IPO(新規公開株)投資 とは|公募申込みとセカンダリー投資の方法

IPO投資とは、これから上場する株式(新規公開株)を上場前に購入し、上場する際の大きな値上がりを狙って投資する方法です。

人気のIPO銘柄(プラチナチケット)をゲットするためには、証券会社への抽選申し込みが必要です。非常に高い倍率ですが、このプラチナチケットが当たれば、1銘柄で数十万円の利益を得ることも可能です。

しかし、上場前に獲得できなくても、上場後に投資するセカンダリー投資を併用することで、チャンスを増やすことができます。

この記事では、IPOの基本をはじめ、申し込み方法、獲得の確率を高める方法、セカンダリー投資を網羅してお伝えします。参考にして下さい。

執筆者
投資の教科書 株式事務局

投資の教科書 株式事務局

投資の教科書株式事務局では、株式投資で稼ぐ力を身につけるために必要な基礎知識をはじめ、実際に成果をあげているトレーダーの手法、分析方法などを、初心者にもわかりやすくお伝えしています。

友だち追加

1.IPO(新規公開株)投資の基本

IPOとは、未上場の株式を市場で取引可能にするために行う手続きのことで、新規に株式を公開することをいいます。簡単に言うと、上場して、その株式を誰でも売買可能にすることです。

そして、IPO銘柄に投資するIPO投資には、上場の「前」と「後」に投資するかによって、次の2種類があります。

《IPO投資の種類》

  1. 公募申し込み…上場前に投資
  2. セカンダリー投資…上場後に投資

IPO投資というと、上場前に証券会社からもらって初値で売る1.の公募申し込みを思い浮かべる方が多いと思います。そのため、ここではまず、IPO投資の公募申し込みの基本をお伝えします。

1.1.IPO投資のメリット

IPO投資のメリットには、主に次の3つがあります。 

《IPO投資のメリット》

  1. 忙しい会社員でもできる
  2. チャートが読めなくてもできるので初心者にもできる
  3. 元手資金を失う可能性が少ない

最も知られているIPO投資は、ネットや証券会社の担当者に申し込みをしたら、あとは結果を待つというもので、非常に簡単です。

IPO投資は、デイトレードのようにパソコンの前に張り付く必要はなく、難しいチャート分析も必要ないので、時間に制限がある会社員にも向いています。実際、株式投資の初心者の中には、IPOの公募申し込みだけをしている人もいるくらいです。

また、IPO銘柄を公募で獲得して上場初日の始値(初値)で売れば、統計上、高い確率で利益を上げることができます。その理由は、IPO銘柄は、ディスカウントされて割安に公募価格が設定される傾向があるためです。

つまり、IPO投資は、公募申し込みが外れても元手資金は減らない上、もし獲得できれば、高い確率で利益が期待できる手法なのです。

1.2.IPO投資のデメリット

一方、IPO投資のデメリットには、主に次の3つがあります。

《IPO投資のデメリット》 

  1. 当選しないと収益機会が得られない
  2. 初値が公募価格を下回る場合もある
  3. 新規上場後に買ったら急落する場合もある(セカンダリー投資) 

IPOの公募獲得の申し込みだけなら誰でも簡単にできますが、この手法が知れ渡ったせいか、当選倍率は非常に高く、上場前に公募で獲得できる可能性は低いです。

おそらく、何も対策をしないで申し込みだけを繰り返しても、年間でもらえるIPO銘柄は、片手で数えるくらいでしょう。しかも、多くの人が申し込みを避ける人気のないIPO銘柄ばかりもらえて、初値で売ると公募価格を下回って損をする場合もあります(=公募割れ)。

また、上場初日は多くのトレーダー注目しているので、投機的な資金が一気に集まり、急騰して急落するような激しい値動きをすることが多々あります。そのため、上場してから売買するセカンダリー投資をする場合は、しっかり戦略を立てて臨む必要があります(4章で解説)。

2.IPOの公募申し込みの方法①(抽選)

IPO銘柄を上場前に公募で獲得するためには、①抽選と②裁量の2つの方法があります。

この章では、①抽選の方法と、当選確率を高めるコツをお伝えします。

2.1.抽選配分の申し込み方法(SBI証券の場合)

IPO銘柄を抽選で公募獲得するためには、証券会社に申し込みをする必要があります。

ここでは、IPO銘柄の取り扱い数が多いSBI証券で申し込む方法をお伝えします。

《SBI証券でIPOを申し込む流れ》

  1. 取引画面にログインする
  2. 「国内株式」をクリック
  3. 「新規上場・公募売出(IPO・PO)」をクリック
  4. 「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」をクリック
  5. 申し込むIPO銘柄を選んで「申込」をクリック
  6. 何円で何株買いたいのか入力して申込みする

順番に説明していきます。

①取引画面にログインする

SBI証券のトップページからログインします。

SBI証券のトップページからログイン

②「国内株式」をクリックする

上の青いメニューから「国内株式」をクリックします。

「国内株式」をクリックする

③「新規上場・公募売出(IPO・PO)」をクリックする

青いメニューの下に表示される「新規上場・公募売出(IPO・PO)」をクリックします。

「新規上場・公募売出(IPO・PO)」をクリックする

④「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」をクリックする

「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」をクリックする

新規上場株式メニューの「新規上場株式ブックビルディング/購入意思表示」ボタンをクリックすると、SBI証券で現在取り扱っているIPO銘柄の一覧が表示されます。

⑤申し込みたいIPO銘柄を選んで「申込」をクリックする

申し込みたいIPO銘柄を選んで「申込」をクリックする

現在募集中のIPO銘柄には「申込」というオレンジ色のボタンが表示されるので、これをクリックします(ブックビルディング申込)。

⑦何株をいくらで買いたいかを入力して申込みする

何円で何株買いたいのか入力して申込みする

申込みする株数と買いたい株価を入力し、取引パスワードを入力したら、「申込確認画面」に進んで、申し込みを確定させます。なお、IPOチャレンジポイントを使って申し込む場合は、この画面で入力します。

《IPOチャレンジポイントとは》

SBI証券の独自のサービスで、ブックビルディング後の抽選・配分に外れた回数に応じてポイントが加算されます。そして、300ポイント以上など貯めて申し込むことで、優先的にIPO銘柄を獲得できる可能性があります。

2.2.抽選の当選確率を高めるコツ

上場前に買える株数には限りがあるため、初値が公募価格を大きく上回る人気IPO銘柄を抽選で獲得することは、至難の業です。

しかし、IPOの配分が一番多い証券会社(主幹事証券会社)から申し込むことで、当選確率を上げることができます。ちなみに、主幹事証券会社や、配分株式数、IPOスケジュールを調べるためには、『黒澤ファンド』のサイトがおすすめです。

また、普段から手数料を落としていない証券会社や、IPOの申し込みがある度に口座の資金を出し入れしている証券会社は、当選する確率が極めて低い傾向があります。そのため、そのような証券会社は申し込みを諦めるなどの対策をすることで、効率よく申し込むことができます。

3.IPOの公募申し込みの方法②(裁量)

2章で解説したIPOの抽選配分は、その証券会社で配分する予定の株数の10%が一般的です。そして、残りの90%が裁量配分です。この章では、裁量配分の申し込み方と、もらえる確率を高める方法をお伝えします。

3.1.裁量配分の申し込み方法(主に店頭)

そもそも、何が「裁量」かというと、担当者次第ということです。

野村證券や大和証券などの大手、地元に根付いた地方の証券会社は、普段は営業担当を通じで株式や投資信託の取引をするケースが多いです。裁量配分は、普段から友好的なお付き合いのあるその証券会社の担当者に、日頃のねぎらいを込めてIPOの配分を譲ってもらうことをいいます。

そのため、裁量配分を申し込むには、店頭に出向いたり、電話で担当者に申し込む必要があります。また、逆に、担当者から「IPO銘柄を購入しませんか?」と勧められるケースもあります。

3.2.裁量でもらえる確率を高める2つのコツ

抽選配分と同様、裁量配分も主幹事証券で申し込むことで、獲得できる確率を高めることができます。ここでは、それ以外の方法を2つお伝えします。

3.2.1.営業担当者とWin-Winの関係を築く

裁量配分の攻略のコツは、「営業担当者とのコミュニケーション」の一言に尽きます。例えば、普段からその担当者から個別株式を購入したり、勧められた投資信託を購入するなどして、手数料に貢献してあげるなどといったことです。

普段は全然連絡をしないのに、魅力的なIPO銘柄が出てきた時だけ口座に入金して裁量配分のお願いをしても、担当者の気持ちを考えたら、獲得できる確率は低いでしょう。

つまり、担当者とのギブアンドテイクの姿勢が大事だということです。そのため、勧められた投資信託の購入手数料を、1銘柄で数十万円の利益が出る可能性があるIPOを配分してもらうための必要経費だと割り切ることも時には必要です。

ただし、付き合いが苦手な場合や、投資できる金額が少ない場合は、JR九州(9142)やメルカリ(4385)といった大型のIPO案件に絞って裁量配分を申し込んだり、抽選配分のみ申し込むといった方法が現実的です。

3.2.2.顧客が多い支店を避ける

次に、どこの支店で口座開設をするかもカギになります。

結論をいうと、都心のターミナル駅にある支店や富裕層が住んでいそうな地域の支店よりも、地方の支店のほうが競争率が少なくて狙い目です。

なぜかというと、同じ証券会社でも、支店ごとに割り当てられるIPO銘柄の株数は決められているため、IPOの申し込みが多い支店や、何億円といった金額を証券口座に入れている大口の顧客が多数いる支店だと、優位に立てないからです。

ただし、自宅に最も近い支店でしか口座開設できない証券会社もあったり、担当になった営業マンの実力にもよるので、一概には言えません。

4.IPOのセカンダリー投資

IPOのセカンダリー投資とは、IPO銘柄の公募獲得を狙うのではなく、上場して初値がついた後に売買をする投資です。

先ほどもお伝えしたように、IPO銘柄を公募で獲得できる確率は非常に低く、当選したとしても、年間で数回の投資チャンスしかありません。しかし、セカンダリー投資なら、誰でも売買に参加できるので、収益機会は多くなります。

しかし、上場直後は様々な思惑で株価が乱高下し、チャートも出来上がっていないので、普段のトレードの判断が通用しません。そのため、初心者が安易に参加すると、激しい値動きに巻き込まれて損する可能性があります。

そうならないように、銘柄の特性を把握し、値動きのパターンを知っておきましょう。

4.1.注目すべき5つのポイント

IPOのセカンダリー投資の注目ポイントは数多くありますが、まずは次の5つを覚えましょう。

《セカンダリー投資の注目ポイント》

  1. 業種と成長性
  2. 株主構成
  3. 引き受け株数
  4. 上場する市場
  5. 相場全体の地合い

一つ一つ解説していきます。

ポイント①:業種と成長性

様々な業種のIPO銘柄が上場するので、AIなど、話題になっている業種や成長性の高い業種の場合は、上場後も期待感で買われる傾向があります。

また、個人投資家に人気が出そうな株主優待を実施していたり、優待利回りが高いと、優待獲得に向けてジワジワ買われることがあります。

さらに、だいぶ先の話になりますが、マザーズに上場した場合、株主数を増やして東証1部昇格を狙うために、株主優待を新設する場合もあるので、ニュースは日々チェックしておきましょう。 

ポイント②:株主構成

上場前の株主構成は、社長や社員(持ち株会)、創業者一族が多いのですが、稀にベンチャーキャピタル(VC)が入ってきます。ベンチャーキャピタルとは、上場する前からその会社の株式を保有して成長を支援し、上場させて保有株を売却することで利益を得る企業のことです。

しかし、ベンチャーキャピタルはいつでも自由に市場で保有株を売却できるわけではありません。例えば、上場から90日間は売れないとか、株価が公募価格の1.5倍にならないと売れないといった制限があります(=ロックアップ期間)。

もし、ベンチャーキャピタルの存在を知らずに安易にセカンダリー投資で買ってしまうと、急な大量の売り注文に巻き込まれて損してしまうこともあります。そうならないように、目論見書や『黒澤ファンド』などのサイトで、株主構成もチェックしておきましょう。

ポイント③:引き受け株数

IPOは、新規上場企業が発行している全株式数が市場で売買できるようになるわけではありません。全発行株式数に対して、証券会社を通じて配分される株式数(=引き受け株数)の割合が少ないと、供給に対して需給が多くなり、大幅上昇しやすい傾向があります。

特に、公募数が数十万株しかないプラチナチケットは、公募価格を大きく上回って初値をつけてからも株価が数倍になることもあります。

ちなみに、売出し(=既存の株主が保有株を放出すること)が100%などと多い場合は、初値が公募価格を下回る傾向があるので、注意しましょう。

ポイント④:上場する市場

マザーズ市場や東証1部など、どの市場に上場するかによって、IPO銘柄の動きは変わります。

具体的には、東証1部や2部と比べて、マザーズに上場するIPO銘柄は時価総額がまだ小さい成長株が多いので、初値をつけた後も株価が上昇する傾向があります。

ポイント⑤:全体の地合い

セカンダリー投資は、ダイナミックな値動きに目が行きがちですが、上場する日や時期の全体の相場の雰囲気(=地合い)によって、IPO銘柄への資金の入り方が異なるので注意が必要です。

例えば、アベノミクスで相場全体の雰囲気が良ければ、IPO銘柄も買われます。しかし、前日のNYダウが1,000ドル安した日の翌日に上場する場合は、予想していたより初値が高くならないこともあります。

また、リーマンショックやコロナショックなどで地合いが悪い時は、そもそも予定していたIPOを中止する企業も出てきます。そのため、「木(=個別銘柄)を見て森(=相場全体)を見ず」にならないようにしましょう。

4.2.よくある3つのチャートパターン例

ケース①:初値で暴騰後さらに上昇するパターン

 株式市場にはじめて上昇して、株価が大きく暴騰するパターンです。中には上昇初日には初値がつかずに次の日以降に持ち越されることもあります(※株価の形成は買い気配という形で株価があがっていき、買いの数と売りの数が一致したところで値段がつくため売買の数が大きく異なると付け合わせるのに時間がかかる)

上記プロレドパートナーと言う銘柄は初値形成後に株価を2倍まで上昇させました。このような銘柄が中にはあるのだと認識しておけばたとえ抽選に外れたとしても、収益チャンスは多分にあることが分かることと思われます。 

ケース②:初値で暴騰後、株価は下落するパターン

下記は極東産機という銘柄の動きです。

初値で暴騰後に初日こそ大きく上昇しましたが、その後は一転して下落を続けています。初値で大幅上昇する銘柄でも、必ずしも狙い目と言うわけではありません。

 特にベンチャーキャピタルの売り玉(もともと保有されていた株式の放出)がある場合には、天井圏から株式が大幅に下げることがあります。上場前に大株主により保有されている株式には「ロックアップ」と言う制限が課せられている場合がありますが。初値が大幅上昇するとロックアップが解除されることもあるのです(後述) 

ケース③:初値は高くなくその後、下落していくパターン

グリーンペプタイドという銘柄の動きです。

WS000004

初値は公募価格を下回りなおかつ、初値をつけた後ゆっくりと売られていくとパターンです。残念ながらIPO銘柄の中にはこのような銘柄もあります。抽選でもセカンダリーでもうまみがない銘柄ですね。このような銘柄は公募・売り出しの規模が大きく、なおかつ業績が悪いような銘柄に多いです。この銘柄グリーンペプタイドの業績は今のところ赤字です。抽選でも上場後もなるべくなら手をださないのが無難といえそうです。 

まとめ

IPOは初値で公募価格の数倍の価格になるものが多いですし、上場後も値動きによっては、初値付近で形成した高値をブレイクして大きな上昇を見せるものもあります。短期的に値幅を取りに行くには向いているトレードと言えそうです。

ただやるからにはIPOの基礎知識、それとなによりトレードの基礎(損切りなど)を学んだ上で挑戦することが大事です。

あなたの資産運用の方法の一つとして新たにIPO投資を加え、すばらしい資産形成をされることを祈っています。

証券会社選びで悩んでいる方へ
自分に合った証券口座の探し方とは

国内には200を超える証券会社があり、どこで取引するかによって、手数料やツール、取扱い商品が異なり、長期的に大きなパフォーマンスの差となって現れます。

株式投資歴10年の専業経験もある遠藤氏は、「証券口座を選びは利益の出し方を決めるものであり、自分に合った口座を選ぶべきだ」と主張しています。その遠藤氏も実際に使っている、株式トレードの利益を最大化する口座は、『証券会社おすすめ7社を徹底比較!現役トレーダーが口コミ解説』で公開しています。

また、iDeCo(イデコ)やつみたてNISAを活用して、老後2,000万円問題を解消するきっかけとなる証券会社は、『積立投資でオススメの証券会社~元証券マンが使っている4社』で紹介しています。

無料動画セミナー:30万円を1億円以上にした「イベント投資法」を公開

【1億円以上の利益をあげた手法を公開!】


イベント投資の第一人者・夕凪氏が解説!

「イベント投資法」とは、株式取引で発生する様々なイベントの値動きの特徴を利用して利益を狙う手法です。


この投資手法で、元手30万円を1億円以上に増やしているのが、専業トレーダーの夕凪(ゆうなぎ)氏です。


下記のウェブセミナーでは夕凪氏が実践してる「株主優待」「公募増資」「インデックス買い」などの手法を期間限定無料で公開しています。


相場に左右されず、安定したトレード手法を探している方は必見です!

夕凪氏の実践方法を見る

【無料公開中】v-com2の株式投資10日間集中講座

株のLINE200万円の資金から株式投資をはじめて資産を1億8000万円にまで増やすことに成功したv-com2氏の株式投資講座を無料で公開中です。


次のLINE公式アカウントにご登録いただくと、v-com2氏の3つの投資手法を学ぶことができます。


株のLINE CTAバナー


具体的には、次のような内容が全て無料で学べます。


・株主優待投資
・資産バリュー投資
・収益バリュー投資
・その他の投資法


10日間でv-com2さんのメッセージと動画・レポートをお届けします。初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説をしているので、「自分で銘柄を発掘して稼げるようになれる!」と鮮明にイメージすることができるはずです。


ひご登録いただき、自分で銘柄発掘するための土台づくりを完成させてください。


TOPに戻る