信用取引とは|初心者が知っておくべき3つの注意点

信用取引とは、簡単に言うと、「証券口座に入れている資金以上の額で取引をすること」をいいます。

株式投資では、口座に入れている資金の3倍の額までの信用取引を行うことができます。そのため、使いこなせれば利益を大きく増やせますが、逆に、資金を大きく減らすリスクもあります。

当記事で詳しく解説していきますので、しっかり理解しょう。

1.信用取引には信用取引口座の開設が必要

信用取引を行うには、通常の証券口座を開設してから信用取引口座を別途開設する必要があります。その際、審査がありますが、簡単な質問に答えるだけなので、ご安心下さい。

信用取引口座を開設した後は、入金している金額の約3倍の取引ができるようになります。例えば、100万円を入金すると、約300万円分の取引ができるようになります。この差額の200万円が、自分を「信用」してお金を貸してくれた額と考えることができます。ちなみに、最低30万円を入金しないと、信用取引はできません。

なお、信用取引を使わない通常の取引は現物取引といい、入金している金額の範囲内で買える銘柄しか買うことができません。

2.信用買いと信用売り(空売り)

信用取引の種類には「信用買い」と「信用売り(空売り)」の2種類の取引方法があります。

それぞれ説明していきます。

2.1.信用買い

信用買いは、安く買って高く売ることによって利益を得る、通常の取引です。

例えば、3,000円の株を100株買って3,500円に値上がりした時に売れば、(売値3,500円-買値3,000円)×100株=50,000円が利益となります。

現物取引の場合、投資資金が30万円しかない場合、上記の例だと株価が3,000円の時は100株しか買えません。しかし、信用取引を使うと3倍の90万円分まで買うことができ、株数も3倍の300株買えることになります。

信用取引で3,000円の株を300株買って3,500円に値上がりした時に売れば、(売値3,500円-買値3,000円)×300株=150,000円が利益となります。現物取引と比べて、利益が3倍になったことがおわかりいただけたと思います。

しかし、損失も3倍になる可能性があるので注意が必要です。同じ例を使って説明します。

現物取引の場合、投資資金が30万円の場合、3,000円の株を100株買い、値下がりして2,500円で売った場合は、(売値2,500円-買値3,000円)×100株=▲50,000円の損失となります。

一方、信用取引の場合、投資資金が30万円でも90万円分の取引が可能ですので、300株買えることになります。購入後、値下がりして2,500円で売却した場合は、(売値2,500円-買値3,000円)×300株=▲150,000円の損失となり、現物取引と比べて損失も3倍になってしまうことになります。

2.2.信用売り(空売り)

信用売りは、空売りともいい、高く売って安く買い戻すことによって利益を得る取引です。これは、現物取引にはなく、信用取引だけで行えるものです。

教科書的には、「証券会社から株券を借りてきて先に売り、株価が下落した時に買い戻して借りた株を証券会社に返す取引」とありますが、「株価が下がったらハッピー」とイメージしておくといいでしょう。

例えば、3,000円の株を100株空売りして、2,500円に下落した時に買い戻せば、(空売り値3,000円-買い戻し値2,500円)×100株=50,000円が利益となります。

信用取引を使えば投資資金が3倍になりますので、上記の例ですと、90万円分の取引ができ、300株まで空売りできます。その際の利益は、(空売り値3,000円-買い戻し値2,500円)×300株=150,000円となり、100株しか空売りしなかった時と比べて利益が3倍になりました。

では、空売りはどのような局面で使うのでしょうか?

一例として、業績が悪そうな企業の株や、短期間で買われ過ぎて急騰した株が一時的に下がるタイミングを狙って空売りする方法があります。これにより、本来は買いでは利益が出せない局面でも利益を狙うことができます。

また、日本株全体が下落している場合は、個別銘柄も連動して下がりやすくなる傾向があるので、このような局面で空売りをすると、利益が出せる確率が高くなります。

ただし、『空売り規制』といって、急に空売り自体ができなくなってしまう場合があるので、確認しておきましょう(参考:「空売り規制とは」)。

空売りは、空売りをした後に思惑に反して上昇した場合は、逆に損失になります。

例えば、3,000円で300株を空売りした銘柄が上昇して、4,000円、5,000円となった場合、それぞれ、(空売り値3,000円-買い戻し値4,000円)×300株=▲300,000円の損失、(空売り値3,000円-買い戻し値5,000円)×300株=▲600,000円の損失となります。

なお、株価には上限がないため、信用売り(空売り)の損失は理論上無限大です(参考:「株式の空売りは危険?」)。

ちなみに、上場している約3,700社全ての銘柄が空売りできるわけではありません。「貸借銘柄」に指定された東証1部銘柄を中心とした約1,700銘柄が対象です。貸借銘柄は、こちらの日本証券取引所のサイトで確認できますので、ご参照下さい。

3.信用取引の注意点

もし信用取引を行うのであれば、特に次の3つに注意しましょう。

3.1.六ヶ月以内に決済する

現物株の場合、決済のタイミングはいつでも構いませんが、信用取引の場合は6ヶ月以内に決済するルールがあります。ただし、2000年に新たな制度ができて、決済の期限を無期限とした制度もありますので、ここで特徴を整理しておきます。

  • 制度信用…決済の期限が最長「6ヶ月間」の信用取引。信用買いも信用売りもでき、貸借銘柄が対象。通常の信用取引はこちらを指す。
  • 一般信用…決済の期限が「無期限」の信用取引。証券会社ごとにサービスが異なる。信用売り(空売り)できるところもあるが、基本的には信用買いしかできない。制度信用では扱っていない東証1部以外の銘柄でも信用取引ができる場合があるので、どうしても信用取引で買いたい銘柄がある場合などは、証券会社に問い合わせてみるとよい。

3.2.様々なコストがかかる

信用取引には、様々なコストがかかります。信用買いしている人にかかるコストと、信用売りしている人にかかるコストがありますので、整理しておきます。

【信用買いのコスト】

  • 金利:株を信用で買うお金を貸してくれた手数料として証券会社に払う。年利2~3%が一般的。

【信用売りのコスト】

  • 貸株料:株券を貸してくれた手数料として証券会社に払うもの。年利1~2%が一般的。
  • 品貸料(逆日歩):空売り用として証券会社が調達できる株券が少ない場合、貸株料に上乗せされるコスト。必ず発生するとは限らない。1株あたり〇〇円という形で公表され、その時々によって銘柄も金額も異なる。

以上のように、信用取引には様々なコストが発生します。その上、制度信用と一般信用で証券会社によってかかるものとかからないものがあり、金利も異なります。詳しくは、信用取引を行う証券会社にお問い合わせいただければと思います。

このように、信用取引にはコストがかかりますので、何年にも渡って長期保有する場合は金利負担も大きくなるので、向いていません。信用取引は、1日限定もしくは、せめて2~3ヶ月以内の短期売買のために使う取引と認識しておきましょう。

3.3.配当金や株主優待が受け取れない

株式をある決まった日(権利付き最終日)まで持っていると、企業から配当金や株主優待が受け取れます。これは、現物取引で購入していた場合の話で、信用取引で購入していた場合は株主としての権利を得ることができません。意外と盲点ですので、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?信用取引は、仕組みをよく理解して上手く活用すれば、利益を得られる機会を増やすことができます。しかし、個人的には初心者にはおすすめしません。なぜなら、信用取引では自分の実力、つまり投資資金以上の取引ができてしまうからです。

これから株式投資を始めようと思っている方は、まずは現物取引で、余裕資金の範囲内で売買を始めるようにして下さい。いきなり信用取引で3倍の金額で取引をするのはリスクが高く、場合によっては追証(おいしょう)といって、証券会社に追加で入金をしなければならなくなる時もあります。

また、信用取引を行う場合でも、空売りを積極的に行うのもあまりおすすめしません。株は、「安く買って高く売る」が基本です。空売りをして、「悪い事が起こって株価が下がってほしい」と願うのは、普通の人間の真理に反することですので、精神的にも良くありません。

その上、意に反して上がり続けた場合は損失が無限になるので、初心者には特に難しい取引だといえます。私の周りのベテラン投資家でも、空売りは絶対にしないと決めている人もいるほどです。

初心者の方は、現物取引でまず株式取引に慣れることから始めましょう。今の段階では、信用取引という制度があって、株価が下がっても利益が出来る仕組みがあるんだな、くらいの知識を持っておくだけで十分です。株式投資に焦りは禁物です。今できることから学んで、一歩一歩成長していきましょう。

利益を最大化するために 凄腕トレーダーたちが 使っている証券口座とは

当サイトで証券コンテンツを執筆している遠藤氏とavexfreak氏のノウハウを実践するなら、口座選びを徹底する必要があります。

投資でプロフェッショナルな実力を持つ遠藤氏は、「口座を選びは、利益の出し方を決めるものであり、自分に合った選び方をするべきだ」と言っています。
そんな遠藤氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『プロが初心者へおすすめ│証券会社ランキング・比較』で詳しく解説しています。

また、21年間の株式投資で2億6000万円以上の利益をあげているavexfreak氏は、『おすすめネット証券はこれだ!総合ランキングで主要5社徹底比較』で、自身の視点で「これだ!」と思える証券会社を解説しています。

30万円を1億円以上に増やした「イベント投資法」を大公開!

元手30万で株式投資を始め1億円以上の利益


株式投資には様々な投資手法がありますが、その中には安定的に利益を積み上げていける方法があります。今回のウェブセミナーでご紹介する「イベント投資法」です。


イベント投資とは株式市場において、イベント(出来事)が発生することによって、売り手と買い手のバランスが崩れて株価の値動きに傾向が現れ、その傾向を利益にしていける投資手法です。「イベント」はあらかじめ予測できますので、イベントを狙っていくだけで機械的に利益を積み上げていけます。


この投資手法で元手の30万円を1億円以上に増やしているのが、専業トレーダーの夕凪(ゆうなぎ)氏です。今回のウェブセミナーでは、夕凪氏が自身の経験を基にしてイベント投資をお伝えします。


イベント投資は銘柄選びの必要もなく、買い時と売り時も決まっています。株式投資で安定した手法を手に入れたい方にとって、このウェブセミナーで公開されることは貴重なノウハウなので、今すぐ下記よりお申込みください。


 


今すぐ特別セミナーに参加する

執筆者
近藤 章仁

近藤 章仁

証券会社で株式ディーラーを7年間経験。現在は、「投資の教科書」の運営を担当し、FXと株の中長期投資を行う兼業トレーダー。「モノクロ ザ マネーvol.3」にも登場。現場で得た経験から、皆様に役に立つノウハウをお伝えします。ファイナンシャルプランナーと証券外務員資格一種保有。

インタビュー

楽天証券代表取締役社長
楽天証券
TOPに戻る