日経平均寄与度から判別する日経平均入れ替え時の利益の狙い方

日経平均株価は知っているけど、具体的にその日経平均株価がどのようにできているのかまでを知って投資をしている人は実はそれほど多くはありません。

実は日経平均を構成している銘柄で、日経に対する影響の強い銘柄、弱い銘柄という区別があります。

また日経平均株価は不定期で入れ替えというイベントがおこります。そして、日経平均に新たに組み入れられる銘柄や除外される銘柄の株価の動きに大きな影響があります。

これまでその辺りを曖昧なまま投資をしていた方はぜひその点をおさえておきましょう。

執筆者
投資の教科書 株式事務局

投資の教科書 株式事務局

投資の教科書株式事務局では、株式投資で稼ぐ力を身につけるために必要な基礎知識をはじめ、実際に成果をあげているトレーダーの手法、分析方法などを、初心者にもわかりやすくお伝えしています。

友だち追加

1.日経平均株価とは

日本の株式市場を構成する株式銘柄は実に多くの銘柄がありますが、その中でも日本市場を代表する銘柄をして225銘柄が厳選して選び抜かれています。そしてその225銘柄は日本の株式市場を牽引する存在するとして、常に注目されています。

代表的なところでは、日本に住む人なら多くの人が知っているトヨタ、ホンダ、三菱や住友と名のつく企業、ファーストリテーリング、ソフトバンクなどが挙げられます。225銘柄については東京証券取引所のHPに記載されていますので、ざっとどのような銘柄があるのかを確認しておきましょう。

この日経225は実際に225銘柄の株価を算出して市場が開いている間にその株価を変化させます。そして、多くの投資家がこの225銘柄に注目しているのです。当然、225銘柄に含まれると企業としての信頼性もアップしますし、225銘柄をベンチマークにする投資信託などからも買いが入ることになります。また業績が良好になってくるといわゆる外国人投資家が買いに来ることもありますので、一気に取引高や売買代金がアップします。

そして、この225銘柄は決して固定ではなく、毎年決められた時期に日経平均の入れ替えが起こります(入れ替えがない時もあります)。この入れ替えにトレードのチャンスが眠っているのです。

2.日経平均入れ替えに伴う株価の動き

日経平均に組み入れることが決まると株価は大きく上昇します。一方でそれと入れ替えに日経平均から除外になった銘柄は基本的には値を下げます。

ちなみにこの時に日東電工の動きはまさしく銘柄入れ替えによる株価の値動きへのインパクトが大きく現れた銘柄として話題になりました。このときの入れ替え前日の株価の不自然な動きは下記夕凪氏のブログで解説されていますので、目を通しておいてください。

日東電工の動き

(※後で分かった事実ですが一部ファンドが株価を吊り上げていたことが判明しています。このように銘柄入れ替えというのは、一部大口の投資家からも注目される大きなイベントであることがわかります。)

さて、この日東電工ですが、採用が決定してから入れ替え前日までの動きを見ておきましょう。

発表後大きく買われていましたが、株価を一時的に落ち着かせた後で、ふたたび上昇の流れに乗っています。

このように日経平均採用銘柄は採用発表と同時に大きく買われて、下がった後でふたたび買われるという流れになることが多い様です。一方で、除外銘柄の動きはその逆となります。

このような動きは日経平均に対するインパクトが強ければ強いほど大きくなります。そしてこのインパクトの事を、寄与度と言います。次では日経平均における寄与度の説明です。

3.必須知識!日経平均寄与度とは

前項までに日経平均株価が日本を代表する株式指数であること。日経平均に組み入れられると株価が大きく上昇する傾向があること。この2点をお伝えしてきました。

しかし、日経平均に組み入れられると全ての銘柄が大きく上昇するのかというとそれは違います。日経平均に対する寄与度の数値が大きいものほど株価は上昇する傾向があるのです。

寄与度に関しては次の2点の観点からおさえておきましょう。

  1. 寄与度の大きさで組み入れ後の大きさは変わる
  2. SQのある週には寄与度の大きな銘柄が買われることがある。

1は日経平均を構成するその銘柄の構成率のことであり、日経平均へのインパクトの大きさを知るという点で重要です。一方、2は日経平均を動かすために個別の銘柄がよく利用されるという点で重要です。

3.1.寄与度の大きさで組み入れ後の大きさは変わる

日経平均寄与度とは、日経平均にたいして個別の銘柄がどれくらい値動きの点で寄与したのかを数値化したものです。例えば、ファーストリテーリングが日経平均を30円押し上げたのなら、寄与度は30円ということになります。

この寄与度は銘柄により異なります。寄与度の大きな銘柄はその銘柄だけで日経平均を動かしてしまいます。また銘柄によってはほとんど寄与しない銘柄もあります。

寄与度の大きな銘柄は日経平均株価の構成率の大きな銘柄です。例えばファストリは9%越え、ファナックは5%越えの構成率となっています。一方で構成率の低い銘柄は100分の1%代と銘柄により大きな差があります。

下記のサイトに銘柄ごとの寄与度、構成率が載っていますので確認しておきましょう。

日経平均寄与度・構成率(下記リンク)

http://nikkei225jp.com/nikkei/

先ほどの日経平均株価への組み入れでも構成率の大きな銘柄ほど、ファンドの組み入れが大きく株価上昇の期待が持てます。

3.2.SQ週には寄与度の高い銘柄が買われることがある

SQとは、指数先物や指数オプションなどの清算日のことをいいます。株とは違い、毎月第2金曜には、先物やオプションの値を強制的に決済するのです。

そのようなSQがある週などは、寄与度の高い銘柄の株価が一人歩きし、日経平均を操作しようとする動きがみられます。

それこそ、ファストリ、ファナック、ソフトバンクあたりの銘柄は日経平均の多少のマイナスをプラスにしてしまうほどの寄与度を持っています。ほとんどの日経銘柄が下げているのに日経平均が大きく買われているのがなぜかと探ってみるとファストリが大幅高していた何てこともよくあります。特にSQ週の個別の動きには思惑的な動きがないかどうか十分注意したいところです。

まとめ

このページで説明した日経平均の組み替え時には確実に新たな買い需要、売り需要が発生します。特に日経連動型のファンドの買いは無条件で買いを余儀なくされるため、融通が利かず値動きが不自然になります。

しかし、小回りの効く個人投資家にとってはそのような新たな需要はチャンスになります。これからふたたび銘柄入れ替えがある時には、ここまでご説明した知識等を利用して利益をねらってみてもよいでしょう。

証券会社選びで悩んでいる方へ
自分に合った証券口座の探し方とは

国内には200を超える証券会社があり、どこで取引するかによって、手数料やツール、取扱い商品が異なり、長期的に大きなパフォーマンスの差となって現れます。

株式投資歴10年の専業経験もある遠藤氏は、「証券口座を選びは利益の出し方を決めるものであり、自分に合った口座を選ぶべきだ」と主張しています。その遠藤氏も実際に使っている、株式トレードの利益を最大化する口座は、『証券会社おすすめ7社を徹底比較!現役トレーダーが口コミ解説』で公開しています。

また、iDeCo(イデコ)やつみたてNISAを活用して、老後2,000万円問題を解消するきっかけとなる証券会社は、『積立投資でオススメの証券会社~元証券マンが使っている4社』で紹介しています。

無料動画セミナー:30万円を1億円以上にした「イベント投資法」を公開

【1億円以上の利益をあげた手法を公開!】


イベント投資の第一人者・夕凪氏が解説!

「イベント投資法」とは、株式取引で発生する様々なイベントの値動きの特徴を利用して利益を狙う手法です。


この投資手法で、元手30万円を1億円以上に増やしているのが、専業トレーダーの夕凪(ゆうなぎ)氏です。


下記のウェブセミナーでは夕凪氏が実践してる「株主優待」「公募増資」「インデックス買い」などの手法を期間限定無料で公開しています。


相場に左右されず、安定したトレード手法を探している方は必見です!

夕凪氏の実践方法を見る

【無料公開中】v-com2の株式10日間集中講座

株のLINE200万円の資金から株式投資をはじめて資産を1億8000万円にまで増やすことに成功したv-com2氏の株式投資講座を無料で公開中です。


次のLINE公式アカウントにご登録いただくと、v-com2氏の3つの投資手法を学ぶことができます。


株のLINE CTAバナー


具体的には、次のような内容が全て無料で学べます。


・株主優待投資
・資産バリュー投資
・収益バリュー投資
・その他の投資法


10日間でv-com2さんのメッセージと動画・レポートをお届けします。初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説をしているので、「自分で銘柄を発掘して稼げるようになれる!」と鮮明にイメージすることができるはずです。


ひご登録いただき、自分で銘柄発掘するための土台づくりを完成させてください。


TOPに戻る