【2018年最新】プロが初心者へおすすめ│証券会社ランキング・比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もしかして、あなたはどこの証券会社の口座が良いのか知りたくてこの記事に辿りついたのではないでしょうか?

もし、そう思われた方にはピッタリな内容の記事になっています。

証券会社はそれぞれに特徴があり、良し悪しがあります。メリットとデメリットを見ながら選んでいきましょう。

証券口座の開設でお悩みの方へ

student

株の投資を始めたいけど、どこの証券会社がいいのかなあ…

こんにちは。投資の教科書の遠藤です。

student

わあ!?だ、誰?

驚かせてごめんなさい。私は経済や株の研究を長年積み重ねてきた投資家です。

もし証券口座探しでお困りなら、私のこれまでの投資経験で「間違いない!」と思える証券会社をご紹介しましょう。

student

そうはいっても、どこのサイトも同じような比較しているからなあ~

ご安心ください。投資の教科書では、実績のある執筆者(投資家)の経験から、本当に良いと思ったものだけを勧めています。絶対に後悔はさせませんよ。

student

すごい自信!実際に使っているのなら参考になりそう。お願いします!

わかりました。それでは、ランキング形式でご紹介していきます。しっかり読んで、参考にしてくださいね!

証券会社選びのポイント

  • 取引コスト:手数料の安さ
  • 取引のしやすさ:注文のしやすさ
  • 優位性:上記以外で他社に勝る独自のサービスを持っているか

私がおすすめする証券会社はネット証券です。なぜなら、ネット証券は口座開設手続きがとても早く、手数料も安いからです。その中でも口座を持っておくべき証券会社を3社厳選しました。

私が厳選したおすすめ証券会社は楽天証券SBI証券カブドットコム証券の3社です。

それでは、まずはじめに簡単な手数料比較をしましょう。

  10万円まで 20万円まで 30万円まで
97円
定額:0
113円
定額:206円
270円
定額:308円
97円
定額:0
113円
定額:206円
270円
定額:308円
97円
定額:なし
194円
定額:なし
270円
定額:なし

上の表では、定額とありますが、大手のネット証券には、1日定額プランというものがあります。1日の約定代金の合計で手数料が決まるというものです。

上の表では、1日に10万円を1回取引する場合、定額プランは0円なのでお得です。また、1日に10万円取引を5回以上行うような、沢山取引をする場合も、定額プランを選択すると良いと思います。

ただし、1日に2、3回の取引で済ませる場合は通常のプランをお選びください。


【楽天証券のメリット】

・取引ソフトで注文がしやすい
10万円まで手数料が無料
 (※定額プランの場合)
今後IPO(新規上場)の取扱いが増えてくる

 

【楽天証券のデメリット】

土曜日にシステムメンテナンスの関係で一部ソフトが使えない
(※ただし土曜日は日本の株式市場は開いていないため特別問題はなし)

 

楽天証券のここがスゴイ!

楽天証券は「安い」「見やすい」「使いやすい」が特徴です!特に、取引ソフトは絶対に使うべきです。取引に使えば優位に立つことができますよ

student

へぇ~、しかも10万円まで手数料無料!?わたしのような入門者向きだね!

楽天証券は、少額から始める初心者には特に向いているといえます初心者は定額プランでは10万円まで手数料がかかりません。つまり、1日の合計約定代金が10万円以内であれば手数料は無料です。

また、メリットの一つである取引ツールですが、用意されているソフトウェアは2つあります。

・スマートフォンアプリ版「iSPEED」
・PC版「マーケットスピード(Market SPEED)」

スマホ版アプリは、入門・初心者でも使いやすい仕様になっていて、外出中でも気軽に取引することができます

トップ

テーマ別検索(左)、チャート形状別検索(右)

上の画像を御覧ください。テーマ別検索やチャートの形状から当てはまる銘柄をまとめて見ることができます。今盛り上がっている銘柄なども知ることができ、銘柄発掘にも役立てることができます。

次にPCソフトのマーケットスピードについて解説します。マーケットスピードは、長年、億トレーダーに愛されているソフトウェアで、私も愛用しています。

私はマーケットスピードを使うときは、「武蔵」という機能を使って取引をしています。これがまた、直感の要素が入って注文がしやすいツールなんです。

出所:楽天証券

武蔵は、事前に注文したい株数を設定しておき、それをマウスで掴んで、注文したい値の上で離すだけ。簡単ですよね。

このように、楽天証券は取引ツールによって収益を出しやすくなるため、一番におすすめします

さらに、2018年9月30日より、マーケットスピードは進化し、マーケットスピード2がリリースされます。

下の画像がマーケットスピード2のイメージです。

レイアウトの自由度が高くなるだけでなく、投資家待望の機能として、他者に気づかれることなく注文を出すアイスバーグ注文やスナイパー注文など、今まで証券会社などの機関投資家が使っていたような自動売買機能が個人でも使えるようになるため、私も注目しています。

私も公開前に体験しましたが、今まで以上に見やすく使いやすい設計になっています。このソフトは、口座開設した人だけが使えるので、これを機に、楽天証券の口座を作ってみてください。


【SBI証券のメリット】

・全体的に手数料が安い
海外株投資の選択肢が多い
PTS(時間外)取引を使えば夜の取引も可能

 

【SBI証券のデメリット】

取引ツールが他社に比べて使いづらい

 

SBI証券のここがスゴイ!

SBI証券は制度面で圧倒的に優れています。「100万円以上取引をした場合に手数料が安くなる(定額プラン)」「取引対象が多い」「取引できる時間が長い」点がポイントです。幅広く投資がしたい方におすすめします

student

どこに投資をするかじっくり選べそう!それに夜でも取引できるんだね。すごーい!

SBI証券は口座開設数が国内1位の証券会社です。

私が口座を開いて良かったと強く思えたことは、海外株への投資です。SBI証券の海外株の取扱銘柄は、他社と比較しても多く、口座開設は強くおすすめできます。円建てと外貨建ての選択ができるのも魅力的です。

日本株があまり良い相場でなくても、海外に目を向ければチャンスが沢山あります。私は、日本株が上にも下にもいかず右往左往しているときは、SBI証券を利用して海外株で収益を得ることもあります。

また、昼間の相場が終わっても、PTS取引(SBIの私設取引所)を利用すれば、夜でも取引ができ、他の投資家より優位に立てます。そこも、SBI証券を開いた方の特権といえるでしょう。

このように、SBI証券はサービス面で優れています。口座開設は無料なので、利用できるようにしておくと投資の選択肢が増えてよいでしょう。


【カブドットコム証券のメリット】

取引ツールが多機能で情報収集に便利
アナリストレポートが読める

 

【カブドットコム証券のデメリット】

リアルタイム入金手段がかなり限定されている

 

カブドットコム証券のココがすごい!

カブドットコム証券は投資をやり込む人向けのツールを開発しています。口座開設社限定で読めるアナリストの個別株レポートはとても参考になります

student

専門家の意見を見れるなら、投資に役立てることができるかも♪

私が実際に使って感じたカブドットコム証券の良さは、モルガン・スタンレーのアナリストレポートを読むことができる点です。以下がそのページ例です。クリックすると、アナリストの個別株のレポートを読むことができます。

そして、取引ソフト「カブステーション」の使い勝手が良いです。カブステーションでは自由自在にウィンドウの大きさを変えることができるため、2画面以上のモニターに対応したウィンドウの拡張ができます。

下の図がその例です。

また、チャートをマウスホイールで簡単に拡大縮小ができる点も優れています。私の場合は特にこの機能を多用しています。次がマウスホイールを使った利用例です。

ただし、デメリットとなるのが、リアルタイム入金です。三菱UFJ銀行(ネット)か、三井住友銀行(ネット)からしか入金できないのが残念な点ではあります。それ以外の入金方法では翌日となることも出てくるので、この口座が合う人と合わない人がでてくるでしょう。

ただし、上記の点を考慮しても情報取得を効率化できる点は大きく、私自身よく使うのでおすすめします。


株式投資入門・初心者にアドバイス

まずは、上記で紹介した口座をすべて開いてみると良いでしょう。なぜなら、各証券会社にそれぞれの良さがあるからです。ただ、あなたの考え方に合うものを探す必要もあると思うので、一通り口座を開いて、ツールをダウンロードしてみたり、少額で投資してみるのも良いかと思います。

ちなみに私も株式投資を始めた頃は、ネット証券を中心に口座を6社ほど開き、すべて試しました。そこで、早い段階で証券会社の特徴を掴めたので、上手に使い分けができるようになりました

今では、日本株を楽天証券で、PTS取引や海外投資をSBI証券で、先物取引をカブドットコム証券で行っています。この記事を読んだ読者の中で、株式投資で証券口座の使い分けができる人が増えてくれたら私はとても嬉しいです。

私が実際にどのように証券会社を駆使しているかは、『デイトレードで勝てるパソコン環境はこれだ!おすすめBEST!』でもお伝えしていますので、是非参考にしてみてくださいね。

いかがでしたか?証券口座選びの迷いはなくなりましたか?

student

スマホからも簡単に開設ができそう♪これでわたしも投資家デビュー!

実際に口座を開設して取引をすれば「使いやすい」「使いにくい」がわかってくるので、色々試してみてくださいね

student

今日さっそく申し込んでみようと思います!ありがとうございました。


まとめ

  楽天 SBI カブドットコム
手数料
わかりやすさ
注文のしやすさ
独自サービス

・楽天証券は、初心者から玄人までカバーしており、「安い」「見やすい」「使いやすい」が徹底されています。

・SBI証券は、サービス面で他社と圧倒的な差をつけています。

・カブドットコム証券は、アナリストレポートが見れて取引ツールの機能が豊富です

証券口座の申し込みは、一見難しそうに思えるかもしれません。でも大丈夫です。今では、スマートフォンから簡単に申し込むことができ、申し込むだけならその場で5~10分程度でできてしまいます。当然ですが、私も上記3社の証券口座を開いており、実践に役立てています。

私たち人間は、いつだって1番を選びがちです。しかし、ここで紹介した証券口座にもメリットとデメリットがありました。それらを実感するためにも、そして、投資の世界で上達して稼げるようになるためにも、多くの証券会社の口座で実際に取引したりツールを試してみたりすると、結果として、成果にも結びついてくると私は確信しています

是非、試して見てくださいね。まずは行動からです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠藤貴司の人気記事

株式投資で勝ち続ける秘訣は意外なところにあった

busena


株式投資では最終的には勝つか負けるかの2つに別れます。もちろん勉強は必要ですが、それと同じくらい大切なことがあります。


それが「自分に合った証券会社を選ぶ」ということです。


専業投資家・兼業投資家の双方の立場を経験した私にとって、「どの証券会社の口座を使うか」は、


利益を上げ続けられるか
損失を被り続けるか


を大きく分けるものでした。


利益をとことん追求して証券会社を選ぶために、私が実際に使って「これだ!」と思える口座を特別に公開しています。


プロが初心者へおすすめ「証券会社ランキング」を読む

無料EBook: 効率的に投資情報を集めるための14の具体的方法

ebook_スイングあなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。


無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。



無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*