信用倍率とは?買いと売りの需給から株価の方向を予測する方法

信用倍率とは、簡単に言うと、「信用取引の買いと売りの需給(バランス)を見る数字」のことです。

株式投資の信用取引をしない方も、知っておくことで保有銘柄の今後の株価の予測に役立ちますので、当記事をしっかり読んで理解して下さい。

1.信用倍率とは

信用倍率は、株式投資の信用取引に関わる用語です。信用取引についてあまりご存知でない方は、『信用取引とは?初心者が知っておくべき3つの注意点』を読んでから当記事をお読みいただくと、理解が早まります。

1.1.信用取引の計算方法

信用取引の計算式を解説する前に、2つの用語を理解しておく必要があります。

  • 信用買い残…信用取引で買った人でまだ反対売買(売り)をしていない株数
  • 信用売り残…信用取引で空売りをした人でまだ反対売買(買い戻し)をしていない株数

簡単にいうと、「信用取引でまだ決済されていない株数」のことです。そして、信用倍率は、次の計算式で計算できます。

信用倍率(倍)= 信用買い残 ÷ 信用売り残

例えば、信用買い残が100万株で信用売り残が50万株の場合、信用倍率は、次のようになります。

買い残100万株 ÷ 売り残50万株 = 2倍

1.2.信用倍率の数字が表す意味

信用取引には「制度信用取引」と「一般信用取引」の2種類があり、制度信用取引の場合は6ヶ月以内に決済をする必要があります。また、一般信用取引には返済期限はありませんが、いずれは決済する必要があります。

信用買い残は、将来どこかで売って決済する必要がある株数でもあるので、信用買い残が多過ぎると将来の売り要因となります。

また、信用売り残は、将来どこかで買い戻して決済する必要がある株数でもあるので、信用売り残が多過ぎると将来の買い要因となります。

まとめると、次のようになります。

  • 信用買い残 > 信用売り残 で信用倍率が1.0以上
    ⇒将来の売り需要のほうが多いので、信用倍率が大きいほど、株価が上がりにくい傾向にある
  • 信用買い残 < 信用売り残 で信用倍率が1.0未満
    ⇒将来の買い需要のほうが多いので、信用倍率が小さいほど、株価が上がりやすい傾向にある

ただし、これは一般論で、株価の変動には様々な要因が絡んできますので、一つの目安にして下さい。

1.3.信用倍率の調べ方

信用倍率の数字は証券会社のツールでも見ることができますが、ここでは、ログインする必要がない無料で確認できるサイトを2つご紹介します(その他の活用方法は、『投資歴15年の私が教える株の初心者が絶対に押さえておくべきサイト7つ』をお読み下さい)。

数字を確認するなら「Yahoo!ファイナンス」

WS000007

ご覧のように、Yahoo!ファイナンスに銘柄コードを入力して出したページの下のほうに「信用取引情報」があり、その中の「貸借倍率」が信用倍率のことです。拡大すると、次のようになります。

WS000003

ちなみに、信用倍率は毎日更新されるものではなく、前週の月曜日から金曜日までの信用取引を集計したものが、翌週の第2営業日(通常は火曜日)の夕方から夜にかけて最新のものが更新されます。

過去の推移を視覚的に見るなら「ケンミレ」

私は、ケンミレという無料の株式総合サイトをよく利用しています。ケンミレで信用倍率を見る時に大変便利なのが、株価チャートの出来高のところに信用買い残は赤色で、信用売り残は青色で時系列で表示してくれるので、「変化」を読み取れる点にあります。

WS000004

2.信用倍率の活用方法

次に、信用倍率をどのように株価予測に役立てるのか、ケンミレのチャートを使って見ていきます。

2.1.実例①:買い残が多くて株価上昇の重しとなっている場合

下図はPCデポ(7618)のチャートです。サービスの解約トラブルが続出したというニュースが出て、2016年8月に株価が急落しました。

WS000005

チャートの左側の株価が急落したタイミングで、そろそろ反発するだろうと判断した多くの投資家が信用取引で同社の株に買い向かいましたが、思うように反発しませんでした。そして、諦めて売ってしまう人も多くいたため、売り圧力となって株価の上昇を妨げていたと想像できます。

その後、信用買い残も徐々に減少して需給が改善していき、逆に信用売り残のほうが多くなったタイミングで、株価はようやく上昇に転じました(右側の赤マルで囲んだところ) 。

2.2.実例②:売り残が多くて買い戻しで株価が上昇する場合

下図は、大東建託(1878)のチャートです。ずっと売り残のほうが多い状態が続いていて、下がると予測して空売りをしていた人が多かったことがわかります。しかし、思うように下落しなかったことで諦めて買い戻しを行い、ジワジワと上昇していったと想像できます。

WS000006

ちなみに、空売りの買い戻しの力で株価が上昇する相場を、「踏み上げ相場」といいます。空売りをしていた投資家にとっては、早く買い戻しをしないと含み損が膨らんでしまう恐れがあるので、損失覚悟で買い戻すことになります。

まとめ

信用倍率は、目先の株価の変動には影響はほとんどなく、1日のうちに売買を繰り返すデイトレーダーや数日間だけ保有する短期投資家にとってはあまり意識する必要はないかもしれません。

しかし、特に中長期投資家は信用倍率をチェックしておくと、他の投資家が今、利益が出ていてハッピーな状態なのか、損失を抱えていて苦しい状態なのか、そして今後どのような(反対)売買をしてくるかがなんとなくわかり、今後の株価の値動きの予測に役立ちます。

当然、信用倍率だけで株価の動きを完全に予測することはできません。信用倍率が大きくても、人気化する銘柄は新規の買い注文を伴ってどんどん株価が上昇していくこともあります。

株価の方向を予測するヒントの一つとして知っておくと、他の投資家よりリードすることができます。

利益を最大化するために 凄腕トレーダーたちが 使っている証券口座とは

当サイトで証券コンテンツを執筆している遠藤氏とavexfreak氏のノウハウを実践するなら、口座選びを徹底する必要があります。

投資でプロフェッショナルな実力を持つ遠藤氏は、「口座を選びは、利益の出し方を決めるものであり、自分に合った選び方をするべきだ」と言っています。
そんな遠藤氏が利益を最大化するために実際に使っている口座は、『プロが初心者へおすすめ│証券会社ランキング・比較』で詳しく解説しています。

また、21年間の株式投資で2億6000万円以上の利益をあげているavexfreak氏は、『おすすめネット証券はこれだ!総合ランキングで主要5社徹底比較』で、自身の視点で「これだ!」と思える証券会社を解説しています。

30万円を1億円以上に増やした「イベント投資法」を大公開!

元手30万で株式投資を始め1億円以上の利益


株式投資には様々な投資手法がありますが、その中には安定的に利益を積み上げていける方法があります。今回のウェブセミナーでご紹介する「イベント投資法」です。


イベント投資とは株式市場において、イベント(出来事)が発生することによって、売り手と買い手のバランスが崩れて株価の値動きに傾向が現れ、その傾向を利益にしていける投資手法です。「イベント」はあらかじめ予測できますので、イベントを狙っていくだけで機械的に利益を積み上げていけます。


この投資手法で元手の30万円を1億円以上に増やしているのが、専業トレーダーの夕凪(ゆうなぎ)氏です。今回のウェブセミナーでは、夕凪氏が自身の経験を基にしてイベント投資をお伝えします。


イベント投資は銘柄選びの必要もなく、買い時と売り時も決まっています。株式投資で安定した手法を手に入れたい方にとって、このウェブセミナーで公開されることは貴重なノウハウなので、今すぐ下記よりお申込みください。


 


今すぐ特別セミナーに参加する

執筆者
近藤 章仁

近藤 章仁

証券会社で株式ディーラーを7年間経験。現在は、「投資の教科書」の運営を担当し、FXと株の中長期投資を行う兼業トレーダー。「モノクロ ザ マネーvol.3」にも登場。現場で得た経験から、皆様に役に立つノウハウをお伝えします。ファイナンシャルプランナーと証券外務員資格一種保有。

インタビュー

楽天証券代表取締役社長
楽天証券
TOPに戻る