FXの逆指値注文の使い方|スキャルピングで大損しないための対処法

FXのスキャルピングをしていて、突発的な値動きに対応できなかったり、ちょっとした気の緩みで損切りを躊躇してしまい、損失が膨らんでしまったことはありませんか? 

このような大損を防ぐためには、「逆指値」注文を使うことで対処できます。逆指値をある方法で入れておくだけで、大損の心配から解放されます。

この逆指値を使いこなせるようになると、小さな利益を積み上げて大きく負ける「コツコツドカン」が無くなるので、精神的に安定を得られ、本来のトレードに集中できるようになります。

この記事では、私が使っているトレード画面を使って、この逆指値の活用方法をご紹介します。ぜひ、最後までお読み下さい。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

1.FXの逆指値注文とは

FXの逆指値は、レートが、今よりも不利な方向へ進んだときに、注文が自動的に入るようにするための予約です。あえて不利と書きましたが、これから紹介する使い方は、大損の可能性を限りなくゼロにするプラスのやり方です。

私もそうであったように、逆指値の概念を最初からすぐに理解するのは、難しいかもしれません。何度か読み返し、考えながら覚えるのがコツです。気楽にお読みくださいね。

ポイント!
初心者がトレードに慣れるには、様々な注文方法を試すことをおススメします。
その中から、自分に合うものを探すのです。今すぐ使わなくても、知っていると役に立つ時が来ますので、次の記事を参考にして、逆指値以外の注文方法も知っておいてください。

FXの基本の注文方法|王道の3種類と億トレーダーの活用法

1.1.特にスキャルピングで有効

ここで紹介する使い方は、上述のように、大損を防ぐやり方です。特に、私が実践しているスキャルピングにおいて逆指値注文が有効です。

スキャルピングは、わずかな値幅を狙って繰り返しトレードを行う手法です。1回の取引時間が短く、取引回数が多いため、勝ちトレードが多い反面、負けトレードも比例して多くなります。

スキャルピングの場合、数pipsの値幅で売買するため、たとえエントリーして逆行しても、すぐに戻ると期待してしまいがちです。

「あと数pips戻ったら損切りしよう」「すぐにプラスマイナスゼロには戻るだろう」という感覚に陥りやすく、ルール通りにいかないこともスキャルピングの特徴です。

本来、トレードは、損失は小さく利益は大きくの”損小利大”を心掛けるべきなのですが、スキャルピングは、利益は数pipsで損失は30pipsや50pipsの、”損大利小”のトレードになる場合があります。

そこで、このコツコツドカンを無くすための一つの対処方法が、逆指値です。次の項から、逆指値の基本から具体的な使い方までをわかりやすく解説していきます。

なお、私が利益を上げているスキャルピングの手法については、つぎの2記事を参考にしてください。

1.2.逆指値注文の使い方

逆指値は、次のような注文方法です。買いと売りの場合で分けて考えるとわかりやすいです。

  • 買いの場合:「ある価格以上になったら買う」
  • 売りの場合:「ある価格以下になったら売る」

少し言い方を変えると、次の3つの場面になります。

  1. 損切りに設定する(ストップロス)→決済注文時
  2. 利益確定に設定する→決済注文時
  3. ブレイク後のトレンドを捉える→新規注文時

1.と2.は、ポジション保有後に決済する時(イグジット)に使います。そして、3.は、新規注文の時(エントリー)に使います。このように、逆指値注文は、エントリーとイグジットの両方に使えます。

ここで覚えておいてほしいことは、FXでいう決済(イグジット)とは、反対売買のことです。

例えば、「買い」ポジションを決済するためには、「売る」必要があります。この「売る」というのは、売りポジションを建てるのと同じことです。決済するために「売る」のと、新規でポジションを持つ時に「売る」のは同じ行動というわけです。売りなら、新規でも決済でも関係ないのです。

2.FXの逆指値注文の設定方法

それでは、FXの逆指値注文を活用し、スキャルピングでコツコツドカンに遭わないための使い方を見ていきましょう。

これから説明する逆指値注文は、先ほどの3つのうち、1つ目の「損切りに設定する(ストップロス)」の使い方です。これを使うことで、特にスキャルピングにおいて大損する可能性が限りなくゼロになります。2つ目や3つ目の使い方ではないので、ご注意ください。

損切り設定の方法は、次の2つがあります。

  • 注文と同時に逆指値を入れる(pipsの値幅で決める)
  • 指定した金額で決済する(損失額で決める)

簡単に言うと、損切りの基準を”値幅”で決めるのか、”金額”で決めるかです。この2つの損切り設定をすれば、思わぬ大損から解放されます。

ここでは、私がスキャルピングをする時に使っている、JFXの画面を使って説明していきます。

なぜJFXなのかは、この2つの逆指値注文ができるFX会社が他にほとんど無いからです。つまり、JFXは、スキャルピングでコツコツドカンを避けるために適した口座なのです。

また、JFXはスキャルピングを公認している数少ないFX会社でもあるので、スキャルピングトレーダーにはおすすめのFX口座です(参考:「JFXの使用レビュー|これからFXを始めるトレーダーに最適な口座」)。

2.1.損失値幅で設定する

決済逆指値とは、損切りの場合、一定以上の損失が出ないようにストップロスを置く注文です。

一般的に、決済時の逆指値注文は、エントリーした後に自分で設定することが多いです。しかし、スキャルピングの場合、エントリーからイグジットまで数秒で完結する場合が多く、ポジションを持ってから逆指値を設定していたら間に合いません。

また、相場が大きく動く時は、1時間で何十回も売買することもあるので、その都度、逆指値注文を設定するのは不可能です。そこで、エントリーと同時に損切りの逆指値注文が自動的に入るように設定しておくと、この煩わしさを解消できます。

この設定は一括でできるので、スキャルピングをするなら必ず設定しておきましょう。

では、JFXの画面を使って、この逆指値注文の設定の仕方を説明していきましょう。画像を載せますが、こちらのマニュアルも併せてご覧いただくと、より理解が深まります。

まず、上部の「クイック注文」をクリックします。

クイック注文と同時に逆指値

次に、「決済逆指」にチェックを入れ、その下の「決済pips差」に損切りの値幅を入力します。

クイック注文と同時に逆指値②

このように設定するだけで、全ての新規注文に損切りの逆指値注文が有効となります。

逆指値注文を使うと、新規の注文を出した後に思惑と外れて逆行し、予め設定した損切りの値幅に到達すると、自動で損切りしてくれます。この決済までの値幅は、任意に設定できます。そして、一度設定すれば、今後の全ての新規注文で有効なので、これ以上の操作は不要になります。

例えば、損切りの値幅を一度-10pipsに設定すれば、100回エントリーしようが1,000回エントリーしようが、いくら損切りをためらったとしても、-10pipsなどの設定した損切り幅に到達すると自動で損切りしてくれます。つまり、大損のしようがないのです。

ただし、損失の値幅が-10pipsに完全固定されるわけではありません。なぜなら、-10pipsに達したら成行注文が発動されるので、注文が通った時の損切りのpipsは、場合によっては、-10.5pipsや-11pipsになることもあるからです。

ただし、クリックを躊躇して-30pipsでようやく損切りするより、逆指値注文で-11pipsで損切りしてくれたほうがマシですよね。

相場急変時は、成行注文執行から約定までのほんの僅かな時間でレート変動することがあります(逆指値注文を使わず、手動の成行注文で損切りしようとしても同じです)。そのため、余裕を持って損切りの幅を設定しておくことが大切です。

逆指値注文には、いくら以上の価格になったら新規に買うという使い方もありますが、私は、このように“保険”として使う方法をおすすめします。 

ここでいう保険とは、あなたが手動で損切りできなかった時に、最後の手段として発動させるためのものです。最悪の場合でも、これ以上の損失を出さないようにするのです。

損切りできない場面は、例えば、次のような場面が想定されます。

  • 突発的なニュースが出て値が飛ぶ
  • 経済指標の発表を忘れていた
  • 売買が急増する時間帯だった
  • 節目を大きくブレイクアウトするポイントにあった
  • 損切りできずに戻るまで祈っている

共通するのは、物理的や精神的なことを含め、損切りしたくても追い付かずにできない時です。

もし、あなたの売買ルールが常に-3pips前後で損切りしているなら、保険で-5pipsや-10pipsに設定しておくと良いでしょう。-3pipsだと、すぐに逆指値注文が発動されてしまう場合もあるので、もっと余裕を持ち、-10pipsや-20pipsでも良いです。どんなに最悪のケースでも、-20pipsで損切りできれば、一発で大損して退場することは避けられます。

ここで注意してほしいのは、日常的な損切りとして逆指値を使わないことです。理由は、いつも逆指値注文で損切りをしていると、トレードスキルが身に付かないからです。

本来は、損切りすべき時にあなた自身で決断して損切りを執行できなければなりません。サクサクと機械的に損切りできるようになることも、トレードを上達させるために必要なスキルです。いつも逆指値に頼っていると、このスキルは身に付きません。

なお、基本的な逆指値注文の使い方は、こちらのマニュアルを参考にして下さい。JFXでの設定方法を覚えれば、逆指値注文がある他のFX会社でも使えるようになります。

逆指値とは

2.2.損失金額で設定する

先ほどは、値幅で損切りの逆指値注文を入れる方法をお伝えしましたが、ここでは、金額で損切りする方法を紹介します。

この機能は、文字通り、含み損が事前に指定した金額に達したら自動で決済注文を執行してくれる注文方法です。こちらも、先ほどと同様、一度この損切り金額を決めてしまえば、全てのエントリーに逆指値が自動で入るため、これ以上の操作は不要になります。

例えば、損切り幅を-10万円に設定しておけば、含み損が-10万円に到達したら損切りを執行してくれます。急に値が飛んだ時に備えて、これ以上は損したくないという金額を設定しておけば、少なくとも大損の可能性がなくなりますね。

ちなみに、この金額指定全決済注文も、損切りができない時に想定外の損失を防ぐための保険だとお考え下さい。あくまでも、トレードの基本は、自分で決断することです。

金額指定全決済注文の詳細は、こちらのマニュアルも併せてご覧下さい。

金額指定決済

金額指定決済②

2.3.利益確定で使う

ここまでは、逆指値注文で損切りをする方法をお伝えしましたが、この項では、逆指値注文を使って利益確定する方法をお伝えします。

設定方法は簡単で、設定画面で逆指値注文が発動される値幅(もしくは金額)を指定するところで、マイナスではなくてプラスの数字を入力するだけです。例えば、+10pipsや+10万円といった具合です。

このように逆指値注文を活用することで、機械的に利益確定ができるようになる上、相場が見れない時に設定しておけば、含み益から含み損に変わって悔しい思いをすることもなくなります。

なお、FXには、逆指値注文を含めて様々な注文方法があります。整理する意味でも、JFXのこちらの注文のQ&A一覧が充実していますので、お時間がある時に通読してみることをおすすめします。

おそらく、初めて聞く注文方法もあるはずです。しかし、一度頭の中にインプットしておけば、トレードをしていくうちに、何かしらの活用方法のアイディアが浮かぶはずです。

まとめ

この記事では、逆指値注文の基本から、主にスキャルピングで大損するリスクを回避する方法をお伝えしました。

FXのスキャルピングで負けるパターンは、コツコツドカンです。損切りの大切さを知り、損小利大の心掛けることが、FXで成功するための第一歩です。逆指値注文を活用し、着実に利益を積み重ねてくださいね。

なお、逆指値注文の機能は、JFXだけでなく、ヒロセ通商も採用していますので、口座開設をしてご活用ください。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の13社から選ぶ場合は、『初心者にもおすすめ!人気FX会社13口座を9つの項目で徹底比較』をご活用ください。

無料動画セミナー:元手50万でFXを始めて10年で1億6500万円を稼いでいる具体的トレード手法

busena


当サイト『投資の教科書』でFXの記事を執筆しているぶせな氏は、FXを本格的に始めて10年間で1億6500万円以上の利益を稼いでいる専業トレーダーです。


もちろん、運で一時的に勝つのではなく、どんな相場でも「勝ち続ける」ということを真剣に追求してきた結果です。


それは、10年間120カ月のうち112勝8敗(勝率93.3%)という、ずば抜けて安定した成績が明確に表しています。


しかも、一番勝った月の最大利益は370万円なのに対して、一番負けた月の最大損失はわずか26万4千円です。これは、ぶせな氏が、勝ち続けるための鉄則である、損は小さく利益は大きく、つまり「損小利大」のトレードを実現しているからです。


この無料動画セミナーでは、そのぶせな氏の具体的な手法、例えば、


・ぶせなスキャルピングの具体的かつ実践的な手法
・ローソク足やエンベロープなどの具体的なチャート設定方法
・テクニカル分析で利益を加速させるための具体的手法(デイトレードも含む)
・その他、FXで利益を飛躍的に高めるためのノウハウ


などを、包み隠さず深いところまでお伝えしています。


特に、十分な投資資金がなくてFXに活路を見出したい方や、すでにFXは始めているが勝てるようになるまでの道筋が見えない方にとっては、必ず、その悩みを解消するものであると、自信を持ってお伝えします。


ぜひ、あなたのトレードにお役立て下さい。


ぶせな氏の実践方法を見る

最強のFX 15分足デイトレード

著者:ぶせな
「ストレスフリーで億を引き寄せる」投資の極意


10年間負けなし、月間ベースでの勝率93.3%を達成している著者が、「デイトレード手法」(15分足をメインに使用し、移動平均線でトレンドをつかみ、数時間から数十時間で利益を狙う投資法)を紹介。


ボラティリティ(価格の変動率)に左右されずにトレードチャンスの幅を拡げ、「億トレーダー」になるためのヒントをお伝えします。


詳細はこちら

SNS

投資の教科書公式Twitter
遠藤タカシTwitter

メニュー

インタビュー

ヒロセ通商
JFX
SBIFX
GMOクリック証券
トレイダーズ証券
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る