逆日歩とは|空売りする時に知っておきたいコスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆日歩(ぎゃくひぶ)とは、簡単に言うと、「空売りの際に発生することがある追加のコスト」です。

聞き慣れない言葉かもしれませんが、特に空売りする人は知っておかないと、思わぬ手数料を払うことになります。

当記事をしっかり読んで、理解しましょう。

1.逆日歩とは

逆日歩は、信用取引の信用売り(空売り)をした際にかかる場合があるコストなので、まず、空売りの仕組みについて理解しておく必要があります。

1.1.信用売り(空売り)とは

信用売り(空売り)とは、信用取引で高く売って安く買い戻すことによって利益を得る取引です。教科書的には、「証券会社から株券を借りてきて先に売り、株価が下落した時に買い戻して借りた株を返す取引」とありますが、「株価が下がったらハッピーの取引」とイメージするとわかりやすいです。

信用取引と空売りについては、次の記事も合わせてお読みいただくと、理解度が高まります。

信用取引には、「制度信用」と「一般信用」の2種類の制度があります。特徴を整理しましょう。

  • 制度信用…決済の期限が最長「6ヶ月間」の信用取引。信用買いも信用売り(空売り)もでき、貸借銘柄が対象。通常の信用取引はこちらを指す。空売りした際の逆日歩は、制度信用でのみ発生する。

  • 一般信用…決済の期限が「無期限」の信用取引。証券会社ごとにサービスが異なる。信用売り(空売り)できるところもあるが、基本的には信用買いしかできない。また、空売りをしたとしても、逆日歩は発生しない。

1.2.信用取引にかかるコスト

次に、信用取引の際に逆日歩以外の「必ずかかるコスト」について整理します。

【信用買いのコスト】

  • 金利:株を信用で買うお金を貸してくれた手数料として、証券会社に払う。年利2~3%が多い。

【信用売り(空売り)のコスト】

  • 貸株料:株券を貸してくれた手数料として、証券会社に払うもの。年利1~2%が一般的。

以上の2つは、信用買いでも信用売り(空売り)でも必ず証券会社に支払わなければいけないコストです。一方、逆日歩は、空売りした時のみに発生するコストなのですが、必ず発生するとは限りません。

では、どういう時に逆日歩が発生するのか、見ていきましょう。

1.3.逆日歩が発生する仕組み

証券会社は、空売り用として貸せる株券をある程度保有していますが、足りなくなった場合は「日本証券金融株式会社(日証金)」から調達してきます。

しかし、空売りする人があまりにも多くて株券が足りなくなると、日証金の他に生命保険会社や銀行などの「機関投資家」と呼ばれる大口投資家から手数料(品貸料)を払って調達する必要が出てきます。

証券会社は、この際に発生する手数料(品貸料)を「逆日歩」という形で、空売りをした人に請求します。つまり、空売りした人にとっては、貸株料に上乗せして証券会社に支払うことになるコストになります。

また、逆日歩は必ず発生するとは限らず、株券の不足度合いに応じて銘柄も金額も日々変わり、1株○○円という形で発表されます。ちなみに、逆日歩の金額は、こちらの日本証券金融株式会社(日証金)のホームページでチェックできます。

厄介なのは、前日から逆日歩が発生している銘柄を除いて、空売りする段階では逆日歩が発生するのかわからない点です。ただし、逆日歩が発生するかしないかの目安の一つとして、信用倍率(貸借倍率)が1倍以下というのがあります。

信用倍率が1以下の銘柄は、空売りをしている人のほうが多くて株券が不足している状態なので、逆日歩が発生する可能性があります。この数字をチェックすることで、逆日歩が発生するかどうかある程度判断することができます。

2.逆日歩の注意点

2.1.空売りをしている期間が長くなるとコストがかかる

逆日歩は、「空売りをした日の受渡日から、決済時の受渡日の前日」までの日数分かかってきます。受渡日を簡単に説明すると、その銘柄を売買した株券が決済される日のことをいい、「約定日から数えて4営業日後」と覚えると良いです。

ここで、ビックカメラ(3048)の事例を使って、逆日歩(1株あたり1.1円)を計算してみます。

【ケース①】:逆日歩がかからない場合

2017年8月28日(月)に100株空売り→受渡日は4営業日後の8月31日(木)
2017年8月28日(月)に100株買い戻し→受渡日は4営業日後の8月31日(木)

逆日歩金額:デイトレード(1日で空売りをして買い戻す取引)の場合は、逆日歩は発生しません

【ケース②】:逆日歩が1日分かかるの場合

2017年8月28日(月)100株空売り→受渡日は4営業日後の8月31日(木)
2017年8月29日(火)100株買い戻し→受渡日は4営業日後の9月1日(金)

逆日歩:8月31日(木)の1日分、つまり、1.1円(1株あたりの逆日歩)×100株×1日分=110円

【ケース③】:逆日歩が2日分以上かかる場合

2015年2月24日(火)100株空売り→受渡日は4営業日後の2月27日(金)
2015年2月25日(水)100株買い戻し→受渡日は4営業日後の3月2日(月)

逆日歩:2月27日(金)から3月1日(日)までの3日分、つまり、45円(1株あたりの逆日歩)×100株×3日分=13,500円

ポイントは、逆日歩は営業日でカウントするのではないことです。【ケース③】のように、受渡日と受渡日までの間に土曜日と日曜日(と祝日)が挟むと、その日もカウントされてしまいます。

そのため、買い戻しまでの期間が長いと、その日数分だけ逆日歩コストが膨れ上がっていきます。特に高い逆日歩が発生するとわかったら、なるべく早く買戻して決済をし、これ以上余計なコストが発生しないように対処することも必要です。

2.2.株主優待のタダ取りを狙った空売りでは高額な逆日歩がつきやすい

人気がある株主優待銘柄を、現物買いと空売りの両方同時に行う(=両建て)ことにより、タダで獲得する方法があります。

一例として、先ほどのビックカメラ(3048)は、100株保有で買物優待券(2月は2,000円分、8月は1,000円分)がもらえる銘柄として個人投資家に人気があります。

実は、上記の【ケース③】は、2015年2月に両建てをして株主優待をタダで獲得するために空売りをした時にかかった逆日歩を計算したものです。この場合、2,000円の買物優待券をタダで獲得しようとしたら、1日あたり4,500円の逆日歩が発生し、土曜日と日曜日が挟んで3日分の13,500円の逆日歩がかかってしまいました。これでは本末転倒ですよね。

このように、株主優待をタダで獲得するために両建てで空売りをすると、その金額分以上の逆日歩コストを支払うケースが出てきますので、優待欲しさで安易に両建てで空売りすることはあまりおすすめしません。

どうしても両建てをする場合は、過去の株主優待の権利確定日直後の逆日歩を調べて、高い逆日歩が付く傾向がある銘柄は避けると良いでしょう。もしくは、株主優待の権利確定日の翌日に株価が下落するのを覚悟の上で、現物株の買いだけで株主優待を獲得するようにしましょう。

まとめ

通常、逆日歩は人気化して急騰した銘柄につきやすのですが、初心者はそのような銘柄を空売りするべきではない上、買うべきでもないと思っています。

なぜなら、そのような銘柄はデイトレーダーや証券会社のディーラーなどのプロが好んで売買を繰り返す傾向があるので、値動きが予測しにくく、その中で初心者が安定して利益を上げるのは困難だからです。

逆日歩は、いついくら発生するからわからない空売りの追加コストです。これから株式投資を始めようと思っている方は、空売りの逆日歩のことを気にするのではなく、安いところを買って高く売る、基本的なトレードに慣れることから始めるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近藤 章仁の人気記事

無料EBook: 効率的に投資情報を集めるための14の具体的方法

ebook_スイングあなたの投資成績を大幅に改善する良質な投資情報を集める方法を知りたくありませんか?


・デイトレでその日に5%から10%あがる銘柄を知りたい。
・明日狙い目の銘柄を一発で知る情報を知りたい。
・株価に影響をあたえる情報を効率的に集める方法を知りたい。
・こういう情報には要注意!
・経済指標を重要度別に仕入れてトレードに使用したい。


多くの人が、投資情報サイトを選ぶ際に迷ってしまうそうです。初心者なら尚更です。


無料EBOOKでは、初心者が最初に道を間違えないよう、良質なサイトを厳選して、そのサイトの見るべき場所を具体的に提示しています。ぜひダウンロードして、今後のトレードにお役立てください。



無料Ebookを今すぐダウンロードする

投資の教科書の購読はfacebookが便利です。

Twitter・RSSでも購読できます。

コメントを残す

*