため、損益変動も大きくなります。したがって、相場が急変してもロスカットに引っ掛からない、レバレッジを低くしてトレードしましょう。安全な水準で、年利数パーセントで長期的に運用して、10年後、20年後のための資産を増やすというイメージです。

いかがでしたでしょうか?あなたが目指すべきトレードスタイルは、明確になりましたか?あくまでも、あなたの目標から逆算して決めることが重要です。

2.トレードスタイルによるFX口座の選び方

3つのトレードスタイルを理解した上で、どのように選んだか良いのかを説明します。繰り返しになりますが、トレードスタイルによって、口座選びの重要性は異なります。

2.1.スキャルピングはコストを徹底的に下げる必要がある

スキャルピングは、1日当たりのトレード回数がどうしても多くなります。そして、1回のトレードでは、1pip~10pips程度の小さな利益を狙うトレードスタイルです。私の場合でも、1回当たりの平均損益は1pips~5pips程度です。

ちなみに、5pipsの利益とは、1万通貨でトレードしたら、500円の利益になることを言います。

この時、スプレッド(買い値と売り値の差)が、1.5pipsあるとします(=1銭×1万通貨=150円)。すると、儲けは、500円の利益から150円の費用を差し引いた350円になり、儲けが30%も減ってしまいますね。

さらに、当然、全てのトレードで勝つことはできません。負けトレードでも費用を払わなければなりません。もし、500円の負けだとしたら、さらに150円の費用がかかり、650円を失います。

1回の勝ちの平均の儲けが350円で、1回の負けの平均の損失が650円だとしたら、とても勝ち続けることはできません。

ただし、全く同じトレードルールでも、1回当たりのトレードの費用が安いケースでは、勝てるようになります。

詳しくは、『スキャルピングで勝つための2つの大前提』をお読みいただきたいのですが、要するに、取引回数が多く、小さな利幅を稼いでいくスキャルピングでは、費用を極限まで下げる必要があるのです。

そのため、1トレード当たりの費用が安いFX会社で口座を選ぶことが、スキャルピングで勝つための条件になります。

2.2.デイトレとスイングトレードはコストを気にしなくてOK

一方、デイトレードとスイングトレードであれば、口座選びはそれほど重要ではありません。理由は、次の通りです。

  • 1回のトレードで大きな利幅を狙う
  • 利幅に対してスプレッドの割合が小さい

スキャルピングの場合、口座選びを間違えると、良いトレードルールを持っていても負けてしまいます。しかし、デイトレードやスイングトレードではそんなことはありません。

もちろん、1回当たりのトレードの費用が少ないほうが有利なのですが、影響は少ないので、気にする必要はないでしょう。

2.3.最初はスキャルピングとデイトレ向きのFX口座を選ぶ

そうは言っても、これからFXを始めるという方は、トレードスタイルは固まっていないと思います。そのような時は、まず、スキャルピングに有利なFX口座を選びましょう。

なぜなら、スキャルピングに有利な条件を満たしている口座を選んでおけば、3つのトレードスタイルの全てを有利な条件で試すことができるからです。

それでは、どのような基準で口座を選べばよいのか、さらに詳しく解説していきます。

3.FX口座はスプレッドとスリッページのバランス

結論から言うと、FX口座の選び方で最も重要なのは、あなたの口座から出ていく次の2つのコストです。

取引ツールの使いやすさやチャートの見やすさが重要という方もいますが、現実としてかかるコストを第一に考えなければ、お金は減っていきます。FXで勝つことのみを目的にすれば、コスト以外の条件は二の次です。

スプレッドとスリッページの条件をクリアできていなければ、どれだけ優れた取引ツールを使っても、意味はありません。

整理すると、勝つためにFXをするのであれば、次の2つの条件が揃った口座を選ぶことが鉄則です。

  • スプレッドが狭いFX会社
  • スリッページ発生率が低いFX会社

ちなみに、これらを比較した上で私が本当におすすめできるFX口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で解説していますので、参考にして下さい。

それでは、スプレッドとスリッページについて、具体的に解説します。

3.1.スプレッドが狭いFX口座を選ぶ

スプレッドは、簡単にいうと、1回当たりのトレードであなたがFX会社に支払わなければいけない実質的な手数料です。そのため、FXで勝つ可能性を限界まで上げるには、スプレッドが狭いFX会社を選ぶというのが鉄則です。

ただし、実際にトレードする時に、相場急変時などはスプレッドが広がることがあるので、FX会社のホームページに書かれているスプレッドを鵜呑みにしてはいけません。こればかりは、実際にトレードをしてみないと分かりません。

そのため、FXで勝つためには、自分が使うFX口座のスプレッドの広がり具合の特徴をよく掴んでおく必要があります。

3.2.スリッページ発生率が低いFX口座を選ぶ

スリッページは、取引ツール上で、あなたが発注した時の価格と違う価格で注文が通ってしまうことです。このスリッページの発生率が低いと、あなたが発注した価格できちんと約定します。

ほとんどのFX会社は、スリッページ発生率や不利スリップの発生率を公表していません。そのため、正直なところ、スプレッド同様、自分で試してみなければ分かりません。

なお、サイトなどでは「約定率」の表記がありますが、約定率は注文が実際に通った率であり、スリッページの発生率ではないので、混同しないようにご注意下さい。

3.3.スプレッドとスリッページのバランスが良いFX口座を選ぶ

FXで勝つためには、スプレッドとスリッページの両方が優れているFX会社を選ぶ必要があります。スリッページが優れていても、スプレッドが非常に広がりやすい口座もあれば、その逆もあります。

重要なのは、両方のバランスです。

例えば、スプレッドが100点で、スリッページが50点の口座は、合計150点ですね。また、スプレッドが80点、スリッページが80点の口座は、合計160点です。たった10点の差ですが、後者を選ぶほうがトータルでの取引コストは安くなります。

私は、メインのFX口座を選ぶ際は、実際に使用感を試して、この点を徹底的に確認しています。

4.FXの成功は口座選びから始まる

あなたがFXで成功するかどうかは、口座選びの段階から決まるということがお分かりいただけたと思います。

私は、徹底的に一つ一つの口座を試してみて、そこからトレード成績を大きく改善することができました。そして、今では全てのFX口座の特徴を把握しているので、相場の局面に応じて、その口座の特徴を活かして利益をあげられるように、複数の口座を使い分けています。

みなさんが今お使いのFX口座が、自分のトレードスタイルに合っているかどうかを、ぜひ見直してみましょう。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る