主婦の私が7ヶ月で米国ETN投資で600万円の利益を得た方法の全て

私は、株式オプションで2015年は約300万円、2016年は約500万円ほどの利益を得ている50代の主婦です。

利益は年々増えていき、この記事を執筆した2017年7月28日時点で、約600万円の利益を得ることができています。

今年からは、米国ETNを活用した投資法に取り組むようになり、私のような投資経験が全くなかった50代の主婦でも、より少ない手間で、より精神的に安定して稼げるようになりました。

この記事では、現在の私の手法を包み隠さず公開しています。ぜひ、お役立て下さい。

執筆者
投資の教科書  デリバティブ事務局

投資の教科書  デリバティブ事務局

投資の教科書デリバティブ事務局では、先物取引やオプション取引で稼ぐ力を身につけるために必要な基礎知識をはじめ、実際に成果をあげているトレーダーの手法、分析方法などを、初心者にもわかりやすくお伝えしています。

1.私の実績と取引履歴

まずは、私の2017年の取引実績を、米国株やETF・ETN取引で使っているインタラクティブ・ブローカーズ証券のアクティビティ・ステートメント(損益報告書)をご覧ください。右端の「合計」の欄が実現利益で、単位は米ドルです。

※画像をクリックすると拡大表示できます。

米国株の取引実績①

私は、2017年1月2日から記事執筆時の7月28日までの間に、合計で54,018.76ドル(約600万円)の利益を得ています(約1,500ドルの手数料除く)。

その中で、大きな収益源となっているのは、次の4つのETN(上場投資証券)です。

  • VXX:34,874.93ドル(約386万円)
  • VIXY:15,006.19ドル(約166万円)
  • UVXY:11,842.06ドル(約131万円)
  • VIIX:3,363.89ドル(約37万円)

ちなみに、先ほどの損益報告書の一番下にXIVという銘柄があり、9,084.32ドル(約90万円)の損失になっていますが、これは、リスクヘッジのために保有している銘柄です。

それではここで、損益のイメージをつかんでいただくために、各ETNの取引履歴を全て公開させていただきます。

①VXX(約386万の利益)

※画像をクリックすると拡大表示できます。

VXXの取引履歴①

VXXの取引履歴②

VXXの取引履歴③

VXXの取引履歴④

VXXの取引履歴⑤

VXXの取引履歴⑥

②VIXY(約166万の利益)

※画像をクリックすると拡大表示できます。

VIXYの取引履歴①

VIXYの取引履歴②

③UVXY(約131万の利益)

※画像をクリックすると拡大表示できます。

UVXYの取引履歴①

UVXYの取引履歴②

④VIIX(約37万円の利益)

※画像をクリックすると拡大表示できます。

VIIXの取引履歴①

VIIXの取引履歴②

いかがでしたでしょうか?

次の章では、この投資手法のロジックを具体的に解説していきます。

2.私の米国ETN投資のポイント

私の米国ETN投資のやり方は非常にシンプルで、「下がり続けることが決まっている銘柄を売って、下がったところで買い戻す」だけです。

「下がり続けることが決まっている」銘柄があるというと信じられないかもしれません。しかし、米国ETNには、そのような銘柄がたくさんあるのです。

例①:VXXは10年で19,660.32ドルから12.79ドルに下落

例えば、次のVXXチャートは、このETNが開発された2009年6月22日から2017年6月までの10年間の価格の推移です。

VXXの長期チャート

最初に19,660.32ドルだった株価は、現在では、たったの12.79ドルになっています。

例②:UVXYは6年で48,540,000ドルから29.65ドルに下落

また、次のUVXYチャートは、このETNが開発された2011年10月4日から2017年6月までの7年間の価格の推移です。

UVXY推移

最初に48,540,000ドルだった株価は、現在では、たったの29.65ドルになっています。

このように、下がり続けることが決まっているETN銘柄はまだまだ多数あるので、興味がある方は、少しずつ勉強してみてくださいね。

《補足》米国ETNの詳細な価格データの調べ方

 

米国ETNの実際の株価データは、アメリカの「YAHOO!FINANCE」で調べられます。サイトにアクセスしたら、検索窓に「VXX」や「UVXY」と入力してください。そして、「Historical Data」をクリックします。

 

ヒストリカルデータをクリック

 

その後、「Time Period」から期間「MAX」を選択し、右側の「Apply」という青いボタンをクリックすると、過去の株価データの四本値を表示できます。

 

Applyボタンをクリック

さて、先ほど紹介したETNは、株のように「この時期にたまたま相場状況が悪くて値下がりが続いた」というものではありません。元々ゼロになるように設計されているのです。

どういうことかというと、先ほどのVXXやUVXYは、恐怖指数と呼ばれるVIX指数に連動するように設計されています。

VIX指数は、相場全体が平穏な時は大体10~20ポイントで推移していますが、戦争や金融ショックなどで市場が恐怖に包まれると、急上昇する特性があります。

実際に、VIX指数チャートを見てみましょう。

VIX指数チャート

ご覧のように、ほとんどの期間で10~20ポイントの間に平穏に収まっていますが、たまに急上昇していることがわかると思います。

VIXが平穏な状態(=「コンタンゴ」)では、VXXやUVXYなどのVIX連動型ETNは、下がり続けるように設計されています。

逆に、VIXが急上昇して恐怖に包まれている不穏な状態(=「バックワーデーション」)では、VXXやUVXYも急騰する特性があります。しかし、 VIXには絶対の法則があり、恐怖が長引くことはありません。

人間に置き換えて考えてみましょう。

人間は、恐怖が長引くようにはできていません。いずれ、その恐怖に慣れてしまいます。例えば、遊園地のお化け屋敷に行くとします。1回目は怖いかもしれませんが、2回、3回と何度も同じお化け屋敷に行くと、刺激に慣れてしまって恐怖を感じなくなりますよね。

このように、以前は恐怖だったものが、恐怖ではなくなるのです。

VIX指数が「恐怖指数」と呼ばれる所以は、VIXは、ほとんどの場合、平穏な状態にあるからです。実際に2009年1月29日から2015年9月30日までの統計を次の円グラフで見てみると、平穏な状態が全期間の86.2%で、恐怖が高まっている状態は13.3%だけでした。

コンタンゴとバックワーデーション

出所:『room5110「コンタンゴとバックワーデーション」

そのため、相場が急落してVIX指数が上昇したタイミングでVXXやUVXYなどのVIX連動型ETNを売っておくと、ジリジリと価格が下がり続けます。その値動きの特性を利用するのが、私の米国ETN投資の本質です。

最初のうちは、相場が下げ止まらずにVIX指数が上昇して、VIX連動型ETNを売った価格以上に上昇して含み損に状態になり、怖い思いをすると思います。しかし、次の章で解説するリスクヘッジをしっかり行い、売買回数を重ねると、感覚がつかめて慣れてきます。

3.米国ETN投資のリスクヘッジ方法

ただし、どんな投資方法にも、必ずリスクがあります。

私の米国ETN投資の一番のリスクは、証拠金不足になって、証券会社によって強制決済されることです。相場が急落するとVIX指数は跳ね上がり、VIXに連動した銘柄も跳ね上がるので、それに耐えられるだけの資金を入れておく必要があります。

通常の急落であれば、口座内に十分な資金を入れておけば、強制決済されることはあまりないでしょう。ただし、何十年かに一度の暴落が起きた場合は、証拠金が不足してしまう可能性があります。

実際に、リーマンショック級の大恐慌が起きたら、次のチャートのように、VXX(青色)の価格は、通常時の4倍以上に跳ね上がります。

VIXとVXXとS&Pの比較チャート

出所:『VIXを通して振り返る歴史的暴落ーリーマンショックの1年前にVXXを買っていたら

このようなリーマンショック級の暴落は数十年に一度だと思いますが、このデータから判断すると、VXXの場合は4倍以上の証拠金を用意しておくと、ひとまず安心だと考えます。

なお、証拠金を潤沢にする以外のリスクヘッジの方法については、『リスクヘッジの方法を米国ETF・ETN投資から学ぶ』で解説しているので、参考にして下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私も最初は右も左もわからない状態で、おっかなびっくり取引していたのですが、今では余計な感情を入れることなく、まるでいつも家事でやっている皿洗いのように取引して、利益を着実に積み上げることができています。

そして、息子夫婦にもアメリカのETFやオプションの魅力を伝えたところ、今では私よりも熱心に取り組んでいるほどです。

VIXやオプションは怖いというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。しかし、私の場合は、緻密に計算してシミュレーションをし、リスクヘッジも徹底した上で実践しています。

万人におすすめできる手法ではないかもしれませんが、興味をお持ちの方は、取り組んでみていただければと思います。この記事が、少しでも誰かの投資の成功のきっかけとなればと願っています。

【無料レポート】VIX指数を利用して年利38%をあげる方法

ed59c46509f262ef44f272c6f331a183


株やFX以外の新しい投資手法に興味がある方におすすめなのが、アメリカのオプション・ETNです。


アメリカの市場は流動性が豊富で、収益チャンスが多いです。しかも、日本にはない金融商品が沢山あり、VIX指数に連動したETF・ETNもその一つです。


このレポートを読むと、VIX指数に連動したETFで年利38%の利回りをあげるノウハウを無料で学ぶことができます。


ぜひ、下記のボタンよりお申込み下さい。



無料レポートを受け取る

TOPに戻る