銘柄コードとは

企業は取引所に上場することで「銘柄」として扱われ、そこに番号である銘柄コード(証券コード)が付くことで簡単に言えば業種などを区別しやすいようにしています。

この銘柄コードは意外と重要で証券ツールで銘柄の売買をするときや、パソコンや雑誌、投資家必携の書籍である四季報などで情報を仕入れるときに素早く検索するために必要なものです。

実際に企業情報を仕入れるために企業名で検索をかけていると余分な時間がかかってしまいますが、銘柄コードを少し覚えるだけでも検索の効率が大きく向上するのです。長期的に情報を仕入れることを考えると銘柄コードを覚えているのといないのとでは歴然とした差が生じるのです。

今回の記事では銘柄コードの基本と、今日から使える銘柄コード早覚えのための知識を書いていきます。

執筆者
投資の教科書 株式事務局

投資の教科書 株式事務局

投資の教科書株式事務局では、株式投資で稼ぐ力を身につけるために必要な基礎知識をはじめ、実際に成果をあげているトレーダーの手法、分析方法などを、初心者にもわかりやすくお伝えしています。

友だち追加

1.銘柄コードとは

銘柄コードは上場している全ての企業についている4桁のナンバーのことです。株取引をするのであれば原則として企業名とセットで覚えておきたい物です。

日本を代表するトヨタ自動車や三菱UFJ銀行、それほど有名ではない小さな規模の会社まで上場企業には全て銘柄コードが付いています。例えば、

  • トヨタ自動車(7203)
  • 三菱UFJ銀行(8306)
  • 日本たばこ産業(2914)
  • 海帆(3133)
  • エストラスト(3280)

という具合に企業名の横に4桁の数字がつきます。下記画像はヤフーファイナンス(投資家がほぼ毎日見るサイト)の検索欄です(赤枠)

無題

枠の中には小さな薄い文字で「銘柄名やコード、キーワードを入力」と書いてあります。企業を探すにはここに直接企業名(銘柄名)を入れることもできますが、毎日何十回も企業のページを見ることを考えるとコード入力に慣れたほうが、はるかに作業効率は上がります。

ただ、この銘柄コードが、東京証券取引所に上場している銘柄だけで3638にも及ぶ企業が上場し、それと同じ数の銘柄コードが存在しています(2018年11月)。

もちろん全てを覚える必要はありませんが、ある程度名前がしれている大手の企業くらいは最初の段階で覚えておくと良いです。また取引をしたり市場を見たりしているうちに自然と覚えていくため、焦らずゆっくりと吸収していくことが大事です。

実は、この銘柄コードには傾向というものがあります。それを覚えておくと銘柄コード攻略の近道となりますのでこれからご説明します。

2.銘柄コードを気軽に覚えるための2つの豆知識

ここで銘柄コードをできる限り素早く簡単に覚えるための前知識をご紹介します。

  1. 銘柄コードは業種ごとに傾向がある(頭2桁)
  2. その業種を代表する企業群のコードの末尾に特徴がある(下2桁)

2.1.銘柄コードは業種ごとに傾向がある(頭2桁)

最初は頭2桁の特徴です。

銘柄コードはランダムに付されているわけではなく業種ごとに一定の法則があります。それは4桁のうちで頭の2桁は業種のコードを表していると言うものです。(ただし最近上場する銘柄に関しては3000番台あたりでランダムに付されています)下記を参考にしてください。

13~ 水産・農林
14~19 鉱業・建設
20~ 食品・サービス・小売り
30~ 卸売・小売り
34~35 繊維(一部)
36~ 情報通信
39~ パルブ・紙
40~ 化学
45~ 薬品
46~ 情報通信
50~ ガラス土石
51~ ゴム
52~ 窯業・鉄鋼
54~ 鉄鋼
57~ 非鉄
59~ 金属製品
60~ サービス
61~ 機械
65~ 電気機器
70~ 造船・輸送用機器
71~ 金融(一部)
72~ 輸送用機器
74~ 小売り・卸売
77~ 精密機器
79~ その他製品
80~ 卸売・小売り
83~ 銀行
86~ 証券
87~ 保険
88~ 不動産
90~ 陸運
91~ 海運
93~ 倉庫
94~ 情報通信
95~ 電気・ガス
96~ 卸売・サービス

(※注意点)

頭二桁で傾向を見ると下記のような傾向があり。ただし、必ずしもその業種だけでなく時々異なる業種が入ってくる。そのため、ランダムなものは都度覚えていく必要がある。

(ランダム例:ソフトバンクは頭2桁が99)

9432 NTT
9433 KDDI
9437 NTTドコモ
9984 ソフトバンクグループ

業種だけでも覚えるのは大変ですが、四季報などを見るようになると覚えるのが早くなります。

2.2.その業種を代表する企業群のコードの下2桁には特徴がある

今度は下2桁の特徴です。

それは、下2桁が01~10位までは業種を代表する企業が該当することが多いということです。(※これもあくまで傾向を示しているので必ずしもすべてにあてはまるわけではないです)

例えば、自動車業界である輸送機器という業種は、頭2桁が72~始まっていました(先ほどの項目参照)

その72の後、順番に01、02、03と当てはめた状態でヤフーファイナンスなどで検索してみてください(これは是非自分で試してみてください)

7201 日産自動車
7202 いすず自動車
7203 トヨタ自動車
7204 該当なし
7205 日野自動車

と一度は名前を聞いたことのある有名な企業が出てくるはずです。他にも頭2桁65~始まる電気機器に当てはめてみると以下のようになります。

6501 日立製作所
6502 東芝
6503 三菱電気
6504 富士電機

と大手の電気機器関連企業が名を連ねます。この法則を知っておくだけで銘柄コードも一気に覚えやすくなることでしょう。

まとめ

銘柄コードは、最初は覚えにくいと思いがちですが、証券ツールを使用して銘柄を調べたり、会社四季報を読んだりしているうちにだんだんと慣れてきます。そのうち何も見ないでも4桁のコードを自然と打てるようになる筈ですので、焦らずに覚えていきましょう。

証券会社選びで悩んでいる方へ
自分に合った証券口座の探し方とは

国内には200を超える証券会社があり、どこで取引するかによって、手数料やツール、取扱い商品が異なり、長期的に大きなパフォーマンスの差となって現れます。

株式投資歴10年の専業経験もある遠藤氏は、「証券口座を選びは利益の出し方を決めるものであり、自分に合った口座を選ぶべきだ」と主張しています。その遠藤氏も実際に使っている、株式トレードの利益を最大化する口座は、『証券会社おすすめ7社を徹底比較!現役トレーダーが口コミ解説』で公開しています。

また、iDeCo(イデコ)やつみたてNISAを活用して、老後2,000万円問題を解消するきっかけとなる証券会社は、『積立投資でオススメの証券会社~元証券マンが使っている4社』で紹介しています。

無料動画セミナー: 新高値に注目して大化けする株を探す具体的な方法

専業投資家、ふりーパパ氏の「成長株投資」は、数倍になる銘柄を簡単に見つけ出し、大きな利益が 期待できる注目の投資手法です。


実際、ふりーパパ氏自身、これまで4億円もの利益を株式投資で稼いでいます。


しかも、銘柄選定も慣れてくると30分程でできるので、選定から投資まで時間がかかりません。また、中長期の投資法なので、頻繁に相場を見る必要もありません。


そのため、自分の趣味や仕事に集中することができます。


この無料動画セミナーを見ると、次の3つのポイントが学べます。


・成長株の発掘に便利なサイト
・売買のタイミング
・成長株の見極め方


ふりーパパ氏の具体的な手法を、この動画セミナーで具体的にお伝えします。


無料動画セミナーで成長株の手法を見る

【無料公開中】v-com2の株式投資10日間集中講座

株のLINE200万円の資金から株式投資をはじめて資産を1億8000万円にまで増やすことに成功したv-com2氏の株式投資講座を無料で公開中です。


次のLINE公式アカウントにご登録いただくと、v-com2氏の3つの投資手法を学ぶことができます。


株のLINE CTAバナー


具体的には、次のような内容が全て無料で学べます。


・株主優待投資
・資産バリュー投資
・収益バリュー投資
・その他の投資法


10日間でv-com2さんのメッセージと動画・レポートをお届けします。初心者にもわかりやすいように一から丁寧に解説をしているので、「自分で銘柄を発掘して稼げるようになれる!」と鮮明にイメージすることができるはずです。


ひご登録いただき、自分で銘柄発掘するための土台づくりを完成させてください。


TOPに戻る