FXでレバレッジの高いトレードができるようになるために必要な条件3つ

FXの最大の特徴は、FX口座に入れた資金(証拠金)の最大25倍の取引ができることです。

このように、元手資金が少なくても多額の取引ができることを、シーソーの「てこ」の原理をなぞって、「レバレッジ」といいます。

レバレッジなしの普通の投資の場合、10万円なら10万円分の取引しかできません。しかし、25倍のレバレッジをかけると、250万円分の売買が可能になります。この仕組みは、FXの大きな魅力です。

ただし、レバレッジを高めると、利益だけでなく、損失も大きくなるので注意が必要です。
そのため、レバレッジをいつ高めるか、どのように活かすかが重要です。

そこで、この記事では、レバレッジを上手に活用するために必要な3つの条件をお伝えします。

執筆者
ぶせな

ぶせな

FXの専業トレーダー。認定テクニカルアナリスト。 本格的にFXを開始してから10年で1億6,500万円の利益を突破。著書に、『最強のFX 1分足スキャルピング』『最強のFX 15分足デイトレード』(共に、日本実業出版社)がある。ツイッターアカウントは、『@busena_fx』、ブログは『億トレーダーぶせなブログ』。

1.レバレッジの基本

この章では、レバレッジを知るために、次の2つのことをお伝えします。

  • レバレッジとは何か
  • レバレッジを高めることでどのようなトレードになるか

なお、FXでレバレッジをかけられるのは、証拠金という仕組みがあるからです。詳しくは、『FXの証拠金とは?初心者が知っておきたい3つの知識と計算法』を参考にして下さい。

1.1.レバレッジは最大25倍までかけられる

国内のFX会社では、個人口座の場合、最大25倍のレバレッジ倍率をかけられます(ちなみに、法人口座の場合は50倍前後)。

現在主流の、全ての取引をレバレッジ25倍で固定しているFX会社もあれば、自分で1倍から25倍の範囲で倍率を設定できるようにしているFX会社もあります。

例えば、下の画像をご覧下さい。これは、実際のFX会社の注文画面です。

leverage

このFX会社の場合、レバレッジは、1倍・10倍・25倍の3つから選べるようになっています。

なお、レバレッジが25倍で固定のFX会社の場合は、取引数量を少なくすることで、実質レバレッジをコントロールする必要があります。

さて、時々、「5万円の資金で、レバレッジを100倍や200倍かけて、500万円や1,000万円の資金を運用したい」という方がいますが、はっきり言って、これは危険過ぎるトレードです。

それなら、仕事を頑張って先に30万円を貯めて、最大25倍で750万円を運用するほうがいいと思います。なぜなら、25倍というレバレッジ倍率は、FXで驚くほどの利益を上げるにために充分な水準だからです。

1.2.レバレッジが高いと利益だけでなく損失も大きくなる

レバレッジのお陰で、FXでは少ない資金で大きな利益を上げられるのは魅力的ですね。

ただし、忘れてはいけないのは、損失額も同じように大きくなるということです。例えば、証拠金が10万円のケースと200万円のケースで取引している場合を比較してみましょう。

1ドル=120円の時に、1万ドル(120万円分)の買いポジションを持ったとします。この時点で、元手が10万円の人にとっては、自己資金の12倍の額を取引していることになります。一方、元手が200万円の人にとっては、自己資金の範囲内の取引です。

その後、相場が予測と逆に動き、1万円のマイナスになったとします。証拠金が10万円の場合、資金は9万円になって10%の損失です。一方、証拠金が200万円の場合は、資金は199万円になりますが、0.5%の損失です。

このように、同じレバレッジと損失(1万円)でも、運用資金によって損益の変動割合が全く異なりますね。

整理してみましょう。

FXレバレッジ

初心者の方は、少額からFXを始めることが多いと思いますが、最初から安易にレバレッジをかけると、元手資金がすぐに無くなってしまいかねません。

それでは、レバレッジをかけずにトレードしたほうがいいのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。勝ち方が分かっているなら、むしろ高めるべきです。

ただし、自分の勝ち方が定まっていない時にレバレッジを高めると、ハイリスクな投資行動になります。

まとめると、最初は少ない取引量で慣れることを優先し、コツをつかんだら、レバレッジを徐々に上げていく運用方法をおすすめします。

ポイント!

FXが短期間で大きく稼げるのは、レバレッジが最大25倍までかけられるからです。ただし、損失も大きくなるので、扱いには注意しましょう。

2.レバレッジを上げた取引をするために必要な条件3つ

次に、レバレッジを活用して利益を出すためのコツを3つ紹介します。

これを意識するだけで、FXで大きな利益を得る感覚が身に付いていきます。手法ではなく、考え方なので、ぜひ心に落とし込んで下さい。これが本当に理解できるようになった時には、資産倍増のスピードが大きく加速するはずです。

《レバレッジが高いトレードをするための条件3つ》
1. トレードに自信が付いてからレバレッジを高める

2. コツコツ利益を積み重ね、勝負の時にレバレッジを高める

3. メンタルを保てるようになったらレバレッジを高める

一つ一つ詳しく見ていきましょう。

デモトレードを活用しよう!
FXのトレードを全くやったことがない方は、架空の資金を使って本番とほぼ同じ環境でトレードの練習ができるデモトレードから始めてもいいです。詳しくは、『FX初心者がデモトレードで必ずやるべき6つのコト』をご覧下さい。

2.1.トレードに自信が付いてからレバレッジを高める

資金が少ない時こそ、レバレッジを抑えることが重要です。初心者の頃は、徹底的に勝ち方を覚える時期です。勝ち方を覚えながら、本業で元手資金を増やしていきましょう。

レバレッジを高めるのは、「勝てる」という自信を持ってからでも遅くありません。

自信が付いた状態というのは、トレードを振り返って、「こういう理由で勝てた。ああいう理由で負けた」と、一つ一つのトレードの成功要因と失敗要因を具体的に説明できる状態です。

そして、成功要因と失敗要因をトータルで考えて、「長く続けたら利益を積み重ねていける」という確信のあるトレードルールを持っている状態のことです。そういう状態になるまでは、利益を出すことも大切ですが、むしろ損失を限定することに集中しましょう。

決して焦ることはありません。私の経験上、FXで成功するために大変な時期かもしれませんが、実りのある時期というのは、まさに最初のこの時期です。

確信のあるトレードルールを持っている状態になるために、「3ヶ月でルールを作る」というような具体的な目標を決めましょう。

その3ヶ月を真剣に取り組めば、4ヶ月目から世界がガラッと変わります。これは、3ヶ月で勝つことを目的にするのではありません。ルールを作ろうと試行錯誤することが、上達のスピードを早めることにつながります。

自信が付いた状態でレバレッジを高めると、他の投資では考えられないような爆発的な利益も現実的になっていきます。レバレッジは、勝てる人が使うからこそ効果があるのです。

このことを忘れないで下さい。

勝てるトレードルール作りに関して
勝てるトレードルールを作るための出発点は、損切りルールを作ることです。その理由や具体的な損切りルールは、『損切りとは|億トレーダーが徹底している3つのロスカットルール』を参考にして下さい。その後、『私がFXで成功して1.5億円の資産を築くまでに経験したこと全て』もお読みいただくと、理解が深まります。

2.2.コツコツ利益を積み重ね、勝負の時にレバレッジを高める

勘違いしてほしくないのが、FXは、いつもレバレッジを効かせ、短期間で莫大なリターンを得るトレードではないということです。

私は、FXは基本的に、コツコツと利益を積み重ねて資産を大きくしていくトレードだと思っています。しかし、テクニカル的な根拠があって、特に自信のある局面では、レバレッジを高めて大きな利益を狙います。このメリハリが大事です。

しかし、FXを始めた頃は、コツコツ勝つことの重要性はなかなか分かりませんよね。

誰しも、最初から大きな利益を目指してしまうものです。しかし、最初は儲けたい気持ちをグッと堪えて、小さく勝っていきましょう。そして、コツコツ勝つやり方を身に付けると、いざレバレッジをかけるべき局面になった時に、本当の意味で大きな利益を得られるようになります。

最初から、レバレッジを高めたハイリスク・ハイリターンのやり方だけを覚えてしまうと、トレード脳でなく、ギャンブル脳になってしまいます。

つまり、ハイリターンの誘惑に勝てなくなり、冷静さを失い、常に大きなリスクを抱えることになってしまいます。こうなると、あなたが大損するのは時間の問題です…。

繰り返しになりますが、最初はコツコツと勝つ感覚を身に付けることが大切です。なお、私が初心者の頃の失敗から学んだ教訓については、『FXで失敗して1,000万円以上の大損をした事例と重要な教訓』で解説しています。

2.3.メンタルを保てるようになったらレバレッジを高める

少額でレバレッジをかけて、元手に対する損益率(平均利益÷平均損失)が悪い状態でトレードをすると、メンタルにも悪い影響が出ます。なぜなら、FXは、ほんの数秒で損益が大きく上下するトレードだからです。

この感覚は、日常生活では経験することがないもので、恐怖さえ感じます。また、含み損の時だけではなく、含み益の時にも悪影響を及ばします。すると、すぐに利益を確定したくなったり、本当はもっと利益を伸ばせた局面でも、恐怖に負けて決済してしまったりします。

FXでは、資産の増減は避けられません。

しかし、資産の増減は決して悪いことではありません。経験を積めば、含み損益は変動するもので、重要なのはルールであると理解できるようになります。ルールさえしっかり守っていれば、含み損益の変動を目の当たりにしても、メンタルへの悪影響はありません。

注意が必要なのは、資産の増減に慣れていない初心者の頃です。繰り返しになりますが、「少額の時こそ大きなポジションを取らないトレード」を心掛けましょう。

「長く続ければ勝てることが分かっている期待値の高いトレードルール」ができれば、メンタルもブレなくなります。詳しくは、『バルサラの破産確率でトレード技術を飛躍的にアップさせる方法』を参考にして下さい。

ポイント!

レバレッジを上げるのは、ある程度トレードが慣れてからにしましょう。相場はなくならないので、急ぐ必要はありません。

まとめ:レバレッジを生かすも殺すも自分次第

レバレッジは、武器にもなり、罠にもなります。

FXに真剣に取り組んで勝ちパターンを手に入れた人にとっては、非常に強力な武器になります。しかし、リターンだけを求め、リスクを軽視してしまった人にとっては、恐怖の罠になります。

レバレッジを高めるのは、FXの経験を積んでからで遅くありません。FXのレバレッジを活用できるようになると、他の投資では想像もできないぐらいの利益を上げられるようになります。

きっと、利益を上げられるまでにかけた労力と時間は、すぐに取り返すことができるでしょう。

このことは、FXに毎日本気で向き合えば、短期間でも実現可能です。大変だと感じるのは、今、あなたが成功するために通るべきステップを踏んでいるからです。

ぜひ、集中して一つ一つ乗り越えていきましょう。

レバレッジなしでトレードする場合のシミュレーションや、FXをやる目的など、レバレッジをかけることの意義をしっかり考えたい方は、『FXのレバレッジなしから考える|トレードする目的と稼ぎ方』も併せてお読み下さい。

利益を最大化するために
ぶせな氏を含む億トレーダーが
実際に使っているFX口座とは

当サイトでFXコンテンツを執筆いただいているぶせな氏のノウハウを実践するなら、ぜひ口座選びにもこだわってください。

ぶせな氏は「口座選びを適当にやっていて勝てるようになったトレーダーは見たことがない」と仰っています。ぶせな氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『FX口座のおすすめ|初心者に絶対知ってほしい6社の徹底比較』で詳しく解説しています。また、最新のおすすめと人気の15社から選ぶ場合は、『FXおすすめ口座・会社比較!初心者向け15社を10項目でランキング』をご活用ください。

増田丞美の長期的な資産の増加を目指すメルマガ

長期的な資産の増加を目指している方向けに増田丞美のメルマガを配信しています。米国株式マーケットの制度を利用するものの通常の株式投資ではありません。本メルマガでお届けする方法の利点は以下のとおりです。


・米国制度によって守られている。
・管理が比較的容易。
・長期的な収益。


詳細はこちらからご覧ください。



無料メルマガ詳細はこちら

SNS
投資の教科書公式Twitter
順番に読むとFXで稼ぐ力が身に付きます
インタビュー
SBIFX
ヒロセ通商
JFX
YJFX
トレイダーズ証券
GMOクリック証券
FXプライムbyGMO
楽天証券代表取締役
楽天証券
TOPに戻る